エチル アセテート。 職場のあんぜんサイト:化学物質:酢酸エチル

酢酸エチルとは?合成法と安全性について

エチル アセテート

contents• 酢酸エチルの比重や沸点 酢酸エチルの基本情報です。 名称 酢酸エチル 分類 エステル類 モル質量 88. 73 比重は水よりも小さいので分液時には 酢酸エチルは水よりも上の上層になります。 酢酸エチルは有機合成では抽出溶媒としてよく利用される溶媒です。 溶剤としてもシンナーや除光液中に含まれ、利用されています。 酢酸エチルは体内に入っても酵素で分解されてエタノールと酢酸に分解されるのでそこまでの毒性はなさそうです。 吸引に関しては、ラットでは血液および脳への移行が大きいことがわかっています。 急性毒性に関しては目や気道の刺激性や脳への移行が大きいことから中枢神経系に影響を及ぼすおそれあがあります。 頭痛や目眩などを生じます。 発がん性については主要機関による分類はなされていません。 酢酸エチルの合成方法は? 酢酸エチルといえば化学実験でおなじみの実験です。 酢酸エチルはエタノールと酢酸との脱水縮合反応により合成できます。 硫酸は酸触媒として加えられています。 酢酸エチルのNMRスペクトル 酢酸エチルは溶媒でもよく使うので、NMRスペクトルには度々登場します。 酢酸エチルのNMRはAISTのデータベースから実測値を表示できます。 「」 NMRの予測値、 1HNMR、CDCl3,400MHz 13CNMR CDCl3,100MHz.

次の

酢酸エチルとは?合成法と安全性について

エチル アセテート

contents• 酢酸エチルの比重や沸点 酢酸エチルの基本情報です。 名称 酢酸エチル 分類 エステル類 モル質量 88. 73 比重は水よりも小さいので分液時には 酢酸エチルは水よりも上の上層になります。 酢酸エチルは有機合成では抽出溶媒としてよく利用される溶媒です。 溶剤としてもシンナーや除光液中に含まれ、利用されています。 酢酸エチルは体内に入っても酵素で分解されてエタノールと酢酸に分解されるのでそこまでの毒性はなさそうです。 吸引に関しては、ラットでは血液および脳への移行が大きいことがわかっています。 急性毒性に関しては目や気道の刺激性や脳への移行が大きいことから中枢神経系に影響を及ぼすおそれあがあります。 頭痛や目眩などを生じます。 発がん性については主要機関による分類はなされていません。 酢酸エチルの合成方法は? 酢酸エチルといえば化学実験でおなじみの実験です。 酢酸エチルはエタノールと酢酸との脱水縮合反応により合成できます。 硫酸は酸触媒として加えられています。 酢酸エチルのNMRスペクトル 酢酸エチルは溶媒でもよく使うので、NMRスペクトルには度々登場します。 酢酸エチルのNMRはAISTのデータベースから実測値を表示できます。 「」 NMRの予測値、 1HNMR、CDCl3,400MHz 13CNMR CDCl3,100MHz.

次の

職場のあんぜんサイト:化学物質:プロピレングリコールモノエチルエーテルアセテート

エチル アセテート

反応性 [ ] 湿気(水分)を含むものは徐々にし、酸が存在すると加速する。 アルカリ水溶液中ではにより加水分解する。 酸触媒の場合は平衡反応であるため可逆であるが、アルカリ触媒の場合は加水分解のみが進行する。 形式的には、アセトアルデヒドがし、エタノールと酢酸として反応しているように見える。 本法はエタノールに対して課税する国では原料コストの高いエタノールを利用せずにすむ為、日本では主流のプロセスである。 しかしながら世界的な主流プロセスはエタノールを利用した方法であり、日本でもが実用化している。 エチレンと酢酸からの直接合成 最近、により、担持触媒によると酢酸からの合成法が開発された。 本プロセスでは、原料価格に応じて、エチレンの代わりにエタノールを用いることもできる。 56回化学技術賞を受賞した。 酢酸エチルの2008年度日本国内生産量は 186,682 t、工業消費量は 2,377 t である。 、、などとエタノールが反応しても酢酸エチルを与えるが、合成法としての価値はない(下図)。 利用 [ ] 酢酸エチルは・などのとして利用される。 の除光液として、などと並び多用されている。 また・等天然の果実油の中にも広く含まれる果実臭成分の一つであり、エッセンスなどの成分としても利用される。 に香気成分として含まれるが、臭として否定的なとらえ方をされる場合がある。 またに含まれる酢酸エチルは味を落とす原因とも言われている。 有機化学実験では、、試薬など広く求核試剤(試薬)と反応したりすることがあるので、反応溶媒としての利用は限定的である。 したがって実験室での利用は溶媒あるいは法の展開溶媒としての利用が主である。 クロマトグラフィーでは、低極性溶媒であるとの混合溶媒が最も頻繁に用いられる。 また、昆虫の標本を作製する際には、殺虫するときや軟化するときに虫体が硬くなりにくく防腐効果のある殺虫剤として、必需品とされている。 ただし、色彩が鮮やかな甲虫や甲虫以外の虫に使用すると変色などを招くことがあるため、現在ではや冷凍庫などを使う殺虫法も併用されることが多い。 主な製造者と輸入者 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年8月) 日本においては、、協和発酵、、、日本合成化学など多数の製造業者が存在していたが、2010年現在では昭和電工とダイセルにほぼ集約された。 シノケムジャパン 中国中化集団公司 SINOCHEM が輸入する中国製品が2006年以降増大している。 その影響をうけて2010年6月には日本最大級の昭和電工徳山工場の15万tプラントが停止に追い込まれている。 市場規模 [ ] 日本国内の市場規模は22~26万tと言われている。 脱 脱BTX 脱トル の影響でから代替が進めばその市場規模はさらに拡大すると予想される。 また2011年3月に発生した東日本大震災の影響により日本国内のの供給能力が低下したことにともない、から酢酸エチルへの代替も進んでいる。 1 日本国内生産実績 生産動態統計 2007年 260,854MT、2008年 186,719MT、2009年 156,528MT、2010年 110,532MT、 ちなみに2010年に日本国内の製造業者が2社以下になったことにともない、2011年1月以降では酢酸エチルの生産動態統計の発表を見合わせている。 2 日本への輸入量 2007年 47,884MT、2008年 74,309MT、2009年 77,268MT、2010年 105,205MT そのうち中国からの輸入量 2007年 22,007MT、2008年 50,099MT、2009年 53,432MT、2010年 82,275MT 法規制 [ ] 日本ではにより第4類引火性液体(第一石油類 非水溶性液体)に指定されている。 単品は、によりに指定されている。 ただし、これを含む製剤(の一部など)は劇物とならない。 他に、、、、 [ ]、、、に関連規定がある。 脚注 [ ] [].

次の