株価 みずほフィナンシャルグループ。 研究銘柄 8411 みずほフィナンシャルグループ

みずほフィナンシャルグループ[8411]の事業内容・業績と株価と配当金の推移

株価 みずほフィナンシャルグループ

上記の画像は[8411]みずほFGのトップページから引用 国内3大メガバンクの一角として知られている[8411]みずほフィナンシャルグループ。 その傘下には、銀行をはじめ信託、証券その他色々な子会社を持つ一大金融グループとなっています。 その総資産は200兆円弱となっており、国内貸出金残高は2018年9月時点で50兆円を超えています。 なお、その国内個人顧客数は2,400万となっており、国内の5人に1人が同社の口座を保有しているという事になります。 [8411]みずほフィナンシャルグループ 主な傘下の企業一覧 2019年1月現在• みずほ銀行• みずほ信託銀行• みずほ証券• 資産管理サービス信託銀行• アセットマネジメントone• みずほ総合研究所• みずほ情報総研• みずほプライベートウェルスマネジメント• 米州みずほ [8411]みずほフィナンシャルグループ 保有資産の内訳 独自レーティングの補足説明 このレーティングはたっちゃんの保有する全銘柄の中で概ね• たっちゃんの[8411]みずほフィナンシャルグループの購入単価は158. 8円となっています。 2020年の株価下落局面で泣きながらナンピンしましたが、まだ含み益復帰はかないません。 配当が維持されるとすれば、かなり美味しい水準だと思います。 世界的に金融株の無配が目立つ中、同社の配当は維持されるのでしょうか? [8411]みずほフィナンシャルグループ 1株あたり純利益・配当金の推移と主要指標 PER 10. 86倍 PBR 0. 41倍 ROE 1. 0% 予想配当利回り 5. 48% 最終データ更新日 2020年6月11日 EPS 円 配当金 円 期末配当利回り % 2021年3月期 予想 12. 6 7. 5 - 2020年3月期 18. 7 7. 5 6. 07 2019年3月期 22. 8 7. 5 4. 38 2018年3月期 21. 7 7. 5 3. 92 2017年3月期 23. 9 7. 5 3. 68 2016年3月期 26. 9 7. 5 4. 46 2015年3月期 24. 9 7. 5 3. 55 2014年3月期 28. 2 6. 5 3. 19 2013年3月期 23. 0 6 3. 000 3. 75 12,703 44,463 2020年3月期 中間 2,000 3. 75 6,352 31,760 2019年3月期 期末 2,000 3. 75 6,352 25,408 2019年3月期 中間 2,000 3. 75 6,352 19,056 2018年3月期 期末 2,000 3. 75 6,352 12,704 2018年3月期 中間 2,000 3. 75 6,352 6,352.

次の

[8411]みずほフィナンシャルグループの株価・配当金・利回り

株価 みずほフィナンシャルグループ

2020年5月15日(金)に「みずほフィナンシャルグループ(以下、みずほFG)」が「株式併合」を予定している旨を発表しました。 「株式併合」という言葉は、聞き馴染みがなかったので、この機会に調べてみました。 そこで「みずほFG」を事例にしながら「株式併合」について、またそのメリット・デメリットについて解説したいと思います。 【この記事の目次】• それでは早速内容に入っていきましょう。 株式併合とは 「株式併合」とは 複数の株式を1株に統合することです。 「株式分割」の反対だと考えると良いでしょう。 ポイントは、トータルの資産価値には直接影響がないことです。 基本的には「株数」が半分になれば「株価」は2倍、「株数」が2倍になれば「株価」は半分になります。 ちなみに今回の「みずほFG」の例では、現在の株式10株を1株へと統合することになっています。 そのため、株価は119. 株式併合のメリット・デメリット 株式併合のメリット・デメリットはいくつかありますが、「企業側」と「投資家」の両方の目線から見ていきたいと思います。 簡単に1表にしてみました。 結論から言うと、「株式併合」は投資家にとって 特にメリットはありません。 ただし、投資家が大きな不利益を被らないように、企業側はフォローをしなければならないルールも存在しています。 その点も含めて、メリット・デメリットを詳しく解説していきます。 企業側のメリット 企業側のメリットは以下の3つです。 株主管理コストの削減• 対外的な評価• 配当金の調整がしやすい それぞれ詳細を解説します。 株主管理コストの削減 1つ目は株主管理コストが削減できることです。 「株式併合」には株主(議決権)を減らす効果があります(詳細は後述)。 株主総会がある際や、配当が支払われる際に「様々な書類」が郵送されてくると思います。 その「郵送代」や「書類作成費用」が削減できるということです。 対外的な評価 「対外的にどう思われるか」を意識して「株式併合」を実施する場合もあります。 今回の「みずほFG」の場合は、以下のように「株式併合」の目的を発表しています。 当社の株価は 119. 8 円、投資単位は 11,980 円(2020 年5月 14 日現在)であり、東京証券取引所の有価証券上場規程において望ましいとされる投資単位の水準である「5万円以上 50 万円未満」の範囲を大幅に下回っておりますが、本株式併合によりこの状況の改善を図るものであります。 このような「体外的なアピール」を兼ねて「株式併合」を実施することもあるということですね。 配当金の調整がしやすい 株数が減ることによって配当金の調整がしやすくなります。 これは単純に1株当たりの株価が上がるため、同じ1円でも全体に与える影響が小さくなるためです。 以上が、企業側のメリットです。 企業側のデメリット 次に企業側のデメリットですが、これは「少数株主」への対応が必要となることです。 保有株数が少ない投資家は「株式併合」の不利益を被りやすくなってしまいます。 そのため、会社法によって必要な対応が定められているのです。 その詳細は投資家が「株式併合」のデメリットから身を守る方法として後ほど紹介したいと思います。 投資家のデメリット 投資家のデメリットは以下の3つです。 議決権が無くなる可能性• 単元未満株が売却困難• 株価の下落要因 これらのデメリットから身を守る方法も含めて解説していきます。 議決権が無くなる可能性 「株式併合」がされることで今ある「議決権」が無くなる可能性があります。 「みずほFG」の場合は、現在100株保有していれば議決権を有しますが、「株式併合」後も議決権を有するには100株(現在で言う1,000株)必要です。 そのため、現在「100〜999株」保有している株主は 「議決権」を失うこととなります。 ただし、一方的に「議決権」を消滅させられたらたまったもんではありません。 そのため、 1,000株(株式併合後の100株)になるまで株式を購入する権利、もしくは現在保有する株式を「みずほFG」に買取を請求する権利があります。 ) 単元未満株が売却困難 2つ目は「株式併合」後の株式売却が困難になることです。 基本的に株式を売買する際は、単元株(多くは100株)でないといけません。 そのため、現在「100〜999株」保有している株主は「株式併合」後は自由に売却できなくなってしまいます。 そのため先ほど同様、 1,000株(株式併合後の100株)になるまで株式を購入する権利、もしくは現在保有する株式を「みずほFG」に買取を請求する権利を上手く活用する必要があります。 株価の下落要因 「株式併合」が実施されると、単元株を購入する最低購入単価は上がります。 そのため、これまでより株式購入のハードルが高くなることになります。 ただ「みずほFG」の場合は、「株式併合」発表による株価の大きな動きは見られません。 「株式併合」後も購入ハードルはそれほど変わらないということかもしれませんね。 まとめ 「株式併合」は投資家にとってメリットはないものの、それに伴う企業側のフォローはあるということがわかりました。 しかし、 自分から権利を主張する(手続きをする)ことは必要なので、今回のことは知っておいて損はないでしょう。 私の場合は、「みずほFG」の株式を現在800株保有していますので、今回の「株式併合」の際には200株を買い増ししたいと考えています。 そのためには今後の対応が必要なので、引き続き情報収集は怠らないようにしなければいけませんね。 以上、「みずほFG」を題材にした「株式併合」についてでした! investor19.

次の

研究銘柄 8411 みずほフィナンシャルグループ

株価 みずほフィナンシャルグループ

2020年5月15日(金)に「みずほフィナンシャルグループ(以下、みずほFG)」が「株式併合」を予定している旨を発表しました。 「株式併合」という言葉は、聞き馴染みがなかったので、この機会に調べてみました。 そこで「みずほFG」を事例にしながら「株式併合」について、またそのメリット・デメリットについて解説したいと思います。 【この記事の目次】• それでは早速内容に入っていきましょう。 株式併合とは 「株式併合」とは 複数の株式を1株に統合することです。 「株式分割」の反対だと考えると良いでしょう。 ポイントは、トータルの資産価値には直接影響がないことです。 基本的には「株数」が半分になれば「株価」は2倍、「株数」が2倍になれば「株価」は半分になります。 ちなみに今回の「みずほFG」の例では、現在の株式10株を1株へと統合することになっています。 そのため、株価は119. 株式併合のメリット・デメリット 株式併合のメリット・デメリットはいくつかありますが、「企業側」と「投資家」の両方の目線から見ていきたいと思います。 簡単に1表にしてみました。 結論から言うと、「株式併合」は投資家にとって 特にメリットはありません。 ただし、投資家が大きな不利益を被らないように、企業側はフォローをしなければならないルールも存在しています。 その点も含めて、メリット・デメリットを詳しく解説していきます。 企業側のメリット 企業側のメリットは以下の3つです。 株主管理コストの削減• 対外的な評価• 配当金の調整がしやすい それぞれ詳細を解説します。 株主管理コストの削減 1つ目は株主管理コストが削減できることです。 「株式併合」には株主(議決権)を減らす効果があります(詳細は後述)。 株主総会がある際や、配当が支払われる際に「様々な書類」が郵送されてくると思います。 その「郵送代」や「書類作成費用」が削減できるということです。 対外的な評価 「対外的にどう思われるか」を意識して「株式併合」を実施する場合もあります。 今回の「みずほFG」の場合は、以下のように「株式併合」の目的を発表しています。 当社の株価は 119. 8 円、投資単位は 11,980 円(2020 年5月 14 日現在)であり、東京証券取引所の有価証券上場規程において望ましいとされる投資単位の水準である「5万円以上 50 万円未満」の範囲を大幅に下回っておりますが、本株式併合によりこの状況の改善を図るものであります。 このような「体外的なアピール」を兼ねて「株式併合」を実施することもあるということですね。 配当金の調整がしやすい 株数が減ることによって配当金の調整がしやすくなります。 これは単純に1株当たりの株価が上がるため、同じ1円でも全体に与える影響が小さくなるためです。 以上が、企業側のメリットです。 企業側のデメリット 次に企業側のデメリットですが、これは「少数株主」への対応が必要となることです。 保有株数が少ない投資家は「株式併合」の不利益を被りやすくなってしまいます。 そのため、会社法によって必要な対応が定められているのです。 その詳細は投資家が「株式併合」のデメリットから身を守る方法として後ほど紹介したいと思います。 投資家のデメリット 投資家のデメリットは以下の3つです。 議決権が無くなる可能性• 単元未満株が売却困難• 株価の下落要因 これらのデメリットから身を守る方法も含めて解説していきます。 議決権が無くなる可能性 「株式併合」がされることで今ある「議決権」が無くなる可能性があります。 「みずほFG」の場合は、現在100株保有していれば議決権を有しますが、「株式併合」後も議決権を有するには100株(現在で言う1,000株)必要です。 そのため、現在「100〜999株」保有している株主は 「議決権」を失うこととなります。 ただし、一方的に「議決権」を消滅させられたらたまったもんではありません。 そのため、 1,000株(株式併合後の100株)になるまで株式を購入する権利、もしくは現在保有する株式を「みずほFG」に買取を請求する権利があります。 ) 単元未満株が売却困難 2つ目は「株式併合」後の株式売却が困難になることです。 基本的に株式を売買する際は、単元株(多くは100株)でないといけません。 そのため、現在「100〜999株」保有している株主は「株式併合」後は自由に売却できなくなってしまいます。 そのため先ほど同様、 1,000株(株式併合後の100株)になるまで株式を購入する権利、もしくは現在保有する株式を「みずほFG」に買取を請求する権利を上手く活用する必要があります。 株価の下落要因 「株式併合」が実施されると、単元株を購入する最低購入単価は上がります。 そのため、これまでより株式購入のハードルが高くなることになります。 ただ「みずほFG」の場合は、「株式併合」発表による株価の大きな動きは見られません。 「株式併合」後も購入ハードルはそれほど変わらないということかもしれませんね。 まとめ 「株式併合」は投資家にとってメリットはないものの、それに伴う企業側のフォローはあるということがわかりました。 しかし、 自分から権利を主張する(手続きをする)ことは必要なので、今回のことは知っておいて損はないでしょう。 私の場合は、「みずほFG」の株式を現在800株保有していますので、今回の「株式併合」の際には200株を買い増ししたいと考えています。 そのためには今後の対応が必要なので、引き続き情報収集は怠らないようにしなければいけませんね。 以上、「みずほFG」を題材にした「株式併合」についてでした! investor19.

次の