中村 哲 家族。 中村哲医師の経歴・功績がすごすぎる!活動内容や家族についても

地球防衛家族

中村 哲 家族

全文は以下の通り。 私は故人の長男で健と申します。 最初に申し上げたいのは、父を守るために亡くなられたアフガニスタンの運転手の方・警備の方そして残されたご家族・ご親族の方々への追悼の想いです。 申し訳ない気持ちでいっぱいです。 悔やんでも悔やみきれません。 父ももし今この場にいたらきっとそのように思っているはずです。 家族を代表し心よりお悔やみを申し上げます。 私たち家族は今回の訃報に大きなショックと深い悲しみに苛まれました。 しかし、多くの方々がともに悲しんで下さり、私たち家族へ多くの激励の言葉をかけて下さっています。 本当に救われています。

次の

地球防衛家族

中村 哲 家族

個人經歷 [ ] 早年生活 [ ] 中村哲出生於的,但隨後搬遷至同縣的(現)。 6歲時,中村哲隨家人再度搬家至古賀町(現),並在這裡居住至其升入大學。 中村哲先後就讀於古賀市立古賀西小學、 ( 日語 : )、 ( 日語 : )、 ;1973年,中村哲自九州大學醫學部畢業。 醫師生涯 [ ] 槍殺事件 [ ] 2019年12月4日,中村哲在阿富汗首府乘汽車旅行時被槍擊,右胸被擊中。 受傷後他被運送到當地醫院時仍保持清醒,但在運送到巴格拉姆空軍基地時死亡。 此外,與中村同行五人(駕駛,警衛等)皆在槍擊事件中喪生。 塔利班發表聲明否認參與該次恐怖攻擊。 同時,發表聲明「這是一次恐怖事件。 」 在身亡後,中村哲的妻子與女兒前往阿富汗處理後事,他的遺體從啟運返回日本,棺木覆蓋,且阿富汗總統親自到機場為中村哲送行。 日本福岡縣警察局宣布,中村哲死因可能是損害造成的失血。 縣警察已申請刑事犯罪,並正在對謀殺罪進行調查。 12月23日,日本政府決定向中村哲追贈及內閣總理大臣感謝狀。 在27日舉行的頒獎典禮上,首相會見中村哲家屬。 《在白沙瓦的阿富汗難民》(石風社;1989年)• 《巴沙瓦報告:當地醫療場所思考》(河合小冊;1990年)• 《寫自阿富汗的診所》(以後文庫;1993年)• 《前往達萊努爾 與阿富汗難民同行》(石風社;1993年)• 《醫生超越國界》(石風社;1999年)• 《在阿富汗掘井的醫生:與旱魔鬥爭》(石風社;2001年)• 《真實的阿富汗——來自為「和平主義」奮鬥18年醫生的現場報告》(;2002年)• 《醫生,無需信念先施援手!阿富汗「挖井」醫師——中村哲》(羊土社;2003年)• 《從邊境審視邊境》(石風社;2003年)• 《對阿富汗的思考——國際貢獻與日本憲法第九條》(岩波小冊;2006年)• 《醫生,開拓灌溉水渠——在阿富汗的土地上挑戰世界的想像力》(石風社,2007年)• 《天堂就在身邊——在阿富汗奮鬥三十年》(NHK出版社,2013年) 合著 [ ]• 《空襲與「重建」——阿富汗前線報導》——白沙瓦會 合著(石風社,2004年)• 《徒手的志願者 從實地學到的一切》——白沙瓦會日方工作人員 合著(石風社,2006年)• 《值得熱愛的人,值得信賴的真心。 與阿富汗的約定》——中村哲 口述, ( 日語 : ) 著(岩波書店,2010年) 演出作品 [ ]• 《 ( 日語 : ):水是生命之源,而非武器》(2016年9月10日播出;) 相關作品 [ ]• 《發生在阿富汗的故事~不屈醫師 中村哲物語~》(上、下)——《》()2003年24號、25號 參考資料 [ ].

次の

中村哲医師の家族や経歴と生い立ち数々の功績・勲章や名言も

中村 哲 家族

全文は以下の通り。 私は故人の長男で健と申します。 最初に申し上げたいのは、父を守るために亡くなられたアフガニスタンの運転手の方・警備の方そして残されたご家族・ご親族の方々への追悼の想いです。 申し訳ない気持ちでいっぱいです。 悔やんでも悔やみきれません。 父ももし今この場にいたらきっとそのように思っているはずです。 家族を代表し心よりお悔やみを申し上げます。 私たち家族は今回の訃報に大きなショックと深い悲しみに苛まれました。 しかし、多くの方々がともに悲しんで下さり、私たち家族へ多くの激励の言葉をかけて下さっています。 本当に救われています。

次の