人形 ホラー 映画。 【アナベル人形】映画のモデルになった恐怖の呪いの人形は実在した!

怖いホラー映画の人気おすすめランキング15選【日本から海外まで】

人形 ホラー 映画

ザ・ボーイ~人形少年の館~のあらすじ 主人公のグレタはDV彼氏から逃れるためにとある場所で泊まり込みで働くことになる。 そこは森の中にポツンと佇む大きな屋敷だった。 仕事内容は簡単。 そこの屋敷に住む老夫婦の息子のベビーシッター。 しかし、その息子は人間ではなく、人形だった。 老夫婦はその人形をまるで自分たちの息子かのように可愛がっている。 そして老夫婦はグレタに息子を預け、2人だけで旅行に出かける。 グレタは老夫婦にベビーシッターをする上でのルールを教わるが、人形の面倒を見るなどバカバカしく思ったグレタは人形を雑に扱い、自分がしたいことを自由にしていた。 すると、人形が1人で動くなどおかしな出来事が頻繁に起こるようになっていく。 ザ・ボーイ~人形少年の館~のキャスト・監督 グレタ・エヴァンズ役 ローレン・コーハン マルコム役 ルパート・エヴァンス ミスター・ヒールシャー役 ジム・ノートン ミセス・ヒールシャー役 ダイアナ・ハードキャッスル コール役 ベン・ロブソン ウィリアム・ブレント・ベル監督 ザ・ボーイ~人形少年の館~のレビュー おすすめポイント 人形がリアル 出典:ザ・ボーイ~人形少年の館~ タイトルから分かるようにこの映画のテーマは人形です。 そしてその人形が本当にリアル。 特に目。 人形ではよくある黒く濁った目ではない。 本物の人間のように 透明感のある透き通った目をしています。 製作者もその目に自信があるのか目に焦点を置いているシーンも多く、本当に人間の目ではないのかと錯覚するほどです。 これはネタバレになってしまうので詳しく説明はしませんが、人形が本物の人間のように似ているからできる描写が物語の中盤に導入されており、初めてそこを観た時びっくりしました。 そして、リアルだから人形と目が合ってしまうだけで怖い。 急に動くのではないかと心が想像してしまい、人形が映っているシーンはドキドキしてしまいます。 ミスリードが多い 出典:ザ・ボーイ~人形少年の館~ 人形の真実を知るタイミングはかなり後半です。 そして、そこにいたるまでに伏線がかなり多いです。 しかし、その中にはミスリードも含まれており、人形の真実を予想することは全くできませんでした。 僕が映画を観ながら考察していた内容とは全く違う真実でした。 ていうかほとんどの人が僕と同じ考察するでしょ! でもめちゃんこ頭良い人だったらもしかしたら少しは真実に近い考察できたかも。 だって今思えばこういう真実だったんならあの時の登場人物の行動に納得できるなぁって思いましたもん。 ザ・ボーイ~人形少年の館~のレビュー 残念ポイント 後半怖くない 出典:ザ・ボーイ~人形少年の館~ 後半とは真実を知ったあとですね。 普通のホラー映画って前半と中盤で怖い雰囲気を出して後半で怒涛の恐怖ラッシュ。 これが基本だと思います。 そして、ザ・ボーイ~人形少年の館~もこの基本通りです。 後半で怒涛の恐怖ラッシュを仕掛けてきます。 しかし!真実を知ってしまったあとだと 敵の動きを予想できてしまうんです。 ホラー映画で幽霊が襲ってくるのはなぜ怖いのかと言うと、視聴者は幽霊がどう動くのか予想できないからというのが1つの原因だと思います。 ザ・ボーイ~人形少年の館~は動きを予想できてしまうからそのどうなるか分からないという恐怖心がないんです。 そこが残念でしたね。 真実が残念 出典:ザ・ボーイ~人形少年の館~ ザ・ボーイ~人形少年の館~は伏線があったりで全体としては面白いホラー映画だと思います。 だけど真実が残念でした。 ネタバレになるのでここでは書きませんが、ホラー映画ならもっとぞわっとする真実にしてほしかったなぁというのがあります。 真実に気持ち悪さはあるんですけど怖さがないんですよね。 そこが残念でした。 ザ・ボーイ~人形少年の館~は人形が怖くて物語もしっかりしてる 出典:ザ・ボーイ~人形少年の館~ まあ、まとめますとこの映画めちゃんこ面白いですわ。 確かに後半は前半と比べると怖さは減少します。 でもそれを差し引いても面白いことに変わりはない。 そんな映画です。 ちなみに人形のホラー映画だと他にはチャッキーとかアナベル辺りが有名ですけどあの二つの映画の人形は内に残虐性を秘めてそうな見た目ですが、ザ・ボーイ~人形少年の館~の人形は綺麗系なので、そこが印象的でした。 あと主人公役のローレン・コーハンがかわいい! なんかどこかで観たことあんなぁって思ったら海外ドラマのウォーキングデッドに出てました! ちなみにウォーキングデッドは国内も含め、ウォーキングデッドを越えるドラマは存在しないと思います。 異論は認めますが、怒らないでください。 ザ・ボーイ~人形少年の館~の視聴方法.

次の

映画「人形霊 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

人形 ホラー 映画

そこで今回は、 怖い人形が出てくるホラー映画を10本ピックアップしたので、参考にどうぞ! スポンサーリンク ザ・ボーイ 人形少年の館 出典:ヤフー映画「ザ・ボーイ 人形少年の館」 年代 ジャンル 上映時間 2016年 ホラー 97分 制作国 監督 脚本 アメリカ ウィリアム・ブレント・ベル ー キャスト 動画配信サービス おすすめ度 ローレン・コーハン ルバート・エヴァンス 見どころ 8歳の少年と同じサイズの人形が登場します。 主人公は、そんないわくつき人形のベビーシッターを引き受けたがために、恐怖の体験をしてしまいます。 段々と怖さを増していく人形に、ハラハラドキドキすること間違いなし! 誰も予想できない驚愕のラストはある意味必見です。 どんでん返し系が好きな方はどうぞ。 チャイルド・プレイ 出典:hulu 年代 ジャンル 上映時間 1988年 ホラー 88分 制作国 監督 脚本 アメリカ トム・ホランド ドン・マンシーニ 他2名 キャスト 動画配信サービス おすすめ度 キャサリン・ヒックス アレックス・ヴィンセント 見どころ グッドガイ人形という、パッと見可愛い人形が登場します。 この人形に殺人鬼の魂が乗り移り、様々な事件を巻き起こしていく様子を描いています。 小さな人形が、ひょこひょこ歩いて襲ってくる様子は、まさに恐怖そのもの。 王道ホラーのようなしっとり感は全くなく、 サッパリしたホラー作品に仕上がっています。 全6作品あるので、次第に変化するチャッキーをご覧あれ。 アナベル 死霊館の人形 出典:ヤフー映画「アナベル 死霊館の人形」 年代 ジャンル 上映時間 2014年 ホラー 98分 制作国 監督 脚本 アメリカ ジョン・R・レオネッティ ギャリー・ダウベルマン サンライズ・ダンゴ キャスト 動画配信サービス おすすめ度 アナベル・ウォーリス ウォード・ホートン 見どころ 見るからに気味の悪い人形が好きな方は、この映画がおすすめです。 実在する呪われた人形「アナベル」が題材で、その呪いにより恐怖のどん底へ叩き落とされる家族を描いています。 本物は可愛らしい人形ですが、映画では気味の悪いアンティーク人形が使われます。 その見た目の不気味さは、1度見ると忘れられません。 ドールズ 出典:Amazon「ドールズ」 年代 ジャンル 上映時間 1987年 ホラー 78分 制作国 監督 脚本 アメリカ スチュアート・ゴードン エド・ナーハ キャスト 動画配信サービス おすすめ度 イアン・パトリック・ウィリアムズ なし 見どころ とある洋館に立ち寄ることとなった一家と、別の若者3人組が、人形たちにより恐ろしい目に遭わされるという作品です。 とにかく色んな人形が出てくるのですが、 どれも普通過ぎて逆に怖さが増しています。 また、人間を憎んでいて誰かれ構わず襲うわけじゃなく、人を選んでいるところもポイント! 他の人形系ホラー映画とは違う、ハートウォーミングな内容にも注目です。 人間人形デッドドヲル 出典:Amazon「人間人形デッドドヲル」 年代 ジャンル 上映時間 2004年 ホラー 78分 制作国 監督 脚本 アメリカ アダム・シャーマン アザゼル・ジェイコブス アダム・シャーマン キャスト 動画配信サービス おすすめ度 ロミ・コッチ ゴラン・デュキック なし 見どころ 彼氏の深い独占欲により、 殺され人形にされた女性が、様々な復讐を遂げていくというストーリーです。 一応、設定上は人形です。 B級っぽい作品ですが、結構エグい殺され方が出てくるなど、地味に人気のある作品となっています。 ちょっと大人な作品に仕上がっているので、ファミリー向けじゃない点に注意してくださいね。 スポンサーリンク デッド・サイレンス 出典:ヤフー映画「デッド・サイレンス」 年代 ジャンル 上映時間 2007年 ホラー 89分 制作国 監督 脚本 アメリカ ジェームズ・ワン リー・ワネル ジェームズ・ワン キャスト 動画配信サービス おすすめ度 ライアン・クワンテン アンバー・ヴァレッタ なし 見どころ 妻の惨殺と、不気味な人形の謎を解くために、主人公である夫が奔走するというストーリーです。 作中では 101体の人形が登場するのですが、中でも最初に贈られてくる腹話術人形が特に怖いです。 また、多少のグロ系もあるので、ホラー映画としては程よいテイストに仕上がっていますよ。 ソウに出てきた人形がシレッと出てくるので、見たことがある方は探してみてくださいね! 人形霊 出典:ヤフー映画「人形霊」 年代 ジャンル 上映時間 2004年 ホラー 89分 制作国 監督 脚本 韓国 チョン・ヨンギ チョン・ヨンギ キャスト 動画配信サービス おすすめ度 イム・ウンギョン キム・ユミ なし 見どころ 人形による復讐劇を描いた、韓国製のホラー映画です。 多少グロいので、 グロ系ホラーが好きな方なら、それだけで少し楽しめるかもしれません。 ちなみに、鑑賞後はむやみに人形を捨てられなくなりますよ。 デビルズ・ゾーン 出典:ヤフー映画「デビルズ・ゾーン」 年代 ジャンル 上映時間 1978年 ホラー 90分 制作国 監督 脚本 アメリカ デヴィッド・シュモーラー デヴィッド・シュモーラー J・ラリー・キャロル キャスト 動画配信サービス おすすめ度 チャック・コナーズ ロビン・シャーウッド なし 見どころ ある人形館に立ち寄った若者たちが、見知らぬ男から襲われ、身の毛もよだつ恐怖に見舞われます。 この映画では、人形が云々というわけではなく、 ただ単に出てくる人形が怖いといった感じです。 古い作品なのですが、そこがまた不思議な怖さを醸し出しているのもポイント。 観た後は、しばらくマネキン人形に対して、驚くほど恐怖心を抱くようになりますよ。 パペット・マスター 出典:Amazon「パペット・マスター」 年代 ジャンル 上映時間 1989年 ホラー 90分 制作国 監督 脚本 アメリカ デヴィッド・シュモーラー チャールズ・バンド ケネス・J・ホール キャスト 動画配信サービス おすすめ度 ポール・ル・マット ウィリアム・ヒッキー なし 見どころ あるホテルへ招かれた4人の男女が、謎の5体の人形から襲われるという作品です。 ストーリーに深みはなく、単純に人々を襲う人形を、観て楽しむ作品となっています。 注目すべきは、 5体の個性的な人形。 残忍だったりヘンテコだったり、色んな個性のある人形が登場します。 ストーリーは、殺人鬼に連れ去られた人々が、生き残りをかけた死のゲームに参加するというもの。 しかし、その作中に登場する ピエロのような人形が不気味さMAX! しゃべるし、不気味だし、笑い方が気持ち悪いしで、1度見ると夢に出るのではないかと思うほどです。 グロいシーンが多いので、グロ系好きな方はぜひ。 紹介した作品を無料で観る U-NEXTの 31日間の無料トライアルを使ったら、今回紹介した作品を無料で観れます。 他社よりも無料期間が長いのでお得です。 また、 無料トライアル中に解約すれば、お金は一切かかりません。

次の

ザ・ボーイ~人形少年の館~のレビュー評価。奇妙な人形のホラー映画!(ネタバレなし)

人形 ホラー 映画

CONTENTS• 映画『恐怖人形』の作品情報 C 2019 映画「恐怖人形」製作委員会 【公開】 2019年(日本映画) 【監督・原案・編集】 宮岡太郎 【キャスト】 小坂菜緒、萩原利久、黒羽麻璃央、水上京香、近藤雄介、石川瑠華、福島雪菜、黒沢あすか、粟根まこと、萩原聖人 【作品概要】 怪しげな招待状に誘われ、パーティ会場であるキャンプ場に集められた人々。 その前に現れた不気味な日本人形が巻き起こす、恐怖と惨劇のサイコサスペンス・ホラー。 映画初主演の小坂菜緒の相手役を、映画『十二人の死にたい子どもたち』と、ドラマ『3年A組 今から皆さんは、人質です』に出演した萩原利久が務め、若き出演者陣を黒沢あすか・粟根まこと・萩原聖人の実力派俳優が支えます。 監督はドラマ・映画に幅広く活躍する宮岡太郎。 長編映画初監督作『gift』は、「SKE48」と「乃木坂46」の元メンバー・松井玲奈が、初主演を務めた作品で、続く宮岡監督作映画『めがみさま』でも主演を務めています。 その宮岡監督が自ら原案を提供した、想像を絶する人形ホラー映画が『恐怖人形』です。 映画『恐怖人形』のあらすじとネタバレ C 2019 映画「恐怖人形」製作委員会 誕生日を祝われる女の子。 彼女は日本人形を大切に抱いていました。 そして女の子は繰り返し人形に語りかけます。 「大きくなあれ、大きくなあれ」と…。 ある夏のよく晴れた日。 平井由梨(小坂菜緒)は公園で、中川真人(萩原利久)と写真を撮っていました。 真人に対して、悲しいことを忘れられるような、明るい写真と撮りたいと語る由梨。 そんな彼女に真人は、撮った写真を展覧会に出品するよう勧めます。 2人は由梨の自宅に向かいます。 彼女がポストを開けると郵便物があふれ出ますが、その中に赤い封筒が入っていました。 差出人は表記されず、ただ由梨の名だけが記された封筒の中には、謎の人物からのパーティーへの招待状が入っていました。 パーティーに参加すれば10万円を渡すと記された招待状。 同様の招待状は真人にも送られていました。 由梨にはイタズラとしか思えませんが、10万円を奨学金の返済に充てたい真人は、怪しければ逃げ帰るつもりで参加を考えていました。 由梨は真人の為に、共にパーティーに参加する事を決意します。 出発の日、荷づくりをしていた由梨は、玄関の外の物音に気付きます。 ドアを開けるとそこには日本人形が置いてあり、それを目にして息をのむ由梨。 人形をそのままにして由梨は部屋を後にします。 しかし背後で音がします。 振り返った彼女の目に、倒れた人形の姿が目に入ります。 人形の目は由梨を見つめていました。 由梨と真人は指定された場所、のどかな田舎にある弟切駅に到着します。 駅前には2人と同じく、パーティーに招待された同じ年頃の男女が集まっていました。 2人はそこにいた、いかにも軽薄そうな涼太(黒羽麻璃央)、トイレに行っていた徹(近藤雄介)、派手な雰囲気の玲奈(福島雪菜)に控え目なまどか(石川瑠華)、クールな印象を与える美咲(水上京香)と声を交わします。 ただ1人年頃の異なる中年の男性、北沢(萩原聖人)も招待されていました。 皆同じ招待状を受け取っていましたが、互いの面識はありません。 涼太はしつこく皆に、会ったことがあると話しかけますが、誰も心当たりがありません。 一同の前に車が現れます。 運転していた麻生美智子(黒沢あすか)が、彼ら8人を乗せパーティーの会場へと案内します。 どんどん山奥へ入ってゆく車。 彼らが質問しても、麻生は何も答えません。 やがて一行は人里離れたキャンプ場に到着します。 由梨はキャンプ場の入口で、皆から写真に撮って欲しいとせがまれます。 しかしファインダーを覗いた由梨は、その中に日本人形の姿をとらえていました。 驚いて彼女がカメラから目を離しますが、そこには何もありません。 麻生はこのキャンプ場の女管理人でした。 麻生は皆に10万円を配り、パーティーは24時からと説明します。 しかし麻生は主催者でなく、パーティーの内容も知らないでいました。 金を受けとった北沢は、パーティーに参加せず帰ろうとしますが、歩いて駅までは半日かかる距離。 送迎車が出るのは明朝と聞き、やむなくこの場に残ります。 用意されたコテージに入る一同。 涼太は真人に由梨と付き合ってるかを訊ねます。 真人が戸惑いながら、恋人では無く幼馴染だと答えると、彼女にアタックすると宣言する涼太。 玲奈は皆にパーティーに参加した理由を聞きますが、金のためではなく、確かめたい事があって来たという美咲と、険悪な雰囲気になります。 そこに涼太たちが現れ、彼女らを川遊びに誘います。 何か気になる記憶に捉われ遅れた美咲に、管理人の麻生はキャンプ場の敷地外に出ないよう注意します。 この辺りは熊の生息地で、熊用のワナが残っていて危険だと言う麻生。 川遊びに興じる一同ですが、やはり由梨は何かが引っかかっていました。 そして林の中で用を足していた徹は、奇妙な視線を感じます。 徹は林の中で拾った、「アメリカキャンプ村」と描かれた看板を拾ってきます。 徹はその名で子供の頃、このキャンプ場を訪れたことを思い出しました。 真人も由梨と共に10年前、小学3年生の頃この地のサマーキャンプに参加していました。 C 2019 映画「恐怖人形」製作委員会 他の者もそのサマーキャンプに、北沢も引率者として参加していました。 パーティーに招待された面々は10年前の夏、皆この場所にいたのです。 一同は管理人室にあったアルバムを借りて、10年前の写真を眺めます。 写真にはここにいない、1人の女の子が映っている事に気付きます。 由梨はその子の名は、よし子だと思い出します。 その幼い少女、よし子は日本人形を抱いていました。 コテージの扉を開けたまどかは悲鳴を上げます。 皆が駆け付けると、そこには日本人形が置いてありました。 今朝家の外に同じ人形が置いてあった、と訴えるまどか。 由梨だけでなく、皆が同じ経験をしていました。 悪質なイタズラで、おそらく犯人はよし子だと考えます。 しかしその意見を美咲が否定します。 なぜならよし子は、既に死んでいたのです。 SNSにあげた、玲奈がキャンプ場の入口で自撮りした写真に、多くの反応が集まっていました。 確認すると、皆写真に写り込んだ日本人形に反応していました。 それを知り一同は驚愕します。 コテージから出ようとすると、またも人形があります。 しかも、何故か一回り大きくなっています。 どこかに運ぼうとしますが、皆気味悪がって近づく事ができません。 そこに「やめろ!」と叫ぶ声がします。 見るとそこには怪しい風貌の老人、和田教授(粟根まこと)の姿がありました。 教授は皆に人形を触らせません。 教授はここにあるのは、本物の呪いの人形だと語ります。 長年こういった現象を研究している教授は、呪いの器は人の形に近づくほど、呪いを集める事ができると説明します。 つまり、人形こそ呪いを純粋に伝えることが出来る器だと力説します。 この人形の呪いのキャパシティは凄まじい、と言葉を続けた教授。 呪いが膨れ上がり、人形を大きくしていると語り、一同を困惑させます。 そこに管理人が現れ、部外者の立ち入りは困ると説明しますが、教授はキャンプ場に宿泊する事で管理人を納得させます。 自分が人形を預かろうという教授。 皆はその言葉を信じて人形を教授に委ねます。 よし子について気になった由梨は、事情を知っている美咲に訊ねます。 美咲はよし子と同じ団地に住んでいました。 幼い頃暗く、人と付き合う事の無かったよし子。 彼女は肌身離さず日本人形を持っていました。 しかしよし子はあの夏のサマーキャンプの後、口をきかなく寝たきりとなり、親が看病していたものの、去年亡くなったのです。 その最期の姿は、日本人形のように真っ白になっていた、と語る美咲。 コテージに麻生が現れ、管理棟の電話が使えなくなったと告げます。 他の電話の確認に現れたのですが、先程まで使えていた皆のスマホも、今は電波が無く使えない状態です。 状況が判るまで、皆一緒にいるよう指示する管理人。 配線の仕事をしている北沢が、様子を見ようと提案します。 北沢と麻生は管理棟に向かいます。 人形を手に入れた教授は、それをコテージのテーブルに縛りつけます。 おもむろに人形にスタンガンを当てる教授。 和田教授は人形に自分を恨ませる事で、更に呪いを増幅させようとしていました。 次は人形に釘を打ち込んで責め立てる教授。 人形は涙を流し、それが床に水たまりを作ります。 その様に狂喜する教授。 さらに責められて、ついに痙攣し始める人形。 夢中になるあまり、教授は床に落ちたスタンガンが涙の水たまりに触れた事に気付きません。 そして感電した教授は意識を失います。 気分を変えようと、涼太は外でのバーベキューを提案します。 しかしショックを受けたまどかと、彼女を世話する玲奈は部屋に残ります。 2人だけになると、まどかにキスをする玲奈。 和田教授が意識を取り戻した時、テーブルの上に縛った人形の姿はありません。 呪いの力によるものと教授は更に狂喜しますが、肝心の人形の姿が見えず慌てます。 いつしか体を重ねたまどかと玲奈。 事を終え、まどかはシャワーを浴びていました。 するとコテージの玄関のノックする音が。 玲奈が扉を開けます。 扉の外には、人よりも大きくなった日本人形の姿がありました…。 C 2019 映画「恐怖人形」製作委員会 シャワーを浴びて髪を乾かしたまどかは、リビングのソファーにいる玲奈に声をかけますが、返事はありません。 玲奈は既にこと切れていました。 悲鳴を上げたまどかを、見下ろすように立っている巨大な日本人形。 人形はまどかに斧を振り下ろします。 由梨と真人、涼太と徹と美咲はバーベキューを行っていました。 しかし由梨は、サマーキャンプのあの日は、よし子の誕生日だと思い出します。 その日、何が起きたのかを。 あの時子供たちだった一同は、よし子の日本人形を無理やり取り上げ、投げて遊んでいました。 由梨と真人は参加していませんが、黙って見守るしかありませんでした。 北沢もそれを黙認していました。 やがて人形はキャンプファイヤーに投げ込まれて炎に包まれ、よし子は泣き叫びます。 由梨は真人に私たちはよし子に呼ばれ、恨まれたと訴えますが、彼は自分たちは止めようとしたと語り、彼女をなだめます。 そして真人は、玲奈とまどかの様子を見に行きます。 その頃徹は外で小用を足していました。 その背後に現れた日本人形は、ワイヤーで徹の首を絞めます。 やがて首から血を噴き出し、地に倒れる徹。 涼太は美咲にタバコを取りに行かせ、由梨と2人きりになります。 そして彼女に付き合うよう迫りますが、由梨は断わるとコテージの様子を見ると言って立ち去ります。 タバコを取りに向かった美咲は、管理棟の扉が開いている事に気付きます。 管理人の麻生と北沢は、電話回線の様子を見に行ってから姿を見せません。 管理棟に入った美咲に、どこからともなくハッピーバースデーの曲を奏でる、オルゴールの音が響いてきます。 その音が響く部屋の扉を開けると、北沢の遺体が倒れてきます。 息をのむ美咲の背後に巨大な日本人形が立ち、彼女の肩にミートフォークを突き立てます。 美咲はフォークが刺さったまま逃げ出します。 逃れた美咲は現れた人形をやり過ごし、逃げようとして熊用のワナを踏んでしまいます。 絶叫を上げた美咲の前に人形が現れ、彼女を何度もフォークで刺します。 バーベキュー場に1人残された涼太の前に、巨大な人形が走って現れます。 驚きながらも角材を掴み、何度も人形に振り下ろす涼太。 人形は倒れますが、彼が近寄ると立ち上がります。 コテージで誰も見つけられなかった由梨は、徹の遺体につまずき怯えます。 そこに真人が現れたので、彼女は思わずすがりつきます。 ところが由梨は、真人の手に血が付いていると気付きます。 彼が信じられなくなった由梨は、走って逃げ出します。 由梨が逃げ込んだ小屋には、既に涼太がいました。 涼太は彼女に、化け物のような人形に襲われたと説明しますが、話を信じる事ができない由梨。 自暴自棄になった涼太は由梨に迫りますが、そこに真人が現れ由梨は彼と共に逃げ出します。 真人はコレージで玲奈とまどかの遺体を見つけ、手を血で汚したのでした。 何者かが人を殺していると告げる真人。 そこに包丁を手にした、涼太が話していた巨大な日本人形が現れます。 信じられない光景にへたり込む由梨。 その彼女に向かって人形は駆け出しますが、由梨は立ち上がる事の出来ません。 あわやという瞬間、真人がスプレーから放出したガスに火を点け、炎で人形をひるませます。 この隙にコテージに逃げ込んだ2人。 その扉を涼太がノックし、開けてくれと叫びます。 人形を警戒した2人がようやく扉を開けると、傷を負わされ倒れ込んでくる涼太。 ドアを閉めようとした真人の手を人形が掴みます。 真人は由梨を逃がしますが、真人は小屋の中で人形に襲われます。 彼女は真人の指示通り、彼を残し逃げるしかありません。 由梨は出会った和田教授に助けを求めますが、自分の研究した呪いが、目の前で実現されている事に狂喜した教授は、彼女を捕え人形に殺させようとします。 チェーンソーを手に迫る巨大な日本人形。 由梨が博士から逃れると、人形は博士の体にチェーンソーを突き立てます。 絶叫する博士の姿を彼女は目撃します。 人形に追われた由梨は、美咲たちの遺体に遭遇します。 ついに追い詰められた彼女は、チェーンソーの音を聞きながら意識を失います。 由梨が意識を取り戻した時、彼女はロウソクを飾り立てたテーブルに座っていました。 よく見るとテーブルには、仲間の遺体が縛り付けられています。 そして中心の席には、ミイラ化した娘の死体が。 そこに誕生ケーキを手に現れる日本人形。 椅子に縛られた涼太は、まだ生きていました。 その傍らで、ハンマーで鉄琴を鳴らす人形。 絶叫する涼太の頭に、人形はハンマーを振り下ろします。 涼太の最期を見せられた由梨。 彼女に人形が迫りますが、まだ生きていた真人が意識を取り戻し、椅子ごと倒れかかって人形を倒します。 はずみでミイラも崩れ落ち、縛られ監禁されていた、管理人の麻生も転がり出ます。 2人は何とかロープを解き、逃げようとしますが人形が迫ってきます。 真人の身に危険が迫り、由梨は必死に人形の頭にハンマーを振り下ろします。 転がり落ちる人形の頭。 中から現れた者を見て、由梨は戸惑います。 そこには中年の男の顔がありました。 北沢かと思った由梨。 しかし10年前のあの日、誰かがいた事を思い出します。 「あなたは、誰?」と口にする由梨。 その男はハッピーバースデーの歌を歌い始めます。 よし子の誕生日の思い出を語りだす男。 誕生日に人形を与えられ、夢中になってゆくよし子。 しかしあの夏の日の、8歳の誕生日がやって来ます。 あの出来事の後、何も語らなくなったよし子。 衰弱した彼女はついに死を迎えます。 男はよし子の父親でした。 彼はよし子の、ミイラ化した遺体にすがり付き泣き出します。 そして由梨に迫るよし子の父。 彼女は斧を手にして男を何とか殴り倒し、意識を取り戻した真人を救い出します。 由梨は思い出していました。 あの日がよし子の誕生日と知り、人形と孤独に過ごしていた彼女を、寂しいだろうと無理に誘い出したのは由梨でした。 自分が誘わなければ、よし子が悲劇にみまわれる事はなかったと悟る由梨。 私が余計な事をしたせいだ、とすすり泣く由梨。 真人は誰かを思いやる気持ちに、罪はないと彼女を慰めます。 突如チェーンソーの音が響きます。 よし子の父は、改めて人形の頭を被るとチェーンソーを手に、2人に襲い掛かります。 しかし助け出された管理人の麻生が、巨大な人形に猟銃を放ちます。 何発も銃弾を浴びても迫る日本人形。 しかし1発の銃弾が頭部をとらえ、ついに人形は倒れます。 チェーンソーから漏れ出たガソリンに火が移り、人形とよし子に父は炎に包まれます。 麻生に励まされて、傷付いた由梨と真人はキャンプ場を後にします。 由梨の写真は展覧会に出品され、受賞していました。 そして今も公園で写真を撮っている由梨と真人。 去って行く2人の傍らで、西洋人形を抱えた少女がいました。 少女は繰り返し人形に語りかけます。 「大きくなあれ、大きくなあれ」と…。 映画『恐怖人形』の感想と評価 C 2019 映画「恐怖人形」製作委員会 恐怖は爆笑と紙一重 上に紹介したあらすじとネタバレ紹介に、ツッコミという名の解説を入れたくて、ウズウズしています。 『恐怖人形』の上映中、場内は静まりかえっていました。 実に緊張感のある、見事な恐怖演出です。 しかし上映が終了すると、あちこちから安堵したかのような、笑いが巻き起こった映画です。 この状況に勝る、この作品の紹介は無いでしょう。 冷静に考えて下さい。 大の大人が入るサイズの巨大な日本人形が、襲ってくるんですよ!こんな大きなもの、絶対に家の中ではマトモに動けません。 その鬱憤を晴らすかのように、野外では全力疾走しています。 しかもこの人形、ホラー映画の有名どころの殺人鬼と同じ凶器を持って襲ってきます。 どう考えても笑うしかない状況です。 「日向坂46」の小坂菜緒を含む出演陣は、真剣に恐怖を演じています。 息抜きとなるコミカルなシーンもありません。 その結果、映画全編に緊張感が漂っています。 ホラーとしてスラッシャー映画の緊迫感と、Jホラー作品の哀しさを併せ持った作品であり、それが場内に静けに包んでいました。 ただし、恐怖の相手は「巨大な日本人形」ですが。 この映画には、観客を欺く仕掛けがあります。 1つはこの映画がオカルトものだと強調するミスリードで、もう1つがこの映画はキャンプ場を舞台とした、典型体スラッシャー映画をイメージさせる環境です。 他の出演者が日常感の延長にある、リアルな恐怖を演じている中、前者の仕掛けを代表するのが粟根まことで、後者の仕掛けを代表するのが黒沢あすか。 この2人だけは典型的な役柄をエキセントリックに演じ、観客を思い込みへと誘導します。 この仕掛けに引っかかった人が、日本人形の正体を知った時には…。 それはもう、開いた口が塞がらないでしょう。 まとめ C 2019 映画「恐怖人形」製作委員会 Jホラーのスタイルで作られ、スラッシャー映画へのオマージュに満ち、緊張感を操る映画が『恐怖人形』です。 この物語の基になる原案、そして映画に漂う緊張感を編集で操った宮岡太郎監督の、狙い通りに完成した会心の作品でしょう。 クライマックスのテーブルを囲むシーン、あれはJ・リー・トンプソン監督の『誕生日はもう来ない』へのオマージュだと見ました。 『誕生日はもう来ない』も、典型的な学園を舞台にしたスラッシャー映画でありながら、奇妙なオチを迎えるひねった作品です。 冷静に考えれば無茶も破綻もある、ツッコミ入れ放題の『恐怖人形』ですが、高度に計算された仕掛けと、恐怖と共に笑いを楽しむべき作品です。 そしてこのユニークな作品に真剣に向き合い、監督の期待に応える演技を披露した小坂菜緒。 映画初主演作に、この映画を選んだセンスには脱帽です。 それにしてもあの場面では、皆が小坂菜緒と同じ心境になるでしょう。 「あなたは、誰?」…。

次の