騙さ れる 方 が 悪い。 「騙す方と騙される方」どちらが悪いと思いますか?

騙される方が悪いのか?若手弁護士から学ぶ教訓(Wedge)

騙さ れる 方 が 悪い

騙される人の特徴 簡単に騙される人には、それなりの理由・原因があります。 どういう特徴を持った人が、騙されやすいのか。 すぐに騙される人に、多くみられる特徴を5つご紹介します。 男性・女性問わず、共通した内容です。 自分は騙されやすいのか、診断にも使えます。 確認してみましょう。 1.世間知らず 簡単に騙される人の一つ目の特徴は、『 世間知らず』です。 世間知らずな人は、相手の言葉を、何でも信じ込みます。 恵まれた環境に生まれ育ち、苦労を知らない場合や、勉強ばかりして世の中のことを知らない場合は、特に、その傾向が強いです。 いくら、学校の勉強ができて、高学歴でも、社会を広く知らない人は、騙されます。 他には、日頃、大きな事件なども少ない、田舎育ちの人も、騙されやすいと言えるでしょう。 世間知らずな人は、騙された経験もなく、疑うことを知らないのです。 世の中は、善人ばかりではありません。 悪人もいます。 騙されやすい人は、その意識が薄い、または、欠落しているのです。 2.お人好し 騙される人は、『 お人好し』なのも特徴です。 義理人情に厚く、困っているをほっとけません。 自分を犠牲にしてでも、他人のために尽くそうとします。 根が優しく、誠実なのです。 日本人の多くが、その傾向が強いと言えるでしょう。 しかし、世の中には、お人好しに付け込み、思い通りに相手を動かそうとする人間もいます。 そういうタイプは、騙される方が悪いと、罪の意識もなく、反省もしません。 お人好しにも程があります。 利用されないように注意が必要です。 3.現状に不満がある 騙されやすい人には、『 現状に不満がある』という特徴もあります。 愛情に飢えていたり、お金に苦労していたりと、何か、今の生活や自分に不満があるのです。 そのため、それを満たす、おいしい話や甘い言葉に、あっさりと騙されてしまうのです。 自分に足りないものを満たそうとし、騙されるのです。 満たされている人は、うまい話、おいしい話に飛びついたりしません。 物事を冷静に判断し、嘘、偽りを見抜きます。 現状に不満を抱えている人は、冷静な判断よりも欲望の方が勝り、真実が見えなくなるのです。 4.劣等感がある 『 劣等感がある』のも、騙される人の特徴の一つです。 生い立ち、容姿、学歴、能力、才能、地位、経済状況など、何かにコンプレックスを持っていることが多いです。 その劣等感、コンプレックスに付け込まれ、騙されるのです。 劣等感がある人は、歯の浮くような褒め言葉、お世辞、社交辞令を真に受けます。 また、自分に服従したり、味方する人を「いい人」と判断します。 また、自分の劣等感を刺激する相手を、否定・批判する人の言葉に共感し、親しみを持ちます。 相手は、うまく取り込んで、利用しようとしているにも関わらず、騙されるのです。 5.孤独 騙されやすい人の特徴には、『 孤独』もあります。 孤独で、さみしい思いをしているため、自分を慕ってくれたり、温かい言葉をかけてくれる相手の言葉を信じやすいです。 また、時間を持て余していたり、社会に取り残されたような気分になっていることが多いため、困っている人がいると、ほっとけません。 誰かの役に立ちたいという気持ちが高まります。 相談する相手がいないことも多いため、騙されていることに気づく機会も少ないです。 高齢者や、一人暮らしの人、また、周囲に誰かがいても、孤立している人など、愛情や温もりに飢えている人は、要注意です。 騙されない方法 騙されやすい人は、人を見る目がありません。 それに対し、騙す側は、人を見抜き、弱味に付け込むのが上手です。 騙されやすいのを直すには、どうすればよいのでしょうか。 騙されない方法を3つご紹介します。 1.言葉よりも表情や行動を見る 騙されないための、まず、一つ目の方法は、『 言葉よりも表情や行動を見る』です。 言葉では、何とでも言えます。 心と裏腹なことでも、言おうと思えば、いくらでも言えます。 真実でないことも、さも事実のように話すことも可能です。 得しようとか、気に入られようとか、何かを隠そうとか、何か目的があれば、なおさらです。 しかし、ふとした表情や行動には、真実が出やすいです。 言葉と矛盾した表情や行動をする人には注意しましょう。 電話など、相手の様子を確認できない場合は、ちょっとした間や声のトーンに注意しましょう。 知人の場合は、日頃の言動から、信頼できる人か見極めることも、必要です。 2.言葉の裏を読む 騙されないようにするには、『 言葉の裏を読む』ことも必要です。 疑り深いのも問題ですが、騙されやすい人は、疑う気持ちが欠落している傾向にあります。 甘い言葉や、うまい話、同情を引く話、誰かの悪口など、話を聞く際には、話す相手は、何を目的としているのか、想像してみましょう。 お金、地位、評価など、何か目的があるのではないか。 相手の置かれている立場や状況と照らし合わせながら、確認しましょう。 話の相手が得する、また、自分や周囲の誰かが損する、迷惑を被る場合は、特に必要です。 3.重要なことは即決しない 騙されない方法として、『 重要なことは即決しない』といのも大切です。 特何かを契約したり、お金を払ったり、人生に関わるような重要なことは、その場では、決めないようにしましょう。 資料に目を通す、インターネットで調べる、周囲の評判を聞くなどして、様々な情報を収集しましょう。 また、信頼のおける人に相談しましょう。 詐欺師や、何か後ろめたいことがある人は、結論を急がせる傾向があります。 そういう時には、特に、注意が必要です。

次の

騙された方が悪いと考える中国社会ー日本人と中国人の感覚の違い

騙さ れる 方 が 悪い

クラクフ旧市街を走る観光馬車 7月24日 クラクフ観光初日。 ポーランド王国の全盛期14~16世紀に首都だったクラクフ旧市街は中世の面影を残す美しい街だ。 期待に胸を膨らませて9時過ぎに日本から携行した自転車で出発。 先ずは現地通貨ズローチを入手すべく両替屋を探した。 大通りのアーケード街に銀行と両替屋があった。 銀行のレートは問題外。 その後、バスターミナルや鉄道駅近辺もチェックしたが、380~420ズローチ。 空港、バスターミナル、鉄道駅は概して交換レートが悪い。 こうして12時過ぎまで3時間も交換レートの市場調査に費やした。 旧市街の入口のバルバカンという15世紀に築かれた円形の砦から旧市街のメインストリートに進んで両替商の立て看板を見て仰天。 近くの数軒の両替屋も同じレートだ。 喜び勇んで手前の両替屋に飛び込んだ。 紙幣を数えると800ズローチしかない。 中年男は無表情で筆者の後ろの壁を指さした。 50、買い buying 435ズローチ】とプレートに表示されていた。 50 端数を切り上げて400ズローチ を渡すという表示なのだ。 中年男は「すでにコンピューターに登録したのでシステム上取消ができない」と分かり易い嘘をついた。 オンラインのシステム運用しているのは大手銀行くらいで、町の両替屋は金銭登録機だ。 筆者が矛盾点を指摘すると中年男は「自分には取引を取消す権限はない」と論点を変えて逃げた。 筆者が追求すると「権限を持っているオーナーが現在どこにいるのか知らない」と白々しい。 警察に通報すると畳みかけたら、「警察を呼びたいならどうぞご自由に」と居直った。 常習犯なのだろう。 負けるものかと日本のオジサンは奮起。 時刻は12時30分。 当直の担当者に事情を話すと、直ちに巡回中のパトカーに両替屋に急行するように無線で指示。 13時過ぎにパトカーが両替屋に到着。 若い男性警官と30代後半の女性警官の二人組だ。 女性警官はまあまあの英語を話したので経緯を説明。 それから女性警官は延々と両替屋の中年男とやりとり。 女性警官は「表の看板はズローチを米ドルに交換する場合の交換レートだと店側は説明している。 店側は取引の取り消しを拒否している。 警察としては明白な犯罪行為 criminal act がないのでこれ以上説得できない」 筆者が「警察の立場は理解する。 しかし世界的観光地で外国人をトリックのような看板で騙すのはクラクフの不名誉ではないだろうか。 」とやんわりと抗議すると女性警官は警察本部と無線で相談。 しばらくしてから「旧市街にある消費者センターで相談することを勧める」と住所をくれた。 表看板が入れ替わっていた! 差し替えられた後の表通りの為替レートの看板 証拠として両替屋の写真を撮って、メインストリートの表看板を見て驚愕した。 50ズローチ】に変わっており、しかも近隣の両替屋の表看板も同様であった。 筆者が警察署に向かっている間に両替屋の中年男が近隣にも知らせて一斉に看板を差し替えたのだ。 つまり組織ぐるみ、町ぐるみの巧妙な詐欺行為だったのだ! 消費者センターに14時前に飛び込んで、英語を話せる担当者に相談。 しかし当該センターはいわゆる商品の品質や数量などのクレームを取り扱う部署であり、金融取引は8キロ離れた新市街の市役所の管轄という。 ここまで来たらトコトン追求しようと腹をくくった。 自転車を駆って市役所に15時過ぎ到着。 該当オフィスへ向かうと受理するのはクラコウ市民からの訴えだけという。 しかもポーランド語の申請書類提出が必須。 しかし相談だけなら外国人でも無料で弁護士と相談できると勧めてくれた。 相談時間は16時からというのでしばし待機。

次の

「騙す方と騙される方」どちらが悪いと思いますか?

騙さ れる 方 が 悪い

世間ではとは… たくさん人がいるなかでひとつの意見になるかと言えば違うと思います。 騙される方が悪いって思う人もいれば、 騙す方が悪いに決まっているという意見もありますが!! が!ですよ。 この場合悪い意見をみんな注目しがちです。 日本人はとにかく今は病んでいる人が多く、人の不幸を喜ぶ人が多い。 なにかを攻撃できないか? 鬱憤をはらせないか? そういう人が多い。 いじめみたいなものです。 弱いやつを攻撃するし、 だから、悪いやつも騙されたやつも攻撃対象になってしまいます。 でも! そんな世の中生きやすいですか?? ってことです。 もしその攻撃を受けるのが自分だとしたら!? って考える人が少ない。 想像力の欠 如です。 世の中いつ自分が攻撃されるのかわからない。 そして、普段の行いが悪ければ、攻撃対象になったときに助けてくれる人はいないです。 普段から人に優しく、人を見る目がある人は、助けてくれる人が必ず現れます。 攻撃してくる人もいれば、助けてくれる人もいます。 会社でも他人に優しくしていれば、もしもの時に助けてくれる人があらわれます。 普段の行いが悪ければ、他人事な人間ならば、そういう人には助けてくれる人はいないでしょう。 みんなが助け合える世の中になるためには優しくならないといけないのです。 他人事思想を自分から変えていかないとなにもかわらないし。 類は友を呼ぶといいますが、他人事な人のまわりには、他人事な人が集まります。 他人事ではない人の回りには そういう熱い人があつまります。

次の