絆創膏 言い方。 【絆創膏の方言マップ】呼び方でわかる出身地の違い!カットバン、サビオ他

絆創膏には実は使用期限がある!?正しい絆創膏の使い方と旅先で役立つ豆知識

絆創膏 言い方

カットバンの意味と由来:九州, 中国・四国地方で呼ばれる 佐賀県を中心とした九州地方、中国・四国地方の一部では絆創膏を「カットバン」と呼ぶようです。 該当地域に住んでいる人は、逆に「他の地域ではそう呼ばないの?」とびっくりするかもしれませんね。 関東では「カットバンを貼ってください」といっても通じないそうです。 なんとなく語感から絆創膏だと分かってもらえば通じるとは思いますが… カットバンの由来は、商品の名前です。 絆創膏をカットしたものだから「カットバン」になったそうです。 安易ですが、薬局で売っているものの名前ってだいたい安易ですよね。 九州や中国・四国地方では「カットバン」という名前で絆創膏が発売されていたのでその名前が定着したということですね。 昭和36年頃、「カットバン」という名前で祐徳薬品から発売されたのが最初のようで、今でも売っているようです。 バンドエイドの意味と由来:関東地方で呼ばれる 関東では絆創膏は「バンドエイド」と呼ばれます。 バンドエイドの由来も商品名です。 「包帯」を意味する英単語であるBandage バンドエイジ の「バンド」と、「補助」を意味するAid エイド を組み合わせてバンドエイドとしたのが由来のようです。 Bandageは「バンドエイジ」というよりは「バンデージ」と発音すると思いますが、日本人英語ということだったのでしょう。 ジョンソン・エンド・ジョンソンという会社が製造したり、販売したりしている絆創膏の商品名です。 ちなみに、これは世界で最初の絆創膏でした。 最初にバンドエイドを発売したのはディクソンさんという人なのですが、以下の話が残っています。 バンドエイドを作ったディクソンという人は、愛妻家でした。 奥さんは結婚したばっかりで台所のお仕事には慣れていませんでした。 なので、たびたび手にやけどや切り傷を負っていたそうです。 ディクソンさんは、奥さんが傷を負うたびに手当てをしていました。 そこでディクソンさんは、奥さん一人だけでも手当てをすることができるような絆創膏を考え付いたのです。 それがバンドエイドの誕生でした。 バンドエイドという言葉が通じるのは関東地方や近畿地方の一部、四国地方では徳島県となっています。 近畿地方にバンドエイドが通じる地域があるのは、主要都市であるということと、「バンドエイド」という会社があるからです。 サビオの意味と由来: 北海道で呼ばれる まず、皆さんはサビオという言葉を聞いたことがありますか。 私はありませんでした。 このサビオという言葉は北海道を中心として使われています。 実は和歌山県や広島県でも使われています。 また、サビオというのはもとはスウェーデンの会社の絆創膏の一つです。 「バンドエイド」や「カットバン」と同様、「サビオ」の由来も商品名ということですね。 聞いたことがない人のほうが多いと思いますが、世界的には知名度の高い絆創膏です。 また、最初はニチバン・ライオンという会社がスウェーデンの会社と連携して発売しました。 全国的に占めていた絆創膏でしたが、バンドエイドが主流となってしまい、製造が中止になってしまったそうです。 ちなみに「サビオ」は商品名ですが、どうも動詞のようにも使われるみたいです。 つまり、怪我をした人に「サビオする?」と言えば「絆創膏を貼る?」という意味になるということです。 「サビオ」という言葉を知らなければびっくりするでしょうね。 ちなみに「サビオ」はスペイン語で「賢い」という意味があるそうですが、これが直接の由来なのかは不明です。 しかし、カットバンは、佐賀県に本社があるのに東北、四国などに通じるし、バンドエイドは、関東地方と近畿地方に通じるのはまだわかりますが、徳島県にも通じます。 このように、離れた県でも絆創膏の別名が通じるのは、絆創膏が「商品」であることに目を向けたらすぐわかります。 商品ということは、本社から遠く離れた地域に運ばれてもおかしくありません。 だから、離れた地域でも別名が通じるのです。 絆創膏, バンドエイド, カットバン, サビオ, リバテープ, キズバンの呼び方の違いまとめ ・カットバンは、佐賀を中心に、東北、四国地方などで通じる。 ・バンドエイドは関東地方や近畿地方、徳島で通じる。 ・サビオは北海道を中心に和歌山、広島で通じる。 ・これらの絆創膏の別名の由来は、商品の名前。 ・絆創膏は商品のため、遠くへ送られてもおかしくない。 だから遠くの地方でも別名が通じたりする。 カテゴリー• 150• 136•

次の

多種多様な絆創膏おすすめランキング10選|使い方の注意点やおもしろ知識もご紹介

絆創膏 言い方

絆創膏で治せる傷の種類 絆創膏を使うのは、基本的に軽度の傷です。 擦り傷 切り傷 軽度のやけど あかぎれ これらは病院に行かなくとも、絆創膏を用いて家庭でケアできます。 絆創膏を貼る時のコツ まずは、傷口を流水できれいに流し、雑菌等を取り除きます。 その後、ティッシュなどで水分を拭き取り、血が止まるまで待ちます。 セパレーター(はくり紙)を持ち、パッドに触れないようにしながら、傷口にパッドをあてがいます。 残りのテープ部分を貼る時は引っ張りながら貼ると皮膚に負担がかかりますので、優しく貼っていきます。 肘や膝、指の関節部分など、曲げ伸ばしする部分は、貼った後に変な感じがしますよね。 こういう部位は、皮膚を最大限伸ばした状態(膝や肘などを曲げ、皮膚がつっぱった状態)で貼ると、剥がれにくくなります。 もしくは、従来型のビニール素材ではなく、肌の動きにフィットする「ウレタン不織布」の柔らかくて通気性の良い絆創膏を活用するのも良いでしょう。 絆創膏はどれくらいの頻度で交換・貼り直し? パッドの清潔さを維持したり、傷の治り具合を確認するためにも、1日1回を目安に貼り替えましょう。 ただし、絆創膏のパッドが濡れると細菌を増やす原因になります。 水で濡れたら、すぐに貼り替えるようにしてください。 かさぶたを作らずに治す「モイストヒーリング」の絆創膏(キズパワーパッドなど)は、2~3日に1回の交換が目安です。 新しい絆創膏を貼りなおすときは、再度傷口の汚れを水道水で洗い流して清潔にし、水分をきれいに拭き取ってから貼りましょう。 スポンサーリンク 入浴時は外すのか? お風呂に入る時、出る頃には外れやすくなってしまうので、絆創膏を外して入浴しても良いのでしょうか? 答えはNO。 外さないで入ったほうが良いです。 防水タイプの絆創膏もありますし、防水タイプでなくても傷をシャンプーなどの洗剤から守ってくれます。 お風呂から出たら、水分を拭き取り、傷口を乾かしてから新しいものに交換しましょう。 はがす時はゆっくりと はがす際は、絆創膏と一緒に肌の角質まではがしてしまう恐れがあるので、ゆっくりとはがすよう心掛けてください。 はがれにくい場合は、入浴時などにぬるま湯にしばらく浸すと皮膚や絆創膏がふやけてはがれやすくなります。 話題のモイストヒーリング法とは? 従来の絆創膏は、傷を消毒して、乾燥させてかさぶたを作って治すドライヒーリング法であり、これが一般的でした。 近年、自然治癒力に着目し、キズをしっかり覆い、潤い 体液)を保ってかさぶたを作らずにきれいに治すモイストヒーリング法に注目が集まっています。 モイストヒーリングのメカニズム 傷ができると傷口から血液とともに「滲出液(しんしゅつえき)」と呼ばれる体液も出てきます。 この体液には傷を早く、キレイに治す機能があります。 絆創膏などで傷口をピッタリ覆うモイストヒーリング法で傷口をこの体液で満たすことにより、表皮の再生を促進=傷の治りを早め、しかもかさぶたを作らないのでキレイに治るのです。 高機能絆創膏について モイストヒーリングが行える絆創膏で、「キズパワーパッド」とか、「治す力」という商品名で販売されています。 パッドの大きさは、傷よりも大きいサイズのものを使用します。 モイストヒーリング法は、通常の絆創膏を使用するような程度の傷に対して有効です。 動物に噛まれたなどの感染症を起こす可能性のある傷、ゴミや木の枝など異物が体に入ってしまった場合は、使用できませんので注意してください。

次の

「絆創膏」の呼び方の違いは何?「カットバン」「キズバン」「バンドエイド」など

絆創膏 言い方

photo by: 全国に最も使われている呼び方は絆創膏(ばんそうこう)で間違いないと思います。 しかし、日本全国の地域では絆創膏の他に5つも呼び方があるんです!その呼び方は、バンドエイド、カットバン、サビオ、リバテープ、キズバンです。 それでは、それぞれの地域を見てみましょう。 また、その他全国の地域でももちろん絆創膏は呼ばれており、最も多い呼び方ではないでしょうか。 商品名がそのまま呼ばれています。 商品名がそのまま呼ばれています。 キズリバテープという商品名が省略されリバテープと呼ばれています。 商品名がそのまま呼ばれています。 キズバンテープが省略されてキズバンと呼ばれています。 結局どの呼び方を使えば通じる? どこに行っても通じる呼び方はやはり絆創膏(ばんそうこう)ではないでしょうか!それにしても全国でこんなにも違う商品も珍しいですね。 その理由は皆さんもお気づきだと思いますが、地域によって流通していた商品が違うという事がポイントだと思います。 上記紹介した商品の中にはすでに販売中止されている物もありますが、当時から読んでいた呼び方が代々受け継がれて地域で残っているのだと思われます。 また海外での呼び方も気になると思います。 海外での絆創膏の呼び方は「Band-Aid」日本でも使われているジョンソン・エンド・ジョンソンの商品名そのままで通用するらしいので、海外で怪我をしてしまった時は「Band-Aid please! 」と頼んでみましょう。 ちなみに、日本で最初に出た商品名は「ニチバンQQ絆創膏」だそうですよ!もしかしたら「ニチバン!」や「QQ」と言っていたかもしれませんね!•

次の