高良 健吾 演技。 高良健吾おすすめ出演映画5選!個性派イケメン俳優の真骨頂を見よ!

高良健吾の芥川龍之介がカッコよすぎ!実孫も絶賛「おじいさんに会えた」

高良 健吾 演技

こんばんは!やーまんです。 今日は話題の月9「いつ恋」の主演でもお馴染みの 高良健吾さんについて、紹介します! なんといっても、この人の魅力は演技力だと私は思います。 結構コアな役が多い気がしますが、まぁヤンキーから、好青年など、どんな役でもこなしてしまう カメレオン俳優という通り名がついてしまうほど、その演技力に定評がある方です。 カメレオン俳優や憑依型俳優などと評され、変幻自在にその役柄に魂を落とし込む。 彼を起用したがる映画監督は後を断たない。 naver. tencarat. どう見てもリアルなタトゥーにピアスやん!!現代のメイク技術恐るべし!! スポンサーリンク 気になる彼女は? はい、女性ファンの気になるところでしょうが、実際にどうなのでしょうか? 吉高由里子や 井上真央、 堀北真希 、 橋本愛など出演者との噂もありましたが、あくまで噂に過ぎず可能性としては低いです。 その中では、橋本愛さんがお互い演技派役者としてお似合いだな~という私の個人的見解は置いといて、 実際に熱愛の可能性が高い2人の人物がいます。 yahoo. 何度も復縁、別れを繰り返していたみたいですが、現在付き合ってはいないみたいです。 naver. jp まぁまぁキレイな方ですね。 この方、ファッションモデルで、現在熱愛中の彼女みたいです。 きっかけは、高良健吾さんの舞台に見に行ったのが、熱愛のきっかけだそうです。 なんでも結婚間近との噂もあり、近々結婚報道も出るかもしれませんね!! そんな高良健吾さん、これからの出演映画、テレビでの配役だけでなく、プライベートにも注目ですね!! なんにせよ、これからますます活躍していくことは間違いないでしょう。

次の

高良健吾、歪んだ愛の演技から考える理想愛は「相手を肯定すること」

高良 健吾 演技

初のママ役に挑んだ主演の前田敦子 女優のが29日、都内で行われた映画『』完成披露舞台あいさつに出席し、共演のやメガホンをとった監督から「シャーマンっぽい」と独特の表現で演技を称賛された。 前田と高良は、過去にも映画『』やドラマ「バイバイ、ブラックバード」での共演経験があったが、高良は「いつもご一緒して、感じていることがあったのですが、うまく言葉で例えられなかった。 そんなときこの映画の取材で、樋口監督が前田さんのことをシャーマンみたいと話していて『それだ!』と思いました」と前田の印象を述べる。 高良の発言に一瞬戸惑った顔を見せた前田だったが、樋口監督から「努力してコツコツ芝居をするというより、直感で降ってきたものを表現するタイプ」と補足されると、腑に落ちた表情を見せていた。 [PR] 一方前田は、高良に対して「出会ったとき、わたしはまだ18~19歳ぐらいでしたが、映画の世界で憧れる俳優さんでした。 それからずっと憧れの人です」と最大級の賞賛を送る。 さらに「あとは派手な服が似合う人だなと……」と高良に対して感想を述べると「今日も、こんなスカーフ、違う人がしていたら大変ですよね。 私服も、ものすごく派手で、ヒョウ柄のパンツに赤いキャップとかなんです」と暴露。 高良は「あのときは、その衣装がカッコいいと思っていたんです」と苦笑いを浮かべていたが、「でもヒョウ柄ではなく、トラ柄だからね」としっかり訂正していた。 本作では前田、高良共に全編関西弁での撮影だったが、高良は「僕は朝ドラ(「べっぴんさん」)で関西弁をやっていたので、うまくなければいけない」とプレッシャーのなか臨んだ現場だったことを明かすと、「今回、この作品に参加したいと思った一つの理由に、関西弁の苦手意識を取り除きたかったということがあったんです」と告白。 前田も「本当に難しかった」と語っていたが、樋口監督は「方言については、地元の人は微妙な強弱までうるさいのですが、桂雀々師匠が『完璧だった』とお墨付きをくれました」と二人の奮闘を称えていた。 [PR] 本作は、の作品群をモチーフにしたヒューマンコメディー。 大阪府茨木市を舞台に、高校の同級生が逝去したという話を聞き集まった面々が、奇想天外な通夜を体験する姿を描く。 前田は、女手一つで息子を育てる母親・渡辺雪子を演じているが「自分もそういう年になったんだな。 撮影中も子供っていいものだなと思いました」としみじみ語っていた。 (磯部正和) 映画『葬式の名人』は9月20日より全国公開(大阪府茨木市で先行公開中).

次の

前田敦子はシャーマンみたい!高良健吾が演技を賞賛

高良 健吾 演技

新潟県片貝町。 耳にしたことがないという人も多い地名だろう。 9月25日公開の映画『おにいちゃんのハナビ』は、あまり知られていないそんな小さな町で開催される、伝統ある花火大会で、成人を迎えるひとりの青年が、亡くなった妹のためにお金を貯め、1年間かけて準備し、花火を打ち上げる。 そんな真実のドラマをモチーフにした映画だ。 話を聞くだけでは、お涙頂戴映画にも思えるが、映画の中からそういった意図は全く感じられない。 もちろん思わず何度も涙してしまうわけだが、それはたぶん、出演者陣の自然な演技によるところが多い。 高良健吾の演技もしかり。 妹のために東京から田舎に引っ越してきたことで、新しい環境になじめず、引きこもりになってしまった主人公・太郎が、引きこもりをやめて花火を打ち上げるまでの変化を、ナチュラルに演じている。 「太郎とは環境が似てるんです。 僕も転勤族だったので、そのことで親に反抗したこともあったし、少しだけ引きこもった時期もありました。 ちょっと一瞬立ち止まりたいというか。 だから共感しやすかったですね」 だからこそ、引きこもり中の太郎が妹・華に半ば強引な方法で部屋から連れ出されるシーンには最初抵抗があったのだと言う。 「台本を読んだときは、ここまでされて部屋から出ていいのかなあって思ったんです。 でも、実際役者さんたちを前に演じてみたら、(太郎は)出るきっかけがずっと欲しくて、そのきっかけをくれたのが華なんだろうなと思えて、自分の中でつながりました」 部屋を出てから、太郎は少しずつ明るさを取り戻していくわけだが、高良は、その成長過程を実に繊細に演じている。 「順撮りじゃない分、太郎の成長が見えないこともあって、太郎が今どのくらいのテンションなのかは考えなきゃダメだなと思っていました。 最初に台本読んだ印象をすごい大事にしてたから、曖昧にしてたら、つながんなくなっちゃうんで」 そんな風に台本をじっくり読み込み、ひとつひとつのシーンごとに、悩み考えた上で演技を行う。 だからと言って演技を決め込むつもりはなく、現場の空気も大切にする。 「台本を読んで考えてから臨むか、現場の空気に合わせるか、作品によっては片方のときもあります。 今回は、いろいろ考えて臨みましたけど、結局は現場だなと思います。 それはどの現場でも思いますね。 現場でフラットな感覚でやれるのが一番だと思います。 それがすごい難しいんですけど」 今回この現場だからこそできたと高良が語る演技の一つが、泣きのシーンだ。 太郎という役柄で、スタッフや共演者の気遣いがあったからこそできたというその演技は、もらい泣きをせずにはいられない迫真の演技である。 けれど、泣く演技は決して得意ではないのだと言う。 「泣きの芝居がある日は正直怖いですね。 カメラの前でいろんな人がいる中で泣かなくちゃいけないというのは難しいし、やっぱりいつもとはテンションも違います。 涙が出れば何でもいいのかってなったら、それはちょっと嫌だし、涙が出なくても気持ちが入ってればいいと思うんだけど、気持ちが入ってれば出るんだろうし。 恵まれた才能を持ち、飄々と自然に演技をこなしている感があるだけに、正直意外でもある。 「泣く芝居だけじゃなくて、笑う芝居だって、笑えないときはありますよ。 ほんとに不安定だなって思います。 安定感がゼロ。 演技に集中できてないのか、力が入りすぎなのか、欲がありすぎるのか。 リラックスしてる方がいいときもあるし。 正解って本当にないんだなあと思います」 正解がない。 それは、逆に言えばテクニックに走らず、その場で起こる本当の気持ちで演じているという証でもある。 「テクニックが欲しいなと思うときはありますよ。 なんか嘘っぽいというか。 でも何が違うって言われてもそれは第六感だなっていう気がするっていうか。 時には、その役柄が高良健吾だと分からないことさえある。 「そう言われたら嬉しいですね。 僕だけに意識がいっているっていう感じが嫌で。 それよりも作品を観て欲しい。 だから、僕だとバレない方がかなり嬉しいです」 自分よりも作品を観て欲しい。 いい作品を作りたい。 その真摯な想いが、彼の演技力を一層磨き上げるのだろうか。 高良の演技は高い評価を受け、映画出演のオファーも増え続けている。 「僕は呼んでもらわないと仕事がないのだから、感謝とか嬉しさは本当に感じます。 でも、そこを通り過ぎた問題というか、それを越えた先にどういう関係があるかみたいなことは考えますね。 そこで本音をつかれることもあるし、もっと自分について考えられる時間があったらいいなとも思います」 そう思うのは、仕事じゃない時間の過ごし方こそ、自分を成長させてくれるのだと感じているからだ。 「普通に毎日を精一杯生きることって大事だと思うんです。 仕事以外の時間にも、いろいろ感じて今をちゃんとしっかり生きようと思っています」 そうして生きることで、男前にも近づいていけるのだろうか。 「男前になれたらいいなと思いますね。 男前って、嘘っぽくない人だと思うんです。 嘘は生きていくうえで必要だと思うんですけど、存在が嘘っぽくないというか。 そういう人になりたいですね。 身近で言えば、僕のじいちゃんは格好いいですね。 この映画で言ったら、尾上(寛之)くんは男前ですね。 いつも本気だし。 気を使ってくれるし。 年上だけど同じ目線に立ってくれる。 嘘っぽくない人ですね」 そんな風に熱く、本気で語ってくれた高良も、既にかなり男前である。 『おにいちゃんのハナビ』 c 2010 「おにいちゃんのハナビ」製作委員会 華(谷村美月)が半年間の入院生活を終えて家に帰ってくると、兄の太郎(高良健吾)が引きこもりになっていた。 妹のために東京から引っ越してきた太郎は、新しい高校で友達を作ることができず、その反動で、卒業後ふさぎこんでしまったのだ。 うろたえる両親とは対照的に、強引に外へと連れ出そうとする華。 高良健吾を筆頭に、妹役の谷村美月、母親役の宮崎美子など、出演者陣の演技が秀逸。 涙なくしては観られないが、涙だけではない、心温まる名作。 高良健吾さん&谷村美月さんのサインが入ったプレスシート(マスコミ向けに配られる映画の概要が書かれたパンフレット、非売品)を1名様にプレゼント。

次の