ゴールデンウィーク 旅行。 ゴールデンウィーク(GW)の関東旅行 【るるぶトラベル】で宿泊予約

ゴールデンウィーク(GW)の関東旅行 【るるぶトラベル】で宿泊予約

ゴールデンウィーク 旅行

ニューオープンが続く商業施設ですが、単なるショッピング施設と侮ることなかれ。 いろいろなサービスがあり、GWのイベントも企画されているので上手に利用しましょう。 <六本木ヒルズ/東京・六本木> 東京の定番観光スポットとなった六本木ヒルズ。 2013年のリニューアルを受けて、ますますお買い物魂に火がつきそうな勢いですが、GWにぜひともチェックしたいのはアート系イベント。 毎年、世界で活躍するアーティストやクリエイターが来日し、ワークショップなどの体験型イベントが開催されています。 <MARK ISみなとみらい/神奈川・横浜> 急速に発展しているみなとみらいエリアに、2013年6月にグランドオープンした大型商業施設。 港町・横浜らしい開放感あふれる店内はおしゃれなものでいっぱい。 セガが手がけた体感ミュージアム「Orbi」も一度は観てみたいもの。 JRと地下鉄に直結しているので、他の観光スポットに移動する際も便利です。 <イオンモール幕張新都心/千葉県・幕張> 2013年12月にオープンした日本最大級の大型商業施設。 吉本興業の「よしもと幕張イオンモール劇場」や、アジア初進出となるお仕事体験施設「カンドゥー幕張新都心」、そして東映特撮の歴代ヒーローが集う「東映ヒーローワールド」などが入っています。 しかし、御徒町駅間の高架下にはモノづくりをテーマにしたおしゃれスポット「2k540 AKI-OKA ARTISAN」が、そして神田側の水辺エリアには赤煉瓦もレトロな新商業施設「マーチエキュート神田万世橋」が次々に誕生。 秋葉原の印象が大きく変わりそうです。 関東もちょっと郊外に足を延ばせば、自然いっぱいの観光地や刺激的な体験スポットも見つかります。 <竜神バンジー/茨城県> 2014年3月にオープンした日本最大級のブリッジバンジージャンプ施設で、スリリングな体験はいかがでしょう。 全長375メートル、高さ最大100メートルの竜神大吊橋から湖面に向かってジャンプすれば、悩みも雑事も忘却の彼方へ飛んでいくでしょう。 <大谷資料館/栃木県> 大谷石の採掘がなされた跡で、地下30〜60メートルという深さに広さ約2万平方メートルの巨大空間が広がります。 ひんやりとした空間は幻想的な雰囲気。 コンサートなどのイベントが開催されることもあります。 <大鍾乳洞の不二洞/群馬県> 「関東最大」といわれる鍾乳洞。 一歩入ると長い年月をかけてつくりだされた自然の造形美に驚くことでしょう。 神秘的な雰囲気で、かつては僧侶の修行の場だったそう。 近くにある、地上90メートルの高さにかけられた橋「上野スカイブリッジ」にもぜひ寄ってみましょう。 <パラグライダースクール/埼玉県など> 風を受けて空に浮かぶパラグライダーも関東近辺で楽しめます。 スクールを利用すれば、初心者でもライセンスがなくても大丈夫。 熟練者と一緒に飛ぶ2人乗りのタンデムなら、かなり高いところから数10分間のフライトを体験できます。

次の

ゴールデンウィーク(GW)の北海道旅行 【るるぶトラベル】で宿泊予約

ゴールデンウィーク 旅行

北海道の絶景お花見スポットを訪ねて 冬が長い北海道では、春の訪れを告げる花見は一大イベント。 桜をはじめ、各地でさまざまな花が咲き誇り、訪れる人の目を楽しませてくれます。 ちょっぴり花冷えの恐れもあるので、暖かくして出かけましょう。 <松前公園/松前郡> 道内でも指折りの花見の名所。 歴代の松前藩主や城下の商人たちが本州から取り寄せたという桜はなんと252種類。 その数1万本以上も植えられており、春浅いころから初夏近くまで長く楽しめます。 <静内二十間道路桜並木/日高郡> 道路の両脇に約8kmにも渡って3000本の桜が咲きそろう様はまさに圧巻。 緑の牧草地が背景に広がり、北海道らしさを感じさせます。 <円山公園/札幌市> 隣接する北海道神宮境内とともに札幌市民に愛される桜の名所。 花見をしながらジンギスカンを食べるのが地元っ子の定番とか。 早めに公園管理事務所に予約すれば、道具を一式デリバリーしてもらえます。 <五稜郭公園/函館市> 歴史の舞台となった五稜郭も、今は桜の名所として知られる公園に。 星形の土塁に植えられた桜が咲きそろう様は、まさに「花の城郭」といったところ。 ライトアップされた夜桜も見事です。 北海道らしい2つの季節を楽しむ「春スキー」 北海道の春は、エリアによってはまだ雪が残っているところも。 そんな不思議な季節を楽しむなら春スキーがおすすめ。 冬と春、一度で二度楽しめる旅を満喫しましょう。 <キロロスノーワールド/余市郡> 小樽や札幌からのアクセスがよく、春もたっぷりの積雪量で知られるスキー場。 スキーやスノボはもちろん、森の散策ツアーやスノーモービルなどのアクティビティも充実しています。 アフタースキーは近隣の赤井川村のカルデラ大地から湧き出した温泉で疲れを癒しては。 <富良野スキー場/富良野市> 富良野の名門スキー場。 かつてアルペンスキー・ワールドカップが開催されていたことからもうかがえるように、雪質やコースに定評があります。 周辺のドラマ「北の国から」のロケ地巡りも魅力です。 <ニセコユナイテッド/虻田郡> 4つのスキー場が山の上部で接続し、日本最大級のスキーエリアになっています。 春スキーを楽しめるのは、ニセコアンヌプリ国際スキー場とニセコグラン・ヒラフスキー場、そしてニセコビレッジスキー場の3つ。 ニセコ全山フリーパスポートを持っていれば自由に移動できるため、春スキーを思いっきり楽しみたい方におすすめです。 <旭岳スキーコース/上川郡> 大雪山連峰の主峰、旭岳にあるスキーコースは、サラサラのパウダースノーと雄大な自然が魅力。 野趣あふれる山岳スキーの醍醐味をたっぷり味わえます。 ゲレンデスキーのように設備が整っていないので、冬山装備を整えた上級者向きです。

次の

ゴールデンウィーク(GW)の関東旅行 【るるぶトラベル】で宿泊予約

ゴールデンウィーク 旅行

北海道の絶景お花見スポットを訪ねて 冬が長い北海道では、春の訪れを告げる花見は一大イベント。 桜をはじめ、各地でさまざまな花が咲き誇り、訪れる人の目を楽しませてくれます。 ちょっぴり花冷えの恐れもあるので、暖かくして出かけましょう。 <松前公園/松前郡> 道内でも指折りの花見の名所。 歴代の松前藩主や城下の商人たちが本州から取り寄せたという桜はなんと252種類。 その数1万本以上も植えられており、春浅いころから初夏近くまで長く楽しめます。 <静内二十間道路桜並木/日高郡> 道路の両脇に約8kmにも渡って3000本の桜が咲きそろう様はまさに圧巻。 緑の牧草地が背景に広がり、北海道らしさを感じさせます。 <円山公園/札幌市> 隣接する北海道神宮境内とともに札幌市民に愛される桜の名所。 花見をしながらジンギスカンを食べるのが地元っ子の定番とか。 早めに公園管理事務所に予約すれば、道具を一式デリバリーしてもらえます。 <五稜郭公園/函館市> 歴史の舞台となった五稜郭も、今は桜の名所として知られる公園に。 星形の土塁に植えられた桜が咲きそろう様は、まさに「花の城郭」といったところ。 ライトアップされた夜桜も見事です。 北海道らしい2つの季節を楽しむ「春スキー」 北海道の春は、エリアによってはまだ雪が残っているところも。 そんな不思議な季節を楽しむなら春スキーがおすすめ。 冬と春、一度で二度楽しめる旅を満喫しましょう。 <キロロスノーワールド/余市郡> 小樽や札幌からのアクセスがよく、春もたっぷりの積雪量で知られるスキー場。 スキーやスノボはもちろん、森の散策ツアーやスノーモービルなどのアクティビティも充実しています。 アフタースキーは近隣の赤井川村のカルデラ大地から湧き出した温泉で疲れを癒しては。 <富良野スキー場/富良野市> 富良野の名門スキー場。 かつてアルペンスキー・ワールドカップが開催されていたことからもうかがえるように、雪質やコースに定評があります。 周辺のドラマ「北の国から」のロケ地巡りも魅力です。 <ニセコユナイテッド/虻田郡> 4つのスキー場が山の上部で接続し、日本最大級のスキーエリアになっています。 春スキーを楽しめるのは、ニセコアンヌプリ国際スキー場とニセコグラン・ヒラフスキー場、そしてニセコビレッジスキー場の3つ。 ニセコ全山フリーパスポートを持っていれば自由に移動できるため、春スキーを思いっきり楽しみたい方におすすめです。 <旭岳スキーコース/上川郡> 大雪山連峰の主峰、旭岳にあるスキーコースは、サラサラのパウダースノーと雄大な自然が魅力。 野趣あふれる山岳スキーの醍醐味をたっぷり味わえます。 ゲレンデスキーのように設備が整っていないので、冬山装備を整えた上級者向きです。

次の