松田聖子 石原裕次郎。 松田聖子の娘、神田沙也加は元カレ石原裕次郎の子供?根強い噂と真相

石原裕次郎の死因真相!膵臓がんではなく松田聖子と浮気で梅毒に?

松田聖子 石原裕次郎

松田聖子 娘・神田沙也加は元カレ石原裕次郎の子供?根強い噂と真相 松田聖子の娘、神田沙也加は石原裕次郎の隠し子!? 松田聖子と神田正輝の間に生まれた娘沙也加は、実は石原裕次郎の隠し子だったという噂が、ネット上に根強くあります。 火のないところに煙は立たないと言われるように、噂というものは、曲がりなりにも何らかの事実があって、それに尾ひれがついて広まっていくものです。 しかし、最近のネットにはびこる都市伝説は、事実ではなく、それぞれの事項が持つ情報を組み合わせることによって、いかにもそれらしいストーリーが作られ、噂となって広まるようです。 その事項の情報が多ければ大きいほど、スキャンダラスであればあるほど、その噂はますます高度に構成され、増幅拡散していきます。 松田聖子の一人娘である神田沙也加が元カレ石原裕次郎の子供……これもまた、松田聖子自身が、二度の離婚、多くの不倫疑惑にまみれたスキャンダラスな女性であるということと、まだ新人だった神田正輝が所属していた石原プロモーションの社長が、昭和の大スター石原裕次郎であったという、世間が共通に認識している2つの事実を、いかにもそれらしく組み合わせたデマに他ありません。 松田聖子 神田沙也加は石原裕次郎の隠し子の噂をひっくり返す、そのまた上の噂 実際、神田沙也加の顔を見る限り、どう考えても松田聖子と神田正輝の子供としか見えません。 それともう一つ、まるで呪詛返しのようですが、石原裕次郎は、若い頃の悪い遊びが祟って、子供を作れない。 また子種がないという噂が、ずっと昔からあるのです。 ということは、このようなデマをでっち上げたのは、少なくとも30代以下の若い世代と考えられます。 ほんとに、噂とは恐ろしいものです。 松田聖子 郷ひろみとの交際、破局の真相!神田正輝は当て馬だった? 松田聖子 「生まれ変わったら一緒になろうね」と語った魔性の女 しかし、このような噂が実しやかに語られるのは、松田聖子が「アイドルの怪物」であるからに他ありません。 松田聖子は人気絶頂であった1984年、男性トップアイドル郷ひろみとの交際が発覚。 結婚は秒読みかといわれていましたが、明けて1985年1月23日、「生まれ変わったら一緒になろうねと話し合った」と、松田聖子は涙の破局会見を行います。 そして破局会見からたった1カ月、今度は映画で共演した神田正輝との結婚を電撃発表した松田聖子は、6月24日に結婚。 そして翌年の10月1日には、神田沙也加をもうけるという、怒涛の展開を見せます。 郷ひろみとの破局の真相は、郷ひろみが、ごく普通の結婚をしたかったのに対して、松田聖子は、アイドルの結婚とはどうあるべきかが全て。 郷ひろみは、松田聖子の描く夢物語の王子様役にすぎませんでした。 郷ひろみとの現実の結婚生活が見え始めてくる頃には、松田聖子にとって、彼が自分の願いを叶えてくれる相手ではなくなっていたのです。 松田聖子 結婚相手は全て「魔法にかけられた王子様」 そしてすぐそばに、自分がまだ知らない映画という夢の世界の、王子様神田正輝と王様石原裕次郎がいることに気付いた松田聖子は、いとも簡単に、自分自身のシンデレラストーリーを書き換えたのです。 郷ひろみとの破局会見の名言「生まれ変わったら一緒になろうね」はまさに、郷ひろみとの関係を断ち切る、魔法の呪文と言えます。 そして神田正輝との離婚を経て、二回目、三回目の結婚もまた、松田聖子にとって相手は、木偶人形に魔法をかけた王子様にすぎず、魔法が解ければ、はいそれまでです。 さすがに、その魔法もだんだんと効かなくなってきているようですが。 松田聖子 現代の魔女が歌う、「PAN~ネバーランド、夢のはじまり~」主題歌 そんな現代の魔女ともいうべき松田聖子が、映画ハリーポッターシリーズのプロダクションが制作した「PAN~ネバーランド、夢のはじまり~」の、日本語吹替版主題歌「永遠のもっと果てまで」を歌うことになりました。 松田聖子は、「ピーターが仲間や家族を信じて頑張る姿に胸がいっぱいになりました。 一番の魔法は信じる気持ちなんだなあということが、この映画を観て本当に分かりました」と、インタビューに答えています。 松田聖子は、アイドルとしての生き方、いわゆる「松田聖子的生き方」を貫くことこそが、全てに優先されてきたのでしょう。 70年代のアイドル山口百恵が、三浦友和との結婚により、21歳できっぱりと芸能界を去ったのに対して、80年代のアイドル松田聖子は、恋愛、結婚、出産、離婚に関係なく、アイドルとしての仕事を続けています。 これは彼女たち個人の問題だけではなく、日本における女性の社会進出という、大きなテーマも含まれています。 今なお松田聖子が根強い人気を誇るのは、松田聖子の、女性としての生き様に共感する人たちが多いということなのでしょう。 <こちらもおすすめ!>.

次の

石原裕次郎妻石原まき子夫人の現在と子供がいない理由は梅毒か松田聖子?

松田聖子 石原裕次郎

本名:石原裕次郎 いしはら ゆうじろう• 生年月日:1934年12月28日• 没年月日:1987年7月17日(満52歳没)• 出生地:兵庫県神戸市須磨区 死没地 東京都新宿区信濃町• 身長:178 cm• 血液型:A型• 職業:俳優、歌手、声優、司会者、モデル、実業家• 配偶者:石原まき子(北原三枝)• 著名な家族:父・石原潔、母・石原光子、兄・石原慎太郎 若い頃の石原裕次郎さんは慶應義塾大学に進学したものの、オーディションを受けたが全て不合格に終わりました。 しかし石原裕次郎さんは兄である石原慎太郎さんの小説「太陽の季節」が映画化される際に兄である慎太郎さんからの推薦により映画「太陽の季節」の端役で俳優デビューを果たしました。

次の

松田聖子の歯の矯正の歴史や手法がヤバイ!?石原裕次郎を巡る衝撃の過去とは!?

松田聖子 石原裕次郎

プロフィール 名前:松田 聖子(まつだ せいこ) 出生名:蒲池 法子(かまち のりこ) 誕生日:1962年3月10日(55歳) 出身地:福岡県 身長160cm 血液型:A型 所属:felicia club ・1980年:「裸足の季節」で歌手デビューする。 ・1985年:俳優の神田正輝と結婚する。 ・1986年:神田沙也加を出産する。 ・1997年:神田正輝と離婚する。 ・1998年:歯科医の波多野浩之と結婚する。 ・2000年:波多野浩之と離婚する。 ・2012年:歯科医の河奈裕正と結婚する。 ・2014年:第65回紅白歌合戦の大トリとして登場する。 松田聖子の歯の矯正の歴史や手法がヤバイ!? 松田聖子さんはアイドルとして若い頃からキュートな笑顔などが人気でしたよね。 数多くいるアイドルの中でも伝説的なアイドルとも言われています。 そんな松田さんなのですが、歯の矯正の歴史や手法が話題になっているそうです。 では、松田さんの歯の矯正の歴史や手法とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、松田さんはこれまでに歯の矯正をしたりしていて、歯並びを良くしているのだそうです。 松田さんはアイドルとしてデビューして大人気でしたよね。 そんな松田さんなのですが、実は若い頃は八重歯があったのだとか。 なので、松田さんは笑うと八重歯が出ていたのですが、デビュー時にその八重歯を直したと言われているのだそうです。 その時の矯正で松田さんは歯を一本抜いて、上の歯を4本ほどブリッジしていたと言われているのですが、そうした矯正のおかげでかなり歯並びが良くなったのだそうです。 また、そのようにして歯並びを良くした松田さんなのですが、その後も常に歯についてはいろいろとケアをしていたと言われているのだとか。 松田さんは1998年に歯科医の波多野浩之さんと結婚をしているのですが、波多野さんは審美歯科の第一人者と言われていたそうです。 二人の出会いは松田さんが波多野さんの治療を受けた時に一目ぼれしてしまったとのことで、二人の出会いは歯の治療になるのだとか。 そして、そのように波多野さんと結婚をした松田さんは、三日間入院して、上下25本の歯をオールセラミッククラウンの差し歯にしていると言われているそうです。 全部で500万円ほどかかったそうなのですが、この時にさらに歯並びを良くしていたのだとか。 そうしたことから松田さんの歯並びは10代の頃よりもさらにキレイになったと言われているそうです。 このようにデビュー以来、常に歯のケアを行ってきた松田さんなのですが、その後も上の前歯を自然な形にするよう作り直したと言われているのだとか。 スポンサーリンク ただ、そのように歯の矯正などを行ってきた松田さんはテレビ収録中に歯が痛んでしまったことがあるのだとか。 なので、すぐに歯科医に駆け込んで治療を受けたのだそうです。 そして、その時に治療を行ったのが現在の夫の河奈裕正さんなのだとか。 河奈さんは慶應義塾大学医学部の准教授で、インプラントの第一人者として知られる歯科医師なのだそうです。 河奈さんと出会う前の松田さんはこれまでの歯の矯正などによって歯茎がかなり衰えていたと言われていて、そうしたことから河奈さんに出会い歯茎のエイジングケアなどを受けたと言われているのだとか。 そうした治療を受けた事などから松田さんは河奈さんに惹かれていったと言われているそうなのですが、松田さんの歯の矯正の歴史や手法がヤバイですよね。 現在の松田さんはかなりキレイな歯並びをしているのですが、それも昔から様々矯正や治療のおかげで作り出されたものと言えるようです 若い頃から歯の美しさを大事にしているということで、今後の松田さんも歯のケアは怠らずに行っていきそうですね。 スポンサーリンク 松田聖子と石原裕次郎を巡る衝撃の過去とは!? 芸能人は様々な噂が出てきて注目されますよね。 松田聖子さんも様々な事が噂されてきたのですが、そんな松田さんと石原裕次郎さんを巡る過去に注目が集まっているそうです。 では、松田さんと石原さんを巡る過去とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、松田さんは石原さんの子供ということや愛人ということが言われていたのだそうです。 松田さんと石原さんは同じ歌手ということで、歌番組などで一緒になることが多かったのですが、そうしたこともあって石原さんと親しくなった松田さんは石原さんの愛人になったと言われているのだとか。 特に、松田さんと石原さんは1985年に石原さんの芸能生活30周年番組「ハワイアンウェディング」でデュエットしていて、この時に松田さんは石原さんのことをウルウルとした目で見つめて泣き出したことから愛人説や子供説が出たのだそうです。 仮に松田さんが石原さんの子供だったとすると隠し子ということになるのですが、ついに親子で共演できたので松田さんが感極まって泣き出してしまったともとれそうですよね。 また、松田さんは石原さんの愛人だとすると、ステージで共演できたのでウルウルとした瞳で石原さんを見つけてしまうというのも納得できます。 ただ、これについてはあくまで噂に過ぎず、ネット上を中心によく言われている話なのだそうです。 実際に松田さんと石原さんが二人でいるところなどが目撃されたことはないそうなのですが、どこからかこうした噂が出てきてしまったのだとか。 スポンサーリンク ちなみに、松田さんは石原軍団に所属する神田正輝さんと結婚をしていたことがあるのですが、その時の結婚式の仲人が石原さんと奥さんだったそうです。 また、松田さんは1986年に娘の神田沙也加さんを産んでいますよね。 実は神田沙也加さんが生まれた時には石原さんが神田沙也加さんを抱いている写真を石原まき子さんが著書「裕さん、抱きしめたい」に掲載していたことがあるのだとか。 なぜ石原まき子さんが書いた本の中に神田沙也加さんを抱く石原さんの写真が掲載されているのかわからないと言う声が見られるようになって、そうしたところから神田沙也加さんは松田さんと石原さんの間にできた子供なのじゃないかということまで言われるようになったのだそうです。 愛人関係とも噂されたことのある松田さんと石原さんなので、そうだとするとかなり衝撃的な写真ですよね。 石原まき子さんとしては、石原軍団の神田正輝さんの第一子ということで石原さんが神田沙也加さんを抱く石原さんの写真を掲載したのかもしれないのですが、それが松田さんが石原さんの愛人だったという噂を加速させてしまったのだとか。 また、松田さんが石原さんの子供を妊娠してしまったので、代わりに石原軍団の若手の神田正輝さんと結婚させたということも言われているそうです。 このように松田さんと石原さんの関係については様々な事が言われていたのですが、松田さんと石原さんを巡る衝撃の過去ですよね。 ただ、石原さんは若い頃に骨折をした時にレントゲンを撮り、その時の影響で子供ができない体質だったとも言われているのだとか。 なので、松田さんが隠し子という可能性はあり得ないとも言われているそうです。 同じ理由から神田沙也加さんが石原さんの子供というのもありえない話と言われているので、どちらもただの噂と言えそうですね。 デビュー時から歯の矯正を行い、その後に何度も歯並びを直したりインプラントを入れたりして歯の矯正の歴史や手法が話題になった松田さんなのですが、石原さんの愛人や娘なのじゃないかということが言われて注目されるなどしていて、今後もそんな松田さんに注目していきたいですね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の