キュウコン チェリム。 ニコニコ大百科: 「チェリム」について語るスレ 91番目から30個の書き込み

チェリム : キュウコンチェリムのチェリム

キュウコン チェリム

Contents• はじめに どうも、ミアレマワレと申します。 キュウコンチェリムを使った構築で、シーズン3のランクマッチで最高順位94位、最終99位となりました。 今回、目標であるランキング2ケタに行けたことと、ダブルにおけるチェリムの文献増加を願い寄稿することにしました。 パーティ作成動機 チェリムが好きで長い間構築が作れないかなーと思っていましたが、喰い断さんの放送や動画でキュウコンチェリムが行けるという話を聞き、大きなチャンスが舞い込んだと思い作ることにしました。 パーティ作成経緯 まずキュウコンチェリムを確定とし、ダイホロウの爆発力とダイドラグーンの妨害が強いドラパルトと、キュウコンチェリムの天敵になるバンギラスに強いローブシンからスタートしました。 残り2体はキリキザンと数合わせのアーマーガアを入れていました。 そこからアドバイスで挙がった素早さを上げながら制圧できるギャラドスとトリックルームに対してより厚くしつつ、バンギラス+フェアリータイプの横の並びに対して数値で戦うことができるドサイドンになりました。 その後、シーズン終盤にスカーフウオノラゴンやドラパルトミラーにおいて確定で1回行動をさせていたことが構築の窮屈さになっていることに気が付き、ドラパルトの配分を追い風アイアントを意識した耐久重視から最速へと修正しました。 またローブシンについて、ドラパルトと飛行タイプへの打点が同時に持てるようにしました。 特性フラワーギフトは、天候が晴れのときに場の自分を含めた味方の攻撃と特防を1. 5倍にする効果とすがたが変わる効果を持っています。 技は、フラワーギフトの恩恵の維持ができるように、晴れを自力で管理するための日本晴れ、フィールドに長く残る為にまもる採用しました。 残りは、回復による場持ちと定数ダメージにもなるやどりぎのたねと、特殊水タイプへの遂行技であり回復による場持ちを意識してギガドレインを採用しました。 道具はフィールドに長く存在することを意識してたべのこしを採用しました。 チェリムがやることは、晴れている間は生存することと、特殊水タイプなどと1対1にして詰め筋にすることです。 キュウコン 性格:ようき 努力値:AS252B4 実数値:148-128-96-90-120-167 キュウコンチェリムのキュウコンです。 チェリムのフラワーギフトを起動するために、登場時天候を晴れにするひでり役として採用しました。 技は、フラワーギフトの対象になるように物理打点のフレアドライブを採用しました。 炎技さえあれば十分なので、他は補助技から選択していきました。 おにびやあくびに対応できるしんぴのまもり、物理打点に対する防御的な補助としておにび、場の状態のターン管理と猫だましによる集中攻撃をケアするまもるを採用しました。 道具は、フレアドライブのダメージを伸ばすためもくたんを採用しました。 キュウコンチェリムという並びは初回からキュウコンチェリムが横に並ぶイメージがありますが、対戦が理想的な手順で進行するとチェリムが他の物理アタッカーと並び、終盤頃の晴れが2巡目に来るときにならぶ感じになっています。 また、物理技を採用したことで、特殊フェアリータイプで防御のステータスがやや低いニンフィアに対して遂行能力を持っており、フラワーギフト発動時は遂行速度が上昇し、相手のステータスに依存するもののトゲキッスを一撃で倒せる場合があります。 さらにチェリムの草タイプとキュウコンの炎タイプの縦の並びでまぁまぁ耐性受けができるので、サイクルを回すこともあったりしました。 ドラパルト 性格:ようき 努力値:AS252D4 実数値:163-172-95-96-96-213 フラワーギフトのバフでパワーアップさせて攻撃する物理アタッカーその1です。 ダイマックス時は、主にダイドラグーンで相手の攻撃をさげて防御的な補助をしながら攻撃するか、ダイホロウで防御を下げて味方の物理アタッカーへ攻撃的な補助をします。 フラワーギフト発動時には1. 5倍の補正により相手の耐久調整を崩して一撃で倒すケースがありました。 対トリルではダイドラグーンで弱保ドサイドンへの牽制もできます。 ダイマックスしないときも高い素早さから先制して戦う点でとても扱いやすく、ゴーストダイブのまもる崩しによる補助ややどりぎのたねと絡めた詰め筋にもなりました。 技は、ダイドラグーンの触媒で扱いやすいドラゴンクロー、ダイホロウとなるゴーストダイブ、アイアントへの遂行やキュウコン喪失時の保険となるダイバーンとしてのだいもんじ、場の状態のターン管理となるまもるを採用しました。 特性は、ステータスが下がらないようにするクリアボディです。 ローブシン 性格:いじっぱり 努力値:H244A252D4S4 実数値:211-211-115-54-86-66 フラワーギフトのバフでパワーアップさせて攻撃する物理アタッカーその2です。 天候を変えてきて、キュウコンチェリムに強いバンギラスやギガイアスに強く、比較的トリックルームでまぁまぁ動ける格闘タイプとして採用しました。 攻撃しながら回復する特徴がフラワーギフトとマッチしており、単体でも相手を上手く弱らせたときマッハパンチで倒すことによって味方を攻撃的に守ってくれます。 道具はバンギラス絡みの盤面において交代で登場することが多く消耗しやすいのでマゴのみです。 ギャラドス 性格:ようき 努力値:AS252H4 実数値:171-177-99-72-120-146 フラワーギフトのバフでパワーアップさせて攻撃する物理アタッカーその3です。 ここまででキュウコンを選出する都合で対処が大変なリザードンへの対策として採用しました。 ストーンエッジはダイロックにより、襷リザードンにも対処できるように採用しています。 フラワーギフトとダイジェットと自信過剰で制圧していきます。 またドサイドンと同様にダイアースでの耐久プランも取れます。 道具はリザードンの隣にいるヤミラミやウインディの鬼火を意識してラムのみを採用しました。 運用する際はダイマックス前提となります。 またダイジェットもフラワーギフトの効果を受け、相手を一撃で倒せる可能性を上げており、自信過剰で高速な試合展開したり、ダイアースで味方の耐久を上げる動きもできました。 またダイソウゲンでチェリムの遂行速度を上げることもできます。 ドサイドン 性格:ゆうかん 努力値:AD252 実数値:190-211-150-75-107-40 フラワーギフトのバフでパワーアップさせて攻撃する物理アタッカーその4です。 ダイロックを使用するケースが多いですが、次のターンにチェリムがドサイドンより早く行動して自力で晴れにする行動も取れるのであまり問題ないです。 ダイアースやダイスチルで味方のチェリムを硬くし詰め筋とすることもできます。 またフラワーギフトにより、ダイマックス状態であればサンパワーリザードンの臆病珠ダイソウゲンを耐えられたりします。 ギャラドスの選出ができずに困ったとき一応選択肢になります。 フラワーギフトで強化を期待できるので弱点保険を持たせて 発動時に相手に大きなプレッシャーを与えることにしました。 そのほかには相手の展開に合わせてローブシンやドサイドンへの交代、キュウコンが技を選択する、アタッカーをチェリムに交代させる行動があります。 キュウコンはあくまで天候維持のためのひでり役であるため生存させたいことを念頭に置いて取り扱います。 選出例を一部挙げていきます。 対バンドリ 先発:チェリム ドラパルトorドサイドン 先発:キュウコン ローブシンorドサイドン バンギラスが色々なポケモンを取り巻きにできる特性上選出パターンが変化します。 バンギラスが初手に出ると思ってキュウコンを出さないでいると取り巻きのウォッシュロトム+トゲキッスがフラワーギフトで最低限止められなくなるので出します。 初手にバンギラスが来た場合キュウコンはローブシンに交代させます。 バンギラスドリュウズの構築にはミロカロスやロトムがいるケースが多かったので最後にチェリムとタイマン状態にすることを意識しました。 対リザードン 先発:キュウコン ギャラドスor ドサイドン) 後発:チェリム ローブシンorドラパルトorドサイドン ギャラドスが出しにくくなるポケモンがいる時は ドサイドンを出せることも頭の片隅に入れておきました。 1ターン目からチェリムに無理矢理交代しながらダイロックでリザードンを攻撃して速やかに撃破を狙い、天候を変えます。 氷タイプが混ざっているタイプがおり格闘技がそこそこ一貫している気がします。 対ギャラドス 先発:キュウコン ドラパルト 後発:チェリム ローブシン ダイジェットギャラドスにはダイドラグーンで展開を最小限に抑えていきます。 大体キュウコンにダイジェットが飛んでくるのでチェリムへの交代は厳しいです。 ドサイドンやバンギラス、クワガノンがいない特殊主体のトリル構築であればダイアースを連打できるギャラドスを選出できます。 対追い風ジュラルドン 先発:キュウコン ドラパルト 後発:チェリム ローブシン ジュラルドンが初手に来た場合はチェリムに交代してやどりぎのタネやキュウコンを駆使して頑張って時間を稼ぎます。 追い風が切れる直前にエルフーンを倒していきたいです。 ドラパルトはマッチングではウオノラゴンが混じっている構築の遭遇数が多くよく選出してました。 雑感 終盤、順位を大きく落としたあとに選出や立ち回りの整理をし、構築の基本選出を徹底する指針にしたことにより最終日は得意な構築には盤石に勝ち、2桁順位の滑り込みに成功しました。 今シーズンはバークアウトウインディ絡みの対策である初手ウォッシュロトムやとぐろをまくミロカロスのようなチェリムの役割対象がいる状態になっていたことトゲキッスがダイマックスしないケースや1回のダイジェットであまり素早さが上昇しない個体が意外といたのも勝てた要因かなぁと思いました。 チェリムを使った構築を作って使う夢が叶ったのでポケモンの対戦で充実感を感じました。 チェリムのフラワーギフトと物理ダイマックスアタッカーで崩す行動が強いのでキュウコンチェリムを使ってみてください! 寄稿ガイドライン APPDATEでは皆様の記事寄稿をお待ちしております。 寄稿におけるアレコレなどをご説明しておりますのでご覧ください。

次の

【ポケモンGO】チェリムは捕まえづらくても確保すべき!みんながこぞって狙う理由とは!?

キュウコン チェリム

でも第四世代ポケモン実装に伴い出現するようになった。 天候が晴れの場合のみポジフォルムが、それ以外の天候だとネガフォルムが野生で出現する。 他のポケモンと同じくフォルムチェンジを行うことはできない。 進化系のポケモンにしてはかなり野生での出現率が高く、それに伴う星の砂の獲得量の多さから捕獲に慣れた人から乱獲されやすい。 特にポジフォルムだと天候ボーナスが加算されて375もの星の砂が貰える。 イベント等で星の砂獲得量にボーナスがかかると1000を超えることもしばしば。 性能に関してはポジとネガで全く差がないが、最大まで強化してもCPが2000台までしか伸びず、本編での最大の個性であった特性もGOでは存在しないのでバトルではまず使われない。 チェリムファンであれば相棒にしたりカメラモードを使うなどして愛でてあげよう。 その準優勝した人すげーな…草ポケへの愛を感じるよ -- 名無しさん 2013-09-09 22:21:01• こだわりを持ち、その上で結果を残すのはポケモンに限らない対戦ゲームのプレイヤーの鏡だと思う。 -- 名無し 2013-11-12 08:47:21• こいつと言い、モロバレルと言い、シングルよりダブルやトリプルで真価を発揮するくさタイプって多いな。 -- 名無しさん 2014-07-08 21:12:39• 「ハルヒ」のチェリムはカテゴリーA ジュニア部門 の世界大会優勝者が使ってた個体で、高知大会準優勝者はカテゴリーB シニア部門 だから別物だぞ。 -- 名無しさん 2015-02-22 19:02:19• フラワーギフトの上昇がなぜこうげきととくぼうなのか。 -- 名無しさん 2015-04-15 11:22:00• -- 名無しさん 2016-02-11 04:57:43• ポケモンGOじゃフォルムはどうなるんだろう? -- 名無しさん 2018-10-19 20:33:19.

次の

チェリム

キュウコン チェリム

はじめまして。 今回投稿させていただくのは チェリムです。 第五世代になり禁止伝説級以外にもオート晴れに出来るポケモンが登場したことによってチェリムも以前より扱いやすくなりました。 GSでのグラードン、ホウオウとの組み合わせが強力なポケモンではありますが、今回はサブウェイルール下にてキュウコンと組ませることを前提とし、論を書いていきたいと思います。 ダブルバトルでのチェリム 固有特性フラワーギフトを持ち、晴れパには度々搭載されています。 強力な補助効果を持つものの、チェリム自信が低耐久、低火力であり、手動で晴らす必要があったので4世代では通常ルールではあまり使われることがありませんでしたが、GSではグラードン、ホウオウの存在、GSは特殊主体であることなどから無視できない存在でした。 5世代で登場したキュウコンチェリムはD上昇とA上昇での打ちあいの強さを生かした構築になります。 超火力で相手のポケモンを一発でなぎ倒していくのは爽快ですが、メインとなるポケモンのタイプ、種族値の関係上構築が難しく採用率は低めです。 バンギラスや炎タイプが厳しく、飛行や格闘技も一貫しやすいので対策は必須です。 穴が多くなりがちで、苦手ポケモンへの対策をあれもこれもとやっているとキュウコンチェリムである意味が無くなってしまうので、ある程度の割り切りは必要です。 受動的に動くパーティではなく、能動的に動くパーティですので、強力な勝ち筋の構築を目指しましょう。 特性フラワーギフトとは? 晴れ状態の時に味方の攻撃と特防を1段階上昇させます。 チェリムのみが持つ固有特性であり採用理由でもあります。 採用理由 フラワーギフトでの味方補助。 水ロトム、トリトドンへの打点。 対天候メタ。 では構成に移りたいと思います。 配分 性格:おくびょう 今回の調整をする際におくびょうが最も効率が良くなります。 攻撃能力がほぼなく、居座るタイプのポケモンですので、細かな耐久調整はほぼ意味をなさないと考えました。 B振りの意図は最終的にチェリムが残り相手と1対1になった場合ギガドレイン、やどりぎ、たべのこし、まもるの併用で相手を詰ませるためです。 特殊は晴れ状態であればH振りのみでも大体の相手は詰ませます。 ・Sは最速バンギラス抜き抜き。 先手でのにほんばれのために最速ユキノオー抜きは絶対のラインですが、そこまで振れば少ない努力値でバンギやバンギ抜き調整のポケモンを抜けるので126まで上げました。 持ち物 ・ たべのこし ほぼ確定で良いでしょう。 守るとの併用で場持ちを重視。 ・ オボンのみ 次点、打ちあいを重視する際や役割を長持ちさせるための持ち物だと思うので、たべのこしを切って持たせるものではありません。 ・ オッカのみ 発動機会は多いので有用な持ちものではありますが、今回はオッカ用の耐久調整をしていないので見送り。 技構成 ほぼ確定欄通りの構成で問題ないでしょう。 ・ ギガドレイン 居座りにも最後の打ちあいの際にも有効な技、前世代限定です。 ・ やどりぎのタネ 一貫性があるためチェリムが腐りにくくなります。 居座りにも詰ます際にも活躍。 クレセリアなんかを養分にできると大分と楽になりますね。 ・ にほんばれ 天候がコロコロ変わる環境なので天候塗り替えに使います。 キュウコンチェリム自体晴れ依存が大きいですし、他天候メタにも非常に有効な技。 相方のキュウコンに先制で打てないため、使用ターンでの火力補助は出来ないので注意しましょう。 ・ まもる ダブル基本技。 相方の火力が上昇するため縛りの解除がしやすく、キュウコンチェリムではとくに有用。 ・ エナジーボール 旧作が無い人はこちら。 草タイプとしての最低限の役割遂行のために。 天候変化が激しい環境なのでソラビは非奨励。 ・ てだすけ 最後っ屁や更なる火力補助に。 キュウコンのフレアドライブの火力が半減相手でも確1取れるくらいになります。 ヤドリギと選択。 ・ 威張る Irisさん提供 相方の更なる火力上昇や相手への嫌がらせに使えます。 ヤドリギと選択。 チェリムとは相思相愛。 ジュエル持ちなら当倍相手をほとんど確1。 キュウコンとは思えない制圧力を誇ります。 ギフト込みでラティオスのジュエル流星群は無振りでも確2です。 ダブルではおなじみの便利屋。 いかくで物理耐久底上げ、先制技持ちのためA上昇の恩恵も受けやすく、さらにキュウコンチェリムの天敵であるバンギラスやシャンデラに強いです。 ・ ウォッシュロトム キュウコンチェリムに刺さる炎タイプや雨パを見れ、こいつを入れておくだけで大分とパーティが安定します。 キュウコンチェリムではめざ氷を持たせ、ランドロスやボーマンダを見れるようにするのが一般的、炎は電気でも打点を持てるのでハイドロポンプを切ることも多いです。 一応にほんばれ使い。 ・ キリキザン 基本的に威嚇が刺さるキュウコンチェリムで威嚇のけん制ができる点が評価できます。 先制技の不意打ちが先制技の火力では無くなり、強力な制圧力を誇ります。 トリパが刺さるキュウコンチェリムにおいて、起動役の超霊を一撃で持っていける点も見逃せません。 ギフトジュエルつじぎりでH振りクレセリアは持っていきます。 ・ クロバット 一貫する格闘タイプへのけん制。 おいかぜや前歯での補助もできるうえ、ギフト込みなら高いSと合わせてなかなかの攻撃性能を持ちます。 ギフトはDが足りないポケモンのDを底上げするより、制圧力を上げるために使う方が強力です。 高速or強力な先制持ちの物理アタッカーは基本的に入れておけば活躍してくれます。 チェリム自身の耐久底上げのために威嚇持ちとも好相性。 その他相性のいいポケモンは多数いますが、コメントで要望があれば追加しようと思います。 使用方法 キュウコンと同時に出すか、晴れた状態での選出が基本となります。 フラワーギフトの効果は、後出ししたターンから適用されるので、後出しすることで相方が本来縛れない相手を縛ったり、逆に特殊ポケモンからの縛りの解除も行えます。 基本行動はヤドリギで、連発しているだけでも相手からしたら結構うっとおしいです。 キュウコン選出無しで、天候メタでピンで出して強引にはらすのもなくはありません。 味方の補助が本分ですが、最後に余ってしまった場合でも、ヤドリギ、たべのこし、まもるで火力が無い相手なら詰ませます。 ダメージ計算 ・ 与ダメージ ギガドレイン ・トリトドン 218-117 73. ・バンギラス いわなだれ 204 32. 左からギフトなし、込み。 物理の場合も威嚇込みなら大体詰ますので、意外と単体性能は侮れません。 (ゾンビルンパみたいなものと思っていただくと分かりやすいかもしれません。 ) 仮想敵を取った耐久調整をしていないので色々抜けているところがあると思います。 適宜追加していきますので、コメントにて指摘していただけると幸いです。 最後に ここまでお付き合いいただきありがとうございました。 初投降ということもあり至らない部分も多々あると思いますのでコメントでのご指摘をお待ちしています。 コメントにて厳しい意見が多いようでしたら削除も検討いたします。 型次第ではキュウコンのジュエルフレアドライブが指数80000超えますからねw クロバットのところを逆鱗カイリュー()で使っていましたが、クロバットならスカーフシャンデラも抜けて安定しそうですね。 まとまっていて非常に良い育成論だと思います。 調整、技候補も適当でとても参考になりました。 自分のチェリムはSに振りすぎていたのでこの配分で作り直したいと思いました。 評価は5を入れておきたいと思います。 物理型も選択肢の一つではありますが、あくまで本論でのチェリムは補助要員ですので攻撃性能はそれほど重視する必要はなく、居座り性能重視のギガドレインの方を優先しています。 物理型にするにしても前作は必要になってきますので、前作が無い時の技候補もエナジーボールにしています。 物理型にするのはチェリム自身にもアタッカーをさせる場合になりますね。 コメントで物理型の方が良いという指摘が多いようでしたら物理型の例も追記させていただきます。 まもるとにほんばれと攻撃技は切るわけにはいかないので、実質補助技はにほんばれの他に一つしか入れることができません。 しかしながら自分で回していてヤドリギを切ったチェリムは使いにくいことこの上なかったので(にほんばれ、ギガドレイン、まもるは完全に腐るターンも多々あり、腐りにくい技が優先される)ほぼ確定欄の4つで決まっていると言っても過言ではありません。 そのためダラダラと技候補を並べるのもどうかと思ったのでこのような形にいたしました。 しかしながら有用な技であると思いますので後ほど追記させていただきます。 むしろチェリムが使える補助技の中では最も使いやすい技であると思います。 (一貫性があり、場持ちが良くなり、スリップダメージも期待できる) 申し訳ありませんが悩みの種は候補外とさせていただきます。 カイリューも確かに良さそうですね、しんそくありますし、カイリュー自体晴れパと相性のいいポケモンですしね。 不意打ちで圧力をかけられますよ。 いかくでの物理耐久向上もポイントですね。 ここまで書いてきたように横の相性としては優秀ですが、縦の相性としてはそこまで良いものではないので運用には注意が必要ですね。 つまりチェリムに飛んでくる攻撃を安定して受けられるポケモンではないということです。 カポエラー自体低種族値ですし過労死しやすいポケモンですからね。 代弁ありがとうございます。

次の