天 音 かな た 前世。 なぜ濁音を専門にあらわすひらがなやカタカナがないのでしょうか。

なぜ濁音を専門にあらわすひらがなやカタカナがないのでしょうか。

天 音 かな た 前世

はじめまして。 ご相談したいことがあります。 居間にいると 日に何度か 電子音が聞こえます。 「ピー」と高い音なのですが、これがどこからどうして聞こえるのかわからないのです。 居間には パソコン・電話・テレビ・エアコンなどがあります。 それから、セコムの本体(親機?? )人感センサー(? 表現が違ってたらごめんなさい) LDKの造りなので 台所には煙探知機や換気扇・炊飯器・レンジなどがあります。 この中で 不定期に電子音がするものがないと思うのですが(セコムには確認済みです) 盗聴???なんてふと不安になったりもします。 電子音が鳴る理由がわかる方いらっしゃいますか? ちなみに、夫もこの音を最近やっと居間で数回聞き 「なんだろうね」と言いました。 が、基本的に単身赴任で家にはおりませんので他人事で終わってしまいました 空耳や幻聴などではないと確信はもてました。 鳴っていると気づいたのは ここ数ヶ月です。 のんびりの相談で申し訳ないのですが、よろしくお願いします。 ユーザーID: 0803845687 ピーという音ですが、高周波ではないかと推測します。 電池や電気を使う物からまれに聞こえますが、 家では、携帯の充電器やスピーカーのACアダプターなど 電気機器のアダプターを使用すると鳴る事が多い気がします。 その他、PCの電源や電池が切れかけたおもちゃ等からも。 リンク先の事例では、天井裏からも聞こえるそうです。 私も「高周波」という名前を知っている位で、原因や解決方法などは よく知りません…。 スミマセン。 インターネットで「高周波」「共振」「ピー」などで検索すると、 似た様な事例や原因がヒットすると思います。 高周波は聞くとイライラはしますが、割と良く聞く音なので とりあえず御安心下さい〜とお伝えできればと思いました。 早く本当の理由がわかり、不安が解決されますように! ユーザーID: 3067668445• 話題ランキング• うちの場合は お気を悪くなさらず、聞いてくださいね。 トピ主さんは、何歳くらいの方でしょう? もし、私と同じくらいの40代の方でしたら、それは耳鳴りかもしれません。 私が、自宅にいるときに限って聞こえる金属音? モーター音? キーーーーーンという音に気付いたのは、2年位前です。 始めのうちは、家の中の何かの機械か、窓のすぐ外にある街灯かと思っていましたが、 どの部屋に行っても鳴り方が変わらず、夫は聞こえないとのことでした。 そのうち、静かなホテルかどこかに行ったときに、やはり聞こえていることに気付き、 どうも鳴っているのは自分の耳の中だけではないか、との結論に達しました。 職場にたくさんのパソコンがあり、一日中その動作音を聞いているので、 静かな自宅に帰ったらその反動で耳鳴りがするのかもしれないし、 ただ単なる、加齢現象なのかもしれません。 ちょっとショック、ですけど、しかたないですね。 参考になりましたら。 ユーザーID: 7034766470• 思いつくままに書き出してみます。 ・台所のコンロの魚焼きグリル (タイマーで火が消えますが、スイッチを戻さないと定期的に電子音が鳴りますよね。 ) ・冷蔵庫の扉が空いている。 ・電子レンジに物が入れっぱなし。 ・腕時計のアラーム (我が家はこれでした。 子供が通信教育のオマケの腕時計をいじってアラーム設定になったのを気づかずに おもちゃ箱に入れていて、2〜3日原因を探してました。 ) 台所関連につきましては「私こんな事しないわー」っと思うような事で、申し訳ありません。 私は時々やるもので…。 だいたい鳴る時間が決まっているのなら何か時間が設定できる物を思い出してみてはどうでしょう? 静かなお宅でしたら、パソコンの起動音やDVD(HD レコーダーのタイマー録画時の電源オンの音が聞こえるのではないでしょうか? ユーザーID: 7313090450• 説明不足ですみません 1 (トピ主です) ご回答ありがとうございます いくつか説明不足だったこと それから皆様からのアドバイスに基づき電話で確認のとれたこと について詳しくお伝えします 「ピー」という音は いつも数秒で止まってしまいます 煙探知機も含めてセコムに入っていますが、こちらは電子音が鳴らないと確認しました。 炊飯器は 炊き上がりには「ピポパポ〜」と音楽が鳴ります。 また保温状態が続いても警告音は鳴らないと確認しました 電子レンジは 温めたのを取り出すことを忘れたとき「ピピ ピピ」と鳴ります 魚焼きグリルについてはタイマーなどで消えた後 何の音もしません。 冷蔵庫の閉め忘れには「ピー」と閉めるまで鳴り続けました。 パソコンとプリンタについては 操作中に 別の場所から(背後から)聞こえてきたので違うと思います。 子供のおもちゃ・・・これは否定できません。 でも、今のところ出てきません。 計算機は100均のがありますが、そんな高音は出ないと思います 続きます ユーザーID: 0803845687• 説明不足ですみません 2 (トピ主です) すみません、つづきです。 電話の子機 調査中です。 数年前に購入してます 加齢による耳鳴り・・・・否定できませんでした。 同じ40代です! 「もしかしたら・・・」と思ったのでここに相談のトピをたてるまで数ヶ月かかってしまいました 先日、夫も同時に聞いてくれたので 気のせいではないと思います。 ちなみに夫も40代ですが、同時耳鳴りにはならないですよね。 高周波 教えてくださったリンクも参考にしてみました。 我が家は戸建です。 でも、なんとなく 下のほうというよりは 天井近くで聞こえる気はしてます。 夫も音が聞こえた瞬間 上を見上げました。 10日の朝9時過ぎに鳴った時は 全員が居間にいました。 お風呂の換気扇・台所の換気扇ともに回っている状態でした。 12日20時半に鳴った時は 子供はテレビに夢中で気づかず 私だけが聞こえました。 このときも両換気扇回っています。 換気扇が影響しているかは断言できないのでもう少し時間をください。 盗聴器ではないと判断してもいいでしょうか? 他に思いつくものがありましたら アドバイスよろしくお願いします ユーザーID: 0803845687• 盗聴発見器 こんばんは。 *部屋の上のほうから、 *数ヶ月前から気付いた、 *数日おきに数秒間鳴る、 *ピーという電子音 私が注目するのは、『数秒で止まる』という点です。 さほど大きくない音で、しかも数秒で止まる…どう考えてもたいして重要な音とは 思えないですね。 つまり、 『警告っていうほどのものではないですが、一応お知らせしておきますね』 といった意味合いの音ではないかと思います。 部屋の上のほうにあって、そんな音を出す機器は? と考えた結果、とりあえず エアコンを疑ってみました。 ご存知の通り、エアコンはコンセントから抜かない限り、電源ONになっています。 そして、最近のエアコンは定期的に、自分でメンテナンスをしたりします。 そういう状態の時に、 『これからちょっと動きますんで、カタカタ音とかするかも知れませんが、気にし ないでくださいね』 とエアコンが一応お知らせしている音ではないかと…。 (妄想入ってます) エアコンの電源プラグを抜いて、一週間くらい様子を見てみていただきたい。 ユーザーID: 3461446498• 盗聴器??音を出しませんよ いろいろなアドバイスありがとうございました。 5月13日からの 電子音が聞こえたときには日時をメモしてみました。 25日まで不定期な時間に毎日聞こえてました。 平日・週末・早朝・深夜関係ないみたいです。 盗聴器が音を出すはずがないと思いながらも ちょうどインターホンやボイラーの故障などで人の出入りが春先からあったため不安でした。 エアコンは天井についている昔のもの ポットは使用していないこと トラックがバックするときに出す高音よりはやや高めに聞こえます 立地条件から可能性はあまりないかと思えます。 結局原因を発見することは出来ませんでした。 日に数回 数秒で鳴り止む高音のものを見つけることは容易ではありませんでした。 夫と離婚に向けての話し合いをしていたころでもあったので いろいろ悪いほうに考えてしまいました。 なので夫がいるときにも電子音が聞こえたときには ある意味 ほっとしたと言うか・・・ 音が聞こえなくなったと言うことで しばらく様子を見てみようかと思います。 いろいろご心配をおかけしました。 ありがとうございました。 ユーザーID: 0803845687• 警報機の電池切れ.

次の

なぜ濁音を専門にあらわすひらがなやカタカナがないのでしょうか。

天 音 かな た 前世

なぜ濁音を専門にあらわすひらがなやカタカナがないのでしょうか。 例えば、「か」の濁音の表記は「が」ですが、この場合の濁点は、補助的に使われています。 「が」そのものを、表すひらがなやカタカナがないのはどうしてか教えてください。 言い換えると、なぜ昔の人は濁点がなくてもちゃんと読めたのですか。 この場合の昔の人とは明治より前の時代の人たちのことです。 明治より前の文献には、濁点がでてきません。 それなのに明治になってから濁点を用いるようになりました。 不思議です。 昔の人は、濁点がなくても朗読する際、きちんと濁音で発音したと考えられます。 濁点に頼らず、濁音で発音できたのはなぜでしょうか。 そもそも、濁音で発音するならなぜ濁音を専門にあらわすひらがなやカタカナがないのかが不思議です。 どなたか教えてください。 参考URLなどもどんどん教えてください。 お願いします。 濁音と清音を区別する必要がなかったからです。 ヤマトコトバで濁音の発音になるのは連濁の場合のみです。 これは条件が合えば必ず濁音になるので、区別の必要はありません。 古代日本人にとって濁音と清音の区別はなかったのです。 例えば「あお」のつぎに「そら」と言おうとすると[アオソラ]とは言いづらく[アオゾラ]になってしまいますが、本人は「あお」と「そら」をつなげただけで、別の発音になったとは思いもしない、ということです。 今でも、多くの日本人が気づかずに発音を変えている音はたくさんあります。 例えば、「ザ」は語中で[za:サの濁音]、語頭で[dza:ツァの濁音]と別の発音になることが多いです。 でもこの違いによって意味の違いは起こらないのでこの2つに別のカナを用意する必要はない。 これと同じことです。 時代が進み漢語が浸透するにつれ日本人にも濁音と清音の区別が付いてきて、それを区別する文字が必要になってきたので、急ごしらえで濁点を作ったのでしょう。 現代でも鼻濁音の「が」行に対する「か゜」やVU音に対する「ヴ」など新たなカナができています。 ところで、濁音用にまったく新しい文字をこしらえることをせずに濁点をつけるだけで済ませられたのは文字の関係が分かりやすく、私はとてもいいことだと思います。 漢字音の研究者のご意見も是非お伺いしたい、実にいい質問です! ご質問は 1 なぜ、濁点なしで濁音節が発音できていたか 2 なぜ、濁音節専用の仮名がないのか ということですね。 1 に関しては、その当時の教養の問題はあるかもしれません。 つまり、ルールではなく、レキシコンにそういう形で入っていたとも推測できますが、専門家のご意見をお聞きください。 実際に濁音で発音していたというなにか客観的な裏づけがあるといいのですが。 2 は、清濁の区別が、頭子音に言及されるもので、かつ、清音の扱いが、a,i,u,e,oのような母音にも適応されうることから、より濁音がmarked 有標=大雑把にいえば珍しいとか基準から外れる だったからだろうと考えます。 仮名が導入されるにあたって、字母での清濁の書き分けがなくなってきて、同一の字母を使うようになったわけですが、ここに声点 しょうてん との関連が生じて、濁点を付けるようになったのですが、よりmarkedの方に濁音節の方にマークを入れたのではないかと考えられます。 蛇足ですが、上代特殊文字遣い 原理的に考えてあれば仮名遣いのはずがない では清濁は字母の違い、つまり、文字の選択の相違だったことは、あまり反論がないようです。 ただ、この書き分けが実際に清濁の書き分けなのかはより慎重に判断する必要があろうと思われます。 実際のところ文字情報だけですべてがわかるとはとうてい考えられませんけど。 A ベストアンサー こんにちは。 ちょっと長くなりましたので、これ以上は百科事典や専門書をお調べください。 濁音 だくおん 五十音図のガザダバ4行のかなに対応する音節を伝統的に濁音とよび,--中略--文字の上で,必ず清・濁を書き分ける習慣が規範として確立されたのは明治以後の教育においてである。 こんにちでも特殊なものには濁点はほどこさない 和歌を短冊 たんざく に書くような場合。 すでに江戸時代には,かなりよく清濁の書き分けがみられるが,さらにさかのぼると,むしろ一つ一つに濁音を示さないほうがふつうになる。 他面,奈良時代の万葉仮名の段階までさかのぼると,清音と濁音とは原則として別の文字で書き分けられた。 しかし,奈良時代においても私的な文書のごときでは,必ずしも清濁の区別は守られていない。 古くは,日本語には濁音ではじまる語はなかった 濁音に先行する音節の母音の発音には鼻音化が起こったらしい。 --以下略-- 執筆:亀井 孝 半濁音 はんだくおん 古来,パピプペポの5音を半濁または半濁音とよびならわしてきている。 また,ハ行のかなの肩につける〈ツ〉を半濁音符また半濁点ということがある。 この半濁という名目が,清音および濁音に対して設けられたのは,いつのことか知りがたいが,観応の《補忘記 ぶもうき 》 1687 にはすでに用いられている。 他方,同時代の契沖の《和字正濫鈔 わじしようらんしよう 》 1693 では,半濁のことを〈清濁の間の音〉として説いているが,とくに半濁という名目はみえていない。 --以下略-- 執筆:亀井 孝 促音 そくおん 〈つめ音〉〈つまる音〉などともいう。 〈がっこう〉〈切って〉〈さっぱり〉などの語において,仮名で小さく〈っ〉と書くところの音。 --中略--古くは,促音をはっきりと書きあらわさなかったり,撥 はつ 音と混同して書いたりしていて,必ずしも一定の表記法をとっていないが,しかし,〈っ〉 または〈ッ〉 であらわす習慣も平安時代以来のものである。 執筆:亀井 孝 撥音 はつおん --前略-- 歴史的にいうと,このような撥音が独自の機能をもった単位として確立されるにいたったのは,平安時代である。 執筆:亀井 孝 出典:平凡社 世界大百科事典第二版 ご参考まで。 こんにちは。 ちょっと長くなりましたので、これ以上は百科事典や専門書をお調べください。 濁音 だくおん 五十音図のガザダバ4行のかなに対応する音節を伝統的に濁音とよび,--中略--文字の上で,必ず清・濁を書き分ける習慣が規範として確立されたのは明治以後の教育においてである。 こんにちでも特殊なものには濁点はほどこさない 和歌を短冊 たんざく に書くような場合。 すでに江戸時代には,かなりよく清濁の書き分けがみられるが,さらにさかのぼると,むしろ一つ一つに濁音を示さないほうがふつう... A ベストアンサー No. 4が分かりづらいかもしれないので、補足します。 音声学では、子音は舌の位置/唇の形でタイプ分けされます(専門用語では、調音位置/調音様式)。 さらに、有声/無声(声帯を振動させるかさせないか)でもタイプ分けされます。 例えば、「d」と「t」は舌の位置/唇の形が全く一緒で、その違いは、声帯を振動させているかさせていないかの違いだけです。 平仮名は、調音位置/調音様式が同じ子音に対して、無声化しているものには濁点をつけず、有声化しているものには濁点をつけて区別するように発明されたと言えるのではないでしょうか(そういう風に表すと決めた)。 さらに詳しく知りたければ、「音声学」「子音」あたりで検索してみてください。 A ベストアンサー お尋ねの件は「連濁(れんだく)」という現象で、語が複合するとき、後続の語の最初の音節が清音から濁音に変化する現象です。 連濁が起こる場合の法則については諸説あるようですが、 (1)熟合の度合の強いものに起こりやすい、 (2)擬声語擬態語では連濁が起こらない、 (3)後続する後の第二音節が濁音の場合は連濁が起こりにくい、 (4)前に置かれた語の末尾が「ん」の場合は連濁が起こりやすい、 などがその代表的なものです。 室町末期から江戸初期に日本でキリスト教の布教活動を行ったポルトガル人宣教師の一人ロドリゲスが著した「日本大文典」には、連濁について、「うむの下濁る」(「う」は長音、「む」は撥音「ん」)、「上清めば下濁る」といった当時のことわざ的なものあげて説明しています。 なお「山川(やまかわ)」と「山川(やまがわ)」のように連濁が起こっているか起こっていないかで意味が異なるケースもあります。 全般的に見て連濁という現象について完璧な法則を立てるのは難しいようです。 A ベストアンサー 「源氏物語」も「枕草子」も「土佐日記」も 漢字にかな混じりで書かれたとされています。 (当時の写本からそうです) かな文学といってもひらがなだけでないところがツボです。 また紀貫之の「土佐日記」は、 国司の任期を終えて京の都に帰るまでの55日の旅程を、女性の筆に託し、かな文字で書かれたものです。 なぜかなを使ったのかというと、次のような理由があります。 ・公的身分から解放されて精神的自由を得たから。 ・詳しい具体的な叙述のためにはかなの方がぴったり。 よりたくさんの人にも読んでもらえる。 ・歌日記的な内容を目指していたので、かな文の方がぴったり。 ・自分自身を隠すため。 どうせフィクションを狙っていたし。 「自分自身を隠す」とか言いつつ、 日記文学というのは誰かに読ませるのを前提に書かれていたので、 貫之が堂々と見せても、非難されたりはしなかったと思います。 ただ歌や漢文の才能は認められても、あまり出世はしなかったようですが… まぁ、歌が詠めれば色男、の時代です。 A ベストアンサー まず、漢字については、中国の影響を受けて一番はじめに伝わったものとされる。 その後、日本国内で独自の発展を遂げ、漢字と漢字の組み合わせにより、例えば、「峠」(とうげ)のような文字も付けられるようになった。 カタカナについては、諸説あるが、仏教の法典を訳すために、付すために使われることが多かった。 当然仏教関係と言うことで、男性が使うことが多く「男言葉」と呼ばれていた。 ひらがなについては、平安時代女性貴族が、使い始め、「女言葉」あるいは「やまとことば」と呼ばれた。 それが、紀貫之により、日記文に男性でも使うようになってきたのである。 と言う3つの主な流れがあり、漢字だけでは、微妙な表現が伝わらない事があるために、日本語と漢字はイコールでないため、また、漢字で表現することが大変難しいため、庶民には、ひらかなやかたかなが、江戸時代前期まで、通用した。 明治中期までは、カタカナ主流だったのが、現代仮名遣いの、樋口一葉らによって、現在の形に近くなり、 もとの、仏典を訳すために使われたことより、海外のものを訳す時には、カタカナを付すようになった。 と言う大まかな流れがあります。 その後、日本国内で独自の発展を遂げ、漢字と漢字の組み合わせにより、例えば、「峠」(とうげ)のような文字も付けられるようになった。 カタカナについては、諸説あるが、仏教の法典を訳すために、付すために使われることが多かった。 当然仏教関係と言うことで、男性が使うことが多く「男言葉」と呼ばれていた。 ひらがなについては、平安時代女性貴族が、使い始め、「女言葉」あるいは「やまとことば」と呼ばれた。 それが、紀貫... A ベストアンサー 一般的に「か、さ、た、な、は、ま、や、ら、わ」すべて清音と呼ばれます。 しかし、濁点をつけられないナ行などを清音か濁音かと考える人がいるでしょうか?清濁の区別というように、清音は濁音に対する形でしか意識されることなく、対応する濁音がないものを、わざわざ清音と呼ぶ機会はありません。 ですから、対応する濁音を持つ「か、さ、た、は」だけ特に清音と呼びます。 ちなみに「拗音」に対立するのは「直音」で、拗音でない音はすべて直音です。 直拗を対立するものと考えます。 このように分類というのは何かと何かをある基準をもって区別するときにのみ現れます。 伝統的な分類法でナ行などを特に呼ぶ言葉はありません。 音声学的には次のような分類があります。 (のどの声帯が震えるか震えないかによる区別) 無声音:カ、サ、タ、ハ、パ行の子音 有声音:ガ、ザ、ダ、バ、バ、ナ、マ、ヤ、ラ、ワ行の子音、ア行(母音) (音の作り方による区別) 破裂音:カ、ガ、タ、ダ、パ、バ行の子音 摩擦音:サ、ザ、ハ行の子音 鼻音:ナ、マ行の子音 はじき音:ラ行の子音 接近音(半母音):ヤ行、ワ行の子音 など。 一般的に「か、さ、た、な、は、ま、や、ら、わ」すべて清音と呼ばれます。 しかし、濁点をつけられないナ行などを清音か濁音かと考える人がいるでしょうか?清濁の区別というように、清音は濁音に対する形でしか意識されることなく、対応する濁音がないものを、わざわざ清音と呼ぶ機会はありません。 ですから、対応する濁音を持つ「か、さ、た、は」だけ特に清音と呼びます。 ちなみに「拗音」に対立するのは「直音」で、拗音でない音はすべて直音です。 直拗を対立するものと考えます。 このように分類という...

次の

RADWIMPS

天 音 かな た 前世

かなで法律事務所 クルーズ勝山通りビル3階 沿革 平成16年10月 代表弁護士 福岡県弁護士会へ弁護士登録 平成16年10月 代表弁護士 ひびき法律事務所入所 平成31年2月 代表弁護士 ひびき法律事務所退所・独立 平成31年3月 かなで法律事務所設立 令和2年1月 見越あけみ弁護士加入 経営理念 当事務所は、 クライアントの抱える課題を適切に克服し、社会的視野・長期的視野で良い結果を求め、全ての人々が幸せになるお手伝いをするために存在する。 解決実績 当事務所の弁護士は、これまでに多数の案件について解決をさせていただいております。 少ない弁護士数ではありますが、これまでに解決してきた総数は通じて1,000件を優に超える状況となっております。 このように十分な実績を積むことができたのも、ひとえにご依頼者の皆様あってのことですし、ご依頼者の皆様の信頼をこれからも確かなものとすべく引き続き頑張ります。 得意分野 所長弁護士は、倒産案件及びマンション問題については弁護士となって以後、平均的な弁護士よりも多くの事案を解決してまいりました。 また、多数の困難な事案を含めて継続して取り組んでおります。 そして、交通事故分野や施設等の賠償責任の分野では、請求者側のみならず、請求される側の立場でも、膨大な数の事案の対応をして参りました。 このため、一般の弁護士では困難な事案であってもしっかりとした対応が可能です。 見越弁護士は、これまで親族・相続法分野にて集中的に取り組み、専門的な経験を培ってきております。 このため、親族関係や相続関係でのお困り事については、これまでの経験を生かして適切な対応をさせていただきます。

次の