トルコリラ 天国 地獄。 トルコリラの天国と地獄

トルコリラ天国への道

トルコリラ 天国 地獄

2016年のクーデターで121人終身刑。 まあ国家が転覆しそうになったあの事件。 もう4年前か。 あれからどうなるかと思ってましたが、トルコはコロナにも負けず、よくここまで来ているなというのが正直なところ。 為替では負けてますが。 負け続けている為替もようやくヨコヨコに。 これから反発すればそれで良いわけなので、まあヨコヨコずっとでも結構。 ヨコヨコでロットが増えた後に反発が一番の理想なので、今は一番の理想に近いのかも知れません。 正直なところ毎月のスワップと保証金増しを考えれば、平均5銭位の下落でも却って有難いことになります。 ヨコヨコまたは5銭平均ダウンが私の理想です。 上がると思いきやですぐに元の値に戻ってしまうことしばしばなので、今はこれでいいのだ。 なにやら外貨準備高が減ってるという警戒感で一旦下げも来てたし 笑。 でも売り方さんで、政策発表前で参戦した人はうまく儲かったのでしょうか?? こんな細かい上げ下げ気にしててもしょうがなくて、私が言っているのは、 この上げでしばらくは下限値が15. 5以下にならなければ良い ってただそれだけで、細かい上げ下げについて何も言うつもりはありません。 要は全損切に遭わなければ勝てるのがスワップ派なので、今回の据え置きで、より全損切 に遭う確率は減ったことになります。 それでもって為替の上昇に併せてしっかり買ってます。 リラ円・・・・133万通貨 ランド円・・・118万通貨 大体月に7. 7万円~8. 0万円位のスワップ益が得られることになりました。 まあ損切とポジション調整がない限りという前提付ですがね。 このスワップ益と大体毎月15万円くらい積み増しする保証金でどんどんロットを増やして いきます。 増やすタイミングは今みたいに上昇しているタイミングではなくて、何か悪いニュースが出た時の押し目を拾う感じで、これからの話だと、15. 5台の半ば位でなるべく拾っていきたいと思います。 そうでなくてもスワップ益の26%を使ってロットを増やしていく分には下値対応力は変わらないから、今ですと1週間に1万通貨、月に4万通貨はリスクを増やさずに増やしていける計算になります。 2~4. 3位なもので、現在4. これはトランプ大統領が破れてバイデンに変われば、おそらくは5. 0位までには回復するのではないかな?とあくまで個人的な予想です。 私も金銭的な余裕があれば買いたいのですが、今はトルコリラと南アフリカランドの 両方ともに現状ヤバい通貨を保有しているので、そちらに全力を傾けなけばなりません。 もし始めるとしたら、リスク分配という意味で、別のFX会社で始めるといいと思います。 ひとつの通貨が暴落でダメになっても、他の通貨は暴落しない確率もあるからね。 まあどれも新興国なので、全部アウトになる可能性もあるのですが、 スワップがおいしい通貨は、ドル円を除くとこの3つ位しかないので。。。 この買いのタイミングがわからないとFXでは、特にスワップ派では勝てないのは過去の経験からわかっています。 といってもリラ円の上昇はたった10銭位なもので、要は現在のリラ円の相場は完全にコントロールされたヨコヨコ状態。 こういう場合も細かいポジション調整によって被った損切時の損失も時間が解決してくれます。 もう1週間損切無しで過ごせれば、スワップ益で損切りした分の損失は補填完了。 4割れが1週間以内におきなければOKという状態です。 現在月のスワップ益が約7. 5万円。 勝ち目がみえてきました。

次の

トルコリラと天国への階段

トルコリラ 天国 地獄

2016年のクーデターで121人終身刑。 まあ国家が転覆しそうになったあの事件。 もう4年前か。 あれからどうなるかと思ってましたが、トルコはコロナにも負けず、よくここまで来ているなというのが正直なところ。 為替では負けてますが。 負け続けている為替もようやくヨコヨコに。 これから反発すればそれで良いわけなので、まあヨコヨコずっとでも結構。 ヨコヨコでロットが増えた後に反発が一番の理想なので、今は一番の理想に近いのかも知れません。 正直なところ毎月のスワップと保証金増しを考えれば、平均5銭位の下落でも却って有難いことになります。 ヨコヨコまたは5銭平均ダウンが私の理想です。 上がると思いきやですぐに元の値に戻ってしまうことしばしばなので、今はこれでいいのだ。 なにやら外貨準備高が減ってるという警戒感で一旦下げも来てたし 笑。 でも売り方さんで、政策発表前で参戦した人はうまく儲かったのでしょうか?? こんな細かい上げ下げ気にしててもしょうがなくて、私が言っているのは、 この上げでしばらくは下限値が15. 5以下にならなければ良い ってただそれだけで、細かい上げ下げについて何も言うつもりはありません。 要は全損切に遭わなければ勝てるのがスワップ派なので、今回の据え置きで、より全損切 に遭う確率は減ったことになります。 それでもって為替の上昇に併せてしっかり買ってます。 リラ円・・・・133万通貨 ランド円・・・118万通貨 大体月に7. 7万円~8. 0万円位のスワップ益が得られることになりました。 まあ損切とポジション調整がない限りという前提付ですがね。 このスワップ益と大体毎月15万円くらい積み増しする保証金でどんどんロットを増やして いきます。 増やすタイミングは今みたいに上昇しているタイミングではなくて、何か悪いニュースが出た時の押し目を拾う感じで、これからの話だと、15. 5台の半ば位でなるべく拾っていきたいと思います。 そうでなくてもスワップ益の26%を使ってロットを増やしていく分には下値対応力は変わらないから、今ですと1週間に1万通貨、月に4万通貨はリスクを増やさずに増やしていける計算になります。 2~4. 3位なもので、現在4. これはトランプ大統領が破れてバイデンに変われば、おそらくは5. 0位までには回復するのではないかな?とあくまで個人的な予想です。 私も金銭的な余裕があれば買いたいのですが、今はトルコリラと南アフリカランドの 両方ともに現状ヤバい通貨を保有しているので、そちらに全力を傾けなけばなりません。 もし始めるとしたら、リスク分配という意味で、別のFX会社で始めるといいと思います。 ひとつの通貨が暴落でダメになっても、他の通貨は暴落しない確率もあるからね。 まあどれも新興国なので、全部アウトになる可能性もあるのですが、 スワップがおいしい通貨は、ドル円を除くとこの3つ位しかないので。。。 この買いのタイミングがわからないとFXでは、特にスワップ派では勝てないのは過去の経験からわかっています。 といってもリラ円の上昇はたった10銭位なもので、要は現在のリラ円の相場は完全にコントロールされたヨコヨコ状態。 こういう場合も細かいポジション調整によって被った損切時の損失も時間が解決してくれます。 もう1週間損切無しで過ごせれば、スワップ益で損切りした分の損失は補填完了。 4割れが1週間以内におきなければOKという状態です。 現在月のスワップ益が約7. 5万円。 勝ち目がみえてきました。

次の

トルコリラと天国への階段

トルコリラ 天国 地獄

トルコ中銀政策金利利下げ-8. 75%へ 実質金利のマイナスはさらに拡大しています。 ねぇ、トルコリラの「実質金利」はマイナスだって知ってる? 政策金利がいよいよ一桁台に突入。 一方でインフレ率はインフレ率は12. 4%(2020年2月)。 実質金利はマイナスに転じ、拡大傾向にあります。 実質金利=9. 75%ー12. つまりトルコリラ通貨のさらなる下落に繋がりかねない状況を迎えているのです。 引用: GMOクリック証券でスワップの逆転現象が発生! トルコリラ円の スワップの一時的な逆転現象も発生しています。 2020年4月16日、GMOクリック証券ではトルコリラ円のスワップポイントが以下の通りでした。 売りSW…13円• ちなみに今日(2020年4月23日)のスワップポイント(GMOクリック証券)はこちら。 買いSW…0円 もはやスワップポイント目当てでトルコリラを保有する メリットはゼロです。 2020年:【最新】FX情報商材ランキング発表 スワップポイントの受取額がゼロからマイナスへ… 各FX会社は以下のような注意喚起をしています。 お客様におかれましては、以下の点にご注意くださいますようお願いいたします。 また、金利情勢によっては買い建玉売り建玉ともにスワップポイントが支払いになる可能性もございますので、あらかじめご了承ください。 現在、トルコの短期金融市場の急変動により短期金利に変動が生じているため、当社においてもスワップポイントが不安定な状況でございます。 なお、 短期金利の需給が一時的に急変した場合、受け払いの方向が逆転することや売り・買い両方の取引で支払いになること、場合によっては、営業日の途中で当日スワップポイントを急遽変更させていただく等の可能性もございます。 引用: 今後、トルコリラのスワップポイントがゼロ、あるいはマイナスになる可能性があるとのアナウンスです。 まさにトルコリラの「地獄の釜の蓋が開いた」わけですね。 キャリートレード(金利差収入)の魅力を失いつつあるトルコリラ 各FX会社のアナウンスにある通り、トルコリラの キャリートレード(金利差収入)としての魅力は、もはや失われつつあります。 政策金利の段階的な利下げにより、実質金利はマイナス状態• 通貨も底なしで史上最安値を更新中(リラ安の加速)• 新型コロナウィルス感染拡大による影響 特に、トルコの 新型コロナウィルス感染被害は甚大です。 トルコ、新型コロナウイルス感染8万6306人 欧米以外で最大に 2020年4月20日(月)10時56分 トルコのコジャ保健相は19日、同国で確認された新型コロナウイルス感染者数が8万6306人に達したことを明らかにした。 欧米以外で最大となる。 過去24時間で確認された新たな感染者は3977人だった。 同相によると、新たな死者は127人、累計死者数は2017人となった。 引用: 2020年4月20日(月)10時56分 欧米を除く地域では、 最大の感染者数を出しているのがトルコなのです。 あの中国よりも感染者数は多いのですね。 トルコ経済は麻痺状態。 国内からの資金引き上げも加速しそうです。 2018年のトルコショック(通貨危機)を上回る危機に見舞われています。 ボラティリティリスクが大きすぎない? いまなお、トルコリラをスワップ狙いで買い煽りする人がいますが、倒産寸前の会社の株を買うようなものです。 もちろん、今後トルコリラ通貨が大きく上昇する可能性はゼロではありません。 スワップ金利も拡大する可能性もゼロではないでしょう。 ただ、投資にしてはボラティリティリスクが大きすぎませんか? よーく考えましょう。

次の