ロコモコ 献立。 予算はたったの4000円!4人家族の1週間節約レシピまとめ

ロコモコの意味や語源とは?ハワイ名物「ロコモコ丼」のレシピも

ロコモコ 献立

熱々のごはんに焼き立てのハンバーグ、半熟の目玉焼きとたっぷりのデミグラスソースをかけたロコモコ丼。 食べ応えはあるが決して低カロリーの食品ではない。 まず、ごはんは100gあたり168kcal、1膳を150gとするなら約252kcalとなる。 ハンバーグは100gあたり223kcalで、1人前のハンバーグを150gとすると約335kcal。 デミグラスソースをたっぷりと100gかけたなら82kcalがさらに加わり、目玉焼きは1個あたり79kcalあるので、これらを合計した748kcalがロコモコ丼1食のカロリーと考えらえる。 当然ごはんを大盛にしたり、ハンバーグを150g以上の特大サイズにしてみたり、デミグラスソースをたっぷりかけたり、付け合わせにレタスやトマトを加えたりすればその分カロリーは上乗せされていく。 ハンバーグの肉汁やデミグラスソース、半熟の卵の黄身が絡んだごはんは絶品で、ついついごはんの量を増やしたくなるが、もし体重を気にしているのであればロコモコ丼を食べることでどの程度のカロリーが身体に吸収されることになるのか、意識しておいたほうがよいだろう。 ボリューミーでハイカロリーなロコモコ丼だが、その分栄養も多く含まれており、決して身体に悪い食べ物ではない。 ハンバーグはどの肉を使っているかにもよるが、たんぱく質やビタミン、ミネラルが豊富に含まれており代謝や身体を作るために必要な栄養を補ってくれる。 ビタミンCと食物繊維を除く、ビタミン群やミネラル、たんぱく質といった身体に必要な栄養素のほとんどを摂ることができる。 そこに、エネルギーの源である炭水化物のごはんが加わるので、とくに運動をしている人にとっては、必要な栄養やエネルギーのほとんどをまかなえる一品だといえるだろう。 付け合わせとして添えられるレタスやトマトなどの野菜類は、ロコモコ丼に不足している食物繊維を補うことができて理にかなっている。 栄養面が心配であれば、こういった付け合わせの野菜を増やしたり、別にサラダを用意したるりするなどしてバランスを整えるとよいだろう。 ボリューム満点でハイカロリーなロコモコ丼は、糖質の量も少なくない。 白米にハンバーグ、デミグラスソースはそれぞれが糖質を含んだ食品なので、糖質制限中にロコモコ丼を食べるのであれば、それぞれをどれだけ食べたかという意識を持っておく必要がある。 それぞれの糖質量は、白米は100gにつき約36g。 ハンバーグは100gにつき約12g。 デミグラスソースは100gにつき11g。 先程のカロリーを計算した時と同様に、白米とハンバーグを150g、デミグラスソース100gで想定したのであれば1食あたり約83gの糖質が含まれる計算となる。 ちなみに、卵に含まれる糖質は100gあたり0. 3gしかないので、誤差程度の量として計算からは除外した。 これらの糖質量は、糖質制限中に積極的に食べてよい料理ではないが、せめてどうしても食べたいとなった際はこの83gという糖質量を意識して、ほかの食事で糖質量を減らすといった工夫が必要となるだろう。 カロリーも糖質も高めなロコモコ丼ではあるが、食べ方の工夫次第ではそのカロリーをある程度オフすることも可能だ。 手軽にカロリーオフできておすすめなのは、ハンバーグをおからや豆腐でかさ増しすることだ。 また、デミグラスソースはソースの中でもカロリーが高めなので量を減らしたり、和風系のソースでさっぱりとしたテイストの食べ方にしたりすればその分カロリーはオフできる。 また、糖質やカロリーをオフしつつお腹いっぱいになりたいということであれば、ごはんの量を増やすよりも先述のようにかさまししたハンバーグの量を増やし、おかず多めの食べ方にしたほうがよい。 こういった食べ方の工夫があれば、ダイエット中でも美味しくロコモコ丼を味わえるようになるのでぜひ試してみてはいかがだろうか。

次の

ロコモコの献立に合うおかず!もう一品付け合わせやスープは?

ロコモコ 献立

熱々のごはんに焼き立てのハンバーグ、半熟の目玉焼きとたっぷりのデミグラスソースをかけたロコモコ丼。 食べ応えはあるが決して低カロリーの食品ではない。 まず、ごはんは100gあたり168kcal、1膳を150gとするなら約252kcalとなる。 ハンバーグは100gあたり223kcalで、1人前のハンバーグを150gとすると約335kcal。 デミグラスソースをたっぷりと100gかけたなら82kcalがさらに加わり、目玉焼きは1個あたり79kcalあるので、これらを合計した748kcalがロコモコ丼1食のカロリーと考えらえる。 当然ごはんを大盛にしたり、ハンバーグを150g以上の特大サイズにしてみたり、デミグラスソースをたっぷりかけたり、付け合わせにレタスやトマトを加えたりすればその分カロリーは上乗せされていく。 ハンバーグの肉汁やデミグラスソース、半熟の卵の黄身が絡んだごはんは絶品で、ついついごはんの量を増やしたくなるが、もし体重を気にしているのであればロコモコ丼を食べることでどの程度のカロリーが身体に吸収されることになるのか、意識しておいたほうがよいだろう。 ボリューミーでハイカロリーなロコモコ丼だが、その分栄養も多く含まれており、決して身体に悪い食べ物ではない。 ハンバーグはどの肉を使っているかにもよるが、たんぱく質やビタミン、ミネラルが豊富に含まれており代謝や身体を作るために必要な栄養を補ってくれる。 ビタミンCと食物繊維を除く、ビタミン群やミネラル、たんぱく質といった身体に必要な栄養素のほとんどを摂ることができる。 そこに、エネルギーの源である炭水化物のごはんが加わるので、とくに運動をしている人にとっては、必要な栄養やエネルギーのほとんどをまかなえる一品だといえるだろう。 付け合わせとして添えられるレタスやトマトなどの野菜類は、ロコモコ丼に不足している食物繊維を補うことができて理にかなっている。 栄養面が心配であれば、こういった付け合わせの野菜を増やしたり、別にサラダを用意したるりするなどしてバランスを整えるとよいだろう。 ボリューム満点でハイカロリーなロコモコ丼は、糖質の量も少なくない。 白米にハンバーグ、デミグラスソースはそれぞれが糖質を含んだ食品なので、糖質制限中にロコモコ丼を食べるのであれば、それぞれをどれだけ食べたかという意識を持っておく必要がある。 それぞれの糖質量は、白米は100gにつき約36g。 ハンバーグは100gにつき約12g。 デミグラスソースは100gにつき11g。 先程のカロリーを計算した時と同様に、白米とハンバーグを150g、デミグラスソース100gで想定したのであれば1食あたり約83gの糖質が含まれる計算となる。 ちなみに、卵に含まれる糖質は100gあたり0. 3gしかないので、誤差程度の量として計算からは除外した。 これらの糖質量は、糖質制限中に積極的に食べてよい料理ではないが、せめてどうしても食べたいとなった際はこの83gという糖質量を意識して、ほかの食事で糖質量を減らすといった工夫が必要となるだろう。 カロリーも糖質も高めなロコモコ丼ではあるが、食べ方の工夫次第ではそのカロリーをある程度オフすることも可能だ。 手軽にカロリーオフできておすすめなのは、ハンバーグをおからや豆腐でかさ増しすることだ。 また、デミグラスソースはソースの中でもカロリーが高めなので量を減らしたり、和風系のソースでさっぱりとしたテイストの食べ方にしたりすればその分カロリーはオフできる。 また、糖質やカロリーをオフしつつお腹いっぱいになりたいということであれば、ごはんの量を増やすよりも先述のようにかさまししたハンバーグの量を増やし、おかず多めの食べ方にしたほうがよい。 こういった食べ方の工夫があれば、ダイエット中でも美味しくロコモコ丼を味わえるようになるのでぜひ試してみてはいかがだろうか。

次の

ロコモコ風定食*レシピ*│mieko's kitchen

ロコモコ 献立

ロコモコ丼に合うおかず7選 1. ポテト みんな大好き、お馴染みのポテトです。 塩こしょう味、青のり味、コンソメ味、家で作るポテトの簡単な味付けも色々と種類がありますよね。 私のオススメはコンソメ味です。 顆粒コンソメを揚げたてポテトにまぶすだけで簡単に作れます。 ガーリックシュリンプ 同じハワイで有名なメニューから、ガーリックシュリンプをご紹介します。 ハワイではエビの養殖が大変盛んです。 ガーリックシュリンプはエビをたっぷりのガーリックバターで炒めたシンプルな料理。 メイン料理の合間につまんで食べるのにぴったりのもう一品です。 野菜のチーズグリル 温かい野菜をいただきたいときはコチラ、野菜のチーズグリルです。 一度フライパンなどで焼いた野菜(かぼちゃ、なす、ズッキーニ、ピーマンなど)を皿にもりつけてたっぷりのチーズとをかけてトースターで焼きます。 チーズに焦げ目がついてきたら取り出し、オリーブオイルをひとかけして完成です。 ヘルシーにいきたい場合はチーズなしで、味付けはオリーブオイルと塩こしょうのみでいきましょう。 ポテトサラダ 日本でも定番のポテトサラダ。 レストランなどのハンバーグ定食のつけ合わせにもよくでてきますよね。 同じハンバーグのロコモコ丼と合わないわけはありません。 いもを蒸かしたり潰したりする手間はかかりますが、大人も子供も喜んでくれるおかずのひとつです。 そのまま盛り付けてもいいのですが、ラップでくるんで丸く形をととのえてお皿に盛り付けたりトッピングを加えたりするととてもオシャレです。 ミニグラタン 小さな器に簡単にできるミニグラタンを作ってみましょう。 スライスタマネギを軽くいためたらマカロニを入れてかぶるくらいの水とツナ缶を汁後と入れます。 マカロニが程よい硬さになったら市販のシチューの元をとろみがつく程度まで入れます。 できたものを器にもりチーズをかけてトースターやオーブンでチーズを溶かせば完成です。 ハワイアンコブサラダ 見た目にもコロコロと可愛いコブサラダ。 ヨーグルトベースの爽やかなドレッシング、ローストした胡桃などもたっぷり入れて香ばしい、いつものお馴染みサラダとはちょっと違う特別な味がします。 オシャレにロコモコ丼メニューを仕上げたいときはぜひ取り入れてください。 ほうれん草と生ハムのサラダ ほうれん草は軽くゆでます。 たまねぎベースの和風ダレなどで食べると良いと思います。 ハワイアンテイストではありませんが、一品くらいは私たちの口に馴染んだ和風の料理があってもよいと思い選びました。 ロコモコ丼に合う副菜・スープ5選 1. オックステールスープ ハワイのスープといえばオックステールスープです。 本格的にハワイアン料理を作りたいなら、スープもハワイアンにしちゃいましょう! 牛テールの濃厚な味わいとハワイアンならではの爽やかな味付けがたまらなく食欲をそそります。 野菜コンソメスープ スープにそんなに時間をかけてられない!というときはこちら。 皆さんもよく作ると思います。 コンソメキューブを使ったスープです。 入れる具材も選ぶことがないので冷蔵庫にあるものでパパッと作れるのが魅力ですね。 フルーツワッフル ハワイといえばフルーツをのせたワッフルやパンケーキなども有名です。 食後にちょっと頂く甘いデザートとして組み込んでみるのもありだと思います! ワッフル機がなければパンケーキでも良いと思いますが、いずれの場合も小さめのものにしてあまりカロリーがオーバーしないように気をつけましょう! 4. フルーツスムージー こちらも食後のデザートとしてですが、健康やヘルシーに気をつけている人には特にオススメです。 好みの野菜をスムージーにしていただきましょう。 スムージーは色々な野菜やフルーツを組み合わせて様々バリエーションのものがあります。 いろいろ試してお好みのスムージを見つけましょう! 5. 卵プリン ハンバーグとプリンといえばまるでお子様ランチですね。 そうです、子供が喜びそうなメニューとして考えました。 ロコモコ丼にはもともと肉、ごはん、野菜がもりつけてすでに栄養バランスが良いんですよね! これからプリンをプラスしても栄養の偏りもなく気にせずおいしく召し上がれそうです! ロコモコ丼のおすすめ献立メニュー 献立例1.

次の