生 クリーム 冷凍。 生クリーム 冷凍は液体でもOK?解凍や保存期間 おススメ | color life

生クリームの保存方法と賞味期限は?

生 クリーム 冷凍

生クリームの保存、常温では? 生クリームには大きく分けて次の2種類あります。 バターと マーガリンをイメージしていただくと分かりやすいかと思います。 液体の生クリームの保存は? ホイップしない液体のままの状態で未開封の場合、冷蔵保存での賞味期限は、動物性は約10日、植物性は約1ヵ月半で、開封すると 一気に劣化が始まります。 開封後も必ず冷蔵庫に保存し、 3日程度を目安に使い切るほうが良いでしょう。 また、 動物性油脂生クリームの方が添加物が入っておらず腐りやすいので、こちらは3日と言わず 早めに使い切ることをおすすめします。 生クリームの賞味期限切れは?残った場合の使い道もいろいろありますよ。 また、あまり固く泡立てすぎると分離しやすくなり、一度分離すると元には戻りません。 本来、生クリームには、液体の中に脂肪(液状と固体)が小さな球状(脂肪球)で存在しています。 通常なら脂肪を水に入れると分離してしまいますが、生クリームの中では脂肪球の表面が乳化作用のある物質で覆われているため分離しないのです。 生クリームをホイッパーなどで攪拌させることによって、液体の中の脂肪球の一部が破壊されます。 そこから脂肪の一部が漏れ出し、出てきた脂肪は脂肪球同士をくっつけるのりのような役割をするため、脂肪球の結合が起こります。 脂肪球の結合はまるで網目状のようになり、含んだ気泡を支え石垣のように立体的な構造となり、これが私たちが目にするホイップクリームの状態なのです。 しかし泡立てすぎると脂肪球がどんどん破壊されてしまい、脂肪が大量に出てしまうため 分離してしまうのです。 ですので、泡立てる際は 7~8分立て(泡立てた時に立つ角がヘナっとなる位)にし、使う分だけを 再度泡立て直して使用するほうが良いでしょう。 スポンサーリンク 生クリームは冷凍できる! 生クリームを未開封の場合、そのまま パックごと冷凍することも出来ますが、 製氷皿など小分け出来るものに入れておくと使用しやすいです。 ただ、ホイップ前の液体のまま冷凍すると、中の水分の体積が増え、それによって脂肪球が破壊されます。 そして解凍すると、水と脂肪が分離してしまうので ホイップすることは出来ません。 ですので、パスタやシチューなどの料理や、ケーキの生地などに混ぜ込んで活用しましょう。 他にも、 乳脂肪が45%以上のものに限りますが、分離してしまった脂肪は水分を充分に取ればバターとして使用することも出来るんですよ。 また、ホイップクリームに 泡立てたものも冷凍保存できるんです。 保存の仕方は、 絞り袋に入れたまま冷凍すれば、解凍して、また絞ることも出来るのでとっても便利です。 一口サイズに搾り出して冷凍しておけば、すぐ解凍できますし、一つをコーヒーに乗せて ウインナーコーヒーとして楽しんだり、 ケーキに添えたりすることもできるので、ちょっとした時にすぐ使うことが出来ます。 おすすめは、フレンチトーストやホットケーキを作って 、凍ったままのせて食べる方法です。 熱々の生地に冷たいクリームでとっても美味しいんですよ。 トーストを焼いて冷凍クリームを乗せるだけでも、いつものトーストがワンランクアップしますのでぜひ試してみてください。 生クリームの冷凍後、解凍方法は? 先ほど説明したように、生クリームは 要冷蔵です。 常温で解凍すると 雑菌が増えてしまう可能性があり、加熱せずに食べる場合は特に 食中毒の危険もあります。 ですので解凍する際は、使用する 3~4時間前に冷蔵室に入れゆっくり解凍しましょう。 また、一度解凍してしまった生クリームは 必ず使い切り、再び冷凍しないでおきましょう。 他の食べ物にも共通しますが、生鮮食品は冷凍することで細胞壁が破壊されます。 それを解凍してまた冷凍するとなると、細胞構造までもが破壊され、 雑菌が繁殖するきっかけとなります。 「冷凍すれば腐らない」と考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは 大きな間違いですので注意しましょう。 液体のままの状態でもホイップした状態でも、清潔な容器に入れ、きちんと密封されていれば冷凍庫で 約1ヵ月は保存可能です。 まとめ いつもは生クリームを使い切れずに捨ててしまっていたと言う方も、冷凍保存が出来るとなれば、捨てずに使い切ることが出来そうですね。 製氷皿に入れたり一口大に搾り出して冷凍することで、少しずつ活用できるのでレシピの幅も広がると思います。 また、冷凍したホイップクリームはアイスクリームとして食べても美味しいので、あらかじめココアや抹茶などご自分の好きなフレーバーを混ぜて冷凍しておくのもいいですよ。 スポンサーリンク•

次の

生クリームは冷凍できる!コーヒーには小分けが便利!保存期間・解凍法も紹介!

生 クリーム 冷凍

生クリームの保存期間や注意点は? まずは知っておきたい生クリームの基礎知識。 生クリームは2種類あるって知っていますか? 乳脂肪を原料としたクリームと 植物性脂肪を原料としたクリームがあります。 原材料の違いから呼び方や賞味期限などが違ってきます。 動物性脂肪のクリーム(生クリーム) 動物性のクリームは深みとコクがある、リッチな味わいが特徴的です。 ケーキなどで口に頬張るような料理やお菓子で使うクリームは、動物性がオススメです。 開封前の賞味期限は約10日、開封後は1~2日が使う目安です。 植物性脂肪のクリーム(ホイップクリーム) 動物性のクリームよりは安く売られているのが特徴。 味わいは、動物性クリームよりあっさりとしています。 生クリームの代用品として使うことが可能です。 生クリーム売り場に動物性のクリームと一緒に売られています。 開封前の賞味期限は1か月以上、開封後は3~5日が使う目安です。 1週間以内で使うのは…ちょっと難しいかな そういう時にお勧めなのが冷凍保存。 多少の風味は落ちてしまいますが、 正しく冷凍すれば1か月は保存することができます。 生クリームの冷凍保存の注意点 生クリームは雑菌が繁殖しやすく、においがつきやすい食材です。 冷凍する際は清潔なものを用意することと、密閉の容器や袋を用意しましょう。 また、どうしても風味や品質が落ちてしまいます。 そのため、冷凍前にある程度生クリームの消費方法を考えて合った方法で冷凍しましょう。 冷凍した生クリームの解凍方法 解凍時は、冷凍庫から取り出してついつい常温で解凍しがち。 けれど、冷凍した生クリームの解凍に常温での解凍は向いていません。 常温解凍は雑菌が繁殖する可能性があるため、冷蔵庫での解凍が安心です。 凍らせた生クリームを容器ごと冷蔵庫に移動させて3~4時間かけて解凍させます。 生クリームを液体のまま冷凍保存 解凍後に泡立てる必要がない場合、液体のまま冷凍保存することが可能です。 解凍後は脂肪分と水分が分離してしまい、ザラザラとした状態になります。 そのため、 加熱して使う料理やお菓子に使用するのがオススメです。 生クリームを液体のまま冷凍保存する方法 密閉できる袋や容器にいれて冷凍できます。 少量に小分けをするのであれば、袋に小分けにして、まとめてならば容器に入れるのがいいでしょう。 使える料理やお菓子 泡立てて使うことがない、加熱して調理する料理やお菓子に使えます。 ただし、大量に使ってしまうと分離しているのが気になってしまうため気を付けましょう。 シチュー• ポタージュ• カルボナーラやクリーム系のパスタ• 生チョコ• プリン ……など 生クリームを泡立てて冷凍保存 (正直泡立てるのは手間ですが、)液体のまま冷凍したときより分離することなく使えます。 砂糖を入れたり色を付ける場合は冷凍する前に加えましょう。 砂糖を入れて泡立てて冷凍すれば、解凍後も比較的滑らかな状態で使うことができます。 砂糖を入れない場合は少しボソボソとした状態になるため、加熱して使う調理に向いています。 生クリームを泡立てて冷凍保存する方法 一番楽なのが密閉容器に入れる方法。 泡立ててそのまま密閉容器に入れて冷凍保存しましょう。 少し手間はかかるけど、泡立てて絞り出すかスプーンですくい落して一度冷凍。 固まったら密閉できる袋に入れて冷凍保存すれば、手軽にコーヒーやココアに入れて楽しむことができます。 もしもシリコントレーなどがあれば、その中に泡立てた生クリームを入れれば手軽に冷凍することができます。 使える料理やお菓子 砂糖を入れて冷凍した生クリームは、そのまま使っても支障ありません。 パンケーキやちょっとしたお菓子のデコレーションに。 小分けにした場合はコーヒーやココアに入れても楽しめます。 ・ケーキなどのデコレーション ・コーヒーやココアに入れる ・そのまま食べる ……など 砂糖なしで泡立てた生クリームは解凍したままだとボソボソとして外観や口当りが悪いので、加熱調理に凍ったまま利用しましょう。 お菓子なら、カスタードクリームや泡立てる必要のあるババロアなどの混ぜ込む用途に使います。 ・スープ、シチュー ・カスタードクリーム ・ババロア ……など 生クリームを冷凍するときのまとめ.

次の

生クリームの冷凍は液体でそのままできる?生クリームの保存方法と使い方

生 クリーム 冷凍

スポンサーリンク 生クリームの冷凍保存そのままできる? 使い切れず残った生クリーム。 冷蔵庫に入れておいてもそんなに長持ちしないし困ったものです。 でも、生クリームはそのまま冷凍保存できます。 植物性でも動物性でも、脂肪分に関係なく冷凍できます。 生クリームの冷凍保存する方法 開封したパックごと冷凍しても大丈夫ですが、私は製氷機などで小さく分けて冷凍しています。 凍ったら製氷機から外してジップロックやタッパーに入れて冷凍庫に入れておけば場所も取りません。 パスタやクリームシチューに大さじ1ほど欲しいときに塊のまま必要なだけポンと入れられて便利ですよ。 ただし、 そのまま冷凍したものは、解凍して泡立ててもホイップクリームにはなりません。 料理やケーキ生地に入れて使いましょう。 泡立てた状態の生クリームの冷凍は? ケーキやスイーツのトッピングとしてホイップしてしまった場合も、その状態で冷凍保存できます。 専用の絞り袋やビニール袋、タッパーなどに入れた状態で冷凍してもいいですし、小分けした状態で冷凍してもいいです。 しぼり袋に入れて冷凍しておくと、使うときにとっても便利です。 それ以外は、私はクッキーくらいの大きさになるようスプーンですくってトレーに並べて冷凍します。 写真のような状態で、ラップなどかけずにそのまま冷凍庫に入れます。 ステンレスのトレーやアルミホイルの上の方が少しでも早く冷凍できるような気がします。 そのままでは場所を取るので固まったらまとめて袋やジップロックに入れて冷凍庫にしまっておきます。 これで、このままコーヒーに浮かべたり、解凍してケーキの飾り付けに使ったり、ビスケットに挟んだり、パンケーキにトッピングしたり、フルーツ盛り合わせの上に乗せてパフェっぽくしたり、使い道は様々です。 スポンサーリンク 前もって使い道を決めて、そのサイズで冷凍しておくといいですね。 生クリームを冷凍して解凍する方法 冷凍した生クリームは自然解凍します。 そのまま冷凍した場合も、ホイップして冷凍した場合も同じく自然解凍です。 ただ、夏の暑い日は一気に溶けてしまうので、心配な場合は冷蔵庫でゆっくり解凍するといいですね。 解凍時間は小分けしたサイズや量、生クリームの種類によりますが、氷が解けるのと同じようなイメージでいいでしょう。 (実際には違うでしょうが、大まかな目安として、です。 ) 製氷機などで小分けにしてあるものを熱い料理に使う場合は、そのまま入れちゃっても大丈夫です。 例えばクリームシチューやカルボナーラのアクセントにひと塊入れるだけ、なら、熱い具材の中にポチャンと入れちゃえばOK! 私が最近ハマっているのは、トーストにホイップした生クリームを乗せてチョコレートシロップや蜂蜜を掛けて食べること。 ホイップした生クリームの冷凍を前日の夜から冷蔵庫に入れてゆっくり解凍しておくと、朝食時間にはちょうどいい感じに溶けていますよ。 生クリームを冷凍した場合の賞味期限は? さて、冷凍保存した生クリームはどのくらい持つのか。 せっかくの生クリーム、少しでも美味しい状態で食べたいですもんね。 1~2ヵ月あれば何かと使う機会はあるでしょう。 ただ、すっかり忘れてた!なんてこともありえるので、忘れないように。 生クリームだけでなく、ケーキだって冷凍保存! >> 生クリームの冷凍保存そのままできる?解凍方法と賞味期限に注意 まとめ 冷凍ではありませんが、残った生クリームが200gくらいなら冷凍しなくても2人前(パスタ160g~200g)のなんちゃってカルボナーラが出来ちゃいます。 作り方は簡単。 ベーコンと玉ねぎを炒めて、そこに生クリームを投入。 ひと煮立ちしたら茹でたパスタを入れて絡めるだけ。 ちょっと濃厚すぎるなと思ったら茹で汁を多い目に入れてもいいです。 卵もチーズもなくてもコッテリしたカルボナーラが簡単に作れますよー。

次の