間 質 性 膀胱 炎 ブログ。 症状が重い...間質性膀胱炎の食事療法とは?女性に多い膀胱瘤の予防と自己チェック法

アイピーディが膀胱炎に効く?

間 質 性 膀胱 炎 ブログ

「間質性膀胱炎(ハンナ型)」とはどのような病気ですか 間質性膀胱炎とは、膀胱に原因が不明の がおこり、それによって尿が近い、膀胱や尿道に違和感や痛みがおこる、などのつらい症状がでる病気です。 病気のタイプからハンナ型と非ハンナ型に分かれます。 ハンナ型では、膀胱の内視鏡でハンナ病変と呼ばれる特有の異常がみられます。 難病に指定されているのはこのハンナ型で、その中でも特に症状が悪い方です。 この病気の患者さんはどのくらいいるのですか 日本間質性膀胱炎研究会の調査によると、間質性膀胱炎の患者数は日本全体で約4500人とされています。 そのうちハンナ型が45%程度を占めています。 この病気はどのような人に多いのですか 男女比は1:5. 6と、女性、特に中年以降の女性に多いです。 この病気の原因は何でしょうか 膀胱の粘膜を覆っている細や免疫系の異常が疑われています。 しかし、はっきりとした原因は見つかっていません。 この病気は遺伝するのですか 遺伝するとは考えられていません。 この病気ではどのような症状がおきますか 症状が軽いと、トイレが近い、尿がたまってくると膀胱に違和感がある、という程度です。 しかし症状が強くなると、1時間に何度もトイレに行く、膀胱に強い痛みを感じる、痛みが膀胱だけでなく尿道や下腹部全体に広がる、などとなります。 その結果、生活に非常に大きな支障を来たし、精神的にも大きな負担となります。 この病気にはどのような治療法がありますか 根本的な治療法はありません。 内視鏡を使ってハンナ病変を電気で焼けば症状がかなり改善します。 必要であれば、何度か繰り返すこともできます。 ほかには、症状を和らげる方法として鎮痛剤や神経の興奮を抑える薬を使うことがあります。 膀胱の中に薬を入れる方法もあります。 この病気はどういう経過をたどるのですか 多くの患者さんで、上記の治療によって症状は改善しますが、完全に良くなることは難しく、仮に良くなっても再発することも多いです。 そのため、経過観察を続けることが必要となります。 一部の患者さんでは、炎症が進んで膀胱が固く小さくなり強い痛みや続くことがあります。 その場合は、膀胱の摘出が必要になる症例もあります。 ただし、ガンなどとは異なり、命に別状はありません。 この病気は日常生活でどのような注意が必要ですか 辛い食品などを食べると症状が悪化することが知られています。 唐辛子やわさび、マスタードなどの刺激物は避けたほうが良いでしょう。 コーヒーやかんきつ類も、それを取ると症状が悪くなる人がいます。 精神的なストレスで症状が悪くなることも知られています。 ストレスを避け規則正しい生活を心がけましょう。 関連ホームページのご紹介 日本間質性膀胱炎研究会ホームページ.

次の

間質性膀胱炎が、病院治療以外で改善した体験談

間 質 性 膀胱 炎 ブログ

間質性膀胱炎の主な症状 ・1日に何度もトイレに行きたくなる ・尿意切迫感を常に感じる ・排尿後にスッキリしない不快感や痛みがある ・膀胱に尿が少しでもたまると強い痛みを感じる ・精神的ストレスを感じたり、寒い時には痛みが強くなる ・1度に出る尿量が少ない ・尿意が頻繁すぎて、日常生活に支障が出る ・性交時にも強く痛む ・病院へ行ったが尿に異常はないと言われた 上記のような症状が思い当たる方は、間質性膀胱炎の可能性があります。 膀胱に炎症が起きて出血したり、尿が溜まって圧迫された時に痛みが出やすくなるのが間質性膀胱炎の症状です。 排尿後に痛みや残尿感を感じたら、間質性膀胱炎を疑うようにしましょう。 2 間質性膀胱炎が厄介な6つの理由 間質性膀胱炎に似ている病気として膀胱炎が挙げられます。 通常の膀胱炎は膀胱の粘膜表面に細菌が入り込むためおこる病気ですが、間質性膀胱炎は粘膜の深層部に細菌が入り込む病気です。 また膀胱炎は、抗生物質の投与により完治しますが、間質性膀胱炎は抗生物質の投与では治りません。 粘膜の奥の部分が炎症しているため、通常の膀胱炎に比べて間質性膀胱炎は診断しにくく、治りにくい病気なのです。 間質性膀胱炎が厄介な理由 ・日本の一般的な泌尿器科でまだ病名が浸透していない ・症状が似ているため膀胱炎や過活動膀胱と誤診される ・特殊な検査をしなければ粘膜深層部の傷がわからない ・抗生物質治療で菌は消えるが痛みが治らない ・適切な治療法が見つけにくい 間質性膀胱炎は検査には尿検査だけでなく、超音波検査や血液検査などを行い他の病気ではないか検査します。 粘膜の深層部の炎症で痛みが出ると言われているので、簡単な検査だけですと、ただの膀胱炎と診断される場合が多々あるようです。 膀胱炎の症状が当てはまるけれど、膀胱炎用の治療では効き目がない時には、間質性膀胱炎を疑うようにしましょう。 3 間質性膀胱炎の診断ポイント もし間質性膀胱炎と症状が一致していたら、すぐにお医者さんに相談しましょう。 間質性膀胱炎を治療するためには、きちんと担当医に診断してもらうことが大切です。 症状がどのようなものなのかをはっきりと伝えられるようにしておけば、その後の治療がスムーズにいきます。 間質性膀胱炎の診断ポイント ・排尿日誌をつけた時、1日8回以上排尿があり、1度の量が100cc以下である ・正常な排尿があった後にも不快感が残りその後何度もトイレに行きたくなる ・ずっと尿意に襲われている ・尿の色は正常で白濁していない 白濁している場合は通常の膀胱炎 ・膀胱につーんと染みるような痛みを感じる 症状が進むことがありますので、痛みを感じたり頻尿かなと思ったら自己判断せずに、病院で検査を受ける事をおすすめします。 4 間質性膀胱炎の治療方法 もし間質性膀胱炎と診断されたら、治療はどのように行うか気になる所ですよね? 間質性膀胱炎は不治の病とも言われており、完治が難しい病気です。 現在の症状を悪化させないこと、間質性膀胱炎のつらい症状を少しでも良くなるようにすることが大切です。 それぞれの患者さんによっても、症状が微妙に異なっているので、患者さんに合った治療法を探さなければなりません。 例えば間質性膀胱炎が長引いていると、膀胱が収縮し硬く小さくなってしまう場合があります。 この場合は生理食塩水の注入などで、膀胱を少し広げると症状が改善されます。 また、頻尿や痛みによって多大なストレスを抱えている人には心理面でのケアも効果的です。 間質性膀胱炎を悪化させる食べ物 ・コーヒー、炭酸、アルコール、かんきつ系のジュース ・チェダーチーズ、カマンベールチーズ ・大豆、枝豆、納豆 ・レモン、オレンジ、パイナップルなど酸味の強い果物 ・お酢、ケチャップなど酸味の強い調味料、 ・トウガラシ、インド料理のスパイスなど刺激の強いもの 酸味のあるもの、刺激の強い食品やチーズ、大豆製品を避け、間質性膀胱炎の痛みを和らげるようにしましょう。 間質性膀胱炎の症状は個人差がありますので、合う食べ物合わない食べ物も個人差が出ます。 もし食べて痛みが酷くなるかどうか振り返ってみて悪化させる食べ物を探すのも一つの手です。 6 膀胱を清潔に保つポイント 間質性膀胱炎の原因の詳しい理由はまだ解明されていませんが、陰部を少しでも清潔に保つことで、症状が悪化することを防げます。 そこで、膀胱を清潔に保つポイントをご紹介します。 膀胱を清潔にする方法 ・専用の消毒洗剤を使って陰部洗浄をする ・不特定多数の人が使用したウォッシュレットの洗浄機能は使わない ・排尿、排便後に前から後ろへ向けて拭く 肛門からの菌をつけないため ・下着をまめに交換する 薄い吸水パットを使うのもよい ・性交後は早めに陰部洗浄を行う ・生理用パットはつけっぱなしにせずこまめに取り換える 排泄や性交の際は、特に気をつけるようにしましょう。 また陰部をこまめにケアすることで、清潔に保つようにしましょう。 陰部を清潔に保つことで、間質性膀胱炎以外の病気の感染を防ぎ、症状を抑える事にも繋がります。 7 間質性膀胱炎の予防方法 間質性膀胱炎にならないために、何か出来る予防方法はあるのでしょうか? 現代の医学では、間質性膀胱炎のはっきりとした原因は不明ですが、免疫力の低下や膀胱への強い刺激によって発症する可能性があります。 また、アレルギーや自律神経失調症、過度なストレスにも注意する必要があります。 間質性膀胱炎予防のために普段からできること ・普段から免疫力を高めておく ・栄養バランスのとれた食事をする ・ストレスをためないようにしっかり睡眠をとる ・硬いタオルでゴシゴシ洗うなど、膀胱部分への過度の刺激を加えない ・性交渉で痛みを感じたらしばらく控える はっきりとした原因がある病気ではありませんので、炎症を起こさないように清潔にしたり、ストレスを溜めないようにすることが大切です。 普段から体を健康に保つことによって間質性膀胱炎を予防するようにしましょう。 8 間質性膀胱炎を上手くコントロールする方法 間質性膀胱炎になると、ちょっとのことでトイレに行きたくなったりしますが、あまり頻繁に尿を排出してしまうと膀胱が小さくなってしまいます。 そうなってしまうと、蓄える事が出来なくなりトイレに頻繁に行くことになります。 痛みが無い時に膀胱に尿を溜める練習として、トイレの回数を減らす様に意識するだけでも膀胱の筋肉を鍛えられます。 普段から意識してトイレの回数を見直してみるのも、膀胱の筋肉を鍛えるには良いでしょう。 間質性膀胱炎は診断が難しいことや完璧に治る治療法がないということがわかりましたが、陰部を清潔に保つことや、服薬治療、食事に気をつけることなど自分に合った方法で症状を改善できることもわかりましたね。 間質性膀胱炎を改善するための治療や食事方法、そして予防方法を、ぜひ取り入れるようにしましょう。 記事カテゴリー• 135•

次の

アイピーディが膀胱炎に効く?

間 質 性 膀胱 炎 ブログ

間質性膀胱炎は決定的な治療が確立されていない、非常に症状の重い膀胱炎です。 だからこそ、摂取する食事の違いで症状にも違いが出てきます。 間質性膀胱炎ではどんな食材を摂取し、どんな食材は避けるべきなのでしょうか? ここで注意したいのは、この食事の選択は個人によって症状が様々だということです。 そのことを念頭に置いて以下見てみましょう。 また、注意すべきは食材だけではありません。 調味料には大豆が使われていたり、トマトが使われていたりするため、多くが避けたい食材に入ります。 また、たらこやアンチョビなどの添加物もよく注意をしなければなりませんし、特にうま味調味料は避けたい食品です。 そしてクランベリーや大豆は普通の膀胱炎では摂取したい食材に入りますので注意しましょう。 これはほんの一例で、例を挙げ続ければきりがありませんし、最初に述べたとおり個人個人で症状が違いますので、少しずつ摂取しながら仕分けをしてみてください。 骨盤臓器脱で最も多い!膀胱瘤とは 骨盤には重要な臓器を支える役割があり、特に女性の場合は重要な臓器に子宮が加わるため、より骨盤とその部位の靱帯に筋が重要になってきます。 重要な骨盤底の靱帯と筋が弱まってしまうと、子宮に、膀胱、直腸などの重要臓器が垂れ下がってしまう骨盤臓器脱という疾患になってしまいます。 その骨盤臓器脱の中で最も多い、つまり垂れ下がりやすい臓器は膀胱であり、その疾患を膀胱瘤と呼びます。 1.膀胱瘤 別名、膀胱脱と呼ばれる疾患で、膀胱が支えきれず垂れ下がり、膣から飛び出す状態のことです。 骨盤臓器脱で最も多いのがこの膀胱瘤で、他の二つの疾患と併発することも多いでしょう。 2.子宮脱 子宮が支えきれないことで膣から飛び出す疾患です。 3.直腸瘤 直腸が、壁を越えて膣から飛び出す状態で、便秘などの症状を伴います。 1.下垂感 膀胱が下がることによって感じる不快感で、時にはまたにピンポン球のような異物感を感じることもあります。 2.出血 飛び出した膀胱が擦れて、出血することにもなるのです。 3.頻尿や尿漏れ 膀胱の位置が下がることによって、尿道が屈曲し、排尿困難の症状がでます。 膀胱瘤は、骨盤底筋が衰えることでかかる骨盤臓器脱において、最も罹患しやすい疾患です。 ですが、その症状は下垂感や頻尿、尿漏れ、ひどくて飛び出した膀胱が摩擦で出血するなど軽い症状ばかりですので、よほど進行しない限りは深刻に心配することはないでしょう。 膀胱瘤を素早く見付ける!自己チェック法 膀胱瘤という疾患の問題点は、いざ膀胱瘤に罹ったとしても、その症状から膀胱瘤であると判断することが難しいと言うことです。 膀胱瘤によって引き起される症状も、危険は少なく他の疾患でも充分考えられるものばかりであり、膀胱が外に飛び出すといっても、傍目に一目ですぐわかるということはまずありません。 自分が膀胱瘤であるかどうか判断するためには、いくつかのポイントを抑え、自分自身で自己チェックを行う必要があるでしょう。 1.膣のあたりに異物感 膣のあたりにこれまでになかった異物感が感じられるかどうかを確認します。 2.入浴時のチェック 入浴時に股のあたりを直に触ってみて、ピンポン球のようなものがあるかどうか確認します。 3.夕方のチェック 夕方になると股のあたりに何かが下がってきているような感じがするかどうかをチェックします。 4.着席時の違和感 席に座ることで、膣に下がってきた膀胱が押し込まれる感覚があるかどうかをチェック。 5.頻尿、残尿感 尿道が屈曲したことによる排尿困難の症状をチェックすることで確認できます。 以上のように、膀胱瘤であるかを確認するには、目に見えない、身体の中の感覚を頼るしかありません。 入浴時、夕方、座ったときなど、違和感や異物感を感じるポイントを見逃さず、気を配ることで、素早く膀胱瘤を発見できる可能性がでてきます。 膀胱瘤はたしかに危険な疾患ではなく、その症状は軽いものですが、だからといって放置したままにしていては、いずれは進行して治療のために手術が必要な大病に発展する可能性は充分にあるのです。 膀胱もまた重要な臓器であると意識して、できる限り気を配り、異物感や違和感を見逃さないようにしましょう。 緩みを解消して膀胱瘤予防! 膀胱が膣より飛び出す膀胱脱は、別名膀胱瘤と呼称されます。 この膀胱瘤は、骨盤底の筋肉や靱帯が、加齢や女性ホルモンの低下、出産によって損傷、低下することで発症リスクが高まってしまいます。 膀胱瘤を予防する何よりの対策は、骨盤底の緩みを解消することにあります。 対策としては単純なもので、骨盤底筋を鍛える体操を行い、加齢などで起る緩みを速やかに補強することです。 また、この骨盤底筋体操は、実際に膀胱瘤になった際も治療法として有効となります。 あくまで対症療法で、根治治療ではありません。 術後、メッシュシートにコラーゲンや結合組織が付着して、膀胱をしっかり支える骨盤底となってくれます。 膀胱瘤を速やかに治療するための手術にはペッサリー療法とメッシュ療法があり、現在ではメッシュ療法が主流です。 それというのも、ペッサリー療法は根治治療ではなく、その治療効果を長期に渡って維持する事は難しく、定期的な治療の継続が必要となります。 しかしメッシュ療法ならば、一度埋め込んだメッシュシートにコラーゲンや結合組織が付着し、膀胱をしっかりと支えてくれるのです。 Photo by: [ ].

次の