ゴールデンタイムズ。 ゴールデンタイム

ゴールデンタイムズの輝かしい業績を称える

ゴールデンタイムズ

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2020年2月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2020年2月) プライムタイム(:prime time)は、業界において夜の看板番組が並ぶ時間帯のこと。 ただ国や地域によって具体的な時間帯は異なり、日本では毎日19:00 - 23:00の時間帯 、アメリカのとに属する州では月 - 土曜の20:00 - 23:00と日曜の19:00 - 23:00の時間帯を指す。 別名、 プライム帯。 この時間帯は1日の中で最もが高くなる時間帯であるため、各局とも花形ともいえる番組が並んでおり、その局の活力を示す指標ともとらえられ重要視される。 この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2011年12月) この時間帯はやなどからの後で在宅率が高いために視聴率が高く、各局の花形番組が並んでいるため、その局の活力を表す指標として重要視されている。 なお、一部地方局ではこの時間帯の・ローカルセールス枠に自社制作番組を放送していることがある。 日本でテレビ視聴率を測定しているでは、からプライムタイムについての視聴率の測定・調査をはじめている。 また、社も日本市場に参入したからプライムタイムについての視聴率の測定・調査を行っていた(に撤退)。 日本においては、プライムタイムのうち19時台から21時台までの時間帯を ゴールデンタイム と呼び、22時台と区別することが多い。 しかし広告業界においてはプライムタイム全体で広告料は最高ランクの「Aランク」とされており、22時台とそれ以外の間で取り扱いに差がない。 同類語に、などがある。 また、系列ではプライムタイムを過ぎた23:00 - 翌日1:00(も参照)を「プライム2」、系列では同様の時間帯を「プラチナゾーン」と定義している。 以前は、大人対象でも基本的に向けの番組や純然たる向けの番組が多かったが、以降はやなどで帰宅時間の遅くなる児童・生徒が増えるなど生活スタイルの変化の影響を受けこの時間帯の編成にも変化が生じている。 予算のかかるは1980年代までにほぼ撤退し、やなど視聴媒体の多様化による影響でも民放キー局では秋を持ってレギュラー放送から完全撤退を強いられ 、主に週末の19 - 21時から放送される2時間枠・単発のが年に数回放送される程度となっている。 上記のように帰宅の遅い若年層や児童層、20歳代から50歳代の男性に合わせるかのように週末午前中・の平日や土曜・日曜の夕方に放送されるアニメやが増加した。 1980年代以降、この時間帯の番組は番組ジャンルにかかわらずや特番の影響によりレギュラー放送の休止が年々増える傾向にあり、後半以降ではレギュラー放送が1年30回程度になっていることも多い。 その代償措置及び制作費を抑制する目的で、19時台と20時台、または21時台と22時台にレギュラー放送されている番組が対になって、隔週交代で2時間枠の拡大版放送を組むケースも多く見られるようになった。 一方、テレビ東京系列(火曜日・土曜日のなどのローカル差し替え可能な枠を除く)ではこのような休止が少なく、1年に50回近く放送しているものもある。 スポーツ中継では2000年代まで、プロ野球シーズンである春~秋にかけてプロ野球中継(主に)が各局で編成されていたが 、プロ野球の人気低迷に伴う視聴率低下や土休日試合のデーゲーム移行もあり、プライムタイムで中継されるプロ野球中継は年間数試合程度に留まっている。 その一方、2000年代後半からはサッカーや水泳といった競技の国際大会の中継も頻繁に組まれるようになった。 ・・に放送されているレギュラー番組が、ゴールデンタイムにとして放送されることもある。 プライムタイムの視聴率首位局(年間) [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2011年12月) 調べ。 このルールはのFCC規則によるものでローカル局の自社製作番組比率の向上やコンテンツ供給源の多様性の促進を目的とし、1970年代当時の3大ネットワーク(ABC、NBC、CBS)の直営局及び加盟局は、月曜日から土曜日までのプライムタイムのうち1時間を当該ネットワーク以外の番組に当てなければならないとされた。 ただし、このルールでは子ども向けのネットワーク番組、公的問題に関する番組、ドキュメンタリー番組、緊急ニュース、公共問題等を扱った放送、政見放送等、地元製作ニュース、スポーツ行事の生放送の延長などがある場合は例外が認められた。 1991年に連邦通信委員会はルールの適用を娯楽番組のみに緩和したが、ネットワーク局と番組製作者の双方からさらに緩和するよう再検討が要請された。 1992年にシカゴ控訴裁判所が連邦通信委員会に規制制定根拠の提出もしくはルールの緩和を命じたため完全廃止されることになった。 脚注 [ ]• キー局の場合、これ以外に土・日・祝日の18:00 - 19:00もAランクの広告料金が設定されているが、この時間帯は「プライムタイム」には含まれていない。 一方でではゴールデンタイムでの再放送が定期的に行われ、同時期に民放と入れ替わる形で新作アニメの放送も開始している(『』第2シーズン)。 そのため、「ゴールデンタイムに地上波で放送される新作テレビアニメ」自体は維持されていることになる。 マイナビニュース(2019年9月13日作成). 2020年2月8日閲覧。 毎日新聞・MANTAN WEB(2019年9月30日作成). 2020年2月8日閲覧。 また、『』に至っては19時台の放送にも関わらず最低視聴率0. 10月から土曜早朝に移動した)。 20:50までに放送を終了出来なければ最長21:24まで中継が延長された(以降の番組は繰り下げ)。 情報通信審議会. 2020年2月6日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

タイムズのレンタカー

ゴールデンタイムズ

かつてはSSメインのブログでした。 今やゴールデンタイムズからSSは激減してしまいましたが、かつての無気力な日曜午後の友として共に過ごした業績をたたえ、私のお気に入りのSSをここに掲載します。 なお、SSブログの難民受け入れ先としては、を個人的に推薦します。 注意:すでにゴールデンタイムズ上で削除された(と思しき)SSもあるので、他ブログのものを掲載している場合もあります。 これらのSSは別にゴールデンタイムズだけでなくその他のまとめブログも掲載していましたが、そこは目をつぶってください。 3大マジキチSS 閲覧注意。 泣く子もションベンちびるSS3本。 全員いい感じに死ぬ。 作者はに恨みでもあるのかというくらい。 にはそこがいいんですがね!! このマジキチSSを読んでいなければ、私がゴールデンタイムズに張り付くこともなかったでしょう。 個人的にはやはり澪ゲロが突出してヤバくてオススメ。 マジキチを継ぎしもの うんこは王道。 なにこのSS……。 俺こんなの読んだ覚え無いんだけど?! マジキチじゃない方の 勇者モノ 勇者モノは今も昔もSSの王道で、良作が次から次へと投入される修羅のジャンルです。 今回は特に思い出に残っている3作をチョイス。 こいつは勇者ではないがココに入れておこう。 レストランほむほむは万人向け。 死体は向け。 SSは多いはずですが、あんまり覚えてなかったり。 マジキチSS作者はなっつんがお気に入りの模様。 なっつんがかわいそうな目にあってない方。 鬱SS。 ちょうどアニメ真っ最中ということもあり気が気じゃない感じになりつつ毎回楽しみに見てました。 鬱SSといえばこっちも。 といえば、そう!だね。 その他 みんなも一番下のを読んでにドはまりしましょう!! 最近のもの PCネタと情報系ネタ。 SS不毛の地になったゴールデンタイムズにもついに花が咲いた! という訳で載りたてホヤホヤのものを一本。 一個だけ思い出せなかった 「俺の部屋じゃない誰か別の女性の部屋で教師として生活する」SSがあったはずなんだけど、一向に思い出せない。 知ってる人はご一報ください。 これで胸のつかえが降りた……!! 通りすがりさんありがとう!!! 振り返ってみて 案外過去作品の題名とか全然覚えてなくて大変でした。 でも調べてると結構「あ!これも!そうこれも!!」って感じで懐かしのSSが次々思い出されて楽しかったです。 あと ゴールデンタイムズって言うほどSSなくなってないですねこれ! ゴールデンタイムズが変化したというより、私の嗜好が変化してないだけだったのか……。

次の

タイムズのレンタカー

ゴールデンタイムズ

この記事の内容• オーストリアの風俗事情 オーストリアの中でもFKKがあるのは首都ウィーンです。 音楽の都として有名ですが、性風俗店も充実しており、FKKについては2014年9月時点で4件のお店が見つかりました。 また、FKKではありませんが、お金を払ってホテルに呼ぶサービスもあります。 いわゆるオーストリア版のデリヘルですが、値段が高そうなので今回はFKKのみの利用としました。 ドイツミュンヘンからオーストリアへの行き方 私はドイツのミュンヘンに出張していたため、そこから電車で行くことにしました。 ミュンヘンにはオーストラリアのRailjetという長距列車が乗り入れているため、それを使った移動が近道です。 …と言っても、ミュンヘンからオーストリアには大よそ4時間はかかります。 飛行機を使うと1時間程度ですが、空港への移動や手荷物検査の労力を考えると、トータルでの時間はそれほど変わりません。 今回は土曜日の朝に列車に乗り、ウィーンにはお昼前に到着。 街を観光した後に、夕方から夜にかけてFKKで遊ぶことにしました。 さて、こちらはミュンヘン中央駅(Munich)です。 こちらの16番乗り場からRailjetに乗り込みます。 今回は事前にインターネットで座席指定付きで乗車券を買っていました。 座れなくなることを警戒したのですが、ミュンヘンから乗る場合は結構席が空いているので、予約はいらなかったかも知れません、 ただし、途中のLinz Hbfからかなり人が乗ってきましたので、確実に座りたい人は予約しても良いでしょう。 予約料金は乗車運賃に加えて片道4. 5EURO必要です。 途中で音楽祭が有名なザルツブルグを通ります。 ミュンヘンからザルツブルグまでは1時間半くらいですので、手頃に来れます。 バイエルンチケットも使えるらしいので、ほとんど運賃はかからないですね。 Railjetに乗り走ること4時間 やっとの思いでウィーンに着きました。 ミュンヘン7時31分の電車に乗り、到着は11時40分でした。 なお、ドイツの列車は遅れることが多いと、ザルツブルグまで一緒だった現地の人が教えてくれました。 降りた駅は、Wien Westbahnhofです。 ウィーン中央までは歩いて15分程と良い立地です。 こちらは、Expediaの評価は結構割れていますが、駅から近いため夜到着した場合はこちらに泊まるのが良さそうです。 私が予約しているホテルはウィーン工科大学の近くで、TripAdvisorの口コミランキングで15位くらいになっていたところです。 ウィーンFKK Golden Times(ゴールデンタイムズ)への行き方 さてさて、肝心のFKKですが、以下の2店が有名です。 FKK Golden Times(ゴールデンタイムズ)• FKK funPlast 最も有名で、レポートが多い場所はゴールデンタイムズ Golden Times で、他はほとんどレポートがありません。 ゴールデンタイムズのレベルが高いこともあるかも知れませんが、FKK funPlastは地理的に遠くタクシーでなければ厳しい、その他のお店はできて間もないため(開店は2013年9月というものもあります)まだ訪問している人が少ない。 といった事情があるものと推察されます。 私は今回は1泊2日と期間が短く、正直、冒険をして外してしまうのが嫌だったので、まずはゴールデンタイムズに行くことにしました。 市内を観光し、17時にホテルにチェックイン 着替えなどの余分な荷物を置いて、18時くらいにホテルを出ました。 行き方ですが、タクシーに乗るか、電車 Uバーン を使うかのいずれかが現実的です。 自転車でも行けなくもないですが、ウィーンのCitiBikeはFKK近くで返却できる場所がないので、万が一無くなって(盗まれると)厄介だと思い借りませんでした。 また、中央市街から歩く場合は5km~くらいの距離になり、時間にするとおよそ1時間かかります。 私はホテルから近い駅ウィーン・レンヴェークを利用しました。 ウィーンは1Day ticket:1日券 24時間切符 や回数券もありますが、私は滞在期間中はほとんど徒歩で移動していたので、普通の切符を買いました。 電車に乗っている時間は10分くらいです。 駅数にすると3、4駅ですね。 初めて行く方でドイツやウィーンの電車に慣れていない人は、タクシーを使うの方が効果的だと思います。 降りる駅はウィーン・ガイゼルベルクシュトラーセというところで、FKKゴールンデイタイムズは歩いて5分くらいです。 こちらがゴールデンタイムズです。 広い駐車場が目立ちますね。 今回は土曜日の18時くらいに訪れましたが、すでにこのザマです。 地元の人々はほとんど車で来るそうです。 日本では到底お目にかかれない金髪美女がうようよいるわけですから、ウィーンで働いてたら絶対に毎日来そうですね。 なお、営業時間は深夜4時 AM 4:00 までですが、終電は午前0時くらいで無くなってしまうので、時刻表などで終電の時間はしっかり把握しておきましょう。 FKK ゴールデンタイムズ Golden Times の受付とロッカールーム 早速中に入ってみることにしましたが、入口にブザーはなく、普通のオープンウインドウでした。 ミュンヘンやアウクスブルクはブザーを押すとドアが開く形式でしたが、オーストリアはえらくウェルカムな作りになっていますね。 入っていくとすぐにカウンターがあります。 中に入りカウンターに近づき、まずは定番のご挨拶 カウンターに立っているマダムに片言の英語で話しかけます。 「Hello, Shall I speak English? Could you explain the system? 」 日本人がよく遊びにきていることもあってから、店員さんは接客に慣れています。 お店のルールを分かりやすい英語で簡単に説明してくれました。 と、言っても説明される内容は• 入場料:90EURO• アルコールドリンク:5EURO• FUCK:30分60EURO だけです。 他のFKKと同じ仕組みで、この店独自の注意事項はありませんので、特に気にする必要はないでしょう。 適当に聞き流しておけばOKです。 この店はセーフティボックスがカウンターの裏にあり、そこに財布と携帯電話などの貴重品を入れて鍵を閉めます。 続いてロッカールームに入りますが、こちらには脱いだ服や荷物を入れておきます。 店員さんに聞いてみたところ、何をどちらに入れないといけない、という決まりはないそうです。 ただ、嬢とエッチした後にお金を支払際に、セーフティボックスからお金を取り出した方が渡しやすいので、財布はセーフティボックスに入れておいた方が良いでしょう。 携帯電話もセーフティボックスに入れている人のほうが多いとのことでした。 ロッカールームにはシャワーとトイレがありますので、観光をして汗をかいている場合は、ここで綺麗にしておきましょう。 FKKでは、嬢とプレイする時は体を洗う時間がありませんので、いつでもエッチできるように体を清めておくのがベストです。 体を綺麗にしたらバスローブを羽織り、片方でバスタオルを持って中に入っていきます。 FKK ゴールデンタイムズ Golden Times の内部について FKKゴールンデイタイムズはアウスブルグのコロッセウムなどとは違い複数の部屋から成る普通のお店のような感じです。 メインホールにはバーやビュッフェ、丸テーブルと椅子、寝椅子などが置かれています。 メインホール以外にはアダルト放送が流れる上映室 KINO と小さ目のサウナが幾つか、そして小さなプールがついた中庭があります。 このように、ゴールデンタイムズは部屋の数が少なく面積も狭いのですが、それに反比例して女性が多いので常に女性陣の横を通ることになります。 女性との距離が近いとうれしい気もしますが、 「とにかく営業が強烈」 で、ちょっと歩いているだけで声をかけられ、エッチに誘われます。 私が行った時は、偶然話しかけて仲良くなった中国人の方と中庭で世間話をしていると、2組くらいずつ女性がやってきて、私たちの上に腰かけてきました。 そして、自己紹介をお互いして少し世間話をすると、 60EUROで楽しみましょう! と猛烈にアピールしてきます。 これがたったの1時間の間で8回もありました。 この営業は断るのがだんだんと辛くなってきます。 ゴールデンタイムズはとにかく早くやりたい人にはお勧めですが、じっくりと吟味したい人にとっては悩ましい感じです。 ゴールデンタイムズの女性はどの国の人が多い? 私が訪れた2014年9月の時点では、• ハンガリー• ブルガリア• ルーマニア• イタリア の女性が圧倒的に目立ちました。 ルーマニア人は他のFKKでもかなり見てきましたが、ここでも大勢力のようです。 ホント、どこに行ってもいらっしゃいます。 なお、同じくウィーンにあるfunPlastはもっとルーマニアの女性が多いように見えます。 ゴールデンタイムズには、本当に色々な国の女性が集まっており、何とイランの女性もいました。 「あなたの国と戦争したよね」 と笑いながら言われました。 ブラックジョークですな^^; なお、オーストリア人は一人もいませんでした。 女性は基本的に東欧の褐色系の肌が多いですね。 正直、褐色系は嫌と言うほど会ったので、透き通るような白人女性とヤリたかったんですが^^; 掲示板やwikiの書き込みでは、ゴールデンタイムズ Golden Times には私の大好物のロシア人女性が多い!! …と聞いていたのですが、私が行った時は一人もいませんでした。 既に2回遊びに来ている中国人男性客に聞いてもロシア人は見たことがない、とのことでした。 うーん、意外とロシア人女性少ないですねぇ… アウクスブルクので2人も見たのは奇跡に近かったのでしょうか… さてさて、良いにめぐり合えるでしょうか? ゴールデンタイムズの女性のレベルは? 肝心の女性のレベルですが… 私の感覚的にはミュンヘンのSunshine、アウクスブルクのコロッセウムよりは高くと思います。 そして、ベルリンのアルテミスにはやや劣るくらいです。 平均的に整っている女性が多く、どの娘とヤってもそれなりに満足できそうです。 ただ、突出した女性がいないので、 「ウィーンのFKKすげぇ!!!」 とはなりませんでした。 FKKで遊び慣れている人にはいまひとつだと思います。 遊びに行ったタイミングで良い女性が在籍・出勤しているかにもよりますが、私の印象はこんな感じでした。 そのため、エッチをする相手は結構慎重に選んでいたのですが、先述のように次から次へと営業がかかるので、とても疲れました。 基本的にしつこく迫って来る女性が多いので、軽く断ってもなかなか引いてくれません。 一人のイタリア人女性は「もういいわ、勝手にして!」と怒って去っていきました。 まあ、気持ちは分からないでもないんですが…、こっちも数少ないチャンスを活かして遊びにきているので、外したくはないんですよね。 ということで、しばらく中国人男性と話をしながら女性を物色していました。 中国人男性はたまにヨーロッパにくるらしく、その際はウィーンのFKKに寄っているそうです。 ウィーンにはあと2件FKKがありますが、ゴールデンタイムズがダントツで良いそうで、後の2件は微妙とのことでした。 しばらくすると、中国人男性は可愛らしいブルガリア人女性と一緒に行ってしまいました。 1人になると営業をかわすのが辛くなるので、私も場所を移すことにしました。 当サイトのコンテンツ• 277• 2 管理人:アキラについて.

次の