不 登校 中学生 性格。 不登校になりやすい性格があるってホント?その特徴とは!?

中学生で不登校になる原因と段階別心理から見る対処法

不 登校 中学生 性格

不登校カウンセラーで、現役塾講師の前田です。 不登校になりやすい子どものタイプってあるのですか? という質問を頂きましたのでお答えしますね。 結論から言うと、 不登校になりやすい子どものタイプには 大きく3つの特徴があります。 お子さんが以下の3つの特徴に当てはまっていれば 不登校になりやすい傾向にありますので お父さん、お母さんには知っておいて下さい。 不登校になりやすいタイプ1:感受性が強い 不登校になるタイプの子どもは 「感受性が強い」子どもが多いです。 感受性が強いとは、 言われた事を気にしてしまったり 人の顔色を伺って相手の意見に合わせてしまうわけです。 不登校なりやすいタイプ2:プライドが高い 次に、不登校になるタイプの子どもは 「プライドが高い」子どもが多いです。 感受性が強いので相手の意見が色々と気になる。 不登校になりやすいタイプ3:気が弱い 最後に、不登校になるタイプの子どもは 「気が弱い」子どもです。 色々と気になった事はあるが 相手の顔色を気にして言いたい事は言えない。 しかし、プライドが高いので 言いたい事が言えない自分がダメだと感じ始める。 では、相手に言いたい事を言えるかというと 気が弱いので言えない。 不登校になりやすい状況 3つの個人的特徴に加えて、以下の環境が揃うと さらに不登校や引きこもりになる確率が上がると感じています。 ・お兄ちゃんやお姉ちゃん(特に、長男や長女) 長男や長女、つまりお兄ちゃんやお姉ちゃんは 不登校や引きこもりになりやすい傾向にあります。 まだ甘えたい気持ちがあるにもかかわらず 「弟や妹がいるのだから お兄ちゃん(お姉ちゃん)らしくしなさい」 という親からの(明示又は暗示)メッセージを 受け取ってしまいます。 感受性が強いからこそ 仮にメッセージを受け取ってしまうのです。 ・親御さんからの期待が大きい 兄弟姉妹がいなくても 親御さんからの期待が大きい子どもは 不登校・引きこもりになりがちです。 感受性が強いがゆえに お父さんやお母さんからの期待を強く感じてしまう上に プライドが高いのでそれに答えたくなるのです。 ・両親の仕事が社会的地位の高い場合(学校の先生、公務員、弁護士、医師等) お父さんやお母さんの職業が一般的に社会的地位の高い場合、 お子さんが不登校や引きこもりになる可能性を引き上げてしまいます。 理由は大きく2つです。 1つは、子どもがお父さんやお母さんに近づかないといけないと感じるため。 しかし、お父さんやお母さんは 周囲から「スゴい人」と言われるので 自分を比べてしまうのです。 もう1つは、お父さんやお母さんが世間体を気にしているため。 感受性の強い子どもは 「親が本当に自分を向いているのか」を 本能レベルで感じ取ります。 お父さんやお母さんも なんとなく怪しいセールスマンに遭遇した事があるはずです。 「あなたの事を一番に考えています!」 と口では言いますが、 実際は売上しか興味がなさそうなセールスマンっていますよね? そして、そんなセールスマンはなんとなく『臭う』はずです。 それと同じで、親の発言内容はあまり信じていません。 「お父さん、お母さんにとって一番大切なのは 自分だろうか?それとも世間体だろうか?」 という質問を常に自問自答しながら 親の一挙手一投足を感じ取っています。 ・手がかからない子供 不登校になるまでは 「手のかからない子どもだったのに…」 と仰るお母さんがたくさんいます。 しかし、考えて下さい。 手のかからない子どもなんているのでしょうか? 子どもは手がかかるから子どもなのです。 つまり、手のかからない子どもは 「がんばって」「無理をして」 手のかからない子どもを演じています。 私自身、大学まで 手のかからない子どもを演じ切りましたので わかるのですが・・・ これは本当に大変な修行です。 辛くて泣きたい日も笑顔。 親をぶん殴りたい日も我慢して笑顔。 学校に行きたくない日も何も言わず笑顔。 何が一番悲しいかと言えば、 こんなに無理をしている自分の事を 親が全く気づかない事です。 「親の言う事を聞きなさい」 なんて偉そうに言うのに、 俺の事は何一つ見ちゃいない・・・。 その現実が悲しくて悲しくてたまりませんでした。 あなたのお子さんも 不登校になる前は手がかからなかったのなら 無理をしていた可能性が非常に高いです。 ・成績優秀、スポーツ万能、クラスのリーダー的存在 これも手のかからない子どもと同じで、 親の自慢の子どもになろうという意識の現れです。 ・明るい子供で友達も多い こちらも同じで、本当は暗くて落ち込んでいるんだけど 親の期待に応えるため、自慢の子どもになるため、 親に心配をかけないために明るく振る舞って、 友達が多い風に装います。 しかし、親友と言える友達はいない場合が多いです。 また、感受性が強いので 相手の気持ちを汲み取る事ができます。 つまり、相手の意見を優先して 自分の言いたい事を言っていません。 結果として敵を作りにくいので 友達が多いように見えるのです。 ・・・ いかがでしょうか? あなたのお子さんにも当てはまった事もあれば 当てはまらない部分もあるはずです。 もし、あなたのお子さんが 不登校になりやすいタイプに当てはまった としても落ち込まないで下さい。 不登校になりやすい3つの特徴は 人生において強みにも弱みにもなります。 不登校や引きこもりの子どもを見ていて 毎回痛感させられます。 例えば、感受性が強い子どもは 相手の気持ちを汲み取る事が得意ですので とても優しいお子さんです。 友達や社会的に弱い立場の人の気持ちを 瞬時に感じ取り、それに答えてあげる事ができるのです。 文章を書いたり、絵を描くと 他を圧倒するすごい文章や絵を描く子どももいます。 今、不登校や引きこもりで 本人もご家族も苦しいと思います。 しかし、不登校になるほど感受性が強いのであれば その感受性が開花し強みとなって 他の誰にも負けない素質になります。 短期的に見れば弱点かもしれませんが 長期的に見れば強みです。 お父さん、お母さんには どうか長い目で見てください。 そして、近い将来、お子さんが 「不登校になったから、 引きこもりになったから今の自分がある」 と言える日を一緒に目指しましょう!.

次の

学校の先生達も納得した「不登校の真の原因」

不 登校 中学生 性格

不登校はある朝突然に 毎日学校に通っている我が子が、突然学校に行かなくなったとしたら、どうしますか? 我が家の娘は中学に入学してから吹奏楽部に入り、朝練、昼練、夕練をこなし、塾にも通い始め必死で勉強もして成績キープ、友達関係も良好。 すごく一生懸命に、忙しく充実した日々を送っていました。 中学1年の3学期の始業式に学校で体調を崩し、それから1週間、高熱が続きました。 病院でインフルエンザの検査を受けても陰性、原因が分からずじまいでした。 1週間後、熱がひいたので学校行かないとね、と言ったその日、 「学校に行きたくない・・・。 」 と泣きながら訴えてきたのです。 まあ長く休んだから、行きにくいのかな? じゃあ明日は行こうね、と言ってお休みをさせたのですが、翌日も、翌々日もそれが続く。 あぁ、またか・・・。 実は娘は小学校5年生の頃にも3か月間不登校で学校を休んだ経験があるのです。 でも、その後は毎日すごく楽しく学校に通えていたので、またその内行けるようになるだろうと軽く考えていました。 あれから1年7か月が過ぎた今現在、娘は完全不登校状態です。 不登校の理由は分からない 不登校の理由を探るのは不毛です。 その理由が「いじめ」なら明確です。 ですが、我が家の娘は、理由と考えられる事はたくさんありました。 でも娘自身、「決定的な理由はコレ!」というのが見当たりませんでした。 不登校の理由は千差万別、それぞれ違うだろうし、実は本人も分かっていないということが多いのではないでしょうか。 ただ確実に分かっている事は、 本人は学校に行きたいし、行かないとだめだと思っているのに、行けない ということだけです。 学校めんどくせー、サボってしまえ~という理由の方が、親としては気持ちがまだ楽だなと思います。 行きたいのに行けない。 どうしたら良いのよ? 「普通」である事の有難さと難しさ 朝起きて、朝食をとり、行ってらっしゃい!と子供の登校を見送る。 こんな当たり前の朝の風景が、我が家にはなくなりました。 どの家庭にとっても普通の事なんだけど、それってすごくありがたいことだったんだ、と初めて分かりました。 世の中のこども達は、毎日学校に通えるなんてスゴすぎる! ほんと、成績なんてどうでもいい。 通ってくれるだけで良いのになー、と思う。 「普通」ってこんなに難しい事だったのね。 学校の不登校といじめ対応には疑問だらけ 担任の先生は、毎朝自家用車で乗り付けて、号泣して抵抗する娘を無理やり車に乗せていきました。 ある意味拉致?という感じ。 無理やり登校させても改善することなんてないし、先生が良かれと思ってやっていらっしゃる事で明らかに娘は傷ついていると思い、先生には学校には行かせない意思を伝えました。 学年がかわり、担任の先生も変わりました。 この担任の先生は、娘の意思を第一に尊重してくださる先生でした。 そして部活でもプライベートでも仲の良かった友達と同じクラスにしてくださいました。 娘もなんとか登校しようと頑張り、1学期は学校に復帰できました。 順調に復帰できたと思っていたら、実はその友達たちから無視をされたり嫌がらせをされていた事が発覚。 理由は、「みんな勉強も部活も頑張ってるのに、何が不登校だ、甘えるな」という事でした。 あまりに悲しく辛い出来事でした。 相手が嫌がらせをしていると認めていたので、先生に間に入っていただこうと相談しましたが、証拠が無いからイジメとして対処しませんとの回答。 そのまま嫌がらせは続きました。 夏休みが明け、娘はまた登校できなくなりました。 子供が学校に行きたくない、と親に訴えた時、子供のストレスは爆発寸前であることがほとんどです。 娘はそのまま完全不登校に突入しますが、学校復帰を目指すよう学校による指導は続いています。 不登校になると学校の成績や内申はどうなる? 完全不登校になった後、娘は市の教育委員会が運営する適応指導教室に通っています。 定期テストは適応指導教室で受験、課題は提出しています。 適応教室に出席すると学校も出席扱いになるので、極力毎日通っています。 住んでいる地域によって進学する高校が決まる「総合選抜制度」が数年前になりようやく廃止になったくらい、教育に関しては保守的な県だと思います。 ちなみに私は大阪出身で、「地元集中」という同様の制度がありましたが、それも30年も昔の話です。 そして大阪は高校によって内申比率が決まっており(低い学校で2割、高い学校で6割)、当日の受験成績が重視される傾向にあります。 恐らく他府県でも同じだとは思いますが、兵庫県下で不登校の生徒は受験での選択肢がかなり狭くなるのは避けられない現実で、我が家の娘も「オール1」を引っ提げてこう受験に臨みます!! そして無事高校に入学できました。 文部科学省による不登校対応の歴史的見直し これまで学校の不登校対応は「個々の状況には関係なく」学校へ戻すことを目標にしてきました。 しかし2018年7月11日、文科省は、学校復帰のみにこだわった従来の不登校対応を見直すため、「学校復帰」という文言が含まれた過去の通知をすべて見直す方針を明らかにしました。 これで無理に学校に戻る必要もなくなったわけです。 だからと言って、問題がなくなったわけではありません。 学校教育のみが教育であり、不登校の子は来れないなら来なくて良いよ、でもあとは自己責任で、というのが今の状況です。 進路についても何かしらの考慮があるかというと、全くありません。 今回の文科省による見直しで、色々と変わっていけば良いなと期待しています。 不登校に対する考え方は時代とともに変わりつつあります 私の子供時代、親の世代とも、学校に行かないという選択肢はなかったように思います。 だから、子供が不登校になった時、 まずは何とかして学校に行かせようとする親がほとんどではないでしょうか。 その親と子の考えかたのズレが、不登校をこじらせる原因になることも少なからずあると思います。 子供の不登校をある友人に相談したところ、 「 部外者の立場でいい加減な事を言うようだけど、今の時代、学校に行かない選択もありなんじゃないの?」 と言われました。 すごく衝撃を受けたのと、救われた気がしました。 そんな考え、私には微塵も無かったからです。 こだわっていたものを捨てると、他のものが見えてくるんですかね。 新しい道が少しだけ見えた気がしました。 今は「 学校に行かない選択」をする方が増えてきたのは事実。 生徒数が年々減少しているのに、不登校の数が増加しているのは、そういった理由かもしれません。 子供が不登校になったら親はどうする? 前にも述べましたが、子供が不登校を訴えた時、子供のストレスは飽和状態で爆発寸前です。 私の娘のように、身体症状が出ている場合も少なくありません。 朝起きれない、腹痛、頭痛、吐き気、めまい、幻覚・・・。 精神的に不安定になっている場合もあるでしょう。 しかし、最初は親だってそれを素直に受け入れる事はできません。 「学校行きなさい!」 「嫌だ、無理!」 の押し問答が、我が家では無駄に繰り返されました。 そして子供を心配するどころか、追い込むような言葉まで。 今になって振り返ると、申し訳なかったなと反省するばかりです。 娘は学校の代わりに適応指導教室に通うことにしました。 しかし、適応指導教室の入室許可が下りるまで、毎朝学校に「今日も欠席します」の電話連絡を入れる必要がありました。 それだけでも、私にとっては朝の忙しい時間の大きなストレスになりました。 この状態では子供にとっても親にとっても状態は悪くなる一方です。 ですから・・・、 「学校に行かなくて良いよ」と言ってあげる勇気と決断が親には必要 子供は不登校になる時点で追い詰められています。 親は子供の現状を受け入れて、「学校に行くことがすべてじゃない」という考え方を持ち、じゃあどうするか?と前向きに方向転換するのが現実的なんじゃないでしょうか。 学校に行くことにこだわると、すべてが見えなくなってしまいます。 そして行き詰まります。 確実に。 感情的にならない• 焦らない• 甘やかさない 不登校を選択するのは自由意志ですが、今の教育制度の元では自己責任となってしまいます。 今の学校生活が無理ならば、その先の高校、大学やもっと先の未来に目を向けて自分なりの不登校生活を楽しむ。 自分の興味があることに没頭するのも良いと思います。 それが理想的で前向きな不登校生活だと思っています。 不登校の時間はとても貴重な時間です。 その時間を使って学校に通っていたらできない事などもチャレンジしてみると良いですね。 私は娘と一緒に旅に出掛ければ良かったな~と思っています。 ネットで不登校情報を見ていると、「子供の要求を極力満たしてあげる」という記述をよく見かけるのですが私は反対です。 携帯の使用時間も制限していますし、学校に行けない分勉強のサポートもします。 娘が完全不登校になり、1周年を迎えました。 受験生なので、次に向けて出来ることを頑張るしかないです。 長々と書きましたが、この辺で。 私も誰にも相談できずに、どうしたら良いのか分からずずっと悩んでいましたから、お気持ちお察しします。 私は専門家ではありませんので、参考程度にしていただければ幸いです。 娘さん心配ですね。 私は娘に無理をさせた結果、身体症状が色々と出て来たので、親として今とても後悔しています。 その症状は軽くはなりましたが、高校生になった今でも続いています。 なので、ご本人が行かないといけないと思いつつ体が拒否する状態なら、とりあえずは無理をさせず落ち着かれるまで少しお休みをされたら良いのではと思います。 フルタイムのお仕事だとなかなか難しいかもしれませんが、子供さん抜きで一度担任の先生と直接お会いしてゆっくりお話しをされたらいかがでしょうか? お話することで、明らかな原因が見つかるかもしれません。 いじめなどがある場合は、早急に対処が必要ですし。 また学校の不登校対応の方針もお聞きした方が良いと思います。 学校や先生によって対応方法が様々なので、今後の方針も先生ときちんとお話されると良いかもです。 ご本人がすぐに教室復帰できるようなら良いのですが、そうでない場合は「適応指導教室」「別室登校」「保健室登校」「放課後登校」等々の選択肢が考えられ、先生との連携が必要になりますので。 ただ娘は「これが不登校の原因」という確たるものがなくて、 でも原因と思われる事はたくさんありました。 (ブログにまとめて書いているので、もしよろしければどうぞ。 ) 今の中学生活はとても忙しく学校のしめつけも厳しいので、ずっとずっと頑張りを求められて疲弊しているのかもしれませんね。 娘は朝昼晩の部活に塾に学校の授業と宿題い追われ、友人関係は複雑でややこしく、学校にはあれもこれもダメと言われ、それを全部真面目にこなしてきた結果、とにかく疲れた、しんどいと言っていました。 スクールカウンセラーさんはいらっしゃいますか? 外のカウンセリングを受ける前に、とりあえずスクールカウンセラーさんに相談してみてはどうでしょうか? ただ週1回くらいしか学校に来られないと思うので、フルタイムでお仕事をされているなら担任の先生と対面相談する時にまとめるといいかもですね。 hana8hana 初めまして。 お気持ちお察しします。 息子さんは中学生ですか? 我が家の長男は不登校ではなかったものの、中学に入学ししばらくして突然性格が変わりました。 成長期に入ったのが一番大きな理由かもしれませんが、ガチガチの管理教育に馴染めず拒否反応が出たという感じもしました。 それまで暴言暴力なんて全く無かったのに突然暴力的になった息子に戸惑いました。 男の子は一番難しい時期ですよね。 息子は、叱られたり指導を受けるほど心を閉ざしてしまうという感じでした。 今は高校生なので落ち着きましたが、不登校の娘よりも随分悩まされました。 息子さんが理由を話してくれるなら、友達関係について聞くに徹すると良いかもですね。 学校へのストレスが暴力に出ているのなら、学校から一歩離れてみるのもいいかもしれませんね。 専門家ではない単なる不登校経験者の母親の意見ですが。 アルパカ 初めまして。 僕は高校3年間不登校でした。 と言っても、全く登校せず自宅に引きこもっていたのは初めの10日間で、残りの期間は当時通っていた高校の片隅にあった「カウンセリング室」という個室にて一人で過ごしていました。 言わば、保健室登校というものと同じだと思います。 なんとか教室に戻れるようになったかと思うと、また急に行けなくなってカウンセリング室登校になり、教師から自宅に連絡が入ると度々親と衝突して何度も「死にたい」という思いに打ちひしがれて過ごしていました。 自分でも教室にきちんと通って、皆と同じように授業を受けたいという思いがありながら、どうしても教室に向かえないという葛藤に唯々苦しめられていたと思います。 僕が不登校から脱却できたきっかけがあるとすれば、それは『大学受験』だと思います。 当時、勉強がほとんど手付かずだった僕は「どうせ無理だろ」と思って受験しないつもりでしたが、母親に「最後のお願いだから受験だけは受けて」と言われて、受けてみることにしました。 もちろん、点数はほぼ全科目0点のひどいものでしたが、テストの問題に向き合っている時に、不思議と「これって勉強すれば解けるんじゃないか」「こんなものなのか」という思いにかられていました。 その後、母親に頼み込んで1年浪人させてもらい、そこから偏差値が70近くまで上昇し、無事に国立大学に入学しました。 その後も不登校や引きこもりになることなく、現在は就職しています。 今考えれば、自分が不登校や教室入室拒否であった当時、ずっと心の中に或る思いがあったように感じます。 それは「誰かや何かを待っている、探している」ということです。 それは自分を救ってくれる人かも知れませんし、自分を救ってくれる言葉や音楽かもしれません。 環境や自分を取り巻く世界が大きく変わるかもしれない、という期待や楽しみといった「感情や考えの変化」かも知れません。 何がトリガーになるかは、色々試してみないと分かりませんが、一度見つけてしまうときっとどこまでも伸びる活力を手に入れることができると思います。 僕は先日、母校に足を運び、カウンセリング室を訪れてみましたが、その部屋を利用している生徒さんがいらっしゃいました。 色々と話をし、ちょうど訪れていて親御さんともお話ししましたが、共に大変喜ばれていました。 きっと僕は、こうやって自分と同じ境遇を知る誰かが訪れてくれることを、ずっと待っていたのかもしれません。 娘さんもきっとそんな思いがあるのではないか、と思いコメントさせて頂きました。 hana8hana アルパカ様 初めまして。 コメントありがとうございます。 不登校を乗り越え今を過ごしていらっしゃる方のお話はとても勇気をいただけます。 不登校の本人や保護者は「不登校でも大丈夫」という安心感をいただけるので。 おっしゃる通り、不登校の状態とは自分の好きな事だったり居場所だったり何かをずっと探して満たされていない状態だと思います。 娘は現在高校に進学し、かろうじて不登校ではないものの学校に前向きに通っている状態ではありません。 自分が必要とされている、とか、人の役に立てるというのは不登校を解消するのに影響があると思うのですが、恐らく娘はその点で未だに満たされていない感じがします。 大学生活はこれまでの学校生活とは全く異なるものなので、アルパカさんのように娘にも良い変化があれば良いなと思っています。

次の

不登校の7つのタイプ

不 登校 中学生 性格

By: こんな状態になって、子どもの話をようやく根掘り葉掘り聞き出そうとしますが、もう既に信頼関係は壊れてしまい、子どもは心をひらいてくれません。 原因が分からなければ解決しようがない。 だから子どもがそれをしっかり話す責任があるのに、それを話そうとしない上に学校にも行こうとしないのは、単なる怠けでしかない。 そう突き放し、余計に子供を傷受ける無益な毎日の繰り返しです。 不登校の中学生の子供の本音は矛盾に満ちている 私が不登校になった時のことや、いろいろな書籍で紹介されていた事例を元にして、子供の本音は一体どんなものなのか、整理して考えてみます。 親が色んな理由や原因、子供の気持ちを聞き出そうと躍起になっているとき、子供の心のなかではこんな、一見矛盾した気持ちで支配されています。 親に自分の繊細な気持ちの中に入り込んでほしくない• 正直放っておいて欲しい、うっとうしい• 自分のことはあまり話したくないけど、親には自分の気持はわかってほしい• 自分からいろいろ話さなくても、察して欲しい• 勇気を出して自分から話しても、どうせすぐに否定される• 自分の悩みを親になんて話したくない、知られたくない• 自分の悩みは所詮親にしたらしょうもないことで、誰にもわかってくれない 親にはズケズケと自分の心の中に入り音できてほしくないけど、自分の気持ちをわかってくれる理解者であり味方であって欲しい。 こんな矛盾した、自分勝手な考え方と言われればそんなものですが、これが真実です。 子供の気持ちがもっと単純で素直であれば思春期が難しい年齢と言われることはないはずです。 思春期の子供の気持ちは理性や論理で解明できるほど、まっすぐではないし、曲がりくねって矛盾に矛盾を重ねているからこそ思春期だと私は思います。 まずは子供の存在を全て受け入れてあげること 子供が何も話してくれないのは、もしかすると「今までに話そうとしたけど、すぐに否定されたから」かもしれません。 私もなんとなく覚えがありますが、自分の気持や不安を伝えても、結局すぐに正論で突き返されて、「だから自分はダメなんだ」という結論になることが大半です。 子供がなにか話しても、結局「そうはいってもねぇ!」とか「そんなことで!」とか「皆は普通にできているのに」とか言われると、結局自分の気持を理解されずに突き放されて寂しい気持ちになるだけです。 結論云々ではなくその時感じた正直な気持ちに親も共感して欲しいのが、子供の気持ちです。 とりあえずは学校には無理に行かなくていいと子供に伝え、安らぎと癒しの場を家庭内に作ってあげましょう。 親の自分はあなたを絶対に見捨てないこと。 仮に世の中の人、全員が敵になっても、親は子供の味方であり続けること。 何か親として助けの手を差し伸べることが出来ると思うからと、子供の気持ちを尊重しつつ、自分が小人を心配していてこれ以上突き放すつもりも傷つけるつもりもないと伝えてあげてほしいと思います。 子供には親が自分を絶対に見捨てないという安心こそが、後々にいい影響をおよぼすはずです。 しばらくするとのような状態になりますが、ある意味それは多くので歩んできた共通の通過点です。 進級がどう、受験がどう、将来がどう、というのは子供もああ見えて実は真剣に考えています。 焦らず、長い目でみて子供の心身の健康を取り戻しましょう。

次の