十訓抄 訳。 「十訓抄:大江山」の現代語訳(口語訳)

十訓抄『成方の笛(成方といふ笛吹き)』の現代語訳と解説 / 古文 by 走るメロス

十訓抄 訳

「黒=原文」・ 「赤=解説」・ 「青=現代語訳」 原文・現代語訳のみはこちら 問題はこちら 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下り けるほどに、京に歌合 あり けるに、 和泉式部=歌の名人、小式部内侍の母 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 あり=ラ行四段動詞「あり」の連用形 和泉式部が、保昌の妻として、丹後へ下った時に、都で歌合があったところ、 小式部内侍、歌詠みに とら れて、歌を詠み けるに、定頼中納言 たはぶれて、 小式部内侍=母である和泉式部ほどではないが、すぐれた歌を作る歌人であった。 しかし、和泉式部が代わって作っている噂があった。 とら=ラ行四段動詞「とる」の未然形、選ぶ、選び出す れ=受身の助動詞「る」の連用形、接続は未然形 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 たはぶれ=ラ行下二動詞「たはぶる」の連用形、ふざける、からかう 小式部内侍が、歌合せの歌人に選ばれて、歌を詠んだが、定頼中納言がふざけて、 小式部内侍、局(つぼね)にあり けるに、「丹後へ 遣はし ける人は 参り たり や。 いかに 心もとなく おぼす らん。 」と言ひて、 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 遣はし=サ行四段動詞「遣はす」の連用形、派遣する、使いを送る 参り=ラ行四段動詞「参る」の連用形、「行く」の謙譲語。 参る、参上する たり=完了の助動詞「たり」の終止形、接続は連用形 や=疑問の終助詞 いかに=副詞、どんなに~、さぞ~ 心もとなく=ク活用の「心もとなし」の連用形、待ち遠しい、じれったい。 「思う」の尊敬語。 お思いになる らん=現在推量の助動詞「らむ」の連体形が音便化したもの、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 係り結び 小式部内侍が局(部屋)にいた時に、「(母の和泉式部に代作してもらうために)丹後へ派遣した人は帰って参りましたか。 どんなに待ち遠しく思いなさっているだろうか。 掛詞の見つけ方(あくまで参考に、いずれも必ずではありません。 「ふみ」が掛詞となっており、「踏み」と「文」が掛けられている。 「橋」が「踏み」の縁語となっている。 つまり、ある言葉から連想されるような言葉。 (母のいる丹後までの)大江山を越えて生野を通って行く道が遠いので、まだ(丹後の名所である)天の橋立に足を踏み入れていませんし、(母からの)文も見ておりません。 と詠みかけ けり。 思はずに あさましくて、 けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形 思はずに=ナリ活用の形容動詞「思はずなり」の連用形、意外である、思いがけない あさましく=シク活用の形容詞「あさまし」の連用形、驚きあきれるばかりだ、びっくりすることだ と詠みかけた。 (定頼は、小式部内侍が即興ですぐれたこの歌を詠んだのを)意外だと驚いて、 「 こは いかに、 かかるやう や は ある。 」とばかり言ひて、 こ=代名詞、これ、ここ いかに=副詞、どのように、なぜ かかる=連体詞、このような、こういう や=疑問・反語の係助詞、結び(文末)は連体形となる。 係り結び。 ここでの結びは「ある」。 反語 は=強調の係助詞。 現代語でもそうだが、疑問文を強調していうと反語となる。 「~か!(いや、そうじゃないだろう。 なので、「~かは・~やは」とあれば反語の可能性が高い。 ある=ラ変動詞「あり」の連体形。 文末だが、係助詞「や」を受けて連体形となっている。 係り結び。 「これはどういうことか、こんなことがあるか。 (いや、ない。 )」とだけ言って、 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて 逃げ られ けり。 小式部、これより、 歌詠みの世に おぼえ 出で来 に けり。 逃げ=ガ行下二段動詞「逃ぐ」の未然形 られ=尊敬の助動詞「らる」の連用形、接続は未然形 けり=過去の助動詞「けり」の終止形、接続は連用形。 もう一つの「けり」も同じ。 歌詠み=名詞、歌人 おぼえ=名詞、世評、良い評判 出で来(いでき)=カ変動詞「出で来(いでく)」の連用形、出てくる、現れる、起こる。 直後に接続が連用形である助動詞「に」が来ているため、連用形となり「出で来(き)」と読む。 に=完了の助動詞「ぬ」の連用形、接続は連用形 返歌もできず、袖を引き払ってお逃げになった。 小式部は、これ以降、歌人の世界でよい評判が出て来た。 しかし、定頼は小式部内侍がこれほどの秀歌をとっさに読むとは思っていなかったため驚き、その秀歌に対してふさわしい返歌を思いつかず、いたたまれなくなって逃げだした。 これはうちまかせての 理運のこと なれ ども、 理運=名詞、物事が理にかなっていること、道理、自然。 なれ=断定の助動詞「なり」の已然形、接続は体言・連体形 ども=逆接の接続助詞、活用語の已然形につく。 これは当然の道理のことなのだけれども、 かの卿の心には、これほどの歌、ただいまよみ出だす べしとは知ら れ ざり ける に や。 彼の(かの)=あの、例の。 「か(代名詞)/の(格助詞)」と品詞分解する。 べし=可能の助動詞「べし」の終止形、接続は終止形(ラ変なら連体形)。 「べし」は㋜推量㋑意志㋕可能㋣当然㋱命令㋢適当のおよそ六つの意味がある。 れ=尊敬の助動詞「る」の未然形、接続は未然形。 「る・らる」には「受身・尊敬・自発・可能」の4つの意味がある。 ざり=打消の助動詞「ず」の連用形、接続は未然形 ける=過去の助動詞「けり」の連体形、接続は連用形 に=断定の助動詞「なり」の連用形、接続は体言・連体形 や=疑問の係助詞、結びは連体形となるはずだが、ここでは省略されている。 「あら(ラ変・未然形)む(推量の助動詞・連体形)」などが省略されていると考えられる。 場合によって敬語になったり、助動詞がついたりする。 「にや・にか」だと、「ある・侍る(「あり」の丁寧語)・あらむ・ありけむ」など 「にこそ」だと、「あれ・侍れ・あらめ・ありけめ」など あの卿(=定頼)の心には、(小式部内侍が)これほどの歌を、即座に詠むことができるとは、お考えにならなかったのであろうか。 lscholar.

次の

大江山・十訓抄 現代語訳・品詞分解・原文

十訓抄 訳

十訓抄の訳がわかりません。 以下に訳してほしい部分の文を記載しています、 古文の得意な方、なるべく早めの現代語訳のご回答 よろしくお願いします。 公任卿の家にて、三月尽の夜、人々集めて、「暮れぬる春を惜しむ心」の歌を詠みけるに、 長能、 心憂き年にあるものかな二十日あまり九日といふに春の暮れぬる 大納言、うち聞きて 思ひもあへず、「春は三十日やはある」と言われたりけるを聞きて、 長能、披講をも聞きはてず出でにけり。 さて、またの年、病をして、限りなりと聞きて、人を遣はしたれば、 「悦びて承り候ひぬ。 この病、去年三月尽の日、{春は三十日やはある}仰せられ候ひにし、 心憂きことかな、と承りしが、病となりて、そののち、物食はれ侍らざりしより、かくなりて侍るなり」 と申して、さてその日、失せにけり。 大納言、ことのほかに歎かれける。 これは、「かくほどあるべし」とは思ひ給はざりけれども、 さばかりおもんばかりある身にて・・・ ====== 藤原公任(きんとう)卿の家で、陰暦三月最後の日の夜、人々を集めて、 「暮れゆく春を惜しむ心」という題の歌を詠んだときに、 藤原長能(ながとう)は、 心憂き…=今年はなんといやな年であることか。 (今日は)二十九日というのに、もう春は終わってしまうよ これを大納言(公任卿)が聞いて、深く考えもせずに、 「春は三十日と限ったものなのか(三ヶ月もあるのに)」とおっしゃったが、それを聞いて、 長能は、歌が詠み上げられるのをも聞き終わらないで退出してしまった。 さて、次の年、長能は病気になり、もう最期が近いと聞いて、 (公任卿が)見舞いに人を遣わしたところ、 (長能は)「お見舞いを喜んでお受けいたしました。 この病気は、去年三月最後の日、『春は三十日と限ったものなのか』とおっしゃられたとき、(自分ながら)情けないことよと思って承りましたが、(そのうち)病気となって、その後は食べ物ものどを通らなくなって(とうとう)このようになってしまったのです」と申し上げて、 そうしてその日のうちに亡くなってしまったのであった。 大納言(公任卿)は、ことのほかにお嘆きになったということだ。 このことは、「こうまでなるだろう」とは(公任卿も)思っていらっしゃらなかっただろうが、あれほど思慮深い人でいて、何げなく不注意に非難なさってしまったそのことは、まことに不都合なことであったよ。 ======.

次の

大江山・十訓抄 現代語訳・品詞分解・原文

十訓抄 訳

このライフレシピのもくじ 【】• 鎌倉時代の説話文学「 十訓抄(じつきんせう)」を読解するにあたってのポイントをご紹介しましょう。 説話文学と「十訓抄」 説話文学は、平安時代後期に「今昔物語」があらわれ、鎌倉時代に最も盛んになります。 「十訓抄」の他に「宇治拾遺物語」「古今著聞集」「発心集」「沙石集」などが編まれました。 これらは、庶民に仏教を広めたり、生活の指針を与えたりする目的をもっています。 また、庶民の生活に題材をとった説話が多く見られます。 「十訓抄」は 1252年に成立。 編者は北条氏に仕えた 六波羅二臈(じろう)左衛門入道であるという説が有力です。 日本・中国・インドの勧善懲悪を主題とする説話約280編を様々な書物から選び、題名からも分かるように、10種類の道徳に分類してあります。 年少者向けの教訓書にすることを明確な目的としているのが大きな特徴です。 例文 白河院の御時、九重の塔の金物を、牛の皮にて作れりといふ事世に聞こえて、修理したる人、定綱朝臣(さだつなのあそん)、事にあふべき由(よし)聞こえたり。 仏師なにがしといふ者を召して、「たしかにまこと空ごとを見て、ありのままに奏せよ」と仰せられければ、承りて上りけるを、なからのほどより帰り降りて、涙を流して、色を失ひて、「身のあればこそ君にも仕へ奉れ。 肝心失せて、黒白(こくびやく)見え分くべき心地も侍らず」といひもやらずわななきけり。 君きこしめして、笑はせ給ひて、ことなる沙汰もあらで止みにけり。 時の人、いみじきをこのためしにいひけるを、顕隆卿(あきたかきやう)聞きて、「こやつは、かならず冥加(みやうが)あるべき者なり。 人の罪蒙(かうぶ)るべき事の罪を知りて、みづからをこの者となれる、やむごとなき思ひはかりなり」とぞほめられける。 まことに久しく君に仕え奉りて、事なかりけり。 白河院(1053-1129):第72代天皇。 上皇となり 1086年に最初の 院政を開始。 九重の塔:白河院により建立された京都の法勝寺境内にあった塔。 寺自体、現存せず。 定綱朝臣:藤原定綱。 「朝臣」は敬称。 四位の人の場合、姓名の下に付けた。 事にあふべき:処罰されるだろう。 仰せられければ:「仰せ」は尊敬の動詞。 「られ」は尊敬の助動詞「らる」の連用形。 「仰せられ」は尊敬語を重ねる 最高敬語。 最高権力者であった白河院への敬意であることがうかがわれる。 仕へ奉れ:「奉れ」は謙譲の補助動詞。 いひもやらず:よどみなく言えずに。 笑はせ給ひて:「せ」は尊敬の助動詞「す」の連用形。 「給ひ」は尊敬の補助動詞。 これも最高敬語。 「 ~せ給ふ」の形は必修。 ことなる沙汰:格別の処置。 あらで:なくて。 「で」は打ち消しの助詞。 をこ:愚か者。 顕隆卿:藤原顕隆。 白河院の側近。 「卿」は敬称。 参議または三位以上の人の名に付けた。 冥加:神仏の加護。 人の罪蒙るべき:人が罪を負うようになる。 解釈 白河院の御代に九重の塔の(先端の)金物を牛の皮で作ったという噂が世間に広まり、修理をした人である定綱朝臣が処罰されるという話が聞こえてきた。 (白河院は)仏師の某をお呼びになり、「しっかりと(うわさが)本当か嘘かを見てきて、ありのままに申し上げよ」とおっしゃったので、承知して(塔に)登ったのだが、中ほどから降りてきて、涙を流し、青くなって、「この身が無事であればこそ、院にもお仕え申し上げられるのです。 余りに恐ろしくて、真偽を見分ける心地ではございませんでした」とろくにものも言えず、震えていた。 院はお聞きになって、お笑いになり、格別の処置もなく、そのままになってしまった。 当時の人々は、とんでもない馬鹿の見本だと言ったのだが、それを顕隆卿が聞いて、「そいつは、必ず神仏の御加護がある者だ。 人に罪を負わせるような行ないの罪深さを知って、自分から馬鹿者の汚名を着たのは、並外れた思慮である」とお褒めになった。 (仏師は)本当に長い間院にお仕えして、何の問題もなかったのである。 読解のポイント 塔の先端に紛い物を使えば、やはり処罰に値するでしょう。 しかも、それが牛の皮というのでは、寺では殺生が禁じられているのですから、罪は一層重くなると考えられます。 ところが仏師は、定綱が処罰されないようにと思い、臆病者のふりをして、途中で塔から降りて確認を避けたのです。 白河院もどうも仏師の意図を見抜いたようで、笑ってすべてを不問に付します。 顕隆も確かな洞察力の持ち主であることがうかがわれます。 人に罪を負わせるようなことはするなという教訓が読み取れますが、登場人物の言動の描写を通して語られているためか、押しつけがましいところが余りないと言えましょう。 むしろ、仏師や白河院、顕隆の人間味が感じられる読後感のいい話に仕上がっています。 この話は「十訓抄」の中では比較的よく教材として取り上げられています。 短いわりに登場人物が多いので、混同しないように丁寧に読みましょう。 また、複雑な 敬語を勉強する格好の教材でもあります。 敬語を理解すれば、登場人物の区別は容易になります。 おわりに 説話なんてお説教だから興味ない、という人もいるかもしれません。 しかし、芥川龍之介が創作の素材を説話に求めたことは有名です。 大作家にインスピレーションを与えた、人間味あふれる興味深い説話も数多くありますので、食わず嫌いをしないで1度読んでみてください。

次の