口を聞いてくれない。 職場の先輩が口を聞いてくれない

誰か教えてくれ!非常口は施錠してもいいの、いけないの?

口を聞いてくれない

どれだけ仲良くつきあっている相手とでも、ときには喧嘩になってしまうもの。 恋と仕事のキャリアカフェにも「彼ともめてしまった」「ささいな行き違いから連絡が取れなくなってしまった」といった悩みが寄せられることがあります。 これに対して、まず多い回答が「ほうっておけ」というもの。 「結局こういうタイプの女性は静観しているのが一番だと思います」(oygi48さん) 「しばらくほっといてくれたほうがいいです。 無理に話をしようとされるほど、腹が立ってきますから。 しばらくすれば落ち着いてくるので、当たり障りのないところから会話を始めてください」(tenki84さん) 次に多いのは「なんとか懐柔してみて」という回答。 「『怒らせてゴメンね。 正直、どうして怒っているのかわからない。 そこもゴメン!でも僕が君を怒らせてしまったのは事実だから…。 わからないなりに、もっと君を大事にする様に気をつけるヨ』とでも言ってみたら?」(key00001さん) 「彼女が無言になったら『機嫌悪くなっちゃったの?』と優しく、頭をナデナデしてあげれば、機嫌が治るかもしれません」(noname 123876さん) また、コミュニケーションの仕方に関するアドバイスも挙がっています。 「なるべく会話を質問で構築していくこと。 気付かなかった』この一言が欲しいんですよ。 まず『彼女が傷ついた』ことを受け止めて欲しいんです。 でも男性ってなかなかこれが出来ないんですよね〜。 特に相手が悩んでいる・苦しんでいる・怒っているときには、 ・アドバイスしない:「〜〜したほうがいいよ」と解決しようとしない。 ・問いたださない:「なんでそう思ったの」と質問攻めにしない。 ・他のことを考えない:「まいったなあ」とか「まじかよ…」とか、他のことを考えない この3つの姿勢が大事になります。 真実を探り出そうとしない相手の気持ちに寄りそうコミュニケーションは、ケンカだけでなく、ビジネスや友人からの悩み相談など、いろいろな場面で役立ちます。

次の

弟が20年以上まともに口をきいてくれません。

口を聞いてくれない

妻が口を聞いてくれません。 一昨日友人夫婦と4人でご飯を食べに行った時のこと 話しの流れでお酒の失敗談になり、友人嫁がトイレに間に合わなかった話をしたので、 うちの嫁は野ションしたことあると言ったら、帰った後から無視されました。 確かにお酒が入ってたとは言え、デリカシーがなかったので、謝ったんですがずっと無視です。 反省してます。 なんと声をかけたら許してくれるでしょうか? 友人夫婦に口止めしたほうがいいでしょうか? 結婚している女性のかた、旦那がこんな話をしたらずっと無視ですか? 自分ならどうすれば許しますか? 補足たくさんの回答ありがとうございます。 ちなみに自分も友人嫁と同じ失敗をしたと前置きをしたうえで話ました。 登山とかトイレのないところでは女性でも普通にするって聞きますし、でもやっぱり恥ずかしいのですか?見られたわけじゃないのに。 開き直っているわけではないです。 すいません。 私が奥様の立場なら、一生忘れることは出来ないレベルの話ですよ。 友人の奥様のトイレに間に合わなかった体験談は、友人の奥様自身が話されたのではないですか? 話の流れで口がすべったとしても、本人が自分で話したのですから納得いくでしょうね。 ですが主さんの奥様の体験談は、奥様自身でなく主さんが口をすべらせてしまいました。 いくらお酒が入って開放的な気分になっていたとしても、とても許される話ではありませんよ。 男性はこういう失敗談をある意味酒の肴にしても平気なのかもしれませんが、女性の場合は 勝手が違います。 百歩譲って気心の知れた女性同士でお酒が入って開放的な気分になっているならありうるかも しれませんが、本人がいない席で恥辱的要素の強い話をするなんて言語道断ですよ。 私自身難病を患っているため、排泄機能がうまく働かず似たような体験談はあります。 同居の彼の目の前で失敗してしまい、死にたいくらい恥ずかしく情けない気持ちになりました。 何年も経った今でも気持ちは変わりません。 もし彼がお酒の席で私の体験談を人に話したら、右も左もなく別れます。 言い訳なんて聞く気もないです。 口に出した言葉は「覆水盆に返らず」です。 ましてや友人夫妻に口止めを頼むなんて、忘れかけてる記憶をさらに掘り起こすような傷口に 塩を塗り込む行為ですよ。 厳しいことを言いますが、謝ったから許してもらえると思っているのがまず甘い考えです。 許してもらえる前提にいてる限り、奥様には許してもらえないと思っていた方がいいかと思います。 間違っても「言ってしまったことは仕方がないじゃないか」「いつまで拗ねてるんだ」等の 自分を擁護するお気持ちは持ってはいけません。 そんな気持ちが根底にあると黙っていても奥様には伝わっていますので。 酒の席の事なんだから、時間が経てば普通に戻ると思いますけど。 取り合えず謝って、2度と同じような過ちはしないと断言する。 それ位で良いと私は思います。 酒の席でのそんな話は良くある事です。 大したことじゃないし。 大人なんだし、お酒を呑むと酔って饒舌になる事位解るでしょう。 私なら無視はせず、謝罪されたらもう2度と無いように誓ってもらいます。 まぁ絶対無いとは思いませんけど、取り合えず約束して貰ってお仕舞い。 怒りを継続するのは疲れるので。 いつまでもダラダラ不穏な空気が続くのに耐えられない質なので、無視なんかせず、話をしてとっとと終わらせます。 あなたの奥様がどんな人かは知りませんが、謝罪し、約束すれば良いんじゃないでしょうか。 というより、起きた事は起きた事です。 あなたがすべき事はそれ位しかないと思います。

次の

「もう口も聞いてくれないかも」山口の霜田監督がG大阪で覚醒した元教え子に言及(ゲキサカ)

口を聞いてくれない

の監督が1日にクラブ公式ツイッター renofayamaguchi を通じ、かつての教え子たちについて言及した。 霜田監督は過去に日本サッカー協会 JFA で技術委員長 強化担当 などを務め、2018年シーズンから山口の指揮官に就任。 MF G大阪 、FW 横浜FM 、FW G大阪 、MF 湘南 など、J1でも通用する選手たちを育成した。 クラブはトップチームの活動を休止した先月12日、公式ツイッターで「霜田監督のつぶやきシーズン2」と題し、「活動休止中も皆様に楽しんでいただけるようにと霜田監督のつぶやきが帰ってきました! 」と告知。 「今度はサッカーに対する悩みや質問から人生相談まで、ほぼどんな質問にも霜田監督が全力で答えます! 」とし、「 霜田塾」をつけた質問を募集していた。 霜田監督が日々さまざまな質問に答えていく中で、「自身の下で花開いてJ1に移籍し、今でも連絡を取っている選手」「移籍先でさらに成長したなと思う選手」を問われると、「連絡がくる選手もいますし、もう僕のことも忘れている選手もいるでしょう 笑 」と回答し、「またどこで一緒になるかもわからないので、頑張って欲しいですね」と教え子に向けてエール。 続けて「更なる成長した選手は、やはり 小野瀬 康介かな。 J1でレギュラー取って質も上がりました。 もう口も聞いてくれないかもしれません」と語った。 指揮官がJ1で力を伸ばしていると認めた小野瀬は、横浜FCの下部組織で育った27歳。 2種登録を経て2012年からトップチームに正式昇格し、2016年までプレーした。 2017年に加入した山口では、2018年7月にG大阪へ完全移籍するまでの約1シーズン半で公式戦69試合に出場し、16得点をマーク。 G大阪1年目となった2018年はシーズン途中の加入ながら、右サイドを主戦場に公式戦16試合で3得点を挙げた。 そして背番号を50から8に変更した昨季は、公式戦39試合で8得点を記録。 横浜FCや山口で培った経験を生かし、G大阪で主力としてプレーしている。

次の