キョ ダイ マックス リザードン 育成 論。 【ポケモン剣盾】リザードンの型・調整・育成論まとめ

【ポケモン剣盾】カビゴン(キョダイマックス)育成論・種族値・倒し方

キョ ダイ マックス リザードン 育成 論

今作には何体かのポケモンに、ダイマックスした際に通常とは異なる姿に変化する「キョダイマックスポケモン」が存在します。 これらのポケモンはダイマックス時の見た目が異なるだけでなく、そのダイマックス技の追加効果が通常とは異なるものに変化します。 そこで、その変化したダイマックス技は通常のダイマックス技と比べて実際のところどちらが良いのか、考察していきたいと思います。 キョダイマックスポケモンの基礎知識 入手法と特徴 キョダイマックスポケモンは、一部特殊な入手法を除き、基本的にはワイルドエリアのマックスレイドバトルで遭遇し、ゲットすることができます。 個体値は5V以上確定であるとの噂。 出現する巣穴はこちら ただし出現率は非常に低く、加えて捕獲成功率も低く、自身が開催したレイドでない場合は捕獲成功率は更に低くなってしまいます。 普通に遊んでいる分にはなかなか入手ができませんが、一応、ねがいのかたまり使用時にソフトリセットすることで光の柱を厳選し、キョダイマックスポケモンの出現を待つ方法があるようです 利用は自己責任でお願いします。 自分バージョンで出現しない、他プレイヤーの出したキョダイマックスポケモンはマスターボールの使い所の1つにもなるかもしれません レイドバトル用にトレースサーナイトを育成し、特性が希望のものか確認するのも良いでしょう またマックスレイドバトルのポケモンはシンクロが効かないため、性格補正は基本的にミントで調整することになります。 現シーズン1のランクバトルでは使えない 現在はランクバトルでは使えないものの、ガラルビギニングでは使用可能です。 そのためいずれは通常のランクバトルでも使用可能になるのではないかな…と睨んでいます。 ・ダイマックス技の追加効果によって自身の攻撃や特攻を上げられるかくとうタイプとどくタイプは、他のタイプと比較して威力が低くなっている。 ・連続技や威力が変動する技はこの限りではない。 ダイマックス技の追加効果 ダイマックス技 タイプ 追加効果 ダイアタック ノーマル 相手の素早さを一段階下げる。 ダイバーン ほのお 天候をひざしがつよいにする。 ダイストリーム みず 天候をあめにする。 ダイサンダー でんき フィールドをエレキフィールドにする。 ダイソウゲン くさ フィールドをグラスフィールドにする。 ダイアイス こおり 天候をあられにする。 ダイナックル かくとう 攻撃を一段階上げる。 ダイアシッド どく 特攻を一段階上げる。 ダイアース じめん 特防を一段階上げる。 ダイジェット ひこう 素早さを一段階上げる。 ダイサイコ エスパー フィールドをサイコフィールドにする。 ダイワーム むし 相手の特攻を一段階下げる。 ダイロック いわ 天候をすなあらしにする。 ダイホロウ ゴースト 相手の防御を一段階下げる。 ダイドラグーン ドラゴン 相手の攻撃を一段階下げる。 ダイアーク あく 相手の特防を一段階下げる。 ダイスチル はがね 防御を一段階上げる。 ダイフェアリー フェアリー フィールドをミストフィールドにする。 ダイウォール 変化技 ダイマックス技を含むすべての技を防ぐ。 ・ダイマックス前の元の技のタイプのみ継承し、威力や効果はダイマックス技共通のものに変化する。 ・ タイプによらず、全ての変化技はノーマルタイプのダイウォールになる。 ・能力が変化するダイマックス技は、ダブルでは味方orもう片方の敵にも効果が発動する。 ・PPや分類はダイマックス前の技に準拠する。 ・ダイマックス技はまもる状態でも防ぎきれず、ダメージを軽減して受ける。 ただし、ダイウォールはダイマックス技も完全に防ぐ事ができる。 オススメキョダイマックスポケモン 最初に結論からということで、個人的なオススメから紹介します。 なお、以下の項目はあくまで通常ダイマックスと比較したものであり、そのポケモン自体が通信対戦で強いかを考慮したものではないことをご注意ください。 青色はソード版のみ、 赤色はシールド版のみ出現します。 マックスレイドバトル以外にも、クリア後にホップ・ダンデの家に行くと入手が可能です。 マルヤクデのキョダイヒャッカとは、リザードンが倒れたり交代しても効果が続く点、新たに登場した相手ポケモンにも効果がある点で勝り、キョダイヒャッカには相手が炎タイプであってもダメージが効く、相手の交代を封じる効果を持つなどの効果がありその点で劣ります。 通常サンパワーリザードンのダイバーンも非常に強力ではありますが、強力なのは2発目以降であること、また相手の天候操作の影響を受けやすいなどの弱点もあります。 その点こちらは派手なパワーこそないものの堅実に効果を発揮してくれるダイ技と言えるでしょう。 特性は、キョダイマックスリザードンであればどちらでも良いですが、特に何も考えない場合はもうかの方が活躍する場面は多そうです。 逆にパーティの他のポケモンで天候を晴れにしたり、対戦環境で晴れが流行していてそれにタダ乗りが期待できる場合はサンパワーでも良いでしょう。 性格補正は、シングルバトルではミミッキュが多く流行しているため、それを抜く意味でおくびょう推奨。 ダブルバトルではおくびょうも堅実ですが、素早さはダイジェットや追い風で補うと考えてパワー重視の控えめでも良いでしょう。 カッコイイと思います。 特性は、威嚇を防いでくれ、その他ダイマックス技による能力ダウンなどからも守ってくれるしろいけむりがオススメです。 ただすいすい+ダイストリームの突破力も非常に魅力的です。 カジリガメとは別の非ダイマックスエースを採用する際の選択肢となりそうです。 がんじょうあごの対象となる主な技はかみくだく、こおりのきばです。 が、キョダイマックス中はその効果も無くなってしまいます。 役割的に初手からダイマックスするため、ダイマックス終了後もそれらの技の威力を高く保ちたいかどうかというところになりそうです。 ある意味常に役立つのはシェルアーマーですが、個人的にはすいすいにしておくといざという時に相手が発生させた雨天候に便乗できて良いのかなと思います。 ダイストリームのようにパワーは上がりませんが、基本的にはダイストリームより強力だと思われます。 特性は、威嚇を受けないかいりきバサミが有力です。 普通の毒のダイ技と一緒だと少し火力不足…?とはいえダストダスは基本的に物理型にすると思われるので、こちらの方が基本的には良いでしょう。 特殊型だったとしても、一度当ててしまえば効果が持続的で強いという見方もあるかもしれません。 特性は、一定確率で相手を怯ませることができるあくしゅうか、くだけるよろいでしょうか。 ということで特性はすなはきがオススメですが、鬼火を受けることが多いなど、場合によってはだっぴも選択肢に入るかもしれません。 キョダイフウゲキで解除できるのは、相手側の「ひかりのかべ」「リフレクター」「しんぴのまもり」「しろいきり」「まきびし」「どくびし」「ステルスロック」「オーロラベール」、また場にかかっている「グラスフィールド」「ミストフィールド」「エレキフィールド」「サイコフィールド」の効果です。 これらを活用したパーティが非常に流行している場合は選択肢となるでしょう。 キョダイマックスアーマーガア、カッコイイんですけどね…。 特性はほぼミラーアーマー一択です。 どちらかというとダブルバトルに向いているように感じます。 特性はむしのしらせ・お見通しのどちらかが良いと思われますが、特にキョダイテンドウを活かしやすいダブルバトルで使う場合、先発で出すことが多くなると考えられるため、相手2体の持ち物を確認できるお見通しがオススメです。 メガストーンや専用Zクリスタルが無いため、予測効果がうまく働きやすいこともプラス。 十分候補です。 自身のちょうのまいで素早さと威力を上げて上から圧力をかけていきたいところ。 味方でサポートしたり、自身で眠りごなを使うことでチャンスを作っていきたいところ。 特性は、ダイマックス中の爆発力を上げるなら色眼鏡がベター。 複眼も複眼で通常時の眠りごなが強力です。 対してキョダイスイマは相手の行動にかなり制限をかけることができるようになり、強力です。 特性はいたずらごころがオススメ。 ダイマックス中は意味のないものとなってしまいますが、ダイマックス終了後にも電磁波などで最後まで仕事ができるようになります。 十分実用的です。 特に先発向きになりますね。 特性のちからづくは、ダイマックス技の効果までは消えないため心配無用。 どちらの特性もダイマックス中は効果がないので、ダイマックス前のメインウェポンをアイアンヘッドにするかヘビーボンバーにするかで決めると良いでしょう。 というかPP-1だけは悲しすぎる… 特性は、ダブルバトルで活用するならばすじがねいり一択。 シングルであればどれもほぼ活躍の機会はないのですが、強いて言えばライトボディにしてけたぐりのダメージを軽減するのが良さそうに思います。 が、ダイマックスポケモンにけたぐりが効かないため採用率は落ちると思われるので、何でも良いと思います。 選択肢には十分なり得るでしょう。 特性は眠りを防げるようになるスイートベールがオススメです。 攻撃に3割のひるみ効果が付くようなものであり、それなりに実用的だと思います。 特性はできればマジックミラーが欲しいところ。 特性は、はりきりだとかなりパワーを発揮することができ、できればこの特性にしたいところ。 新特性のじゅくせいは、木の実の効果が2倍になるというもの。 例えばオボンのみで体力を大きく回復することができるようになります。 の攻撃技が急所に当たりやすくなる きあいだめと同じ? 威力が通常の格闘技同様控えめな設定になっているかは要検証です。 ピントレンズを持たせれば攻撃が確定急所になるので面白そうですね。 特性はダイマックス前提ならこんじょうがオススメですが、ノーガード爆裂パンチを使いたいということであればノーガードでも良いでしょう。 ストーンエッジなども確実に命中するようになります。 セキタンザンの見かけに反して足りない火力を上手く補ってくれるでしょう。 特性は、対炎の役割を持たせるならじょうききかん、物理型と戦うことが多ければほのおのからだが良いかと思います。 ダブルバトルでは状態異常が流行っていたら活躍する機会があるかも…? 基本的には元のダイソウゲンがオススメです。 特性は、じゅくせいかあついしぼうでしょうか。 どちらも結果的に耐久力を上げてくれます。 ラプラス自身はダイマックスの耐久強化と合わせて非常に硬くなり、ダイマックス終了後もダイマックスクラスの耐久力を維持することができます。 相手の攻撃にどっしりと耐えながら、弱点を突きやすい氷技と一貫性の高い水技で反撃していきましょう。 特性は、超火力の水技にも受け出しができるようになるちょすいがオススメです。 追加効果は強力で、でんきだまを持たせればパワーも十分。 ダイマックスで弱点の耐久力を多少補えるので、その上で持ち前のパワーで活躍してほしいところ。 ふっくらしたピカチュウを楽しみましょう。 特性は火力不足を少しでも補うために適応力にしておきましょう。 私も一番最初にレベル100になったポケモンはニャースでした。 余談ですが私は今はお金稼ぎはキョダイマックスニャース法ではなく、Wを穴掘り兄弟に渡してお宝を掘ってもらい、それを売却する形でお金を得ています。 以上になります。 貴重なキョダイマックスポケモンを育てる際の参考になれば何よりです。 maikeruexe.

次の

【ポケモン剣盾】キョダイマックスを解説!キョダイマックス可能なポケモンと技【ポケモンソードシールド】

キョ ダイ マックス リザードン 育成 論

5倍になる。 隠 サンパワー 「ひざしがつよい」とき、 特攻が1. 特攻と 素早さが高くバランスのいい種族値であり、強力な特性 サンパワーを持っています。 晴れパで使うなら サンパワー、それ以外や物理型であれば もうかを使いたいですね。 ダイジェットにより素早さを上げられることもあり、ダイマックスと相性のいいポケモンです。 いわタイプが4倍弱点なので、ステルスロックには注意。 基本的にHPは奇数調整しておきたいです。 特性について• 5倍になる特性です。 能動的に使うなら、 みがわりで体力を減らして、 カムラのみなどと合わせて突破力を上げる方法があります。 サンパワーは、晴れ時に自身の特攻が1. 5倍になる特性です。 ダイバーンによって自力で発動を狙うことができるので、「もうか」よりも発動機会を作りやすいです。 サンパワーで削られるダメージは ダイマックス前のHPを参照するので、ダイマックスしても自傷ダメージが増えることはありません。 リザードンの技候補 リザードンが覚える技の中で、有用なものを以下にまとめます。 ダイマックスなしでも戦えるように、持ち物は こだわりメガネ。 天候を 雨にされた場合はぼうふうが必中になるので、完全に無力化されることはありません。 素早さ 実数値167で、 最速100族と同速。 種族値は、サザンドラ 98 ・オノノクス 97 ・ミミッキュ 96 ・ヒヒダルマ 95 を上回ります。 キョダイゴクエンは 持続ダメージを与える技であり、相手がきあいのタスキを持っていても1ターンで倒せるのが強力です。 上のサンパワー型で書いた乱数1発の相手も、持続ダメージ込みで1ターンで倒せます。 短所を挙げるとすれば、普通のダイマックスと違って 能動的に晴れにできない点です。 はらだいこで オボンのみを発動させたいのでHPは偶数。 ただ、 まひや ねむりに弱いので、 ラムのみも候補に入ります。 素早さ 実数値167で、 最速100族と同速。 種族値は、サザンドラ 98 ・オノノクス 97 ・ミミッキュ 96 ・ヒヒダルマ 95 を上回ります。 攻撃面 キョダイゴクエンを使っていれば、乱数1発のダメージの相手でも、キョダイゴクエンの持続ダメージ込みで倒すことができます。 攻撃6段階上昇+ダイマックス時、.

次の

【ポケモン剣盾】キョダイマックス対戦おすすめポケモン【ポケモンソードシールド】

キョ ダイ マックス リザードン 育成 論

天候が晴れ状態の時にほのおタイプの技の威力が1. 軒並み弱く設定されているキョダイマックス技の中では飛びぬけて強力で、 このポケモンを初手に出し「キョダイゴクエン」を撃つことでダメージレースにおいて有利な状況を作ることができます。 高い素早さ ギャラドス、トゲキッスといった 他のダイジェットポケモンやミミッキュよりも高い素早さを持っています。 フェアリー耐性を持っていることから、場合によってはミミッキュに繰り出し、上から攻撃するといった動きを取ることも可能です。 短所 ダイマックス前提ポケモン 他のダイジェット持ちポケモンよりもさらに非ダイマックス時の性能が低く、柔軟な立ち回りからは程遠いポケモンです。 このポケモンがパーティにいるだけで、構築の系統がある程度絞られてしまうこともあります。 低い種族値 アタッカー型しか存在しないにも関わらず、特攻種族値は109、攻撃は84しかありません。 その上耐久も並以下程度の数値しかないため、ダイマックスしないと戦えない性能に拍車をかけています。 ・初手ダイマックスで数的有利を狙う ・「みがわり」で「あくび」をかわす 努力値調整 B:端数 C:振り切り S:最速 役割 初手、ダイマックス、タイマン 解説 「いのちのたま」を持たせることで「ダイジェット」でドラパルトを一撃で倒せるようになるため「りゅうのはどう」を切り、 代わりに「げんしのちから」を持たせることで範囲を広げタイマン性能を高めた型です。 炎ロトムを一撃で倒せるほどの火力を手にすることができますが、代わりにカビゴンの「あくび」などの状態異常によるダイマックス対策に直面してしまいます。 リザードンと相性が良いポケモン 「キョダイゴクエン」と相性が良いポケモン• 「キョダイゴクエン」の定数ダメージを活かして戦えるポケモンと攻めの相性が良いです。 エルフーンのような「みがわり」+「まもる」戦法や、ミミッキュのようなタイマン性能の高いポケモンなどと組ませられます。 リザードンの対策 水タイプ• 「キョダイゴクエン」の媒体が炎技なので、「ダイバーン」を撃つことができません。 晴れにして水タイプを等倍で受けるというリザードンが得意としてきた戦法がとれないため、水タイプに撃ち合いで勝つことはほぼ不可能となってしまいました。

次の