コミュニケーション 能力 鍛える。 コミュニケーション能力とは?6つの構成要素とそれぞれの高め方を解説します

コミュニケーション能力とは?6つの構成要素とそれぞれの高め方を解説します

コミュニケーション 能力 鍛える

こんにちは! DJのMKです。 今回は主に学生さん向けの話題ですね。 コミュニケーション能力を鍛えるのに打ってつけのバイトをご紹介します。 「就活のためにバイトでコミュ力を磨きたい!」 「社会人になっても役に立つコミュニケーション能力を磨きたい」 「もっと人とうまく関われるようになりたい」 という想いで、バイトを探している人も多いと思います。 僕も学生の頃は数々のアルバイトをしました。 カフェ、ファストフード店、高級レストラン、ビジネスホテル、ライブハウス、居酒屋・・・・ 今改めて振り返ってみると、結構いろんなことやってます 笑 でも 今考えるとどれもやっておいてよかったなぁと思います。 これらのバイトでの経験は 「対:社会」でのコミュニケーション能力をじわりじわりと鍛えてくれました。 この記事に書かれていること• 学生時代にいろんなバイトをすべし! まず僕が思うのは、 「学生時代にとにかくいろいろなバイトを経験しておいた方がいい」ということです。 バイトほどいろんな経験をできる場所はありません。 世の中すべては「経験」です。 1度経験したことは次からも抵抗なく取りかかれるし、話題としても経験していればそこからいろんなことが語れます。 就職してしまうと1つの職場からなかなか離れることはできないので、限られた人や業務しか経験できなくなってしまいます。 社会に出てみるとわかるのですが、就職すると本当に世界が狭くなります。 見えない謎の縛りが自分自身を覆って、1つの世界からなかなか抜け出す機会がないのです。 特にコミュニケーション能力を鍛えたいのであれば、いろんなタイプの人間に出会うことが大切です。 出会う人間はその場所・場所によって驚くほど違います。 所得が高い人々が多く訪れるお店、庶民的な人々が気軽に集う食堂、とっても自由な人が集まる場所・・・など、そのお店で働いている人のタイプも違えば、来店する人の質や傾向も全く変わってきます。 だからいろんな人と出会ってコミュニケーション能力を鍛えるならば、いろんなバイトすることが大切です!! 1つでも多くのバイトをすれば、それだけ違うタイプの人と出会って、コミュ力は鍛えられます。 厳選!コミュ力が鍛えられるバイト5選 では、ここからは僕の経験と知識を基に、コミュニケーション能力がガッチリ鍛えられるバイトを5つご紹介したいと思います。 普段私たちは「社会性」という仮面をかぶって生活していますが、酔ってしまうその仮面がはがれます。 すると「素」が出てくるのです。 その「素」の部分が個性であり、人間性です。 居酒屋でのバイトは そうした素が丸出しになった人に毎日、何十・何百と出会える場所なのです。 その1つ1つがあなたのデータとなり、「あっ、この人はあの時会った人に似ている」という引き出しになります。 この引き出しが多いほど、コミュ力は高くなっていくのです。 また居酒屋ではマニュアルだけでは通用しない対応を求められる場面も多々あります。 酔っぱらいは何を言ってくるかわからないからです。 女の子ならナンパされます。 男の子ならお客さんのノリに合わせて、盛り下がらない対応が必要になります。 そうした臨機応変なコミュニケーションも1つ1つ大切な財産になり、社会で1番求められるコミュニケーションスキルになります。 バーでのバイトもおすすめです。 バーはお客さんが話をしに来る場所です。 成熟した大人の話をたくさん、深く聞けます。 こんな素晴らしい経験はなかなかできません。 また、バーはいろいろな人生経験をした人が集まりやすい場所です。 稼いでいる人や面白い経験をした人、話がうまい人など、普段では出会えない人に出会えることも魅力的です。 僕もやっていたのですが、ホテルは基本的に品格が漂う場所です。 なので、働いている人は言動や振る舞いに品格やそれ相応のサービスを求められます。 こうした社会性の高いコミュニケーションは、ビジネスの場面でとても必要になります。 言葉遣いについても、しかりです。 品のある振る舞いや細かな気配りは、普段の生活ではなかなか鍛えられません。 ですが、ホテルではそこをしっかり鍛えられるので、後々この経験が社会で非常に役に立ちます。 特に細かい気配りができることは、人の心をがっちり掴むので強力な武器となります。 そして、来店するお客さんの質が高いこともホテルでのバイトの魅力です。 こうした質が高い人たちの世界は、「オーラをまとう」という点で触れておいた方がいいと思います。 そうした世界に触れていると自然とそちら側に引っ張られていく気がします。 質の高い人たちとの接し方も大きな経験になるはずです。 ビジネスホテルならば、「ビジネスマンとはどういう人たちか?」を学べます。 ビジネスシーンの世界は学生の時代にはなかなか経験することはできませんからね。 【ちょっと・・・お知らせ】 「コミュニケーションが苦手」「コミュ障で悩んでいる」「もっとうまく人と関われるようになりたい」 といった相談をたくさんいただき、 「コミュ力アップの方法をもっとわかりやすく伝える方法はないか?」と考えた結果、 効果的なコミュニケーション能力アップのノウハウを動画に凝縮しました! このブログでも効果的なメソッドをお伝えしていますが、動画では、文字だけでは伝えきれない実践的なノウハウをわかりやすくお伝えしています。 なぜなら、コールセンターは 「言葉のみのコミュニケーション」が鍛えられるからです。 相手とは音声でしかやり取りができないので、言葉だけで相手との距離感や関係性を作っていかなければいけません。 ものすごく難しいことですが、そうやって音声だけに集中していると、自然に「言葉のコミュニケーション」が洗練されてきます。 どのような言葉を使えば相手との上下関係を決められるか、どういう言い回しが相手の怒りを買わないかなど、 高度な言葉のコミュニケーションを学ぶにはコールセンターは最高の仕事場です。 イメージとしては、ショッピングセンターなどでやっているインターネットの契約の仕事やウォーターサーバーの契約のバイトです。 「言葉とコミュニケーションでお金を払ってもらう」というのは、非常に高度なテクニックです。 ですが、 社会でお金を稼ぐならばこのスキルはとても大切で、それさえできれば社会で食っていけると言っても過言ではありません。 営業は天性な部分もありますが、鍛えて高められる要素もたくさんあります。 社会に出てからこうした仕事をすると結果が求められて非常にプレッシャーになりますが、学生のバイトであればそれほど結果は求められません。 そうした環境で「言葉とコミュニケーションでお金を払ってもらう」能力がお金をもらいながら鍛えられるというのは、とてもありがたいことだと思います。 1度でもチャレンジしてやってみることをおすすめします。 変わったバイトとは「え?そんなバイトあるの?」っていうちょっとアウトロー的なバイトです 笑 ですが、こうしたバイトはかなりコミュニケーション能力が鍛えられます。 なぜならば、マニュアルもなければ、自分の中に「どう振る舞えばいいか?」というデータもないからです。 ですが、 そうした臨機応変な対応は社会で最も求められる能力です。 またそうしたバイトで出会う人も変わった人が多いですし、面白い人も多いです。 そのような人と話す経験は後々、「特殊な引き出し」としてきっとあなたの役に立つでしょう。 気になる「変わったバイト・変なバイト」とは例えば以下のようなバイトです。 ・結婚式への代行参加のバイト ・愚痴を聞くバイト ・探偵のサポートのバイト ・飲食店の覆面審査員のバイト ・富士山の山小屋でのバイト などなど。 まさに「そんなバイトあるの?」というものばかりですが、世の中には結構よくわからない仕事があるのです 笑 そういう仕事があることを知るだけでも面白いと思うので、良かったら「変なバイト」で検索してみてください。 くれぐれも犯罪的なバイトや危険を伴うバイトはしないでくださいね。 まとめ いかがでしたか? 今回はコミュニケーション能力が鍛えられるバイトについてお話ししてきました。 今回ご紹介したバイトはかなりコミュ力が鍛えられると思います。 そしてその経験は必ず、就活や社会に出てからとても役に立つでしょう。 若いうちにいろんな経験をすることは後の人生でとてつもなく大きな財産になります! 臆せず、できる限りいろんなバイトで人生の経験を積んでみてくださいね! 【ちょっと・・・お知らせ】 「コミュニケーションが苦手」「コミュ障で悩んでいる」「もっとうまく人と関われるようになりたい」 といった相談をたくさんいただき、 「コミュ力アップの方法をもっとわかりやすく伝える方法はないか?」と考えた結果、 効果的なコミュニケーション能力アップのノウハウを動画に凝縮しました! このブログでも効果的なメソッドをお伝えしていますが、動画では、文字だけでは伝えきれない実践的なノウハウをわかりやすくお伝えしています。 それでは! MKでした!.

次の

コミュニケーション能力を教育する方法【悲報あり】

コミュニケーション 能力 鍛える

コミュニケーション能力、どこで磨けばいいの!? コミュニケーション能力は社会人になって必要だし、就活でも大事。 そうよく言われます。 でも、どこで磨ける能力なのかよくわからない…。 そんなあなた、必見です!今回は先輩方から聞いてきたコミュ力を磨ける場をご紹介しちゃいます! 1. 接客のアルバイトで磨け! 接客業のアルバイトです!成城石井という接客やCS Customer Satisfaction に力を入れた研修を行っている輸入食品店で働いていたことが良い経験になりました。 やはりコミュニケーション能力を養うにはアルバイトが最適だと思います。 短期や単発でできるお仕事ではありませんが、人脈や新しい友達の輪、いろいろな人を相手にするお仕事としては学べることがたくさんあると思います。 僕の場合は大学入学と同時に始めましたが、最初はわからないことだらけでした。 コンビニでのお仕事は簡単だと噂で聞いていましたが、実際はそうではなく、おぼえることがいっぱいでした。 ですがだからこそ、敬語や接客の基礎知識など、後々役に立つことが多く学べて、同年代の友達も増えていいことずくめでした。 コミュ力を鍛えるには人と人が接する接客のアルバイトがいいそうです。 アルバイトなら、きちんと仕事をしなければいけないという責任感も伴って、早く磨かれそうですね。 対人マナーも磨けて、お給料ももらえるので、お得感もありますよね! 2. 教育系アルバイトで磨け! バイト先で電話をとる役目があり、それがコミュ力を上げるのに役立ったと思います。 電話だと特に沈黙は気まずく、何かしら話題をふる必要があるので、緊張はしますが鍛えられます。 また、塾の保護者面談や保護者会で保護者と話すことも役立ちました。 言葉遣いや雰囲気に相当気をつけながら話題提供をしなければいけないので、これ以上大変なコミュニケーションは少ないだろうと思えるようになりました。 塾講師時代は小学生~高校生までの自分よりも年下の世代と、企業の事務を行っていた時には自分よりも年上の世代と仕事の上で交流しました。 普段はどうしても自分と同じ世代の大学生との交流に終始してしまいがちですが、違う世代との交流からも学ぶ事は多かったです。 これらのアルバイトを経験したことは大きかったと感じています。 また、親御さんとの対話やクレーム対応などもコミュニケーション能力。 筆者も、家庭教師先の親御さんと折り合いが難しかったこともあり、しかしその経験も一つコミュニケーション能力の糧となっているような気がします。 大学で磨け! 当たり前のように感じられますが、新歓のときです。 新入生からみても周りは知らない人ばかり、上級生からみてもどの新入生がどんな人かも分からない。 ここで仲良くなるにはコミュニケーション力が必須なので、自ずと鍛えられます。 少ない人と深く付き合うというのも一つの方法ですがいい意味で浅く広く付き合うことができます。 その際とにかくいろんな人と話すことを厭わないのが大切です。 教える能力は勿論ですが、出来る限り授業を受けている人たちと仲良くなって、なんなら飲み会開くぐらいまで行っていい。 本当に仲良くなれる人はごく一部かもしれないけど、いろんな人との人との出会いは、自分と合わない人含めて大切だと思います。 男子校・女子校の出身者だと、異性とコミュニケーションをがっつりとる初めての場になることも。 大学のいろいろな機会を利用すると、情報も入ってきやすいし、いろいろな刺激を受けられますよ! まとめ いかがでしょうか?意外に身近な場で、コミュ力を上げる方法、あるものですね!就活や仕事をしてから、コミュニケーション能力はとても重要といいます。 とくにチーム力が試される職場ではなおさらのようです。 ぜひ、みなさんもコミュニケーション能力を大学のうちにしっかり磨いてみてくださいね! 関連リンク• 記事執筆:みつ 都内某大学院で法律を勉強中。 一人暮らしに勉強にアフター5に、頑張っています!.

次の

コミュニケーション能力が鍛えられる最適な場所5選!

コミュニケーション 能力 鍛える

1.コミュニケーション能力を鍛えるための方法4つ ビジネス上の人間関係においても、コミュニケーションはとても重要です。 コミュニケーションとは、会話などを通して相手を理解し、自分を理解してもらうことです。 つまり、一方通行なものではなく、お互いを理解し合う方法なのです。 コミュニケーションの構成要素を大きく2つに分けると、 「伝えること」と 「受け取ること」があげられます。 この2つの能力を高めるためには、さまざまなスキルが必要とされますが、 その基本的なものとして、4つの方法をご紹介します。 1-1.「伝える力を養う」2つの方法 コミュニケーションをスムーズに行うためには、 自分の意見や考えを、相手に明確に伝えることのできる能力が必要です。 自分の気持ちが相手に誤解なく伝わることで、理解が深まり、良好な人間関係の構築にも繋がります。 ここで築かれた人間関係が土台となり、その後のコミュニケーションをさらに円滑に行うことができるのです。 相手に伝える力を養うときには、伝える力を磨きながらも、相手との信頼関係を築けるよう、意識しましょう。 1-1-1.方法1:目的・結論から話す 相手にわかりやすく伝えるには、 話の要素(情報)をどのような順番で伝えるかが大切です。 特にビジネスシーンでは、まず結論や目的から話すことを心がけていきます。 」と目的を伝えてから話す。 なぜなら・・・」と、結論から話す。 仮に目的や結論がなく話が始まると、聞く側はその話題について「考える」ために頭を使うことができず、一体何を伝えたいのかを「理解する」ために頭を使う必要があります。 会話や話の始めに目的や結論を伝え、相手が聞く準備ができるようにしましょう。 わかりやすく伝える力を養うために、プレゼンテーションなどでも多用される プレップ法という、説得力を高める話の構成のパターンをご紹介します。 」 ビジネスシーンで、このような話の構成を、ぜひ意識して使うようにしてみてください。 論理的でわかりやすく、説得力が高い話し方が身につくでしょう。 ぜひご覧ください。 1-1-2.方法2:言葉・話し方を相手に合わせる わかりやすく伝えるには、聞く(聴く)側に徹底して合わせることが必要です。 例えば、相手の知っている知識やレベルに合わせた情報量を伝える。 相手がわかる言葉、よく使う言葉で伝えることが大切です。 学校の授業を思い出してみてください。 小学1年生の教科書が、ほとんどがひらがなで書かれているのは、小学1年生はまだ漢字が読めないからです。 時々、専門用語を多用してプレゼンテーションを行う人がいますが、相手が同じかそれ以上の知識や専門性を持っていなければ、あなたの話は全く通じないどころか、あなたのコミュニケーション能力は低いという印象になるでしょう。 相手に合わせるのは言葉や知識量だけではありません。 人には、自分と似たものに対して親近感や安心感、好感を持つという 「類似性の法則」が働くと言われます。 仲の良い2人を「息が合う」「ウマが合う」と表現しますよね。 一昔前は、ペアルックやお揃いのアクセサリーを身につけることが、仲の良さの象徴でもありました。 ですからすでに仲の良い、信頼が築かれている状態を先に作っていくことで、コミュニケーションもスムーズになり、信頼も早いうちに築くことができるのです。 以下のような、言葉以外の要素(非言語)の コミュニケーションも合わせて行きましょう。 話すスピード• 声のトーン(高低)• 声の大きさ• 身振り手振り• 表情 こうした言葉以外(非言語)の要素には、 時には言葉よりも強いメッセージとして相手に伝わります。 相手に対して、安心感や好感を持ってもらうために、 この強いメッセージを意識してコミュニケーションに取り入れて行きましょう。 1-2.「受け取る力(聴く力)を養う」2つの方法 効果的なコミュニケーションを図るには、相手に伝える力だけではなく、相手の意見や考えを受け取る力も必要です。 相手が「きちんと聴いてくれている」と感じられるような聴き方をしたり、気持ち良く話せるように促したりする必要があります。 自分が相手に伝えるばかりでは、相手の気持ちを受け取ることがおろそかになってしまいます。 なぜなら、相手は自分に意識を向けてくれていないと感じ、口をつぐんでしまうこともあり得るためです。 そうなると、当然のことながら、コミュニケーションは円滑に進まなくなります。 「いつも自分は人との会話が続かない」と感じているとしたら、受け取る力が足りないせいかもしれません。 1-2-1.方法1:相手の話にしっかりと耳を傾ける より良いコミュニケーションを図るには、相手の話に心と体を傾けて聴くこと(傾聴)が大切です。 この技法は、カウンセリングの場における基本姿勢のひとつです。 傾聴とは、ただ相手の話を聞くということではありません。 相手の話を途中で遮ることなく、しっかりと聴くことが求められます。 それはなぜでしょうか。 たとえばあなたが、職場の上司に 「昨日のプレゼンが大変だったんですよ」と話したとき、上司から 「プレゼンが大変なのは当たり前だろう」と言われたとします。 あなたは、プレゼンがどう大変だったのかを聴いてほしかったのに、 その一言によって「会話のキャッチボールが成り立たない」状況になり、そこで会話は終わってしまうかもしれません。 上司に対して、心理的な距離感を感じてしまうかもしれませんね。 しかし自分が聞く立場になると、つい相手の話の途中で、自分の意見を口に出したくなることもあると思います。 大切なのは、たとえ相手の考え方が間違っていても、 一旦は否定せずに聴くことや、必要な部分では相槌やうなずきを入れ、 相手の話を真剣に聴いているというサインを出すことです。 1-2-2.方法2:バックトラッキング バックトラッキングとは、相手が自分に対して信頼感を持ってくれる聴き方であり、相手の話しを促す聴き方です。 具体的には、相手が発した言葉に対して、 それをオウム返しのようにくり返しながら、会話を進めて行くというスキルです。 大切なのは、相手の言葉をそのまますべてくり返すのではなく、以下を行います。 相手が話した事実をくり返す• 相手の話した感情をくり返す• 話した内容の要約 バックトラッキングすることにより、 相手にとって「自分の話を真面目に聴いてくれている」という、安心感を生み出すことにつながり、さらに相手が話をしやすくなります。 また、相手の話をきちんと聴き、言いたい内容を要約して伝え返すという作業は、 自身が相手に何かを伝えたいときに、要点を分かりやすく伝える訓練にもなります。 上司からの指示を受けて確認する、電話対応や伝言を受ける、ヒアリングするなどのビジネスシーンでも大いに役立ちます。 人の話をしっかりと聞く• 相手の感情をくみ取る• わかりやすく表現をしながら物事を伝えられる• 相手の口調や動作を見て会話を進められる 2-1.コミュニケーション能力が高いと仕事にもメリットが? プライベートではもちろんですが、 ビジネスシーンにおいて、コミュニケーション能力をきちんと高めている人は、 周りの人から信頼されるため、仕事面でも大きなメリットがあります。 人の話を聴く力が高ければ、 打ち合わせなどでも相手の話を聞き漏らすことが少なく、また相手の言いたいことも 十分に引き出すことができます。 「自分の考えや意見をよく理解してくれる」「あの人に頼めば間違いない」と評価があがります。 分かりやすく話を伝えてくれると、相手も仕事内容や要点が容易に理解できます。 結果、相手やチームなど、関わる人全体の仕事のパフォーマンスを向上させることができます。 人への指示やプレゼンテーションの説得力が高ければ、当然人を動かす役割を任されていきます。 4.まとめ 高いコミュニケーション能力を身につければ、 良好な人間関係を築くことができるようになります。 そうすると、ビジネスでは、接する人たちとのやり取りがスムーズになり、効率よく高い結果を作ることができるようになります。 プライベートでは、お互いのことをより深く理解することができるようになる。 人間関係のストレスを抱える人はたくさんいますが、そうしたストレスが軽減され、周りの環境を快適に整えていくことが可能になるでしょう。 もしもあなたが、コミュニケーション能力が低いなと感じていても、その能力やスキルは、後天的に身につけることができるのです。 ちょっとしたポイントや、この記事でご紹介するような基本の要素を学んでおくことで驚くほど飛躍させることができるでしょう。 これらのことは、 すべて「コミュニケーション」次第で変化します。 私たちの周囲には、日々の人間関係の中で辛い思いや苦労をしている人がたくさんいます。 もしかするとあなたも壁にぶつかった経験を持つ1人かもしれませんね。 そうした辛い思いも、コミュニケーションの秘訣を知っているだけで、実は簡単に解決してしまうことがたくさんあるのです。 もし、あなたが今、苦しい思いや辛い経験をしていて、 そこから早く解放されたい、あるいはもっと仕事で必要とされたり、周囲を巻き込めるような存在になっていきたいと真剣にお考えであれば、このeBOOKはその初めの一歩です。 メールアドレスを入力するだけです。 今すぐ下記からダウンロードし、ぜひ役立ててください。 その時、真剣に心と身体に向き合うことを決意。 ここから心理学NLPを中心に、ヨガ、コーチング、セラピーを学び始め現在に至る。 全ユーザーの人生を豊かにする最高のコンテンツや情報を提供することに情熱を注ぐ。

次の