風呂場 排水溝 掃除。 お風呂の排水溝の正しい掃除のやり方とは?写真つきで解説!|シリモノ

お風呂の排水口は重曹とクエン酸を使って5分でスッキリお掃除

風呂場 排水溝 掃除

ユニットバスの排水詰まりのお話しです。 ユニットバスの排水溝は排水トラップと呼ばれ、常に水を溜めることにより、排水管から逆流するイヤな臭いを防いでいます。 そのため構造が多少複雑で詰まりやすいのです。 浴槽のお湯を抜いたとき、洗い場で頭や体を洗っているとき、排水溝が流れなくなり、入り口のドアから溢れそうになって慌てたことはありませんか? 2階以上の部屋は、ドアから水が流れ出てしまうと、下の部屋に水が漏れてしまいます。 ここではアパートなどで多く見られる、ユニットバスの排水溝の詰まりを直す方法についてお話をします。 お風呂を使っていれば必ず詰まる場所なので、日頃からマメに掃除したほうが良いですね。 【ユニットバス排水つまり】排水溝 排水トラップ の構造と詰まる原因 浴槽と洗い場が一体式のタイプ、浴槽が床の上に置いてあるタイプ、壁に洗面器があるタイプなど、ユニットバスでも様々なタイプがありますよね。 浴槽や洗面器からの排水は、床にある排水溝に集まり、その先へ流れる仕組みになっています。 排水トラップの仕組みは下のイラストのとおりです。 真横から見た断面図です。 写真の矢印が排水の流れる方向です。 トラップ内にはいつも水が溜まっています。 排水筒を上から被せることで、臭いや虫の侵入を防いでいます。 これをと言います。 「 詰まる箇所」に髪の毛が引っ掛かり完全にふさがってしまうと、浴槽の栓を抜いた時や洗面器から流した時に、床の排水溝から溢れてきます。 洗い場で洗髪した髪の毛や、浴槽の排水口から流入した髪の毛が詰まってしまうんです。 また、髪の毛以外では試供品のシャンプーの切れ端とかピン止めなど、気が付かないうちに流れ込んでしまうことがよくあります。 このタイプは浴槽のサイドパネルがちょうど排水溝の上にまたがり、排水筒を外せない場合があります。 このタイプはサイドパネルを外さなくてはいけません。 このタイプの場合はこちらの記事をご覧ください。 また、排水トラップの形が四角いタイプもあります。 こちらの記事をご覧ください。 【ユニットバス排水つまり】排水溝を分解する ユニットバス排水溝の詰まりを直すには、排水筒を外して、詰まっているものを取るのが一番手っ取り早い方法です。 まず目皿を外します。 目皿の外し方は反時計回りに回して外すタイプ反時計回りに緩めて目皿と本体の凹凸の溝を合わせて外すタイプがあります。 封水筒も同様にこの二つのタイプがあります。

次の

排水溝の髪の毛の取り方を伝授!お風呂場向けおすすめグッズ5選もご紹介│バスタイムクラブ

風呂場 排水溝 掃除

お風呂の排水口悪臭の原因 お風呂の排水口には、髪の毛などの体毛、垢、油、石鹸カスなど、臭いの元になる雑菌の栄養分がたくさん流れています。 また、髪の毛や体毛、垢などはたんぱく質ですので、時間が経つと腐って嫌な臭いを発するようになります。 これらの汚れが、排水口に留まることで悪臭が発生してしまうことがあります。 しかし、「排水口と呼ばれる部分は一応掃除しているけど・・・」という人もいらっしゃるかと思います。 実は、排水口はいくつかの部品に分かれており、多くの人は一番上にあるヘアキャッチャーと呼ばれる部分しか掃除ができていないことがあります。 そこで、まずは悪臭の原因となる場所についてご紹介したいと思います。 関連記事: 悪臭原因1. ヘアキャッチャーにゴミが溜まっている 排水口のカバーをあけると、髪の毛などを受け止めるヘアキャッチャーと呼ばれる部品があります。 このヘアキャッチャーは目に見える部分なので掃除をしている人が多いかと思いますが、初めて一人暮らしをする人などは見落としていることもあります。 ヘアキャッチャーにはよく髪の毛や体毛などが絡まります。 そのまま放置していると、石鹸カスや体の油が毛に付着してヌメリが発生し、最終的に悪臭が発生します。 人によって抜ける毛の量などは違ってきますが、1週間に1回はヘアキャッチャーのゴミを取り除いた方がいいでしょう。 ヘアキャッチャーがない場合もある お風呂の種類によっては、ヘアキャッチャーが着いていない場合もあります。 ヘアキャッチャーがついていないと、排水管などに大量の毛が流れてひどい詰まりが発生してしまうことがあります。 気になる場合は、ホームセンターやネットショップなどで、自分のお風呂の排水口にあったサイズのヘアキャッチャーを購入するといいでしょう。 悪臭原因2. 排水トラップのヌメリ・汚れ 先ほどのヘアキャッチャーは、排水口のカバーを外すと一番上に見えるため掃除をしている人が多いのですが、実はヘアキャッチャーの下には排水トラップと呼ばれる部品がついていることがあります。 排水トラップは筒状になっており、水溜まりを作ることで排水管の奥の臭いなどが上に上がってこないようにしています。 この排水トラップなのですが、石鹸カスや油などが固まっり、ゲル状の汚れになっていることがあります。 築年数が経過していて、悪臭が発生し、排水トラップの掃除をした記憶がない場合は、排水トラップに汚れが溜まっているのが原因かもしれません。 排水トラップの掃除方法などについては、後述の「ヘアキャッチャーと排水トラップの掃除」をご参照ください。 悪臭原因3. 排水管にこびりついたヌメリ・汚れ ヘアキャッチャーも排水トラップも掃除しているのに、悪臭がするという場合は、排水管に蓄積されたヌメリ・汚れが原因の可能性があります。 使用年数が長いと、排水トラップなどをきちんと掃除していても、排水管にヌメリ・汚れがこびりついてしまうことがあります。 また、状況によっては排水管の合流地点である排水枡から悪臭が風呂場まで上がってくることもあります。 台所などで、油や食材カスなどを意識せずに流していると排水枡で腐敗して夏場などに悪臭が発生することもあるため注意しましょう。 排水枡の洗浄などは業者に依頼することになりますが、排水管のヌメリ・汚れについては自分で対策できることもあります。 対策方法については、後述の「お風呂の排水管掃除で悪臭対策」をご参照ください。 お風呂の排水口以外の悪臭原因 先ほど、排水口の悪臭原因についてご説明いたしましたが、それ以外にもお風呂が臭くなってしまう原因はあります。 よくある原因について、2つご紹介したいと思います。 悪臭原因1. 浴槽や壁・床の汚れ 浴槽や壁・床などの掃除をしていないと、悪臭が発生することがあります。 浴槽などは掃除しているけれど、壁や床は掃除していないという場合は定期的に掃除をするようにしましょう。 特に、床などは知らない内に汚れがこびりついて、元の色とは違った色になっていることもあります。 一部分だけ茶色くなっていたり、黄色くなっている場合などは、その部分に塩素系洗剤を使って汚れが取れないか試してみるといいかもしれません。 悪臭原因2. カビの発生 マンションなどで窓がなく、換気扇も小さいもので空気の循環が上手くできないような場合。 カビが大量発生して、カビ臭が発生することもあります。 カビが発生してしまった場合は、カビキラーなどを使ってカビ掃除をするようにしましょう。 また、換気が悪くてすぐにカビが発生する場合は入浴後に水気を取ったり、防カビ対策をしておくといいでしょう。 お風呂の排水口の悪臭対策 お風呂の排水口の悪臭は、自分で掃除などをすることによって解消・予防できることがあります。 先ほど紹介した、排水トラップや排水管の汚れ・ヌメリの解消方法などについても、これから紹介いたしますので参考にしてください。 排水口の高圧洗浄は最終手段 今から紹介する悪臭解消方法を使っても、悪臭が完全に取れない・全く取れないといったことがあります。 排水管の奥の方に悪臭の原因がある場合や、排水枡の悪臭が上がってくる場合、排水管などにびっしりと油汚れが取り付いている場合などです。 そういった場合は、最終手段として高圧洗浄を検討してみるといいかもしれません。 高圧洗浄は、専用の機械がないとできないため、業者に依頼することになりますが、その際は複数の業者で見積りを取ってから依頼するようにしましょう。 お風呂の排水口掃除で悪臭対策 お風呂の排水口の悪臭の原因を自分で掃除をすることによって、解消する方法をご紹介したいと思います。 掃除方法については、ヘアキャッチャーと排水トラップなどの排水口の入り口部分と排水管などの奥の部分で方法が変わってきます。 それぞれ、ご紹介いたします。 ヘアキャッチャーと排水トラップの掃除 ヘアキャッチャーと排水トラップは、一般の人でも簡単に取り外して掃除をすることができます。 排水トラップについては、ずっと存在を知らなかったという人もいるかと思います。 築年数がかなり経過している場合は、ひどく汚れがこびりついている場合もあり、水はねして口にゴミが入ると大変ですので、マスクをつけて作業しましょう。 注意点 お風呂のタイプによっては、ヘアキャッチャーや排水トラップが着いていないこともあります。 また、基本的にはどちらも上に持ち上げるだけで取れるものが多いですが、違った構造のものもあるため、取り外しができない場合は作業を中止してください。 また、排水トラップを取り外す際は、スポンジやブラシなどを落として排水管に詰まらせないように注意して掃除をしましょう。 必要な道具 ゴム手袋、マスク、ハンガー、スポンジ、ブラシなど。 手順 1. 排水口カバーを取り外す ゴム手袋とマスクを装着して、排水口カバーを取り外します。 使っているお風呂の種類によって違いますが、シャワーを流した後に水が流れていく場所にあるフタです。 ヘアキャッチャーを取り外す 排水口カバーを取り外すとヘアキャッチャーと呼ばれる、穴の空いた金属もしくはプラスチックの部品がでてきますので取り外します。 (排水口のタイプによっては、ヘアキャッチャーがないタイプもあります。 ) 3. 円筒状のものもあれば、楕円形の形のものもありますが、上に引き抜くと取れます。 スポンジやブラシを使って掃除 カバー、ヘアキャッチャー、排水トラップを取り外すことができたら、スポンジやブラシを使って掃除をします。 排水トラップなどには、油や石鹸カスなどが固まってできたヌメリがついていることがありますが、そのヌメリが詰まりの原因になるのできれいに拭き取るようにします。 水を流して完了 掃除が終わった後は、部品を取り付け直して水を流して完了です。 排水トラップなどや、排水口の手前に近い部分で汚れが詰まっている場合は、この方法で詰まりを解消することができますので、試してみてください。 お風呂の排水管掃除で悪臭対策 お風呂の排水口のヘアキャッチャーや排水トラップを綺麗に掃除しても臭いが取れない場合、排水管で悪臭が発生している可能性があります。 排水管で悪臭が発生している場合は、スポンジなどを使って掃除することができません。 ワイヤーブラシなどの先端にブラシがついたワイヤーを使うこともできますが、何mも長い排水管をブラシでゴシゴシ洗うのは、重労働です。 そこで、もっとも簡単で誰でもできる排水管掃除の方法をご紹介したいと思います。 排水管掃除って自分でできるの? 排水管掃除といっても、今回紹介する方法は薬剤を流すだけですので、一般の方でも可能です。 特殊な技術などは必要ありませんので、ご安心ください。 関連記事: 必要な道具 液体パイプクリーナー、ゴム手袋。 注意点 液体パイプクリーナーを使う際は、しっかりと換気をするようにしましょう。 また、酸性の洗剤と混ざると有毒なガスが発生してしまいますので注意しましょう。 液体パイプクリーナーを使用する際は、必ず使用する液体パイプクリーナーの注意書きを呼んでから使用しましょう。 関連記事: 手順 1. 排水口カバーを取る 排水口のカバーを取りましょう。 ヘアキャッチャーにゴミがついている場合は、先に取り除いておきましょう。 液体パイプクリーナーを流す 液体パイプクリーナーを排水口に流しましょう。 流す量は、液体パイプクリーナーの種類によって異なるため、使用方法を呼んで適量を流します。 所定時間待ってから水を流す 液体パイプクリーナーの使用方法などに書いてある所定の時間待った後で、水で薬剤を洗い流して完了です。 ピーピースルーは慎重に ピーピースルーなどの業務用洗浄剤の一部は、実はネットショップなどで売られていることがあります。 業務用洗剤は一般の人でも使用できるようなものがありますが、中には登録書などがないと購入できないようなものがあります。 薬剤によっては発熱して、排水管にダメージを与えるものもあるため、業務用洗浄剤を使う際は、よく調べてから使用するようにしましょう。 お風呂の排水口以外の悪臭対策 お風呂の排水口や排水管の悪臭対策についてご紹介いたしましたが、今度は、浴槽や壁・床に着いた皮脂汚れが原因で発生する悪臭対策についてご紹介したいと思います。 この悪臭は原因となる、皮脂汚れを取ればいいのですが、長年汚れが蓄積されて普通の洗剤では取れなくなっていることもあります。 浴槽や壁・床の皮脂汚れは取りにくい ある一部分だけ、他の部分と色が違っていて茶色だったり、黄色だったりしている場合は、皮脂汚れが固まっている可能性があります。 そういった場合は、塩素系洗剤を使ってもいいのですが、素材によっては変色してしまう可能性などがあります。 また、できれば塩素系洗剤を使いたくないという人もいるかと思いますので、今回は重曹と片栗粉とお湯を使った皮脂汚れ対策をご紹介いたします。 重曹と片栗粉とお湯で皮脂汚れ対策 頑固な皮脂汚れには、重曹を使ったお掃除方法が有効です。 重曹を気になる箇所にかけてスポンジでこするだけでもいいですが、もっと効果を高める方法があります。 重曹と片栗粉とお湯を混ぜてペースト状にして、気になるところに塗って少し待ってからスポンジでこするとより汚れが落ちやすくなります。 片栗粉が多すぎると、トロミが強すぎて詰まりの原因になってしまうため、排水口がつまらない程度になるべく水に近い状態にしておくといいでしょう。 塩素系洗剤は強力だが注意が必要 壁や床が黄色くなるほど、皮脂汚れがこびりついている場合は、塩素系洗剤を使って掃除をすると皮脂が溶けて簡単に洗い流すことができます。 ただし、塩素系洗剤は酸性の洗剤と混ざると有毒なガスを発生させてしまうため使用前に水でお風呂場全体をしっかりと流し、お風呂場に置いてある洗剤などを全て脱衣所などに出し、換気を万全にした状態で使用するようにしましょう。 また、お風呂場の壁や床に使われている素材によっては、塩素系洗剤を使うことで変色する場合もあるため、目立たないところで確認してから使用するようにしましょう。 他にも洗剤によって使用上の注意点が多数あるため、使用する際は注意しましょう。 カビ対策は掃除と予防策が重要 皮脂汚れ以外にも、カビが発生してカビ臭が出ることもありましたよね。 カビは普通の洗剤で掃除して表面だけ汚れを掃除しても、パッキンの隙間などにカビの菌が残っている場合があります。 そのため、塩素系洗剤を使って根元から殺菌するのが効果的です。 また、天井などにカビが発生してしまう場合は、毎回上を見ながら掃除するのは大変かと思います。 そういった場合は、お風呂場専用のくん煙タイプの防カビ剤などがドラッグストアに売られていますので、それを使ってみるといいでしょう。 お風呂の排水口の高圧洗浄を業者に依頼した場合 お風呂の排水口の悪臭対策をやったけど、全く悪臭が取れない・解消されないという場合は、高圧洗浄を検討してみるといいかもしれません。 高圧洗浄は、排水管の長さや状況によって料金が変わってきます。 また、業者ごとによって料金が変わってくるため事前に見積りを取って比較してみるといいでしょう。 排水口の高圧洗浄の費用はいくら位かかるのか 排水口の高圧洗浄の費用は、排水管の長さや高圧洗浄を行う場所、状況などによって異なってきます。 また、業者によっても様々です。 とはいえ、どれくらいの費用がかかるのか気になりますよね。 そこで、このサイトの運営者である「生活救急車」に実際あった依頼の実費をご紹介したいと思います。 料金体系・税率が現在と異なることもございますので予めご了承ください。 関連記事: 生活救急車の見積りは基本無料 生活救急車の場合、お電話では正確な見積り金額を出すのが難しいため、現地にて無料でお見積りをお出しさせていただいております。 「基本的に無料」としているのは、「高速道路などの有料道路を通る必要がある」場所への出張や、「見積りをするのに、便器の取り外し作業が必要」といった見積り時に作業が発生する場合に実費がかかるためです。 見積りが有料になってしまう場合でも、その前に費用がいくらかかるのかを必ずお客様にご説明して、了承が得られたら見積もりを行うようにしておりますので、急に作業や見積りを進めて後から金額を請求することはありません。 他社と比較されたい場合も、現地で見積りをお出しした後に断っていただいても費用が発生することはありませんので、お気軽にご利用ください。 まとめ 今回は、お風呂の浴槽や排水口からの悪臭の原因と、その解消方法などについてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか。 排水トラップや排水管の掃除は、初めての人でも簡単にできるので、定期的に掃除をして悪臭が発生しないようにしましょう。 また、高圧洗浄を水のトラブル業者に依頼される場合は、見積りを確認してから依頼されることをおすすめいたします。 「水道の蛇口から水漏れがしましてね。 蛇口の継手の部分からね、できたら修理をお願いしたいのですが。 風呂場なんです。 今はほとんど使っていないんですけど、簡単には止まらないような感じなので専門家に見てもらいたいと思うんですけどね。 」としっかりとした口調ですが、少し緊張されている様子でお電話を頂きました。 依頼を検討されているご住所をお聞きすると、羽島市堀津町横手のご地域からのご依頼でした。 ご地域に対応するスタッフをお探しし、11時でご訪問の予約をさせて頂いたところ、「よろしくお願いします。 」とご安心して頂けた様子でお電話をお切りになりました。 受付日時 2020年5月22日 8時40分頃 受付担当 満田.

次の

お風呂の排水溝の掃除のやり方!毎日の簡単作業でヌメリや臭いを防ぐ

風呂場 排水溝 掃除

排水溝の汚れについて お風呂の排水溝の汚れは、色々な汚れが集合しているといえるでしょう。 お風呂から発生する様々な汚れが溜まっていますので、それに合わせた掃除をする必要があるのです。 お風呂の排水溝の汚れの中には、皮脂やフケもあります。 これは人間の体から出るもので、それが排水溝に溜まってしまう汚れとなっています。 さらに、体を洗う際に利用する石鹸や、髪を洗う際に利用するシャンプーやリンスなども排水溝の汚れのひとつになっています。 また、髪や体から抜け落ちた毛が排水溝の汚れになっていることもありますので、これらについても考える必要があります。 その他も、ほこりなど様々な汚れが考えられるのがお風呂の排水溝になっていますので、色々な汚れに対応できる掃除をする必要があります。 また、お風呂の排水溝の汚れをそのままにしてしまうと、色々なトラブルが発生する可能性もありますので、その点についても注意する必要があるでしょう。 お風呂の汚れを放置してしまうと、悪臭を発生させることがあります。 排水溝の中には、雑菌が繁殖しやすいので、雑菌が繁殖してしまうと、かなり嫌な臭いを発生するようになります。 また、排水溝の汚れをそのままにしておくと、いずれ排水溝が詰まってしまうでしょう。 排水溝が詰まってしまうと、お風呂を使えなくなってしまいますので、より大きなトラブルになってしまいます。 このように排水溝の汚れは、しっかりと掃除しなければ、トラブルを引き起こしてしまうこともありますので、対処法を把握して、定期的に掃除するようにしましょう。 泡タイプの洗剤を利用 排水溝の掃除でおすすめなのが泡タイプの洗剤を利用するというものです。 泡タイプの洗剤で、洗浄力の強いものを利用することができれば、それほど力がなくとも、綺麗に掃除をすることができます。 泡タイプの強力な洗剤は、塩素系の漂白剤のようなものが該当しますので、それらを用意しておきましょう。 まずは、排水溝のフタを外して掃除をしやすい状況を作ります。 排水溝の中には、髪の毛などの汚れが残っている可能性がありますので、まずはそれらを取り払います。 手袋などを利用して取り払うのもよいですし、割り箸などを利用して取るのもよいでしょう。 一通り手で取れる汚れを除去したら、排水溝に泡タイプの洗剤をかけていきます。 取り外せるパーツもありますので、これらも取り外して、洗剤をかけるようにしましょう。 すぐに洗い流すのではなく、泡タイプの洗剤を使って、少し放置しておくのがポイントです。 こうすることによって、汚れを落としてくれますので、余計な力を使うことなく汚れを綺麗にすることができます。 洗剤の効果がしっかりと効いている場合には、この後にシャワーをかけるだけで綺麗になります。 軽い汚れ程度なら、この工程だけで、十分に綺麗になるかと思われますが、この場合でも汚れが残ってしまう場合には、歯ブラシなどを利用することによって、汚れを綺麗にしていきます。 また、パーツなどの汚れが酷い場合には、液体タイプの洗剤を利用するという方法もあります。 何かの袋の中に、液体タイプの洗剤とパーツを入れることによって、浸け置きしておきます。 この状態で少し長めに放置しておくことによって、汚れを落としやすくなるでしょう。 重曹やクエン酸を使う お風呂の排水溝を綺麗にするためには、重曹やクエン酸を利用するのもおすすめです。 これらを上手く利用することができれば、排水溝を綺麗な状態に保つことができますので、ぜひ覚えておくとよいでしょう。 重曹やクエン酸を利用する方法もそれほど難しいというわけではなく、まずは、排水溝のパーツを取り外します。 そして、手で取れる汚れについては、一通り除去しておきます。 次に、排水溝の中に、重曹とクエン酸の粉を注ぎます。 クエン酸は、重曹の半分くらいになるようにして、注ぐようにします。 さらに、そこからコップ1杯程度のぬるま湯を排水溝に流すようにします。 この状態で少し放置することによって、汚れを浮かび上がらせることができます。 また、予め外しておいたパーツについても重曹を使って、掃除をしてきます。 重曹をふりかけて、スポンジなどで擦ることによって、汚れを落とすことができます。 掃除の後には、お湯で流すだけで問題ありませんので、洗剤を使わない体に優しい方法だといえるでしょう。 重曹やクエン酸を利用した場合には、強力な洗剤を利用した場合の嫌な臭いなども気にする必要がありませんので、手軽に掃除をしたい場合に利用してみるとよいでしょう。 汚れない状況を作る お風呂の排水溝掃除を効率的に行うためには、汚れない状況を作り上げることも重要になってきます。 排水溝の掃除は、さぼってしまうと、かなり頑固な汚れになってしまいますので、定期的に掃除する習慣を作ることも大切です。 こうすることによって、嫌な臭いが発生することもありませんので、快適な生活をすることができるでしょう。 また、市販の排水溝ネットなどを利用するのもおすすめです。 こちらのアイテムは、髪の毛などの汚れをしっかりと除去するためにはおすすめのアイテムで、上手く利用することができれば、排水溝が汚れてしまうを防ぐことができます。 また、アルミホイルを利用して、汚れを軽減するという方法もあって、アルミホイルを丸めたものを排水溝の受け皿の部分に置いておきます。 こうすることによって、アルミホイルが水を接触した時に発生する金属イオンの力によって、菌の発生を防ぐことができるのです。 菌の増殖を抑制することができれば、それだけ臭いになりにくいので覚えておくとよいでしょう。 また、排水溝の掃除の頻度なのですが、2週間に1回程度の掃除をすることができれば、排水溝が酷い汚れになってしまうという状況を防ぐことができるでしょう。 お風呂掃除の際に、少し手間をかけるだけで排水溝掃除をすることができますので、忘れないように取り組みましょう。 排水溝掃除をさぼって、排水溝を詰まらせてしまうと大変なので、トラブルを未然に防ぐためにも、定期的な掃除を心がけたいものです。 排水溝を詰まらせてしまうと、業者対応になってしまいますので、そうなると費用も発生してしまいます。 このようなものがお風呂の排水溝の掃除方法になっていますので、なるべく触らない工夫をして、積極的に掃除をしていきましょう。 触らない状態で短時間で掃除をすることができれば、それほど負担になりませんので、定期的にやる気になれるのではないでしょうか。 排水溝の掃除自体は、それほど時間がかかるものではありませんので、重要なのは定期的に掃除をするということです。 歯ブラシなどがあるだけでも、手を汚さずに掃除をすることができますので、上手く洗剤を選んで、できるだけ簡単に掃除できるようにするとよいのではないでしょうか。

次の