ブラック マヨネーズ。 ブラックマヨネーズの小杉竜一が引退!

ブラックマヨネーズの小杉竜一が引退!

ブラック マヨネーズ

来歴 [ ] 高校時代からお笑いをやりたいと考えていたが、親に言い出せなったため大学に行きながらこっそり始めようと思っていたが、大学受験に落ちる。 1年浪人後も受からなかったため、ようやく親に思いを伝え、芸人になることを決める。 既にNSC入学願書の締切が過ぎていたため、1年間フリーター生活を送った後に入学する。 『関西キング』というお笑いコンビを組んでいたが解散し、にと『』を結成し、現在に至る。 、第5回で優勝。 関西キングは高校時代の同級生と組んだコンビであり、コンビ仲は良かった。 吉田は在学中から小杉と組みたいと思っていたが、「関西キングは仲が良いし解散なんてしないだろうな」と思っていたという。 芸人育毛企画『K-BO-BO-プロジェクト』に参加したが、『伝統芸能ハゲ踊り』を守り次世代に託すためにプロジェクトメンバーから脱退した。 、吉田の紹介で知り合い、約2年前から交際を始めた14歳年下の大阪府の元歯科助手の女性とに婚姻届を出していたことを発表。 同時に女性が妊娠4ヶ月であることも発表された。 に、第1子となる男児が誕生した。 、第2子女児が誕生。 プロフィール [ ]• 趣味:通い。 趣味: (一級茶帯。 かつて京都支部に在籍。 の門下生だった)。 高校在学中は部に所属していた。 好きなアーティスト:。 好きな女性芸能人:()。 が(混血度16分の1)。 関西出身であるが大のファンである。 芸風と評価 [ ]• 「ヘイヘイオーライ! 」というギャグを持っていたが 、後に「ヒーハー! 」というギャグが持ちネタになっている。 「ヒーハー」はに放送された『』()のコーナー「回収ぶっちゃけハウマッチ」で、にのモノマネを無茶ぶりされた時に、囁くような声で「ヒーハー」と口に出してしまったもの。 その後、『』の企画「」において、「ヒーハー! 」の文字とカウボーイ風男性のイラストがプリントされているTシャツが作られた。 その他 [ ]• は吸わない。 中古車のE46型を所有している。 大阪の「」の常連客。 『』に「好きなものの話」で出演した際には、のファンだと語っている。 その一方で、同じく大阪に存在する「」においても、イメージキャラクター「ひらパー兄さん」を担当しCMにも出演していた。 その後、沿線出身かつ父が社員だった吉田によりこの二股疑惑が追及され、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」には50回以上行っているなどのことから「ひらかたパーク」側から不信任案が提出され、吉田との間で「2代目ひらパー兄さん選挙」を行なうこととなり 、来園者によって投票が行なわれた結果、小杉が圧勝し引き続き「ひらパー兄さん」を務めることになった。 (現在の「ひらパー兄さん」は出身のが担当)• 2017年11月26日に行われた、第7回・チャレンジランの部(8. 8km)に出走したものの、制限規定内の1時間50分を約3分オーバーする記録でやっとゴール地点に辿り着いた。 翌2018年10月8日、約1か月半後の同年11月25日に開催される第8回大阪マラソン・フルの部(42. 195km)へ、小杉自身初めてのフルマラソンに挑戦する事を発表。 ところが小杉の体脂肪率は46. 7%を測定、体重も最高の119. 2kgと巨大化に。 そこから約8kg減量し練習をこなし続けたが 、マラソン本番前から足の裏の痛みが引かず、更にマラソン本番中太股を痙攣させるアクシデントも発生して、結果30. 6kmの関門通過地点には間に合わず、完走ゴールを果たせなかった。 2019年12月1日に開催された第9回大阪マラソンでは5時間40分53秒で完走した。 出演 [ ] テレビ番組 [ ]• (2016年10月5日 - 、) - 長官(レギュラー) テレビドラマ [ ]• (2020年5月16日 - 、) - フランク 役 テレビアニメ [ ]• (2016年) - ワンダー王 映画 [ ]• (2006年)• (2007年)• (2010年、警官)• (2014年、金森健) 吹き替え [ ]• (2015年) - ルイス〈〉 役• (2018年) - ルイス〈マイケル・ペーニャ〉 役 CM [ ]• ROBRO-TV「ROBROの吉田」(2010年3月)• 「ひらパー兄さん」(2009年4月)• 「今すぐ飛んでいきたい」(2010年11月)• () 「最大10万円返ってくるキャンペーン」(2011年2月)• 「金麦」夏祭り編(2011年7月) 著書 [ ]• 薄毛の品格( 、ワニブックス、2009年2月) 脚注 [ ] [] 出典 [ ]• 2011年6月23日. 2015年4月30日閲覧。 eltha. 2010年11月12日閲覧。 2010年3月1日 57-59ページ「読んでから笑え! 2008年9月17日. 2015年4月30日閲覧。 ORICON STYLE 株式会社oricon ME. 2016年1月13日. 2016年1月13日閲覧。 楽天WOMAN 2014年12月29日. 2015年4月30日閲覧。 2013年12月29日. 2015年4月30日閲覧。 Yahoo! JAPAN 特集. VERMILLION RECORDS、Yahoo! JAPAN 2013年6月19日. 2015年5月8日閲覧。 WalkerPlus 2015年2月11日. 2015年4月30日閲覧。 2009年06月18日での記事より。 日刊スポーツ 2019年10月2日. 2020年6月17日閲覧。 プレミアもん!!! 土曜はダメよ! 公式ホームページ. 2010年11月21日. 2015年5月7日閲覧。 livedoorNEWS. livedoor 2011年4月27日. 2015年4月30日閲覧。 てれおち! TV Watcher 2010年5月28日. 2015年5月7日閲覧。 livedoorNEWS 2010年3月4日. 2015年4月30日閲覧。 お笑いナタリー 2010年10月7日. 2015年4月30日閲覧。 (東スポWeb・2017年11月26日掲載)• (スポニチ・2018年10月8日掲載)• (スポニチ・2018年10月12日掲載)• (スポーツ報知・2018年11月8日掲載)• (日刊スポーツ・2018年11月25日掲載)• ORICON STYLE. 2016年9月30日. 2016年9月30日閲覧。 2015年7月22日閲覧。 2018年7月8日閲覧。 外部リンク [ ]• kosugilive -.

次の

ブラックマヨネーズの小杉竜一が引退!

ブラック マヨネーズ

出演者 [ ]• (、)• (、)• () ネット局 [ ] 放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ日数 (MBS) 23:59 - 24:59 制作局 (TBS) 同時ネット 主なスタッフ [ ]• 編成企画:山田陽輔(MBS)• ナレーション:(にんげんくん)、• TD:佐々木信一• SW:岡田和美• CAM:夏目利夫• VE:大橋楓• AUD:久馬邦一• LD:鈴木道隆• マルチ:大高貢• 美術プロデューサー:吉田敬• 美術デザイン:• 美術進行:三上貴子• メイク:仲田須加、井生香菜子• TK:後藤有紀• 編集:生駒良太、椿信人• MA:村田祐一• 音響効果:小田切暁• CG・イラスト:HORSTON• リサーチ:• 宣伝:(MBS)• 技術協力:、、MCRAY、マルチバックス• 美術協力:• 協力プロデューサー:松本彩夏(イースト・エンタテインメント)• AD:渡辺さくら、飯高未来、川合由起• AP:磯崎千絵• ディレクター:久保田集、山本慶太、大野寿之• 演出:長島翔• プロデューサー:天鷲裕到(MBS)、鈴木康祝(イースト・エンタテインメント)• 制作協力:• 製作・著作:MBS 外部リンク [ ]•

次の

ブラックマヨネーズ・吉田敬 コロナで得たもの|特別寄稿「私とコロナの日々」|文藝春秋digital

ブラック マヨネーズ

妄想と現実の狭間で、時に怒り、時に涙しながら、 人の世の不条理と栄枯盛衰を綴る、 天才コラムニスト・吉田敬(ブラックマヨネーズ)の 哀愁ただよう猛毒エッセイ58篇! 「初体験」 「卒業式で泣く奴の浅さ」 「アホかも知れない俺の後輩」 「選挙権を取り上げろ」 「不倫と浮気は別物論」 「2020 東京オリンピック」 「トランプの年収」 「角刈りの留学生を探して」 「生まれ変わるなら」 「一考して欲しい事」 「異常な街・東京」 「愚痴ることの大切さ」……ほか 『読み終えた後は「あぁ楽しかった」とか「ちょっと面白過ぎたぜ」とか「これについて自分も友人や恋人や妻と考えてみるのもワクワクしそう」という気持ちになると思います。 それくらい自信があります。 この本を読者の方が読み終えた後、「とても素敵な時間を過ごせたなぁ。 自分は今ろくでもない人生を歩んでしまっているけれど、この本を読んでいる時間は楽しかった!」 そう感じてもらえるように、全力を尽くしました。 』(「はじめに」より) 死生観やコンプレックスはコンテンツを生みだすトリガーになるとはよく聞きますが、これほどきれいなコンプレックスからの変換は稀なのでは?? 西野さんとは真逆ですね。 西野さんはものごとを単純化して見ることができる。 時代と自分の能力が乗っかりすたーに。 そして次はそのスターであった事実をもってそれよりも大きいことをしている。 吉田さんは単純化できない巨大なコンプレックスを抱えながら、時代にも乗れず汚さを洗練して爆発した。 そしてこの本は彼のキャラクターがあるからすごく映える。 おそらく吉田さんにしか伝えられないであろうし、この本の作者が西野さんだったとしたら、なんの感動もうまない。 本質をみる才能がある西野さんにくらべて、吉田さんは混雑、渋滞、非効率、具体化。 洗練された汚さは、人間の本質的な弱さや醜さへの共感を読んでそれが笑える。 笑い飯西田さんが、どこかの番組で言っていた、吉田さんより汚いことを言える人はおらんのやないかって。 本当にそのとおりだと思う。 加えて、書物として千原jrさんのものと少し似ていたものがあった。

次の