御霊前 向き。 御仏前と御霊前の違いは?正しいお金の入れ方と向き

香典の御仏前と御霊前の違いは?|渡し方・置き方・マナー|終活ねっと

御霊前 向き

【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ お札の入れ方 香典のお札の入れ方にはマナーがあります。 新札は避ける 結婚式など慶事のご祝儀の場合は新札を入れるのがマナーですが、香典の場合は新札を使わないのが正解です。 なぜなら、新札だと 不幸を予期してあらかじめ用意しておいたように思われるからです。 最近では気にしない方も増えてきていますが、年輩の方などは不快に感じられることもあるので、やはり新札は避けた方が無難です。 ただ、 使い古したお金でいいわけではありません。 クシャクシャのお札では見苦しく、礼儀に欠けます。 新札ではないけれど比較的きれいなお札を使うか、新札であれば一度折り目をつけてから入れるようにしましょう。 ボロボロのお札は避ける あまりにもボロボロのお札を使うのはマナー違反です。 新札は避けることを知っている人は多いかもしれませんが、使い古して破けているようなものでも失礼になります。 欠損しているようなお札はお金として使用できない可能性もあるかもしれません。 破けて角がなくなっているようなものは使用を避けましょう。 香典にボロボロのお札が入っていたら、あまりよい気持ちがしないものです。 受け取る側の立場に立って、 度が過ぎてボロボロになってしまっているようなお札は選ばないようにしましょう。 お札を入れる向き お金を入れる向きについてのルールも明確にあるわけではありませんが、一般的には、中袋を裏にして開けたときに、お札の表(人物が描いてある方)が上になるように入れます。 上下は、人物が下にくるようにします。 お札を2枚以上入れるときは、お札の向きを揃えることを忘れないようにしましょう。 香典の金額の決め方 香典はいくら包まなければならないという決まりはありませんが、常識的な相場を知った上で、金額を決めましょう。 故人との関係性と金額相場 香典を「いくら包むか」は、主に故人との関係性によって考えます。 全国的にみた平均的な香典相場は次の表を参考にしてください。 故人との関係 香典の金額相場 祖父母 10,000円 親 100,000円 兄弟姉妹 30,000円 親戚 10,000円 職場関係 5,000円 友人 5,000円 (参考: ただ、地域によってはこの数字とは異なることがありますので、迷うときには自分と同じ立場の人に相談してみるといいでしょう。 また、祖父母や親、兄弟姉妹が亡くなった場合、自分は「遺族」となりますが、すでに結婚していれば世帯は別と考えて包みます。 連名で包む場合は、付き合いの深さや年齢などに応じて、3,000~10,000円ずつ出し合うのが一般的です。 全体の金額がキリの悪い数字にならないよう考えて決めましょう。 お札の枚数について 香典に包むお札の枚数については、明確なルールがあるわけではないものの、1枚、3枚、10枚あたりにするのが一般的です。 また、日本では「 4」や「 9」を縁起の悪い数字と考える風習があり、人によっては失礼と感じることもあるようです。 できれば 避けておくのが無難です。 香典袋の選び方 香典袋は中に入れる金額によってふさわしいものが異なります。 袋の種類はいくつかあるため、 金額に見合ったものを使用することがポイントです。 中の金額にそぐわない種類を選んでしまわないようにしましょう。 香典袋に入れる金額が 5,000円以下であれば水引が印刷になっている簡易的な種類を選びます。 香典袋は必ずしもこれに入れなければならないといったルールはありません。 ルールがないからこそ初めてではどのようなものにお金を入れたらよいのかと不安になるかもしれませんが、金額をもとに香典袋の種類を選ぶようにすればよいでしょう。 心配になったら、知人や一緒に参列する人に相談しておくとより安心です。 香典袋(不祝儀袋)の使い方 香典は不祝儀袋に入れて持参します。 お札は中袋に入れてから包みます。 上包みは、下部を折り上げてから上部をかぶせて水引をかけます。 結婚式など慶事の場合はこれが逆になりますので注意しましょう。 「 お祝いごとは上向き、悲しいことは下向き」と覚えておくといいでしょう。 中袋の書き方 遺族が香典を整理する際、中袋に何も記載がないと、誰からのものなのかわからなくなることがあります。 そのため、中袋にも自分の住所、氏名、金額を記入するようにしましょう。 記入欄が設けられている場合はそこへ、ない場合は表に金額を、裏に住所と氏名を書くようにします。 金額を記入するときは、漢数字を使いましょう。 不祝儀袋は、表書きは薄墨にするのが正しい作法ですが、中袋は薄墨でなくて大丈夫です。 会社や学校関係などで、連名や「〇〇一同」として香典を出す場合、人数が4名以上になるのであれば、中袋には代表者の住所と氏名を書きます。 そして、全員の氏名を書いた中紙を、お札と一緒に入れるようにしましょう。 表書きの書き方 忘れないようにお札を入れたら、中袋を上包みで包みます。 香典を渡す場合の不祝儀袋は、 白黒で結び切りの水引のものを使用します。 のしはお祝いごとにつけるものなので、 不祝儀袋につけるのはタブーです。 不祝儀袋の表書きは、宗教や宗派によって書き方が異なります。 仏式では「御霊前」「御仏前」「御香典」、神式では「御玉串料」「御榊料」、キリスト教では「御花料」などとするのが一般的です。 市販されている不祝儀袋の多くは、表書きが「御霊前」となっていますが、 浄土真宗では「御仏前」とします。 浄土真宗では、亡くなるとすぐ仏になると考えられているためです。 中袋がない場合の書き方 中袋がない場合は香典袋に 直接必要事項を書きます。 各内容は中袋がある場合に書く項目と同じで、 表書き、名前、住所、封入した金額の4点です。 不祝儀袋には 薄墨を使用して書きましょう。 表面には水引の上に 「御霊前」「御香典」といった表書き、水引の下に氏名を書きます。 裏面には住所、金額の2点を記載します。 遺族が香典を用意してくれた参列者の住所を知らないこともあります。 遺族がお礼状を送るときに困らないように配慮して住所も忘れずに記載しましょう。 文字に関する注意点もあります。 金額を書く際は「金」という文字を頭に付けましょう。 語尾には「也」はつける必要はありません。 金額を書くときの数字は大字を用います。 漢数字の「一」、「二」、「三」といった字は 改ざんされるおそれがあるため、「壱」、「弐」、「参」などの大字を使いましょう。 奉書紙を使った包み方 和紙の一種である 奉書紙を用いて香典を包むこともあります。 奉書紙は最高級の公用紙として使われるものです。 正しい包み方が決まっているのでしっかり確認しましょう。 注意点は、 裏表を守ること、折り方、お札の向きの3点です。 ツルツルしている面は文字を書き入れる表面になります。 ザラザラしているほうが裏面です。 裏表を間違えないように包みます。 また、折り方は不祝儀の折り方で、下側の折り返しに上側を被せます。 慶事の場合は逆です。 折り方を間違えると全く反対の意味合いになるため注意しましょう。 お札の向きは、奉書紙の表側にお札の裏側がくるようにします。 人物の顔が裏側にくるように包むと正しい向きです。 複数枚入れるときは 全ての向きを揃えます。 折れ曲がることがないように丁寧に入れましょう。 ふくさに包む方法 香典袋を包むふくさには大きく分けて2種類あります。 挟むタイプと折りたたんで包むタイプです。 挟むタイプであれば香典袋の向きに気を付けて挟み込むだけなので手間がかかりません。 折って包むタイプであれば正しい方法で折る必要があるため注意が必要です。 挟むタイプは 左側が開くようにします。 右側が開くようにするのは慶事の時です。 左開きで表書きが前になるように挟み込みましょう。 折って包むタイプの場合は正しい折り方を守りましょう。 ひし形になるようにふくさを開き、中央から少し右に香典袋を置きます。 右側、下側、上側の順に角を中心に向かって折り込み、左側を最後に折ります。 金額によって使用するタイプが異なります。 3万円以上包む場合は折って包むタイプを使用します。 郵送で渡す場合の送り方 参列しなかったときには香典を郵送することもあります。 送る時期と手段、送る際の注意点を確認しましょう。 遺族は香典をもらったら香典返しの用意が必要になるため、あまりにも遅すぎると迷惑になる可能性があります。 早めを意識して送ることが大切です。 送付の手段としては 郵便局からの現金書留を利用します。 現金なのでこれ以外の方法では送れません。 現金書留で郵送する際の注意点は2点あります。 1点目は 現金をそのまま送らずに香典袋に包んで送ることです。 2点目は 中袋に必要事項をしっかりと記入することです。 郵送だからといって通常行うことを省略してはマナー違反になります。 マナーを守った上で郵送しましょう。 香典を渡すタイミング 葬儀に参列する場合と参列しない場合で香典を渡すタイミングは異なります。 葬儀に参列する場合の渡すタイミングは お通夜か告別式のどちらかです。 2回とも渡すと不祥事が続く事態を想起させるためマナー違反になります。 片方に参列する場合はそのときに渡して、 両方参列する場合は告別式で渡すことが一般的です。 しかし、遺族には香典返しの準備が必要なので、葬儀後早めに送りましょう。 まとめ 香典を渡すときは、金額、香典に封入する際の作法、渡すタイミングの三つのポイントを押さえましょう。 故人との関係性によって香典の金額を決め、その金額に合った香典袋を選びます。 中袋の有無も確認して必要事項は丁寧に書きましょう。 渡すタイミングも失礼のないように、適切なタイミングで渡すことが大切です。 香典の金額や香典袋への入れ方や包み方は事前にしっかり把握しておきましょう。 知らずにいると思わぬところでマナー違反になり、失礼にあたることになるかもしれません。 重要な儀式でマナー違反を犯してしまわないように、香典にまつわるマナーをしっかり把握しておきましょう。 個々のケースで対応に悩むこともあるかもしれません。 香典に関する不安や悩みは、実績豊富な「」に一度ご相談ください。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の

御仏前と御霊前の違いは?正しいお金の入れ方と向き

御霊前 向き

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 葬儀で香典を持参する際、お札を入れる向きというのはぜひとも気を付けておきたいポイントです。 ここでは お札を入れる際の正しい向きについて、詳しく解説していきます。 お札の表裏・上下 お札には表裏と上下がありますが、香典袋に入れるお札の向きを正しく知るには、お札の上下や表裏についてきちんと知っておくことが大切です。 お札にはいろいろなデザインが印字されていますが、デザインの中でもとりわけ特徴的なのが、1万円札の福沢諭吉といった肖像です。 そして表裏を判断する際には、肖像がどちらに印字されているのかが見分けるポイントとなります。 肖像が印字されている方が表、印字されていないのが裏です。 次にお札の上下については、お札の文字を読みやすい方向に置いた時に左側の「千円」といった金額が上側、右側の肖像が下側となります。 お札の表裏と上下については、この後見ていくお札を入れる向きを見ていくうえで重要ですので、覚えたうえで次の項目に進むようにしてください。 お札を入れる向き さてお札の表裏と上下について見てきたうえで、ここからは お札を香典袋に入れる際の正しい向きについて見ていきましょう。 実際のところ、お札を入れる向きは宗教的な慣習などで厳密に決まっているわけではありません。 ただし社会人として守るべき一般的なマナーとみなされているため、きちんと覚えておくことが大切です。 中袋ありの場合 最近コンビニなどで販売されている香典袋には、中袋と呼ばれるお札を入れる専用の袋が付いています。 このため香典袋に中袋がついている場合は、中袋にお札を入れるようにしましょう。 中袋にお札を入れる際には、中袋の表面に対してお札の肖像が印字されていない裏側が向くようにします。 言い換えれば、 肖像が印字されている側を伏せた状態で入れるという意味です。 肖像が印字されている側を伏せる理由としては、香典が故人のご不幸に対するお悔やみの意味でお渡しするということが挙げられます。 つまり故人のご不幸を悼み、ご遺族に対してお悔やみの意味でお渡しするために、顔を伏せるということです。 なお上下については、肖像が中袋の底側にくるように入れましょう。 ただし地域によっては、肖像が袋の口に近い側に来るように入れるのが作法という場合もあります。 中袋なしの場合 世の中に出回っている香典袋の中には、コンビニで市販されているものと異なり中袋がついていない場合があります。 中袋がない場合は、 直接香典袋にお札を入れるのが作法です。 つまりこの時の向きも、中袋に入れる場合と同じように香典袋の表側から見て、お札の裏面が見えるように入れます。 上下の向きについても、中袋に入れる場合と同じように香典袋の底側に肖像が来るように入れましょう。 四十九日などの追善法要や新盆なども同じ? 香典を持参するタイミングは葬儀の場合だけではなく、四十九日法要や新盆法要など法事の場合も挙げられます。 法事の場合についても、葬儀と同じように弔事であることから 香典のお札を入れる向きも同じです。 言い換えれば、葬儀で知ったお札の入れ方や向きも法事で引き続き使うことができるということですので、きちんと覚えておきましょう。 香典のお札にまつわるその他のマナー 葬儀などで持参する香典については、香典袋や中袋に入れる際の向き以外にも知っておくべきマナーがあります。 ここでは 香典にまつわるマナーでも特に知っておくべき、金額相場やお札の枚数、お札の種類について見ておきましょう。 金額相場 香典で多くの方が頭を悩ませることといえば、金額をいくら包めば良いのかという点です。 たしかに 香典の金額相場は、仏教の教えで決まっているわけでも、ましてや法律で決まっているわけでもありません。 ただし香典の金額相場は、故人との関係性によってある程度は決まっています。 特に故人と血縁関係にある場合は、多く包むのが一般的です。 たとえば故人が両親の場合で5万円から10万円で、祖父母の場合で1万円から5万円、知人や友人の場合で3千円から1万円というように、ご自身から見た故人の立場によりさまざまです。 また生前の故人との付き合いの度合いによっても、包むべき金額は多少変化するといって良いでしょう。 香典の金額相場についてより詳しく知りたいという方は、「終活ねっと」の以下の記事をご覧ください。 お札の枚数 実は香典として包むお札の枚数についても、それなりの作法があるので、覚えておくと良いでしょう。 一般的には 1枚か3枚、10枚のいずれかで包むのが望ましいとされています。 逆に避けるべき枚数は、「死」を連想させる4枚や「苦」を連想させる9枚、故人とのつながりが切れることを連想させる偶数枚です。 特に年配の方の中にはこの点を気にする方もいますので、以上のような枚数は避けるようにします。 なお2枚以上のお札を包むときは、向きをきちんと揃えて入れるようにしましょう。 向きがそろっているかどうかは意外と見落とすことが多いですので、事前にチェックしておくことがおすすめです。 新札は避ける 香典に包むお札については、実際に包む種類も新札であるかどうかも気を付けるべきといえます。 というのは、香典に新札を使うことは、故人が亡くなることを予想して用意したとみなされるためです。 このため、 ある程度使ったお札を包むのが良いでしょう。 手元に新札しかない場合は、包む前に折り目を入れてから包むようにすると良いです。 香典袋の書き方 香典にまつわるマナーは、香典袋への表書きなどの書き方もまた覚えておくと良いでしょう。 ここでは 香典袋の書き方について、宗教形式ごとの表書きや名前、金額などで触れていきます。 表書き 表書きとは、香典の目的について記したもののことで、香典を持参するということであればぜひとも記しておくべきものといえるでしょう。 ただし 表書きは、宗教や宗派によって適しているものがいろいろとありますので、正確に知っておくことが大切です。 仏式の場合 仏式の場合は、多くの宗派で 「御霊前」が多く使われます。 もし相手方の宗派がわからない場合は、「御香典」を用いると無難です。 このほか、お供え物を持参した場合は「御供物」や「御供」、「御供物料」も使われます。 浄土真宗の場合 もし葬儀の形式が浄土真宗の場合は、 「御仏前」が一般的です。 浄土真宗では亡くなった方は、霊の状態を経ることなく極楽浄土で仏様として生まれ変わるという考え方があることによります。 なお浄土真宗以外に葬儀で「御仏前」を使うことが作法とされている宗派として、曹洞宗も挙げられますので、覚えておくと良いでしょう。 神式の場合 日本の伝統的な民族宗教である神道に基づいた神式葬儀では、使うことのできる表書きは多いです。 最も多く使われるのが「御霊前」ですが、ほかにも 「御榊料」や「御玉串料」、「玉串料」など独特のものも挙げられます。 なお神式独特の表書きには、ほかにも「御神前」がありますが、こちらは四十九日法要に当たる五十日祭以後に使われるため、葬儀では用いないようにしましょう。 キリスト教の場合 キリスト教の場合は、宗派に関係なく使うことのできる表書きとして、 「御花代」や「御花料」が挙げられます。 他にもカトリックであれば「御霊前」と「御ミサ料」、プロテスタントであれば「弔慰金」も使って差し支えありません。 名前 どの宗教・宗派の形式で葬儀が行われるにせよ、表書きの下には必ず名前を書きます。 基本的に名前は、実際に 香典を包んだ方個人の名前をフルネームで書きましょう。 もし夫婦で一緒に包んだ場合は、夫のフルネームを書いた左下に、妻の下の名前を記します。 もし横書きの場合は、算用数字を使って大丈夫です。 書く場所については香典袋であるか、あるいは中袋であるかによって異なります。 香典袋に書く場合は裏面の左下に、中袋の場合は表面の真ん中に書きましょう。 注意点 葬儀の香典を書くときは、まず 薄墨を使いましょう。 これは故人のご不幸を聞いて墨をすっている間もなく駆け付けたこと、あるいは悲しみの涙で墨が薄くなったことから、故人への弔意を示すためです。 また表書きなどを書くときは、筆ペンや毛筆などを使うのが正式な作法とされています。 ボールペンは略式とされているため、避けるようにしましょう。 香典の書き方についてさらに詳しく知りたい方は、「終活ねっと」の以下の記事もあわせてご覧ください。 お札の向きは、肖像がある方が表側で、ない方が裏側となる。 またお札の表側で、額面が書かれている方が上側、肖像が印字されている側が下側となる。 お札を入れる際の向きは、中袋に入れる場合も香典袋に入れる場合も、袋の表側から見て裏面を向くようにし、肖像が底側に来るように入れる。 なお今回紹介した入れ方の向きは、法事でも使うことができる。 香典の金額は、故人との関係性によって決まり、特に血縁関係にある場合は多く包む傾向にある。 実際に包むお札の枚数は、1枚や3枚、10枚が好ましいとされている。 お札を包む際には新札は避けるようにする。 香典袋の表書きは、宗派により適しているものがいろいろとあるため、事前の確認が必要である。 名前を書くときは表書きの下に包んだ個人のフルネームを記す。 金額の書き方については、縦書きで書く場合は正式な漢数字で、横書きの場合は算用数字を使って書く。 葬儀での香典の書き方で注意すべき点として、薄墨を使う点とボールペンを使わない点が挙げられる。 香典の包み方は、袱紗をひし形に広げて香典袋を置いたうえで、右、下、上、左の順に包んでいく。 香典にお札を入れる際の向きは、お札を裏向きにしたうえで、肖像が袋の下側に来るように入れます。 なおこのやり方は、普通の法事にでかける際にも役立ちますので、ぜひとも覚えておくと良いでしょう。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 「終活ねっと」では終活に関する様々な情報を紹介しています。 以下の記事では香典辞退に関して解説をしていますのでぜひこちらもご活用ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

香典のお札の向きはどれが正解?迷わない表書きの選び方も

御霊前 向き

その際、お香典を入れる熨斗袋の表書きの一つとして使われるのが「御霊前」「ご霊前」です。 こうした場合に役立つのが「御霊前」という表書きです。 もし先方の宗教がわからない場合には「御霊前」と書いたものであれば、たいていの宗教に用いることができます。 香典(現金)だけでなく、御供物にも使うことができます。 「御佛前」「御仏前」「ご仏前」という香典表書きは、一般的には四十九日の法要以後に使います。 親しい友人や近い親戚の場合はできるだけ早くかけつけます。 一般的な友人、知人、会社間系の場合は、通夜以降に弔問する方が良いでしょう。 連絡を受けたら、お悔やみを述べるとともに、通夜、告別式の日時、場所、宗教を確認することを忘れないで下さい。 香典は通夜または葬儀のどちらかに持参します。 もし通夜のときに香典を持参した場合には、葬儀では記帳のみを行います。 葬儀またはお通夜のいずれにも参列できない場合や、勤務先など仕事関係者は弔電を打ちます。 ・会社関係者 ・一般的な知人や友人 の場合には、むしろ準備が整った後、通夜の席に弔問する方がよいでしょう。 基本的には断らないのがマナーです。 顔にかけた白布は遺族がはずすので、勝手にとらないようにしましょう。 遺族が白布をはずしたら故人に向かって手を合わせ冥福を祈ります。 通夜または葬式の香典は別途現金書留などで送るようにします。 宛先の名前はフルネームにします。 NTTの電報は115。 【香典を送る・郵送時のお香典の入れ方】 現金を香典袋に入れ、表書きを通常の不祝儀袋と同様に書きます(例えば上段を御霊前、下段を佐藤一男)。 そのまま現金書留の専用封筒に入れます。 便箋にお悔やみの手紙を書き、これも現金書留の封筒に入れ、郵便局の窓口などから送ります。 【遺族への手紙の書き方文例(お悔やみの文面)】 「突然の訃報に驚いております。 遠方のためご葬儀に参列できず申し訳ございません。 ご遺族の皆様に心よりお悔やみを申し上げますと共に、私も遥かな地より故人の御冥福をお祈りしたいと存じます。 なお、弔電は友引でも送ってかまいません。 どうしても葬儀や通夜に出席できずに郵送で贈る場合は、弔電を打ち、現金書留で香典を送ります。 必ずお悔やみの言葉を書いた手紙を添えましょう(香典郵送のしかたは、上の項でご説明しています)。 会葬者名簿にも同じように書きます。 会葬者名簿にも同じように書きます。 もし上司の名刺を預かっていれば、その名刺の右上に「弔」と記し、左端か下隅に「上司の代わりにご会葬をさせて頂きます。 鈴木花子」と小さく書き添えて受付に渡しましょう。 先方の宗教がわからないときに、どんな宗教でも使え、通夜でも葬儀でも使える表書きは「御霊前」です。 おつき合い上、今後また使うこともあるかと思いますし、薄墨専用の筆ペンも市販されていますので一本常備しておくと良いでしょう。 水引きは白黒、双銀などの結び切りのものを用います。 現代ではこだわらないという考え方もありますが、ご遺族の中には年輩の方もいらっしゃいますので旧習に従ったほうが無難でしょう。 新札しか持ち合わせがないときには軽く折り目をつけてから香典袋にいれます。 なお、あまりにもくしゃくしゃのしわしわのお札を用いるのはむしろ失礼にあたります。 その場合には「御花料」を。 香典の渡し方のマナーを下記にご紹介します。 2)受付係が「お忙しいところご会葬頂き恐れ入ります。 こちらに記帳をお願いします」などと言いますので、まずは記帳をします。 3)記帳を済ませたらふくさから香典を取り出し、先方から見て名前が読めるように袋の向きを改めて「どうぞ御霊前にお供え下さい」と一言添えて香典を渡します。 香典は必ず両手で差し出します。 一礼して受付の前を去ります。 1)受付でふくさから香典袋を取り出し「このたびは御愁傷様です」といって受付係に手渡します。 香典は必ず両手で差し出します。 2)受付係から「御丁寧に恐れ入ります。 こちらに記帳をお願いします」と指示されますので、記帳をします。 3)記帳を済ませたら一礼して受付を去ります。

次の