エイベックス 松浦 秘書。 【薬物・ヤクザ】衝撃 エイベックス会長松浦勝人氏はなぜ逮捕されないのか、真相に迫る【100%黒】

会長挨拶|エイベックス株式会社

エイベックス 松浦 秘書

エイベックス代表取締役会長の松浦勝人氏(55)の違法薬物使用疑惑について告発した同社の元社員でライターのA子さん(30代)。 「文春オンライン」では4本の記事(、、、)を報じた。 翌15日には松浦氏本人がTwitterで《先日発表があった通り、僕としては晴れて、最高経営責任者(CEO)から離れ、念願であったクリエイティブに専念することにした》と発言している。 2016年頃、ライターとして活動するA子さんは松浦氏と毎週のように松浦氏の自宅で過ごし、頻繁に連絡を取り合っていた。 松浦氏と近しい関係にあったことで、松浦氏の自伝本を出版するため密着取材することになり、松浦氏の証言を録音していた。 奇しくも今回、それが違法薬物使用の証拠となったのだ。 物証の中には、松浦氏に関する40時間に及ぶ録音や膨大な量の写真、そしてA子さんが書き上げた約10万字に及ぶ松浦氏の自伝本の原稿も含まれていた。 しかしその原稿はいまだ世に出ていない。 印刷目前に出版が取り止めになってしまったのだ。 そしてこれがきっかけで、A子さんは松浦氏と袂を分かつことになる。 取材当時、A子さんは取り止めに至る経緯をこう明かしている。 「ことの始まりは2016年12月2日。 幻冬舎の地下会議室で、有名編集者である箕輪厚介さんから『松浦さんの本を出したい』と相談されたことがきっかけでした。 当時、私はライターとして仕事をするなかで箕輪さんと知り合い、たまに連絡を取っていました。 そんな折、松浦さんの自伝本の取材・執筆を依頼されたのです」.

次の

【2020最新】エイベックス松浦勝人の歴代愛人X子Y子Z子は誰?元妻(嫁)は浜崎あゆみ似の美人!愛人秘書の存在は?

エイベックス 松浦 秘書

『M 愛すべき人がいて』打ち切り?エイベックス会長・松浦勝人氏が大麻で告発の影響は? 2020年4月18日(土)にテレビ朝日でナイトドラマ『M 愛すべき人がいて』が放送開始。 このドラマは エイベックス・会長である松浦勝人氏と浜崎あゆみを元に描かれたストーリー。 主要登場人物の アユは浜崎あゆみで、マックスマサは松浦勝人です。 しかし、2020年4月18日にエイベックス会長・松浦勝人氏が 大麻で告発されたことがニュースになりました。 『M 愛すべき人がいて』打ち切り?エイベックス会長・松浦勝人氏が大麻で告発の影響は? エイベックス会長・松浦松浦勝人氏が、大麻使用を元社員から告発されました。 このことが影響して、ドラマ『M 愛すべき人がいて』に打ち切りになるのでは?と心配される声がありました。 まだ打ち切りの情報はありません。 情報が入り次第更新いたします。 この敏腕プロデューサーこそ、松浦氏である。 同小説はドラマ化され、4月18日からテレビ朝日系で放送される。 ドラマではレコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・マサとして登場。 松浦氏の役は、バーニングプロダクション所属の俳優・三浦翔平(31)が演じている 引用: ニュースの中でもこのドラマのことが取り上げられているので、 今後、松浦氏がどうなるのかで影響はあるかもしれません。 『M 愛すべき人がいて』ドラマ・あらすじ・キャストは? このドラマについて簡単に紹介します。 放送名 M 愛すべき人がいて 放送局 テレビ朝日とABEMA 原作 小松成美 企画・脚本 藤田晋(ABEMA)・鈴木おさむ ABEMA公式サイト このドラマの原作は『M 愛すべき人がいて』で、ノンフィクション作家小松成美による 「事実を基にした」フィクション小説。 浜崎あゆみさんの物語ということで、 エンディング曲は浜崎あゆみの「M」です。 1993年、福岡から祖母・幸子(市毛良枝)とともに上京してきた アユ(安斉かれん)。 東京で芸能活動をして売れれば家族の生活が楽になると意気込むアユだが、そう上手くはいかず、高校に通いながら細々とエキストラのような仕事をこなす日々を送っていた。 そんなある日、歌手を目指す友人・玉木理沙(久保田紗友)から六本木のディスコ・ベルファインで、レコード会社「A VICTORY」のカリスマプロデューサー、マックス・ マサ(三浦翔平)が次のスターを探していると聞いたアユは、理沙と一緒にベルファインに行くことになる。 一方、会社の売上をカリスマプロデューサー・輝楽天明(新納慎也)一人が担っていることに危機感を感じているマサは、社長の 大浜(高嶋政伸)に、ほかにもヒットを出さなければ未来はないと進言するが、輝楽ブームに浮かれている大浜は聞く耳をもたない。 一蹴されたマサに眼帯姿の秘書・ 姫野礼香(田中みな実)は、「私は昔からマサのすごさを知っている」と優しい言葉を掛けるが…。 その夜、いつものようにベルファインのVIPルームに赴いたマサは、直属の部下・ 流川翔(白濱亜嵐)に「お前が売れると思うやつを連れてこい!」と指示を出す。 フロアに降りた流川は、次々と女の子に声を掛け、VIPルームに連れて行く。 その中には、流川イチオシの理沙と無理についてきたアユの姿もあった。 緊張しながらマサの前に並んだアユだが、女の子の顔を見て次々と切り捨てていくやり方に、つい反抗的な態度を取ってしまう。 翌日、堂々と自分に意見した姿に初めて心を動かされたマサからアユに電話が…。 引用: by 作品名 M 愛すべき人がいて 著者 小林成美 発行元 幻冬舎 ジャンル 小説 形態 単行本・205p 『M 愛すべき人がいて』は、 ノンフィクション作家小松成美による「事実を基にした」フィクション小説です。 2019年8月1日に幻冬舎から刊行されました。 内容をざっくり言いますと 「浜崎あゆみが人気スターになっていく過程の中で、松浦勝人との出会い、大恋愛から別れまでのストーリー」。 今も人気歌手である浜崎あゆみが主人公で、 1990年代後半から2000年代にかけ人気スターに駆け上がるまでのデビュー秘話も書かれています。 この作品の元になっているのは、浜崎あゆみさんと松浦勝人さんへの2 人へのインタビュー取材で、浜崎の視点による一人称形式で赤裸々に描かれていることも有名な話。 この作品は、出版前から話題となり、発売日である2019年8月1日のワイドショーで本書が取り上げられると衝撃的な内容が浜崎のファンを中心に反響を呼びました。 恋愛小説としても浜崎と同世代を中心に共感を呼んで、累計発行部数16万部の大ヒットとなっています。 『M 愛すべき人がいて』のSNSでの反応は? まって最悪。 M 愛すべき人がいて の予約するの忘れたわ。

次の

松浦勝人が大麻使用を告発され逮捕!?クスリをやってた歌姫は誰?

エイベックス 松浦 秘書

エイベックス代表取締役会長の松浦勝人氏(55)の違法薬物使用疑惑について告発した同社の元社員でライターのA子さん(30代)。 「文春オンライン」では4本の記事(、、、)を報じた。 翌15日には松浦氏本人がTwitterで《先日発表があった通り、僕としては晴れて、最高経営責任者(CEO)から離れ、念願であったクリエイティブに専念することにした》と発言している。 2016年頃、ライターとして活動するA子さんは松浦氏と毎週のように松浦氏の自宅で過ごし、頻繁に連絡を取り合っていた。 松浦氏と近しい関係にあったことで、松浦氏の自伝本を出版するため密着取材することになり、松浦氏の証言を録音していた。 奇しくも今回、それが違法薬物使用の証拠となったのだ。 物証の中には、松浦氏に関する40時間に及ぶ録音や膨大な量の写真、そしてA子さんが書き上げた約10万字に及ぶ松浦氏の自伝本の原稿も含まれていた。 しかしその原稿はいまだ世に出ていない。 印刷目前に出版が取り止めになってしまったのだ。 そしてこれがきっかけで、A子さんは松浦氏と袂を分かつことになる。 取材当時、A子さんは取り止めに至る経緯をこう明かしている。 「ことの始まりは2016年12月2日。 幻冬舎の地下会議室で、有名編集者である箕輪厚介さんから『松浦さんの本を出したい』と相談されたことがきっかけでした。 当時、私はライターとして仕事をするなかで箕輪さんと知り合い、たまに連絡を取っていました。 そんな折、松浦さんの自伝本の取材・執筆を依頼されたのです」.

次の