教えてくれると助かります 英語。 とっても簡単!「そうしてもらえると助かります」

高2です。英語が出来ません。友達もいません。 教えてくれると大変助か

教えてくれると助かります 英語

The word "please" makes everything sound polite and when you want someone to teach you something you could ask them "could you please teach me how to say that in English? It is also possible to ask someone to teach you by making a statement like "Please show me how to do that trick". Teach me is potentially a long term proposition;-D We might be better to simply ask to be "shown "how things are done. The idiom Take me through the ropes" or "show me the ropes", goes back to nautical days when we needed to know how to tie up rigging and make strong knots... "Please show me how to do that? should suffice! Could you please teach me how to do this? - If the subject is implied there is no need to go into greater detail. Although if you're asking for someone's help with no context it would be best to say "Could you please teach me how to use the dish washer? " So replace "do this" with the thing you want to learn. Can you please teach me how? - This again is something that if the context is already implied you do not need more specification but if you do need to be more specific just add what you want to learn at the end. "Can you please teach me how the TV works? " Could you please teach me what to do? - This is vaguer than just asking how to learn a task. This is maybe if you need help learning what to do if a fire drill goes off or if there is an emergency. You can use this phrase in most contexts. "Can you please teach me what to do when there is a storm? " Could you please teach me how to do this? (このやり方を教えてもらえますか) 何について話しているか明確な場合は「do this」だけで伝わります。 いきなり聞くような(文脈がない)場合は: "Could you please teach me how to use the dish washer? "(食洗器の使い方を教えてもらえませんか) 「do this」をより具体的にします。 Can you please teach me how? (どうするのか教えてくれませんか) 上の例と同様、文脈があればこれだけで通じます。 具体的に言う必要がある場合は、「how」の後に教えてほしいことを加えます。 "Can you please teach me how the TV works? "(テレビのつけ方教えてくれますか) Could you please teach me what to do? (何をしたらいいか教えてくれませんか) 上の例(何かの仕方を教わる)よりも漠然とした言い方です。 例えば、消防訓練、または緊急時にどうすればいいか教わる場面など。 ほぼどんな文脈でも使えます。 "Can you please teach me what to do when there is a storm? "(嵐のときにどうしたらいいか教えてくれませんか) "Will you teach me how to do that, please? " Will you - You are asking if in the future someone will teach you something. That - This word is used to specify what subject you are wanting to learn. You could also say "Will you teach me how to cook, please? " "Will you teach me how to drive, please? " "Will you show me how to do that? " Show - This is similar to teach, but you are wanting someone to do something in front of you so you see how it is done. Something like taking photos, fishing, tying a knot, etc. For example: "Will you show me how to tie that knot? " "Will you show me how to grill steaks? " "Will you teach me how to do that, please? " そのやり方を教えてもらえませんか? Will you - ~してくれませんかと相手に尋ねる表現です。 That - 習いたいことを指す言葉です。 以下のようにも言うことができます。 "Will you teach me how to cook, please? " 料理を教えてもらえませんか? "Will you teach me how to drive, please? " 運転のしかたを教えてもらえませんか? "Will you show me how to do that? " そのやり方を教えてくれませんか? Show -teachとよく似た意味ですが、写真をとることや、釣り、結び方など、相手に実際に見せて教えるという意味です。 例: "Will you show me how to tie that knot? " その結び方を教えてくれませんか? "Will you show me how to grill steaks? " ステーキの焼き方を教えてくれませんか?.

次の

~してくれると助かるんですが、、、って英語でなんて言うの?

教えてくれると助かります 英語

1 1 Our cat hates being touched by people. 2 She doesn't like being called by her nickname. 3 She is angry at being treated like a child. 残念ながら、あなたを訪ねることは出来ないと言わざるをえません。 あんなにもひどいことを彼に言ってしまったことを、私は後悔しています。 去年の夏彼のコンサートに行ったことを、私は決して忘れないでしょう。 明日忘れずにチケットを持って来なさい。 エミリーは試しにその本を読んでみたが、気に入らなかった。 エミリーはその本を読もうとしたが、そのための時間が無かった。 4 1 I'm planning to visit Yokohama. 2 Remember to close the window. 3 My sister stopped crying suddenly. 4 I can't imagine being invited to the White house.

次の

英語の質問です。to whichとfrom whichの意味を教えてください。...

教えてくれると助かります 英語

日本人にとっては「~する」と「~してくれる」は違うように思えるけど、英語圏の人は区別せんのやね。 だから、難しく考えずにシンプルに言うのが正解や。 わざわざ~してくれる シンプルに「~する」というだけではなく、「骨を折ってわざわざ~してくれる」と英語で言いたい場合は、「take the trouble to ~」を使います。 「trouble」という単語から想像できるように、「面倒なことをわざわざしてくれる」という意味を出すことができます。 She took the trouble to bring it to me. 彼女はわざわざ、それを私のところに持ってきてくれました。 The man took the trouble to escort me to my home. その男性は、わざわざ私を家に送ってくれました。 親切にも~してくれる 日本語の「してくれる」を英語でどうしても表現したいなら、「親切にも」を加えるのも1つの方法です。 She was kind enough to help me with my homework. 彼女は、親切にも宿題を手伝ってくれました。 彼女は親切にも、アメリカでの経験を私に共有してくれました。 」か「Will you ~? 」を使うのが簡単です。 「Could you ~? 」と「Will you ~? 」の違いは、以下のとおりです。 ちなみに、「will」の名詞形は「意志」という意味がある。 Where there is a will, there is a way. 意志のあるところに道がある。 また、依頼するときの丁寧な言い方として、「I would appreciate if you could ~」(~してくれると嬉しいのですが)という言い方もあります。 I would appreciate it if you could help me clean the room. もし部屋を掃除するのを手伝ってもらえたら嬉しいのですが。 丁寧にお願いしたいときに使いましょう。 【動画】ネイティブの発音をマスターしよう! この記事で紹介した英文のネイティブ音声を収録しました。 正しい発音を聞いて練習することで、外国人に通じる正しい発音を身に付けることができます。 覚えた表現を英会話で使いこなすには 「~してくれる」を英語で表現するには、シンプルに「~する」と表現したり「kind enough to~」や「kindly」を使ったりするなど、いくつかの言い方があります。 英会話の初心者の方は、シンプルに「~する」と言うのが簡単なのでおすすめです。 英会話で使いこなすためのコツ 「~してくれる」のような英語表現は、以下のように部分的に覚えても英会話で使えるようにはなりません。

次の