小池百合子 功績。 【炎上】小池百合子の故人志村けんに対する発言がひどすぎる!非難の声多数!|フットライフブログ

小池百合子都知事が「最後の功績」発言で炎上!?志村けんの死去のコメントに違和感!

小池百合子 功績

相変わらず、不要不急の記者会見を繰り返している東京都知事の小池百合子氏。 パフォーマンスに明け暮れる小池氏だが、新型コロナウイルス対策として、唯一、他の各自治体に先んじて発信したことがある。 それが、「協力金」だ。 しかし、協力金の原資を見ると、その功績は、小池都政で築かれたものではなく、石原慎太郎都知事のレガシーだった。 休業要請と同時に発表した協力金 小池氏は、自身の後手後手だった新型コロナウイルス対策を挽回すべく、国民・都民に対して、危機感を煽りに煽った。 そして、小池氏は、その手法を、緊急事態宣言の発出以後もなんら変えていない。 危機感を煽ることが、強いリーダー像を構築するのに大きく役立つと考えているからではないか。 そんな小池氏が、休業要請と同時に、発表したのが、「協力金」だ。 東京都の小池百合子知事は10日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、娯楽施設や大学、劇場などに11日から5月6日まで、休業を要請すると発表した。 実効性を高めるために要請に応じた中小の事業者に1店舗50万円の「協力金」を給付する方針も示した。 小池氏は「都の感染者数はほかの道府県に比べて突出している。 多くの人が往来する首都の特殊性も勘案した結果、休業要請をすることにした」と説明。 その上で「都民の命や、逼迫する医療現場を守るためにも、何とか人と人との接触を8割抑制することが必要。 都民には危機感を共有してもらう必要がある」と協力を求めた。 (略) 引用元 小池氏が発表した「協力金」で、もっとも困惑したのは、各道府県だ。 各道府県が「協力金」を発表したとしても、都と違って潤沢な資金はないため、金額に差が出てしまう。 足並みを気にせず、自身さえ目立てばよいという小池氏の本質が、この場面でも伺える。 そして、この協力金の原資は何か。 それは小池都政の功績ではなく、石原都政の功績だった。 小池都政で蓄えた??否!石原慎太郎都知事のレガシーだ! 小池氏が組んだ補正予算は、3574億円にも及ぶ。 リーマンショックの時でさえ対策費は1800億円だったことからしても、大規模なことがよくわかる。 しかし、これだけの大規模な補正予算を組むためには、当然のことながら軍資金が必要だ。 (略) なぜこれほどまでの予算を組めるかといえば、 「東京都には巨額の財政調整基金が積み立てられていました。 この基金はいわば自治体の内部留保。 今回の予算もこの基金を取り崩して編成しているのです」(同) 都によれば、財政調整基金の額は昨年度末の時点で9032億円。 一極集中のなせる業だ。 ちなみに、大阪府は1562億円、お隣の神奈川県はわずか610億円でしかない。 「いま、東京都の一般会計予算は7兆円にまで達しています」 と語るのは元都知事で現在は大阪府・市特別顧問を務める作家の猪瀬直樹氏。 (略) 引用元 他の道府県と比較し、多くの財政調整基金が積み立てられている。 しかし、何一つ功績を残せていない小池都政に、なぜここまで莫大な財政調整基金があるのか。 (略) 「私が都知事だった時代は6兆円程度でした。 その後アベノミクスの好景気で歳入が伸び、現在に至っています。 加えて、これだけの基金が積み上がったのは、 小池さんの能力が高いから、というわけではなく、石原慎太郎さんの功績が大きいといえるのです」 石原氏が都知事に就任したのは、1999年。 当時、一般会計の巨額の赤字が問題となっていた。 「財政破綻する可能性もあった中、石原さんが労組と話し合い、給与をカットするなどの様々な策を講じ、再建しました」(同) かつて小池都知事のことを「大年増の厚化粧」と揶揄し、対立。 世間から批判を浴びた石原氏の功績が今回の補正予算を支えているとは、なんとも皮肉なものである。 (略) 引用元 猪瀬元都知事の証言によれば、巨大な財政調整基金は、小池都政で築かれたものではなく、巨額の財政赤字を石原氏が、様々な対策を講じて解消した結果、築かれたものだ。 何一つ功績、小池氏流に言えばレガシーを残せていない小池氏が、 石原都政のレガシーを食いつぶし、小池氏自身のレガシーにするのは滑稽でしかない。 協力金の給付は、小池氏だからできたものではない。 石原氏の弛まない努力があったからこそ支給が可能なのだ。 小池氏は、会見で自身のアピールばかりをするのではなく、石原氏、そして石原都政を支えた人達に感謝を述べるべきだ。

次の

小池百合子都知事が通うラーメン屋は?全部のせを完食する64歳!

小池百合子 功績

タレントの志村けんさん(享年70)が、3月29日午後11時10分、新型コロナウイルスによる肺炎で死去した。 発症が発表されてからわずか1週間での訃報に日本中が悲しみに暮れた。 芸能界からも志村さんの死を悼む声が相次いだ。 「ザ・ドリフターズ」のメンバー・加藤茶(77)は「ドリフの宝、日本の宝を奪ったコロナが憎いです」と事務所のHPにコメントを寄せた。 また12月公開予定の映画『キネマの神様』で志村さんと共演する予定だった菅田将暉(27)は、30日放送の『菅田将暉のオールナイトニッポン』で「個人的には、これからだったので。 テレビで見ていたスーパーヒーローとこれから一緒にモノづくりをするという段階でこういうことになったので」と悔しさを滲ませていた。 そんななか、小池百合子東京都知事(67)の哀悼コメントが物議を呼んでいる。 30日、都庁で報道陣からのインタビューを受けた小池知事はこう発言した。 「まず、謹んでお悔やみを申し上げたいと思います。 志村さんといえば、本当にエンターテイナーとして、みんなに楽しみであったり笑いを届けてくださったと感謝したい。 最後に悲しみとコロナウイルスの危険性について、しっかりメッセージを皆さんに届けてくださったという、最後の功績も大変大きいものがあると思っています。 《志村けんの訃報による小池都知事の最後の功績発言 言いたいことはわかるし多数がなんとなく感じてるけど言葉が悪い 「最後に警鐘を鳴らしてくれた」とかいうのが普通 功績なんて言ったら「死んでくれてありがとう」と解釈されても仕方がない 都知事レベルだから大失言だよほんと》 《「よくぞ死んでくれました」と言ってるようなものじゃないか。 初主演映画も決まり、朝ドラだって重要な役で出るはずだったんだ。 死んだことが功績だなんて、言われたくはなかったはずだ。 もっと、もっと、生きて仕事がしたかったはずだ》 《亡くなった故人の無念や想いを考えれば別な表現がいくらでもあるはず》 いっぽうで小池知事をフォローする声もあがっている。 《小池都知事の発言がどうこうじゃなく、これから志村けんさんの死というものを残された自分たちが本当に功績にしていかなきゃいけない。 あんな偉大な人の最期がコロナに負けたじゃ納得いかない。 あの人が日本を救ったって言えるぐらい》 《小池都知事の「最後の功績」は不適切だとは思うけど、生前は全国民を比類なく笑顔にして、死後はコロナの恐ろしさを身をもって国民に知らしめて、きっとそのおかげで助かる命が沢山あって、結果論だがこんなに偉大な人がいるだろうか、とは思う。 もちろんもっと長生きして欲しかったけど》.

次の

小池都知事…志村けんさんの死去を「最後の功績」と表現し…ネット上で批判の声「もう少し言い方考えられないのか…?」

小池百合子 功績

劇場型の選挙。 つまり政治のことや実務に疎い層をとりこんで、 わかりやすい言葉を巧みに使って有権者をだまして選挙に勝つ。 そういう実績だけはあると思います。 しかし政治のことを知っている人や、 仕事で実務経験の豊富な人から見れば、 この女のひどさはすぐに見破られます。 後からきて前任者のケチなんて誰だってつけられる。 そんなことだけやっていては、 実務が停滞するのはわかりきっています。 市場についてですけど、 だいたい東京沿岸部で完全に安全なとこなんて殆どない。 江戸時代に埋め立てた日比谷あたりなら安全でしょうけどね。 でも日比谷は今やオフィス街。 明治以降は石油製品が入ってきているから、 完全に安全な沿岸部なんて皆無。 特に昭和30年代以降に埋め立てたとこなんて、 安全な場所なんてありません。 沿岸部でなく江戸時代に鷹狩したと言われている三鷹とか、 あのあたりの住民を全部どかして市場を作れば良い。 まっ、あのあたりは権利意識も大きい住民が多いので、 反対運動にあって計画はとん挫するに決まっている。 まっ東京は優秀な奴もいるが、 それ以上にたいして能力のない人も多くいますからね。 そういう人は小池に騙されて、 また都民ファーストに一票投じるんじゃない。 もっとも長野県にも田中康夫という県知事が昔いて、 見せるために政治をしていたが、 あまりにも劇場型だったんで、 そのうち有権者から見破られて落選しました。 で長野県で通用しなくなってから、 あっちこっちの地域へ候補に出てフラフラしていて、 定まる場所を見つけられないようですね。 ただただ時間の無駄だった。 400億円削減したとういうのも内訳を明示していなくて怪しい限り(予備費付け替えただけなんじゃないの疑惑がある)。 プラス要素は皆無。 駐車場問題も黄信号からそろそろ赤信号に変わりそう。 迷惑と損害と混乱ばかり。 どう考えても大したことないよね(というか付き合わされる企業は迷惑なだけじゃないの?)。 批判を受けたので選挙対策のために見直そうかしらとか言いだしたけど、そんなことできるわけもない。

次の