どうしたら良い 敬語。 NHK高校講座

すぐ「どうしたら良いですか」と周囲に聞く習慣を改善するためにすべきこと

どうしたら良い 敬語

・この課の「テーマ」と「Can do」を確認し、文章の場面を確認する。 ・文章を読んで、主人公「アレックス」が使っている敬語について、どこが変か、どういえば良いのかを考えさせる。 ウォーミングアップ T:今日のトピックは「訪問する」です。 T:訪問するはどんな意味ですか。 S:誰かの家に行くことです。 T:そうですね。 T:みなさんは、友達の家や知り合いの家に訪問する時、何か気をつけていることはありますか。 S1:特にありません。 T:じゃあ、日本人の人の家を訪問する時、何か気をつけなければいけないと思いますか。 S1:敬語を使う。 S2:丁寧な言葉を使う。 T:そうですね。 T:じゃあ、教科書を見てください。 S:(教科書を見る) T:じゃあ、S1さん、最初の文を読んでください。 S1:(読む) T:アレックスさんはどこへ行きますか。 S:日本人の友達の家。 T:アレックスさんはこの友達の家に行ったことがありますか。 S:いいえ、初めてです。 T:いいですね。 じゃあ、二人の会話を読みましょう。 会話を読む T:じゃあ、S1さんはアレックスさんです。 S2さんは金子さんです。 私は金子さんの妻です。 T:S1さん立ってください。 S1:立つ。 T:じゃあ、読みましょう。 読む時は、プリントを見ながらでいいので、役になりきって、読む。 読んだ後に・・・ T:はい、アレックスさんと、金子さんの妻の会話はどうでしたか。 何か変なところがありましたか。 ペアの人と相談してみてください。 S:(相談する。 ) T:相談できましたか。 S:はい。 T:じゃあ、何が気がついたことはありますか。 S1:「電話をかけますか」は変です。 S2:遠慮しません。 はダメですか。 Sの回答を確認した後・・・ T:じゃあ、1つずつチェックしましょう。 T:S1さん、最初の文を読んでください。 S:あのー、すみませーん! T:これは良いですか。 S:良いと思います。 T:そうですね。 でも、もっと良い言い方があります。 「ごめんください」です。 ・すみませーん。 ・はい、どうも。 ・ありがとうございます。 ・これは有名なデパートで買ったクッキーです。 どうぞ。 ・はい、遠慮しません。 敬語で行ってみよう ・正しい敬語の表現や形を確認する。 ・確認できたら、もう一度、文章を正しい敬語を使って読む T:はい、全部読めました。 T:人の家に行った時、玄関で家の人を呼ぶ時、何と言いますか。 S:「ごめんください。 」 T:相手が、「いつもお世話になっております」と言ったら、何と言いますか。 S:「いいえ、こちらこそ。 」 T:家に入る時、何と言って、入りますか。 S:「お邪魔します。 」 T:プレゼントやお土産をあげる時、何と言ってあげますか。 S:「これ、つまらないものですが・・・。 」 T:料理をみます。 奥さんが作ったのかどうか知りたいです。 何と言いますか。 S:「これ、奥さんがお作りになったんですか。 」 T:帰る時には、何と言って帰りますか。 S:「失礼します。 」 T:いいですね。 じゃあ、もう一度、文章を読みましょう。

次の

「どうすればいいでしょうか」に関連した英語例文の一覧と使い方

どうしたら良い 敬語

はじめまして。 ご質問: <~などを敬語になおすと、どのような言い方になるのでしょうか。 > 1.「それで良い」: (1)下にいくほど敬意が高くなります。 「それで良い」(常体) 「それで結構です」(丁寧語「です」) 「それでよろしいです」(丁寧語「よろしい」+丁寧語「です」) 「それで結構でございます」(丁寧語「ございます」) 「それでよろしゅうございます」(丁寧語「よろしゅう」+丁寧語「ございます」) (2)「結構」は丁寧語「です」を導くための「良い」の別の言い方で、「結構」自体は丁寧語ではありません。 ただ、丁寧語「です」を導くので丁寧語に分類されます。 (3)「ございます」は「あります」の丁寧語で、「です」よりかしこまった表現になります。 (4)「よろしい」は「良い」の丁寧語です。 (5)「よい」は話し手の判断を表す形容詞です。 そもそも相手の所有物(提案・案など)である「それ」に対してを判断するという行為は敬意を感じさせません。 (6)話し手の主観的な判断に対する敬語表現は、「思う」などの婉曲的な表現を使って、直接的な意見を和らげる、という効果もあります。 例: 「良いと思う」(常体) 「良いと思います」(丁寧語「ます」) 「結構と存じます」(謙譲語「存じ」+丁寧語「ます」) (7)なお、ご質問文の中で、相手の動作にあたる語はありませんが、唯一相手の持ち物にあたる名詞があります。 「それ」=「あなたの提案」「あなたの考え」 などを指していると推測されます。 (8)この場合は、代名詞「それ」をそのまま使うより、具体的な名詞をだして、それに尊敬の接頭語「お」「ご」などをつけて敬意を明示した方がより敬意が高くなります。 例: 「そのご提案でよろしゅうございます」 「貴殿のお考えでよろしいかと存じます」 ここまでくると相手は「お殿様?」と思われるぐらい誇張表現になりますが、、、。 2.「その方法なら良い」: (1)「方法」は相手が提示する方法ですから、相手の所有物になります。 具体的な内容を表す名詞を明示し、尊敬の接頭語などをつけて敬意を表すといいでしょう。 例: 「そのご方針」「そのご提案」「そのご計画」「そのご法案」 (2)「なら」は断定の助動詞「だ」の未然形です。 断定の助動詞「だ」の丁寧語は「です」になります。 (3)「良い」以下は上記と同じです。 (4)以上を踏まえて敬語は、以下の通りです。 下に行くほど敬意が高くなります。 「その方法なら良い」(常体) 「その方法でしたら良いです」 「そのご計画でしたらよろしいです」 「そのご立案でしたらよろしいかと思います」 「そのご案でしたらよろしゅうございます」 などなど、、、。 以上ご参考までに。 A ベストアンサー 『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』 送る行為は、相手にも関わる事なので、 「送付いたします」と、致しますと言っていても、 「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。 「ご」は相手に対する「謙譲語」です。 「ご送付します。 」か「ご送付致します。 」が正しいです。 「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。 」が 正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が 丁寧です。 「お送り致します。 」でもOKです。 ・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。 例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。 連絡するのは 自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、 謙譲の接頭語「ご」を付けます。 相手に頼む場合は「お送りください。 」です。 civillink. その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。 ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、 もしかしたら出ていないかもしれません・・・。 と思い、教えて欲しいです。 宜しくお願いします。 その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、 どう書くのが正しいのかわからず質問します。 先程も言いましたが、 「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。 ~~して欲しい。 ~~見積もりを取って欲しい。 などです。 A ベストアンサー 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 見積もり依頼書 下記条件で見積もりをお願いします。 ~~の見積もりを取って欲しい。 ~~して欲しい。 外注に対してですよね? それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。 しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。 また、「見積もりを取ってください。 」は文法的におかしいですね。 貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。 という意味になりますね。 貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。 そう言われると、B社... Q おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 みなさんが普段使ってらっしゃる丁寧な表現をぜひ知りたいです。 よろしくお願いいたします。 この言葉の言い換えや言葉尻を変えるだけで言いやすくなる…なども教えていただけると助かります。 おはようございます。 こちらではいつもお世話になっております。 こちらを利用していていつも気になってしまうことがあるのですが、質問をするときはほとんど必ず「教えてください」という言葉が質問文に入りますよね。 この「教えてください」という言葉、個人的にはそのまま書くとあまり丁寧ではない響きに感じます。 A ベストアンサー はじめまして。 「教えていただけますか?」 が一番です。 女性的な上品さを持ち、かつ簡潔で、ひらひらした装飾部分がなく、理知的なイメージを与えます。 やや、丁寧なヴァリエーションは 「教えていただけますでしょうか?」 があります。 ここまでが限度ですね。 それ以上の敬語(丁寧語)の装飾を施しますと、妙に軽薄なオーラが漂います。 ちなみに「ご教示」という言葉は、漢語ですので、男性的な堅さを醸し出します。 女性にはエレガントではありません。 また、「~ませんか」「~ないでしょうか」という否定語との複合語は、相手に「~してくれないということはありませんよね」という二重否定の婉曲表現になっていますから、遠まわしで、素直な感じがしません。 ここは素直に「~くれますか」といった肯定形が、率直でストレートに伝わります。 要は好き好きですので、ご参考になさって下さい。 A ベストアンサー こんにちは、No. 4です。 「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、 自信が無いようには感じませんよね。 主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、 意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。 ケースバイケースですが、 自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので 文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。 A ベストアンサー こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」 =(常体)「用事を言い付けてすまない」 「お呼び立てして申し訳ありません」 =(常体)「呼びつけてすまない」 4.これらの「立てる」には、「物事や動作がはっきり表われるようにさせる」という、話し手の使役の意志が込められています。 従って「急ぎ立てる」=「話し手が相手を急がせる」という意味で使われています。 5.「お急ぎ立てして」「ご用立て」「お呼び立てして」の「お」「ご」などは、その動作を受ける相手に対する謙譲の接頭語となります。 以上ご参考までに。 こんにちは。 8/20の英語のご質問以来ですね。 ご質問: <「急かしてすまない」を敬語にするとどうなるでしょうか?> 「お急ぎ立てして申し訳ありません」 などもあります。 1.「すまない」はさらに丁寧な言い方だと 「申し訳ございません」 なども可能です。 2.「急がして」「急がせて」は、相手にある動作を「させる」という強制的な使役のニュアンスがあります。 3.この「使役」のニュアンスを、「立てる」がカバーすることがあります。 例: 「ご用立てして申し訳ありません」... A ベストアンサー 昔の学校文法では、「です」は活用のない語に接続し、 形容詞や動詞には付かないとされていました。 (ただし推量の「でしょう」は例外的に許容) しかし現在では、「~い・です」は、平明・簡素な丁寧形 として認められています。 その根拠は、昭和27年4月の 国語審議会建議「これからの敬語」にある下記の一節です。 -------------------------- これ以降、学校文法でも「形容詞+です」を正しい形とし て認めているはずです。 半世紀以上も前のことです。 ただし、過去形についてはどうなのか? という話ですね。 なお、「動詞+です」は、今でも正しくないとされています。 (ただし推量の「でしょう」は例...

次の

どうしたら良いと思いますか?

どうしたら良い 敬語

尊敬語とは、相手の動作や行為に使われる言葉で、 相手を高めることで敬意を表します。 先生「例えば、『待つ』っていう言葉がありますね。 」 カレン「はい。 」 先生「すると…先生が待っているんです。 (尊敬語で)なんて言いますか?」 カレン「先生が… お待ちになっております。 こういう形で尊敬語が作れます。 『帰る』だったら?」 オウム「うん…」 先生「お?」 カレン「帰り…になる。 」 カレン「そうですか。 」 先生「ただ、ちょっと面倒くさいものもあるんです。 」 カレン「えー…。 」 先生「例えば、『行く』はどうなるでしょう?」 カレン「お行きになります。 」 先生「そうですよね。 それでもいいですけど、もうちょっと違う言い方があるんです。 」 カレン「…おゆきになる?」 オウム「『い』を『ゆ』に変えるのね!(笑)」 先生「それはいいかもしれない(笑)でも、『行く』は特別に『 いらっしゃる』とう言葉に変わるわけです。 」 カレン「いらっしゃる…」 先生「そう。 だから、『先生が大阪へいらっしゃいます。 』となります。 」 カレン「えー…変ですよね?それ!」 先生「『大阪へ行きます』っていうのは(尊敬語で)『 大阪へいらっしゃいます』」 オウム「はぁ〜…いらっしゃいます…。 」 オウム「へぇ!両方あるんだ!」• 先生「他にも、例えば『見る』だと(尊敬語で何て言う)?」 カレン「何でしょう…」 先生「 ご覧になる!」 カレン「あぁ!」 オウム「『ご覧になる』は使うことあるよね?」 カレン「私なんて、もっと上かと思ってた。 」 オウム「もっと上?」 カレン「私は『拝見』かと思った…」 先生「『拝見する』は自分です。 謙譲語なんです。 謙譲語と尊敬語って難しいんですよ。 」 カレン「『拝見される』って違うんですか?」 先生「『拝見 する』です。 」 オウム「『拝見する』は自分に使う。 」 カレン「…知らない(知らなかった)です。 」 先生「そうやって、特別な動詞のあるものが、いくつかあるんです。 」 カレン「え〜、カッコいい!」 先生「覚えておいた方がいいです!」 カレン「はい。 謙譲語とは、自分の動作や行為に使う言葉で、 自分を低く扱うことで相手を敬う表現です。 先生「例えば、さっき(尊敬語のところでやった言葉)は『待つ』でしたよね。 『私は待ちます』も謙譲語にできます。 」 カレン「ふーん。 」 先生「だから、『 私がお待ちします』という風にしてください。 」 カレン「はい。 」 先生「あともう一つ、さっき(尊敬語で)『行く』というのが『いらっしゃる』でしたよね。 それが(行くのが自分だったら)『伺う』となります。 」 カレン「知ってます!」 オウム「『伺う』は知ってる?」 カレン「うん。 これはよく使います。 」 先生「他にも例えば…(『見る』の尊敬語の例ででてきたのは)『先生がご覧になる』でしたね。 (見るのが)自分だったら?」 カレン「 拝見する。 」 先生「そうです。 そこ、注意してください!」 カレン「はい。 先生「ここでゲストの登場です。 はい、どうぞ。 お入りください!」 土屋「どうも!ナイツの土屋です!よろしくお願いします。 」 先生「これから、土屋さんと私でコントをします。 土屋さんのセリフの中に間違った敬語があるので、それを探してほしいです。 」 先生「お!お帰り〜。 お疲れ様。 」 土屋「いやぁ、忙しいですね。 」 先生「ところで、この間頼んでおいた書類。 あれ、どうなったかね?」 土屋「あー…まだ途中までしかできていませんが、 ご覧になりますか?」 先生「えー…途中まで?」 土屋「はい。 いやだって、部長、明後日までと おっしゃられましたよね?」 先生「えー!今日までに仕上げてくれと言っておいただろ!すぐに仕上げたまえ!」 土屋「… かしこまりました。 さて、コントの中に出てきた尊敬語の候補は次の3つです。 (1)ご覧になります (2)おっしゃられました (3)かしこまりました みなさんはどこが間違っていたかわかりましたか? 正解は『 おっしゃられました』です。 『おっしゃる』と『れる』という二つの敬語が入っているのが理由です。 『れる』も尊敬の意味をあらわす敬語表現の一つです。 例えば、次の文章に注目してください。 そして、先ほどの『おっしゃられました』は、『おっしゃる』という尊敬語に、敬語表現の『れる』を加えてしまったものなのです。 この場合、正しい言い方は『 おっしゃいました』です。 先生「(一つの尊敬語に)二つの敬語は 二重敬語って言って、間違いなんです。 」 カレン「難しい…。 全然わかりません。 」 先生「丁寧にしようと思ったから、『おっしゃる』だけじゃ丁寧じゃないから、『おっしゃられました』って言っちゃったんだと思うんですけど。 これはたくさんの人が間違えるんです。 でも実は二重敬語というのは使ってはいけないんですね。 」 カレン「へぇーだめですか?」 先生「うん。 だめなんです。 ただ、敬語っていうのは、相手にどうやったら良い感じを与えるかっていうことでしょ?そうするとね、言葉じゃないんですよ。 笑い方とか態度とか、それから相手に失礼がないようにっていう表情とかね。 」 カレン「うん。 」 先生「そういうもので、敬語っていうのはカバーできますから。 ね!それで失礼がないようにしていれば、まぁ、大丈夫です。

次の