三菱ufj銀行 面接。 【面接対策】三菱UFJ銀行の中途採用面接では何を聞かれるのか

三菱UFJ信託銀行の面接に受かるための対策と回答例

三菱ufj銀行 面接

今回は慶應生による慶應生の就職観について提示します。 しかしながら、現実はそう甘くはありません。 実際、いわゆる「高学歴」の学生でも、 必要な準備・対策を怠ればあっさり落とされているのが実情です。 本記事では、以下4つのポイントを順に解説することで、三菱東京UFJ銀行から内定を獲得するための選考対策プランをお伝えします。 メガバンク志望者はしっかりと頭に入れてください。 私たちは以下のことを大切にし、実践していきます。 「信頼・信用」(Integrity and Responsibility) 社会的責任の重さを一人ひとりが十分認識し、常に公明正大かつ誠実な姿勢で臨み、長期的な視点でお客さまと社会の健全な成長に繋がる行動をとる。 「プロフェッショナリズムとチームワーク」(Professionalism and Teamwork) プロとしての自覚と責任を持ち、多様な社員が互いに尊重・切磋琢磨しながら、地域・業態を越えたチームワークで、お客さまの期待を超えるために常にグループとしてベストを尽くす。 「成長と挑戦」(Challenge Ourselves to Grow) 世界的な視野で時代の先を見据え、変化を自らの成長の機会ととらえ、現場重視でスピードと柔軟性を持つ活力溢れる職場作りに全員で取り組み、新たな領域へ挑戦する。 参照: ここから、三菱東京UFJ銀行では以下の4つの要素を兼ね備えた人物を求めていると考えられます。 すなわち、「お金が余っている個人・法人」からお金を預かり、そのお金を「お金が足りない個人・法人」に貸し付けるビジネスです。 したがって、銀行の本質的な収益源は、大きく2つに集約されます。 すなわち、お金の貸付・返済のときに生じる 「金利」、そして金融商品(投資信託など)の売買やATMの使用料などを含む 「手数料」です。 また、金融市場のグローバル化により、近年では円と外国通貨をトレードした際に手に入る 「為替差益」が3つ目の収入源となっています。 三菱UFJ銀行の扱う商材・サービス 銀行はかたちのある商材を持ちません。 銀行は以下の2つのサービスによって収益を上げています。 三菱UFJ銀行の商材・サービスの提供方法 三菱UFJ銀行の収益源は大きく以下の5つの事業から成り立っています。 基本的に、多くの銀行員はそれぞれ企業・個人をクライアントに持ち、彼らに対する営業活動を行っています。 単純にお金の貸付や営業活動を行うのではなく、クライアントの状況やニーズを把握した上で、会社の成長・個人の生活の向上のために必要な金融商品を考え、提案するコンサルティング業務を行っています。 特に、三菱UFJ銀行は東京・大阪・名古屋などの都市圏に盤石の基盤を持っており、日本国内で最大の規模を誇っています。 そのため、以下の通り国内預金残高・連結貸出金残高では他のメガバンクを上回っています。 参照: 三菱UFJ銀行の求める素養 上記のビジネスモデルを踏まえて、 三菱UFJ銀行がどのような素養をもつ学生を求めているか、考察してみましょう。 ここでは、三菱UFJ銀行の求める人材像として、4つのポイントに言及します。 したがって、 クライアント企業の人間と信頼関係を構築する対人能力に加えて、 彼らの抱える経営課題を発見する力、そしてそれを解決に導く力が重要視されると考えられます。 三菱UFJ銀行のようなメガバンクの選考においては、 目標達成に向けて自走する力や継続的に努力する力など、 個人として成果を出すための実行力・粘り強さをアピールすることも有効でしょう。 上記2つとは別に、メガバンクの中でも特に三菱UFJ銀行が重視している評価ポイントとして以下の2つが挙げれらます。 また、「リテール・プロフェッショナル」「外国為替業務推進」「法人業務推進」の3つの職種では専門職採用を行っています。 そのため、 1つのことを時間をかけてやり抜いた経験がある方は、その経験をアピールできれば高評価に繋がるでしょう。 また、日本ではメガバンクの一角を占める三菱UFJ銀行ですが、世界的にみれば知名度はそこまで高くないのが現実です。 三菱UFJ銀行が、FinTechなどの新しいトレンドに適応し、世界中の顧客に選ばれる銀行になるため、「自分の手で新しい銀行のカタチを作りたい」「三菱UFJ銀行を世界トップの銀行へと押し上げたい」といった 高い挑戦心をもった学生が好まれると思われます。 採用数 次に、三菱UFJ銀行の過去2年の採用数は、就職四季報によれば以下の表のようになっています。 職種別や男女・文理別採用数等の詳細は明らかになっていませんが、全従業員数34,000人超と規模の大きな企業であり、金融業界の中でも大量に採用しています。 三菱UFJ銀行の本選考エントリーシート対策 最後に:三菱UFJ銀行に評価されるために 以上をまとめると、三菱UFJ銀行の選考では、2つのことが重要になります。 三菱UFJ銀行の選考では面接回数が多いため、発言の論理の矛盾を起こさないように自己分析・企業分析を徹底してから選考に臨むと良いでしょう。 「とりあえず受けよう」といった生半可な気持ちで臨むことは避けましょう。 以上、三菱UFJ銀行の選考突破のヒントとして本記事を役立てていただければと思います。

次の

【三菱UFJ銀行】新卒採用の倍率は!? 職種ごとの就職難易度

三菱ufj銀行 面接

この記事の目次• それについて行動事実を具体的に詳しく記載してください。 400文字以内 金融業界の中でも銀行を志望する理由を教えてください。 200文字以内 ES記入時に留意した点 結論を最初に書いてから具体例、詳細と書くように心掛けて記入してきました。 特にメガバンクであり大量のESに目を通さなければならない面接官の点から考えても読みやすく書くことは非常に大切だと思います。 一度書いたESをいろんな人に見てもらい本当に読みやすくなっているのか考えてから提出をしましょう 締切日 3月末 結果連絡 5月上旬 筆記試験・WEBテスト 筆記試験の有無 あり 形式 TGWEB 試験のについて 難しめ 問題数が少なくかつ一問が難しいのでしっかりと対策を行い高得点を取れるようにしておいてください。 学生時代に頑張ったことは何か 2. どうしてそれを頑張ろうと思ったのか。 高校時代はどういう学生だったか。 高校時代に頑張ったことは どんなことを評価していたか しっかりと面接官とコミュニケーションを取れているのかということを見られていたと思います。 内容よりも面接官の質問にしっかりと答えることが評価に繋がると思います。 選考の雰囲気 非常に和やかな雰囲気で面接が進みました。 周りの学生の声も聞こえてきますがそこは気にせず、しっかりと自分を伝えることが大切です。 学生時代に頑張ったことは何か 2. どうして金融業界に興味があるのか 3. その中でも銀行を選んだ理由は何か 4. ゼミでは何をやっていたのか 5. 学生時代に勉強は頑張ったのか 6. ゼミで苦労したことは何か どんなことを評価していたか 1次面接と同様に面接官とコミュニケーションを取れているのかということが評価対象だと感じます。 特にBTMUの志望動機などは聞かれなかったので学生のパーソナリティを見ている感じがしました。 選考の雰囲気 非常に和やかでした。 面接官の方もしっかりとこちらの話を聞いてくれたのでやりやすかったです。 学生時代に頑張ったことは何か 2. 高校生の時に苦労したことは何か 3. 高校生の頃に一番頑張ったことは 4. これまでリーダーシップを発揮した経験を教えてください 5. どのような行員になりたいか 6. 入行したらやりたい仕事は何か どんなことを評価していたか 面接官の質問にしっかりと答えられているのかということが評価対象だったと思います。 質問に対しては偽らずありのままの自分を伝えることが大切です。 選考の雰囲気 これまでよりも少し緊迫した雰囲気になりましたが圧迫ではなかったです。 どうして銀行で働きたいのか 2. 地銀でも政府系でもなくどうしてメガバンクで働きたいのか 3. その中でBTMUを選んだ理由は 4. どのような行員と働きたいと思うか 5. 銀行のイメージについて教えて 6. 銀行の営業はどう考えているか 7. 長所と短所を3つずつ教えてください どんなことを評価していたか このあたりから志望動機が聞かれました。 その中でどうしてもBTMUでなければいけないという理由を伝えられたのが評価に繋がったと思います。 選考の雰囲気 少し緊迫した雰囲気で面接が進みました。 面接官の方もあまりリアクションを取ってくれなかったのでストレス耐性があるのか見ていると思います。 どうして銀行で働きたいのか 2. どうして他のメガバンクでなくBTMUなのか 3. BTMUでどんな仕事をしたいのか 4. あなたがBTMUに合うと思う理由を教えて 5. 営業はきついが耐えられる自信はあるか 6. これまで身に付けた能力のうち、当行で活かせるものはあるか どんなことを評価していたか どうしてもBTMUで働きたいという熱意を伝えられたことが評価に繋がったのではないかと思います。 志望動機を中心に聞かれたのでしっかりと企業研究を行い、また実際に行員の方の話も聞き働くイメージを持っておくことが大切です。 選考の雰囲気 やや圧迫気味の面接でした。 あまり反応がなく淡々と相手の質問に答えるだけでした。 どうして銀行で働きたいのか 2. どうして他のメガバンクでなくBTMUなのか 3. BTMUでどんな仕事をしたいのか 4. 長所と短所を教えてください 5. これまでどのような行員と会いましたか 6. なりたい行員はだれか 7. 将来、どんなことに挑戦したいか どんなことを評価していたか どうしてもBTMUで働きたいという熱意を伝えられたことが評価に繋がったのではないかと思います。 ほとんど志望動機が中心で、それに加え本当に学生がBTMUにあっているのかということを見られていたと思います。 選考の雰囲気 圧迫気味の面接でした。 面接官のリアクションも薄く、時折険しい表情もされたのでかなり緊張しました。 本当にうちでいいのか 2. 内定を出したら他を辞退してうちにきてくれるのか 3. 当行に入行する上で何か不安はあるか どんなことを評価していたか 殆ど意思確認でした。 この段階ではあまり深いことは聞かれないのでどうしてもBTMUがいいという熱意をしっかりと伝えられれば内定を頂けると思います。 選考の雰囲気 和やかな感じで進みました。 半分くらいが雑談で終わったのでこの段階ではほとんど決まっていたのだと思います。 結果連絡 その場で内定 内定 内定通知 その場で内定 他社選考辞退の指示 あり 会社を知るための取り組み いいえ 現在のステータス 内定辞退 内定辞退の理由 やはりコンサルタントになりたいという意思が強かったため。 銀行よりもコンサルタントの方が幅広いことをできると感じました。 そのため、内定を頂いていたコンサルファームに入社することにしました。 かなり悩み、教授などにも相談したのですが「自分のやりたいことをやった方がいい」と言われ、今回は内定辞退することにしました。 企業研究 OB訪問を実施したか いいえ 参考図書 『金融業界大研究』 最近の金融業界の動向、銀行と他業界の違いなどを詳しく理解することができます。 この一冊を持っておくだけでかなりの企業、業界研究をすることができます。 その他参考にしたもの 企業ホームページによる対策を行いました。 また、説明会において積極的に行員に話を聞くことも大切です。 「柿の種」や「ハッピーターン」などの製造を手掛ける日本国内最大手の米菓メーカーである亀田製菓の本採用選考の体験記です。 協力いただいた方の情報 卒業年度 16年卒 志望業界 メーカー 応募… … 三井住友VISAカードの18卒インターン選考 夏インターン5日間 について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「学生に対して面接官が少ないので、正直何を見ていたのかまったくわかりません。 とりあえず、きちんと発言… アストラゼネカ株式会社の18卒インターン選考 冬インターン3日間 について、実際にインターン参加した方の選考体験記をご紹介。 「このインターンは選考に直結します。 選抜された学生は一般選考とは別ルートの選考になり、かなり高い確率… ….

次の

三菱UFJ銀行(旧:三菱東京UFJ銀行)|20年卒 アソシエイト職の一次面接の選考体験談|就活サイト【ONE CAREER】

三菱ufj銀行 面接

三菱東京UFJ銀行の面接の流れと内容は、どのようなモノなのでしょうか。 面接の流れをしれば、対策をたてることができます。 聞かれることがわかれば回答例も用意することができ、本番で慌てる可能性が低くなります。 では、三菱東京UFJ銀行の面接の流れと内容を説明します。 なんでもやり抜く強い思いと覚悟を持った人を求めている 自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。 今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「」です。 質問に答えることで、 どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。 結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。 無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。 特に貴行の経営ヴィジョンである、日本と世界の健全な発展を支える責任を胸に、社会の確かな礎となることを使命としている姿勢、には共感しました。 私の就活の軸に見事にマッチしました。 また、私の志望するアソシエイト職は、支店、窓口からお客さまの真のニーズを引き出すために、高レベルの技術や知識が必要になります。 自分を高め、お客様のよく人生アドバイザーとなれることをめざし、貴行で専門的な知識を身に付けることは、人としての魅力も高めることになると考えます。 私は、金融業界にて多くのお客様から感謝されて働ける存在となりたかったからです。 また、金融業界は女性が長く働く環境の整った業界でもあります。 次に、なぜ銀行なのかですが、銀行は経済の根幹をなしており、普段の生活にとても密接にかかわっているからです。 また多くの商品があります。 その商品を進める為には深い金融の知識が必要となります。 私が頑張った分だけお客様により大きなものを提供することができます。 これは、私の人生に知識として活かせますし、お客様にはより良いい商品として還元できるので、銀行を選びました。 近年、個人資産が預金から資産運用へと形を変えてきています。 自分の言葉と思いで、お客様が抱えた損失への不安を取り除き、信頼に変えていくのは至難の業です。 ですが、お客様の役に立つ為にはどうしたらいいのかを一番に考えることで、行動できる私という人間を最大限に活かし、私だからこそ何でも相談できるとおっしゃっていただけるようなサービスを行っていきたいです。 このように、お客様を1番に考えることのできる、ファイナンシャル・プロフェッショナルという業務に就きたいと思っています。 三菱東京UFJ銀行の面接対策は回答例を参考に最後までやり抜くという強い意志をアピールする 三菱東京UFJ銀行の面接で尋ねられことの定番は、どうして金融業界、どうして銀行、どうして三菱東京UFJ銀行かということです。 この3点はしっかりと相手を納得させることのできる回答例を作り対策を練る必要があります。 上記の質問に答えるためには、業界研究と企業研究を欠かすことができません。 また、自分を理解することも求められますので、小学校から振り返り自分史を作るという対策を練った方もいます。 また、三菱東京UFJ銀行の面接回数は多いので、回答例を練るのみならず、予定がバッティングしないように整理することも、三菱東京UFJ銀行ならではの面接対策といえます。

次の