安倍昭恵 森永。 安倍昭恵の『家族』~実家・森永製菓と政界を繋ぐ華麗なる家系図

安倍昭恵の森永製菓創業者一族がすごい!家系図で解説!森永太一郎ってどんな人?

安倍昭恵 森永

安倍昭恵は森永製菓の社長令嬢で家系図がヤバい! いらんことをしてはその後を安倍晋三首相が尻拭い。 天然?にも感じてしまう安倍昭恵ですが実は安倍晋三と結婚する前は大手広告代理店の 電通の新聞雑誌局で働くキャリアウーマンでした。 ファーストレディーとなった現在も安倍晋三とは違う方面で安倍昭恵が活動しているのは電通時代に培われたバイタリティーのせいかもしれません。 あちこちに顔を出すから森友学園問題のきっかけを作り出してしまったわけですが。 自由奔放に動き回る安倍昭恵に安倍晋三は恋したのかもしれません。 さて、安倍昭恵は家系図も申し分ありません。 なんとあの森永製菓社長の令嬢なんです。 ミルクキャラメル、アイスボックス、日本人なら誰もが知っているお菓子メーカーです。 安倍昭恵の結婚前の姓は 松崎です。 森永製菓は同族経営で森永家と松崎家がほぼ交互に社長に就任しています。 創業者は曽祖父にあたる森永太一郎さんで、安倍昭恵の父親である松崎昭雄さんは1983年に森永製菓の社長に就任しています。 安倍昭恵は超お嬢様ということになります。 色々とバカすぎる?行動を取っているのも、お嬢様ならではなのかもしれませんね・・・・ 関連記事: ところで安倍昭恵は韓国との間にヤバい繋がりがあると噂されていますがどういうことなのでしょうか? スポンサードリンク 安倍昭恵 森永製菓社長令嬢 の韓国との繋がりは? 森永製菓社長の令嬢である安倍昭恵は知韓派として有名です。 安倍晋三首相は歴史問題で強硬姿勢を見せているため韓国ではあまり歓迎されていないのですが。 この夫妻は本当に真逆のタイプなんだなとつくづく感じます。 全然違うから惹かれあうのでしょうか・・・? 安倍昭恵の知韓派エピソードをまとめました。 エピソード1: メラニア夫人にK-pop歌手の話ばかりして、日本人なのになぜ韓国の話ばかりするの?と言われてしまう。 メラニア夫人との会話でK-pop歌手を話題に選んだのが謎です。 友達と話してるんじゃないのですからファーストレディーにふさわしい話題を選ぶべきでしたね。 エピソード2: パクヨンハと仲良しでゴルフや食事をする仲だった。 パクヨンハは韓国の俳優・歌手で冬ソナに出演してました。 2010年に32歳の若さで自殺してしまいました。 安倍昭恵はインタビューで生前付き合いがあったことを語っています。 その時に 私はいわゆる韓流ファンとはちょっと違うが韓国がそう思ってくれるなら嬉しい とコメントしています。 ちょっと何言ってるのか意味がわかりません。 一連の安倍昭恵の行動を見ているとただの韓流好きのおばさんじゃないか? と思わずにいられません。 すなわち、結論を言うと 安倍昭恵はところかまわず韓流スターの話ばかりするヤバいおばさんということになります。 笑 安倍昭恵まとめ ・ 安倍昭恵は森永製菓社長の令嬢。 ・ 安倍昭恵は結婚前は電通のキャリアウーマン。 ・ 安倍昭恵は韓流好き。 本人はいわゆる韓流ファンとは違うと主張。 いかがでしたか?記事を書きながらずっと安倍昭恵について考えていたのですが、森永製菓のキャラクターの エンゼルに似てますよね。 安倍昭恵は安倍晋三首相を支えるサポート役に完全に徹することができるのでしょうか?また何かやらかしそうな気がします。 さいごまでお読みいただきありがとうございました。 関連記事: 森友問題・安倍昭恵夫人関連記事 こちらも合わせてどうぞ! 安倍昭恵夫人はどうして不可解な言動を続けているのでしょうか?ネット上も含め世間では様々な病的障害的な表現をしているものが多く見られますが、よく冷静に考えると単純な要因ではないかという声が増えてきました。 家庭的に恵まれ、何事にも困るような事は無く、恐らく両親も学校の先生方も、社会人となっても電通の上司、周りの人間は忖度を働かせ、誰も昭恵女史に物を申す者がいなかったという事だと分析される。 つまり、結婚するまでは誰も昭恵女史に注意する者はいなく、やりたい放題。 結構して夫である晋三総理や姑の洋子様、自民党の重鎮、公明党山口党首から自粛警告を出されても全く意に関せず。 多くの国民からも謹慎を望む声が出されても全く無視。 つまり、今まで誰からも怒られた事、注意された事が無いので、今更、私に対して何か文句があるのか?的な発想しか出来ないのだろう。 もっとも手のつけられないモンスターである。 今年の女性が選ぶ「痛い女」ランキングでワースト9位に入るなど現役の我が国の総理大臣夫人が選出された事は前代未聞、未来永劫無いだろう。 それでも昭恵に接近する利権狙いのやからが「昭恵さん、気にしなくてもいいのよ。 私達がついているから」と殺し文句を言われ、「そんなんだ。 今まで通りやりたい放題やろう」となるのである。 内閣府が安部昭恵24時間監視体制を実行する事にて総理自身も政権与党も、国民の大半が安堵感を持ち始めた。 一方、先の自民党、公明党より昭恵夫人に対する完全自粛を公の場で示唆したにも関わらず、ご本人が全く意に冠せず、相変わらず政権を崩壊させるような言動を引き続き繰り返している。 今回の安部総理のロシア外交には昭恵夫人を同行させていないようだが、総理自身が夫人に対して危機感を持っている証である。 総裁選で安部、石破両氏のどちらかが勝利しても問題ないと国民は判断しているが、唯一、安部総理としては昭恵夫人という時限爆弾を抱えている事がマイナス要因である。 仮に安部氏が総裁選に勝利を収めた日から絶対に昭恵夫人を暴走させないよう監視してほしい。 「昭恵リスク・マネジメント」「昭恵24時間監視体制」「アッキード事件対策」「森友昭恵問題」など政権与党内では安部晋三内閣総理大臣夫人への緊急対策で頭を痛めている。 現在、日本は外交問題、経済・景気対策、各種税金問題、被災地問題、北朝鮮問題など解決しなければならない事が山積している状況であるにも関わらず、昭恵問題が常に取り出されている。 国民の75%以上は昭恵夫人、谷女史に森友疑惑に対する国家での説明を求めているわけで、時が解決してくれると軽視してはならない。 国民はそんなに甘くない。 若者が中心となったアンケートでは「女性が選ぶ嫌いな女性ランキングでは昭恵は5位、女性が選ぶ痛い女ランキングでもワースト9位に入るなど老いも若きも昭恵夫人に対する印象は頗る悪い。 もうこれ以上、夫人の暴走を許してはならない。 西川史子先生がTBSのサンジャポンで安部昭恵総理夫人の振る舞いに関して釘をさしたが、最近、昭恵夫人が知人を介し西川先生と接触、会食。 これは誰がみても昭恵夫人の戦略、罠にはまったと思われる。 人気番組で西川先生やデビィー元スカルノ大統領夫人が強烈に昭恵夫人を非難したので、 サンジャポという視聴率の高い番組にレギュラーで出ている西川史子先生がターゲットされた。 お付き、警護がついて、しかも総理夫人の知人という 中で西川先生でなくとも相手がどんなにお粗末な総理大臣夫人でも、やはり内閣総理大臣夫人という事で変な気遣いから緊張感で、昭恵夫人の思う壺の面談会食に終わったはずだ。 これはスピリチュアルの影響を受けている昭恵夫人の言葉にまんまと騙された形だ。 テリー伊藤が憤慨していたように、西川先生は罠にはまり、それをネットでUPした事が敗因。 テリー伊藤は流石、全てお見通しのようなコメントだった。 森友問題で関与する建設会社が3M奥に産廃ゴミがある資料を持っているとの事で自民党は森友問題の建設費8億円値引きの証拠に出来ると喜んでいるが、仮にこれで野党への反発決着がついたとしても本質的な問題解決にはならない。 そもそも昭恵夫人が谷女史を使って森友学園の建設費負担軽減を一応、合法的に何か出来ないか?質問させたことにより、総理大臣の妻からなので忖度を働かせ、昭恵夫人の名前を削除する公文書偽造、隠蔽行動をさせたのだ。 挙句の果てには政治的な圧力に対する正義を訴える近畿財務局員が自殺をして死で無言の抵抗までさせてしまった。 全て昭恵夫人の何も考えない軽率な言動により、優秀な役人、公務員をも犠牲にしたのである。 そんな事も気づかず「森友問題の真相を私も知りたい」と能天気な発言をするので夫である安部総理もこの危険な能天気な夫人を国会に召集させられたら何を言うか解らないので必死に昭恵をこの問題から隠そうとしている。 これは国民は全て解っている。 昭恵夫人はいったい何をしたいのか?一応、我が国の総理大臣夫人だから周りはチヤホヤするが、夫人は国民から選ばれた公人でもない。 総理大臣の妻だから周りから大事にされるが、余計な政治的発言や助成金絡みのへの安部総理への口利きなどもってのほかだ。 その他にも左翼や大麻愛好家や芸能人などとの接触やパーティーで酒を飲んでミーハーな事ばかりやって国民の怒りを買っている。 しかも夫であり総理の晋三氏に対し上から目線的なコメントをするなど、いい加減、総理に家庭料理を作り総理を心身ともに癒すような優しい女性になってほしい。 また、もっと日本の歴史や世界に関する勉強をしてスマートになってほしい。 (頭がお花畑なのはしょうがないが努力)もう本当に何もしないでほしい。

次の

疑惑の安倍昭恵首相夫人の実家、森永製菓と森永乳業の醜い確執…経営統合に失敗

安倍昭恵 森永

安倍昭恵夫人(安倍晋三の妻)は子供はいる?? 安倍昭恵夫人と安倍晋三首相との間に、 子供はいません。。。 二人は、 1987年6月に結婚しており、 安倍昭恵夫人は20代の結婚となりましたが、、、 子供には恵まれませんでしたね。。。 ただ、 二人は計画的に子供を作らなかったわけではなく、 不妊治療を試したり、養子縁組を検討したこともあったそうです しかし、 現状、二人の間に子供はいません。。。 今後、 もしかしたら、養子を取る可能性はあるかもしれませんね。。。 安倍昭恵夫人は養子をとるのか? 安倍昭恵夫人と安倍晋三首相は、 お互いに名家で育っていることから、 一族を継ぐ為にも、養子問題は気になるところです。。。 というのも、 庶民の私たちにはさっぱりわかりませんが、 こういう名家名門にとって、その血を継いで繋げていくというのは非常に大切なことだからです!! しかも、 ただつながっていくというのでは、意味がありません。。。 その家を代表するような功績のある大人物の後ろに繋がってこそ、 家系図の価値は上がるというもの……らしいです。。。 と、なると現安倍家においてはそれは当然安倍総理ということになるのですが、、、 安倍総理と昭恵夫人の間には、、、 未だ子どもはいません。。。 常識的に考えて今後も難しいだろうと思われます。。。 そこで持ち上がってくるのは 「養子」となるのですが、、、 現在一番の候補は、安倍総理の実の兄である 安倍寛信氏の長男寛人氏だと言われています!! もちろん、 どうなるのかは詳しくはわかりません。。。 名家も大変ですね。。

次の

安倍昭恵の森永製菓の家系図!兄弟は次期社長?|大学や学歴・血液型も!|メモリア

安倍昭恵 森永

自民党の総裁選に安倍首相が勝利しましたね。 その夫人である安倍昭恵さんは、森永製菓のお嬢様です。 森永製菓のお菓子を食べたことのない日本人などいないでしょう。 【参考】 安倍昭恵夫人の経歴 まずは、安倍昭恵さんの基本的なプロフィールを確認。 旧 姓:松崎昭恵 生年月日:1962年6月10日(2018年で56歳) 出 身:東京都 出 身 校 :聖心女子学院聖心女子専門学校 立教学院立教大学大学院 職 務:内閣総理大臣夫人 役 職: 森友学園「瑞穂の國記念小學院」 名誉校長(2017年2月辞任) 「御影インターナショナルこども園」 名誉園長 一般社団法人 「鈴蘭会」 名誉会長 80年代スキー復活実行委員会 名誉会長 ミャンマー祭り実行委員会 名誉会長 NPO法人メコン総合研究所 名誉顧問 古民家再生宿泊施設「田楽庵」 名誉会長 おんなたちの古民家 名誉会長 東京宗像会 名誉会長 社会福祉法人中部少年学院後援会 名誉会長 NPO法人「アース・アイデンティティー・プロジェクツ」 名誉会長 一般社団法人「スーパネスンスアカデミック」 名誉会長 ローズの会 名誉会長 全国身体障害者ほじょ犬サミット実行委員会 名誉会長 NPO法人「US-Japan LINK」 名誉会長 おなごの会 名誉会長 FUJISAN 地球フェスタ WA 2016発起人及び実行委員会 名誉顧問 一般社団法人「UKC JAPAN」 名誉顧問 JAL向津具ダブルマラソン 名誉顧問 全国棚田サミット 名誉顧問 一般社団法人 「日本障がい者雇用推進協会」 名誉顧問 女性未来農業創造研究会 名誉理事 ハイスクール世界サミットin福島大会 名誉顧問 一般社団法人 「日本ヒートアイランド対策協議会」 名誉顧問 日本エシカル推進協議会 名誉顧問 メディアに出るたびに国民のはてなスパークを誘発する安倍昭恵夫人ですが、ふだんどんな仕事をやっているのか調べてみたところ、総理夫人なのですからいろいろな団体から声がかかるものですが、不思議と「名誉」ばかりがついてます(爆笑)。 こういった肩書きにこれだけ「名誉」がつく理由は、 「ちょっとだけ関係を持って、総理大臣の影響力のおこぼれにあやかりたい」 という団体側の本音のあらわれです。 アベトモ候補ですね。 安倍昭恵夫人はそういう団体側の思惑を知ってか知らずか(たぶん利用されているんでしょうけれども)、善意の権力を行使できる対象がたくさんある方が、その分優越の満足に浸ることができます。 脇の甘すぎる善意につけこまれて多くの人に利用され続け、人間の本音に無神経で無頓着な安倍昭恵夫人の背景について調べてみました。 安倍晋三氏は あんなんでもものすごい名家出身のボンボンで、そうそうたる顔ぶれの親戚がわさわさしており、こちらを入れたら複雑になりすぎるので昭恵夫人の外戚関係は割愛します。 ここでは、昭恵夫人の実家の血筋にのみ焦点を当てて説明していきます。 スポンサーリンク 曽祖父・松崎半三郎 1874~1961 松崎半三郎氏は昭恵夫人の曽祖父、つまりひいおじいさんは、森永製菓の創業者の一員です。 森永製菓というのももともと、森永太一郎という人が1899年(明治32年 に設立した「森永西洋菓子製造所」が前身。 森永太一郎は半三郎氏より9歳年上で、没落した商家に生まれましたが明治という時代に渡米し、人種差別の苦難にあいながら様々な西洋菓子の製法を身に付け、森永製菓の前身となる「森永西洋菓子製造所」を設立、日本に西洋菓子を普及させました。 ちなみにキリスト教徒です。 半三郎氏は貿易会社に勤めていましたが、1905年の31歳の時に経営実務担当のパートナーとして森永太一郎氏に森永西洋菓子製造所に迎え入れられました。 以後、最近まで森永家と松崎家が交代で社長に就任しています。 最初から半三郎氏とは共同経営者的な立場で、招聘時から専務待遇だったようです。 1935年の61歳から1946年の72歳までの11年間、森永製菓の社長をしており、太平洋戦争中の激動の時代の日本人の食事を支えました。 日本陸軍医学校と共同でペニシリンの開発に着手し、国産ペニシリン「碧素一号」を完成した時の社長で、戦争で傷ついた人々を救った時の社長です。 戦争終了後に社長は退任していますが、その後は会長・相談役を歴任しています。 享年87歳。 副社長であって社長には就任しておらず、表立って目立たない2代目だった様子。 「ホットケーキの素」が販売された頃の人で、エンゼルパイ、キョロちゃんデザインのチョコボール、チョコフレークなど、むかし懐かしのチョコレート菓子がたくさん開発されました。 奥さんは医者・大学教授の家系で、1男4女をもうけました。 享年99歳。 父・松崎昭雄 1931~ まだ存命ですが、やはり森永製菓に人生の全てを捧げています。 東京都生まれ。 1955年 22歳で立教大学経済学部卒業、森永製菓に入社。 1974年 43歳で森永ゼネラルミルズ社長。 奥さんの旧姓は森永恵美子さんで、創業者の太一郎氏の孫娘です。 繰り返すようですが、森永製菓は2012年までの約100年間、森永家(製造技術)と松崎家(番頭)のツートップ体制で経営されてきています。 それがこの時、3代目の松崎昭雄氏の代になって、森永家と松崎家が婚姻により統合されました。 その結果生まれたのが昭恵夫人。 昭恵夫人の両親は、ふたりとも森永製菓の創業家の直系の血筋であり、つまり森永家と松崎家の ハイブリッドなのです。 なお、昭恵夫人には同じ 森永製菓ハイブリッドの弟がおり、松崎勲 2018年で53歳 という方で、やはり森永の執行役員をしております。 この人は大ヒット商品「ウィダーinゼリー」を販売した人です。 また、今まであまりに長いあいだ森永と松崎で固めた経営をしてきた森永製菓ですが、兄弟会社である森永乳業と統合話が出た時にいろいろすったもんだがありまして、現在の森永製菓の社長は創業家以外の人が社長に就任してます。 スポンサーリンク 森永ハイブリッドの昭恵夫人 森永製菓は「製造技術の森永家」と「番頭の松崎家」のふたつの血統で運営されており、交互に社長を輩出しています。 昭恵さんは母親が森永家、父親が松崎家の出身で、ふたつの家が統合した結果生まれた人です。 旧姓が「松崎」ですので、番頭の家の方の出身です。 「森永のご令嬢」昭恵夫人は、母親と同じ聖心女子学院聖心女子専門学校を卒業しています。 聖心女子というのはご存知のとおり、東京都港区白金に所在する、シロガネーゼな完全小中高一貫教育の私立の女子小学校・中学校・高等学校です。 イメージがだいぶ壊れますが、昭恵夫人は「生粋のお嬢様」という種族です。 何不自由なく育った昭恵夫人ですが、派手好きでキャリア志向が高く、広告業界で仕事をするために聖心女子「大学」ではなく聖心女子「専門学校」の英語科へ内部進学。 ときどき「昭恵夫人は成績が悪かったため大学に行けなかった」と噂されますが、早く社会に出て仕事をしたかったという動機だったのだとすれば、筋は通っているように思えます。 しかし、噂ではディスコに通ったり不良気味のファッションをしたりと、意外と活発に遊び歩いていたとききますので、やっぱり成績はイマイチだったのでは。 そして卒業後は電通に入社しました。 バブルまっただ中の1987年。 森永ハイブリッドのご令嬢でもありますし、万が一どんなに成績が悪くても、入社は容易だったでしょう。 しかし、 電通の上司の紹介で1984年の22歳の時に安倍晋三と出会い、1987年6月に25歳で結婚し、退社しています。 この電通の上司が安倍総理の友人で、「会ってみないか」と安倍総理を昭恵夫人に紹介したのです。 初めて安倍総理(この時は大臣やってた父親の秘書官でした)と昭恵さんが顔を合わせたのは、原宿のパブ。 その時の昭恵さんに対する第一印象は、 「約束の時間に30分くらい遅刻してきた」らしく、あまりよい印象ではなかったそうです。 大臣の息子を待たせるなんてすごい神経ですねえ。 その後は話が合い、世間知らずのお坊ちゃんとお嬢さんどうしで、ウマは合ったんじゃないかと思います。 日本が誇る大企業、 森永ハイブリッド出身とは言え、まあものすごい家に嫁いだものだと思います。 その後は、不妊に悩んだり、姑・安倍洋子さんとの確執に悩んだ時期もありました。 阿部洋子さんというのはもちろん安倍晋三氏の母親で、夫に阿部晋太郎元議員、父親に岸信介元総理、叔父に佐藤栄作元総理を血族に持つ、 安倍家のゴッドマザーです。 唯一昭恵夫人にモノを言うことができたという阿部洋子さんさえ、空気ノーリーディングの昭恵光線で撃退。 森永つええええええええ^^;。 そんな阿部洋子さんをして 「この嫁は何を言っても無駄」とまで言わしめ匙を投げられた昭恵夫人の破天荒レコードは、現在も更新中です。 まとめ: 森永製菓さんは、子女の教育をしっかりしてください。 日本を代表する大企業の創業者一族出身で、それぞれすごい家に嫁いだのに、 正田家 美智子皇后陛下の実家は日清製粉グループ とはずいぶん違うなあ……。 私たちが使ったお金の利益で日本国民をげんなりさせるような人材を製造するなんて何やってるんですか。 甘くていいのはお菓子だけです、一族の子女の頭の中まで甘くしてどーすんですか。 製造責任とってください。 伝統ある大企業の令嬢となると、うっかり政治家の家に嫁ぐことだってあるんです。 いえもううっかりじゃすまされません、そちらの会社の管理不行き届きで、どれほどの不利益が国民に降りかかっていることか。 昭恵夫人は名家出身としては珍しく、海外留学経験はないんですね。 「森永」という血統的に純粋な背景を持ち、聖心女子というお嬢様空間で純粋培養され、社会に出た経験も実質4年程度年しかありません(うち3年は政界の御曹司とお付き合いなので、気を遣われたんだろうな)。 世の中のことを全く知らないので、お嬢様育ちらしく、「私私私」と頭にお花を咲かせるばかりで深く考えないタチなのでしょう。 その場で求められる行動のポイントをいちいち外し、相手の要求に照準を合わせることがそもそもできない、そしていつまでたってもできない人なのです。 電通の上司が昭恵夫人に友人とはいえ安倍晋三氏を紹介したのも、仕事上あまりに使えなかったからで早くいなくなってほしかったからじゃねーの?と思います。 ファーストレディになってからの、あの 怪光線スパーク乱れ打ちぶりをみると、どうしてもそんな気がするんですけど……。 昭恵夫人は、安部総理と結婚してわずか6年後には「衆議院議員夫人」、さらにその3年後には44歳という若さで「内閣総理大臣夫人」になります。 無邪気で未熟な精神のまま、一国の最高権力者の妻になってしまったのです。 実家も学歴も「純粋」すぎた昭恵夫人。 私は安部総理のことは好きではないのですが、悪妻に悩まされる男性の悲哀は少し理解できますので、大変なんだろうなーと思います。 純粋培養のお嬢様に、財力と権力がブーストされると各方面に甚大な影響が出るという、良い例です。 【参考】 スポンサーリンク スポンサーリンク.

次の